シーズンインに向けて

 今年で最後となる「体育の日」に、おうじ~ずでボルダリングに行きました。メンバーは、よこちゃん、教授、まっちゃん、うめちゃん、たかさん、まっちゃんの後輩にゃもちくんに私の7名。久し振りの大人数で楽しみ〜(*´∇`*)

 エリアに着いたら、先ずは簡単な課題でアップ開始。
シーズンインに向けて_e0069822_1854767.jpg
 岩は2回目のにゃもちくんですが、これ位ならサックリです。

 皆んながアップしている中、教授とまっちゃんは、行き成り「マーキュリー」にトライし始める。そして、まっちゃんが核心の左手カチを止める。
シーズンインに向けて_e0069822_18541852.jpg
 まっちゃん強いな!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 私もやってみるが、右手カチ取りムーヴが、右肩に激痛を齎してマットの上で悶絶。なので、右手は取れたと仮定して左手取りを試みるが、イマイチ感触が掴めない。
シーズンインに向けて_e0069822_18542855.jpg
 教授も迷ってました。

 他の人達は、うめちゃん宿題の「ヒロハタライン」でセッション。
シーズンインに向けて_e0069822_18543939.jpg
 下部は問題無いうめちゃん。

 皆んなが中間部の核心で嵌っていたが、ここは自力に勝るたかさんが、ムーヴを熟して見事にトップアウト。
シーズンインに向けて_e0069822_18545217.jpg
 たかさん流石の登り。

 この日は雨上がりと言う事で、クラックの走って部分は染み出しがあり、雑巾を挟み込んで何とか乾かそうと頑張ってみる。
シーズンインに向けて_e0069822_1855158.jpg
 雑巾様お願いします(>人<;)

 黒帯組は暫く「タイタニック」を触ってたが、余りの染み出しに耐え兼ねて、「甚八」にターゲット変更。前回はサッパリだったこの課題ですが、ちょっとずつ高度が上がって行く。
シーズンインに向けて_e0069822_1855982.jpg
 傾斜がある上に、カチが細かい。

 私も頑張ったけど、両手カチから進めず(´ω`)
 濡れ濡れの「タイタニック」も順番に触る。「ヒロハタライン」を完登したたかさんも一緒にセッション。
シーズンインに向けて_e0069822_18551939.jpg
 どっ被りに苦戦してます。

 私は下部のムーヴ整理。スタートはよこちゃんのヒールフックより、まっちゃんのフラッギングの方が楽だと分かった。

 最後は各自それぞれ目標課題を、時間の許す限りトライしました。
シーズンインに向けて_e0069822_18552687.jpg
 最後まで打ち込み。

 お天気はイマイチでしたが、大人数でワイワイ登れて楽しかった〜ヽ(´▽`)/


 最近は随分涼しくなって来て、ボルダーもそろそろシーズンインでしょうか?
 右肩は少しずつマシになって来てる様な気がしますが、ぼちぼちシーズンに向けて、絞りに行かないと行けません。今回は予想以上に良い感触が掴め、悪い所も分かったので、非常に良いトレーニングになりました。この調子で上げて行ければ(肩痛は兎も角)、今シーズンは何某かの成果が得られそうな気がします(=゚ω゚)ノ
# by kakera365 | 2019-10-16 00:17 | クライミング | Comments(0)

部活動

 日曜日は、子供達の部活動を見に行きました。

 午前中は兵庫中学校で、瑞穂の剣道部の新人戦。
部活動_e0069822_1984535.jpg
 始めたばかりの1年生も、初めての試合に臨みます。

 最初は団体戦に中堅で出場。女子は3人1組でやってました。
部活動_e0069822_1985578.jpg
 結構背が高いので、格好は一人前です。

 が、初めての試合で緊張したのか、かなり消極的な感じ。
部活動_e0069822_199546.jpg
 気合が上手く入ってません。

 まぁ、初めて半年なので、剣道の何たるかを知るには未だ未だ時間が掛かりそうです。

 昼御飯を挟んで午後は個人戦。
 瑞穂も出場しましたが、あっと言う間に二本取られて終了。
部活動_e0069822_1991612.jpg
 未だ未だ鍛錬が必要ですね。

 続いて15時半から、今度は海晴のラグビー部の花園予選があるので、灘高校へ移動。
 日本中がラグビーに沸騰してますが、高校ラグビーの現実は厳しく、海晴の高校は3年生が抜けると、単独でチームを組めなくなって仕舞います。そんな3年生最後の公式戦。負ければ終わりの試合です。

 海晴はスクラムハーフなので、楕円球に触れる機会はかなり多い。
部活動_e0069822_199243.jpg
 スクラムにボールを入れてます。

 入れたボールを出すのも、スクラムハーフの仕事。
部活動_e0069822_1993187.jpg
 フライハーフ(スタンドオフ)にパスを出します。

 パスは割合正確でしたが、自分で仕掛ける場面は全く無し。ま、高校生レベルでは仕方が無いのかな?

 ラインアウトでも、キャッチしたボールを受けて展開の起点になります。
部活動_e0069822_19942100.jpg
 忙しいけど頑張ってます。

 試合の方は残念ながら負けて、花園の夢は終わって仕舞いました。そして、3年生が引退して、これからは2年生がリーダーになります。
部活動_e0069822_1994831.jpg
 全員揃って記念撮影。

 2人共、親が想像もしなかったクラブに入って、一所懸命頑張ってる様です。個人的には、一生の内で中学、高校のクラブ活動程、濃密な時間は無いのではないかと思います。規律を学び、友情を育み、情熱を燃やす。生きて行く上で最も重要な事を、ここでシッカリ学んで欲しいと思います。
# by kakera365 | 2019-10-13 23:51 | 家族 | Comments(0)

ラグビーワールドカップ観戦

 昨日の8日火曜日は、御崎公園球技場で行われたラグビーワールドカップ南アフリカ対カナダの試合を、母親と一緒に観に行きました。当初は海晴と観に行こうと思って取ったチケットですが、海晴はボールボーイになってしまったので、ラグビー好きの母と行く事になりました。

 キックオフは19時15分ですが、3時間前には現地入りしました。
ラグビーワールドカップ観戦_e0069822_19143648.jpg
 スタジアムはやっぱりデッカいです。

 先ずはオリジナルグッズを買おうと、オフィシャルショップに行くが、既に長蛇の列。
ラグビーワールドカップ観戦_e0069822_19161587.jpg
 売り切れが心配。

 1時間半くらい並んで、漸くレジ前まで来たが、売り切れてる商品もチラホラ。が、偶然にもスプリングボクスのジャージLサイズが、1枚だけ残ってたので即買いヽ(*^ω^*)ノ
ラグビーワールドカップ観戦_e0069822_19095052.jpg
 早速着替えて記念撮影。

 周辺には熱いラグビーファンが集まって盛り上がってたので、拙い英語で話し掛けて写真を撮らせて貰う。
ラグビーワールドカップ観戦_e0069822_19074994.jpg
 盛り上がる南アフリカ軍団。

ラグビーワールドカップ観戦_e0069822_19082774.jpg
 こっちも負けてないカナダ軍団。

 両チーム以外の国の人達も居ました。
ラグビーワールドカップ観戦_e0069822_19085459.jpg
 オシャレなフランストリオ。

ラグビーワールドカップ観戦_e0069822_19091391.jpg
 熱々オージーペア。

 ランドローバーディスカバリーも停まってました。
ラグビーワールドカップ観戦_e0069822_19151009.jpg
 屋根にボールが載ったRWCエディション。カッコいい(*゚▽゚*)

 さて、いよいよスタジアムに入り、席に着きました。2階席でしたが、上から見下ろす感じで見易くて良い感じ。ウォームアップ中の両チームの様子が見えます。
ラグビーワールドカップ観戦_e0069822_19071333.jpg
 一番前にデクラークが!!!

 が、出場メンバーが発表されてガックリ。予想された事だが、デクラークは勿論の事、コルビ、ハーシェル・ヤンチースもメンバーから外れてた。゚(゚´ω`゚)゚。

 そして国家斉唱で、一気に気分が盛り上がる。
ラグビーワールドカップ観戦_e0069822_19063008.jpg
 ヤバい、緊張して来た。

 勿論、ビールは必須です( ^ ^ )/□
ラグビーワールドカップ観戦_e0069822_19065471.jpg
 ハイネケン!!!

 試合は御存知の通り、南アフリカの圧倒的パフォーマンスがカナダを粉砕。しかし、判官贔屓の日本人は、カナダの攻撃の度に滅茶苦茶盛り上がってました。
ラグビーワールドカップ観戦_e0069822_19053259.jpg
 勝ち負け関係無く盛り上がる!!!

 そんなこんなで、アッと言う間に夢の様な80分が終わってしまいました。

 一生に一度のワールドカップ。残念ながら期待のプレイヤーは見られなかったけど、選手達は素晴らしいパフォーマンスを披露してたし、観客も勝負に関係無く熱い応援で盛り上げてて、十分満喫する事が出来ました。チケットは高かったけど、金額以上にワールドカップと言うお祭りの雰囲気が存分に味わえて、一生の思い出になりました。


 トップリーグも観に行こうかな・・・(´ー`)
# by kakera365 | 2019-10-09 22:27 | スポーツ | Comments(0)

リボルト講習会

 先週末の土日は、備中リバーパークで行われた、JFA主催のリボルト講習会に参加して来ました。
 リボルト作業自体は、何度かお手伝いに行かせて貰いましたが、実際にリボルトの施工をした事が無かったので、後学の為に講習を受ける事にしました。

 講師と受講者が集合して先ずは挨拶。
リボルト講習会_e0069822_21164244.jpg
 D助先生の御挨拶。

 初日は、ボルト(グージョン)を使ったラッペルステーションの設置と、打ったボルトの除去、そしてケミカルアンカー用の穴開け、グルーを使った穴埋めを練習。
リボルト講習会_e0069822_21162295.jpg
 練習用の岩をドリリング中。

 ボルトを抜くには色々とコツがある様で、状況に応じて様々な技術が必要です。
リボルト講習会_e0069822_21165317.jpg
 タガネを使って岩を削るD助先生。

 最後は、グルーの入れ方を練習しつつ、開けた穴を塞いで終了です。
リボルト講習会_e0069822_2117853.jpg
 グルーを出す量の調整が難しい。マメオ先生が厳しくチェック。

 夜は座学で、色々と質問したり、意見交換したりしながら、施工に必要な知識を学びました。

 その後は勿論宴会。
 久し振りに西日本に戻って来た黒ちゃん目当てに、濃い〜メンバーが集まって、昔話から海外事情まで、話に花が咲きまくり。
リボルト講習会_e0069822_21225191.jpg
 カンパ〜イ。にしても面子が濃ゆ過ぎる┌(; ̄◇ ̄)┘

 個人的には、小野さんと黒ちゃんのアルパイン&トラッド話が、とても面白かった。


 開けて2日目は、実際にルートの整備をしながら、前日に習った技術を磨いて行きます。
リボルト講習会_e0069822_21171838.jpg
 フィックスロープを張ってラッペルステーションを設置。

 この日は3班に分かれて、私は黒田先生の厳しい指導を受けました。
リボルト講習会_e0069822_21173063.jpg
 受講者の施工に目を配る黒田先生。

リボルト講習会_e0069822_21174110.jpg
 ぶら下がっての作業はナカナカ体力が要ります。

 私の班は、色々とトラブルがあって時間を取られましたが、その分色々と対応が勉強出来て良かったです。全部の作業が何とか予定時間内に終了、そして受講者全員が合格してB級リボルト職人となる事が出来ました。


 初めてのリボルト作業は、ギリギリ何とか考えていた程度には出来た様に思います。しかし、実際に使われるルートの整備と言うのは、施工ミスが他人の命に関わる訳で、非常にプレッシャーの掛かる仕事だと言う事を身に染みて感じました。
 まだまだ作業の手際も全然悪く、早く美しくは出来ませんが、これから何度も施工しながら、段取り良く正確に、そして安全に出来る様に頑張ります(=゚ω゚)ノ
# by kakera365 | 2019-10-07 23:17 | クライミング | Comments(2)

お~じ

お~じ_e0069822_18411242.jpg
 肩の調子が一向に良くならないけど、騙し騙し王子へ。
 日曜日は相変わらず盛況で、取り付く壁が限られるが、あんまりやる気も無いので、空いてる壁で適当にダラダラ登る。

 先週残したマンスリーを12番からやるが、右足ヒールで右手遠いクロスをすると、右肩に激痛が走り悶絶・:*+.\(( °ω° ))/.:+ 仕方が無いので、そこをブッ飛ばして無理矢理登る。
 続いて自分設定の13番をやるが、今度は右手ファットピンチで再び悶絶。先週に引き続き自分の課題に嵌る(´ω`) 

 夕方になると人が減って来たので、常連さんでセッション。ま、全然登れないけど、それはそれで楽しい。最後は軽くキャンパシングして終了。


 どうやったら早く肩が治るかなぁε-( ̄д ̄;)
# by kakera365 | 2019-10-01 20:06 | クライミング | Comments(0)

ティア1撃破

 ラグビーワールドカップもプール戦2巡目に入り、日本の第2戦の相手は、ワールドカップ開始直前には世界ランク1位だったアイルランド。

 結果は御存知の通り、我等がブレイブ・ブロッサムズが19-12でティア1のアイルランドを見事に撃破ヽ(´▽`)/

 これを大金星と思うのか、それとも予想された結果だと考えるのか、人それぞれだと思うが、私は全くフロックだとは思わない。
 アイルランドは先週ブログに書いた通り、前戦のスコットランド戦を見た感じ、調子がイマイチに思えたし、逆に日本はロシア相手に快勝したが、それでもティア1の壁は厚いだろうと思っていた。しかし、前哨戦を含めて日本の戦略やサインプレー等はかなり隠されていると思っていたし、前回ワールドカップのエディージャパンで培った、ゴリゴリ正統派フィジカルラグビーに加えて、ブレイクダウンやアンストラクチャーでの動きが格段に向上したジョセフジャパンなら、勝利する条件は十分にあった訳だ。
 次のサモア戦、そして因縁のスコットランド戦も、かなり厳しい戦いにはなると思うが、決して気を抜かずに集中して戦えば、必ず勝利は引き寄せられる筈だ。


 さて、プール戦突破も薄っすら見えて来た。もし首位通過なら、恐らく因縁の南アフリカと決勝トーナメント初戦で激突する事になる。何れにしても、今後が益々楽しみだ(=゚ω゚)ノ

 
# by kakera365 | 2019-09-29 01:05 | スポーツ | Comments(0)

王子大盛況

 三連休はずっと天気が悪いとの事だったので、中日の日曜日に王子。

 今月のマンスリーを全く触って無かったので、順番に触って行き、取り敢えず10番迄は行くが、何故か自分で作った11番に嵌る。
 肩の調子もイマイチなので、常連さんのセッションを摘み食いしながら、ノンビリ登る。
王子大盛況_e0069822_047341.jpg
 かっし~も来てました。

 その後、ちょっと頑張ったら、何とか11番は登れた。
王子大盛況_e0069822_0471793.jpg
 しほちゃん(とうめちゃん)も来てた。

 その後もドンドン人が増えて行き、流石に登れる状況では無くなって来たので、お菓子喰いながらかっし〜さんと駄弁りんぐ。
王子大盛況_e0069822_0472847.jpg
 大盛況です(*´ω`*)

 肩の調子は一向に良くならないけど、特定のムーヴ以外は何とか出来るので、夏の間に鈍った身体を、少しずつ鍛え直して行きたい。
 ま、歳も歳だし、このまま騙し騙し登って行くしか無いのかな?
# by kakera365 | 2019-09-25 23:55 | クライミング | Comments(0)

ラグビー三昧

ラグビー三昧_e0069822_13255585.jpg
 この三連休はラグビー三昧だった。

 20日(金)にラグビーワールドカップが開幕し、今日までに日本対ロシア、オーストラリア対フィジー、フランス対アルゼンチン、ニュージーランド対南アフリカ、イングランド対トンガ、アイルランド対スコットランド、イタリア対ナミビア、そしてウェールズ対ジョージアの8試合が行われた。勿論、全試合テレビ観戦。

 開幕戦は日本の快勝。立ち上がりこそ固さが見えたが、少しずつ力が抜けたのか、着実に得点を積み重ね、4トライでボーナスポイントもゲットして、言う事無しのスタートを切った。
 そして2日目は、いきなり優勝候補のニュージーランドと南アフリカが激突。まぁ飽く迄もプール戦なので、両チーム共ガチンコで来る事は無いと思ってたが、予想外の本気度にちょっとビビった。結果は、ミスの目立った南アフリカをきっちり抑えて、ニュージーランドがしっかり勝ち点をゲット。オーストラリア対フィジーも見応えがあったが、やはり自力に勝るオーストラリアの快勝。そして、フランス対アルゼンチンが凄まじい試合で、最後の最後まで勝敗が分からない僅差のゲームだったが、最後にアルゼンチンのPGが外れてフランスの辛勝。この2チームの因縁は、未だ未だ続きそうだ。
 3日目のイングランド対フィジーは、フィジーの健闘虚しく、優勝候補のイングランドが快勝。イタリア対ナミビアも、順当にイタリア。そして、アイルランド対スコットランドは、自力に勝るアイルランドが圧勝。この両チームは日本と対戦する訳だが、負けたスコットランドも弱い訳では全く無いので、気を抜く事無く準備して欲しい。
 4日目はウェールズ対ジョージア。ジョージアのフォワードが何処まで頑張れるかが見処だったが、全ての面で圧倒的にウェールズが上回って完勝。

 まだ全チームを見た訳では無いが、目立ったのはやはりニュージーランド、南アフリカ、イングランド、そしてウェールズ。オーストラリアとアイルランドは、思ったより調子が上がって来てない様に見えた。また、フランスは相変わらず良く解らないが強そう。
 個人的にはずっとオールブラックスのファンなので、ニュージーランドを推したいが、今大会一番推しの選手が、スプリングボクスのファフ・デクラークなので、南アフリカも応援したい。しかし、8試合を見た限りでは、予想以上にウェールズの完成度が高く、かなり強そうだ。


 今回は日本開催なので、夜中に試合をやらないのが救いだが、未だ未だ始まったばかりで、プール戦だけでも後32試合も残ってる。一生に一度のビッグイベント、悔いを残さぬよう頑張って見よう٩( 'ω' )و
# by kakera365 | 2019-09-23 23:59 | スポーツ | Comments(0)

トレボルダ

 敬老の日の月曜日は、よこちゃん、まっちゃん、かっし~&かれんちゃんとボルダリング。相変わらず肩は痛いけど、登れる範囲で頑張ります。

 先ずは裏面の簡単課題数本でアップ開始。
トレボルダ_e0069822_14445514.jpg
 5級をサックリ登るかれんちゃん。

 かれんちゃんは、以前の様に「怖い!」とか「無理っ!」とか言わなくなってて、自然の岩に大分慣れて来た様です。

 エリアには、我々の他に若いお兄ちゃんが1人来てて、「マーキュリー」をやってたが、上手くカチを捉えられて無いのを見て、まっちゃんがムーヴをアドバイスしたら、いとも簡単に登って仕舞った。
 感心して名前を聞いたら、瀬戸啓太だった!!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 その瀬戸君にムーヴを指南したまっちゃんも「マーキュリー」にトライするが、登れてなかった。
トレボルダ_e0069822_14451151.jpg
 ムーヴが分かるのと登れるのは違う様です。

 私もやってみるが、右手のカチも取れないと言う為体。以前「もう登れそう」と思ったのは完全に妄想だった様だ。

 さて、皆さんアップも終わって、メインの表面へ移動。
トレボルダ_e0069822_14452930.jpg
 「プロキオン」をサックリ登る瀬戸君。

 その後、瀬戸君は諸処の事情で帰ってしまったので、後はおうじ〜ず貸切でやりたい放題。

 先ずは「タイタニック」に御執心のよこちゃんに合わせて、皆んなでセッション。
トレボルダ_e0069822_14454089.jpg
 下部は何とか出来る。

 暫くローテーショントライするが、進展が見られないので、「陣八」に転進してセッション。
トレボルダ_e0069822_14455521.jpg
 ここからが難しい。

 表面は難度の高い課題ばかりで、登れないかれんちゃんは、ロックバランシングで遊ぶ。
トレボルダ_e0069822_1446679.jpg
 集中してます。手前のアーチは私の作品。

 最後は再び「タイタニック」に戻り、今度は上部のムーヴを探る。
トレボルダ_e0069822_14461451.jpg
 リップからも悪いです。

トレボルダ_e0069822_14462247.jpg
 何とかムーヴが安定して来ました。

 暫く4人で波状攻撃を続けるも、残念ながら完登者は出ず。次回に期待です。


 私も最後まで頑張って良い筋トレになりました。特定のムーヴは痛みが伴うので出来ませんが、基本的な動きはそこそこの感触が得られたので、この調子でシーズン迄に上げて行ければ良いと思います。
# by kakera365 | 2019-09-19 22:46 | クライミング | Comments(0)

大野山

 三連休初日の土曜日は、何故か須磨労山のあらみちゃん、よ~こちゃん、サーファーAさんと大野山でボルダリング。ま、私は肩の調子がイマイチなので、のんびりピクニック気分で行きました。

 未だ未だ暑いかと思って行ったけど、めっちゃ爽やかで気持ち良いコンディションで、先ずは何時もの様に十界岩でアップ。
大野山_e0069822_18321833.jpg
 お天気最高です╰(*´︶`*)╯


 軽く登って良い感じに身体が解れたので、大夫婦岩(十二界岩)に戻って、先ずは左右のラインから。
大野山_e0069822_1832319.jpg
 高さもあって気持ち良い〜( ´▽`)

大野山_e0069822_18324866.jpg
 ここからの左取りが遠い。

 ボチボチ登ってたら良い時間になったんで、久し振りに作った曲げわっぱのお弁当を食べる。
大野山_e0069822_1833498.jpg
 得意のパンダおにぎり(*´∇`*)

 左右のラインをサックリ登ったあらみちゃんは、果敢に「Six Pack」にもトライ。
大野山_e0069822_18331390.jpg
 ここからの引き付けが悪い。

 皆んなで順番にトライするも、段々と煮詰まって来たので、気分を変えて三角岩へ移動して、先ずは左のライン。
大野山_e0069822_18332220.jpg
 ガビガビのホールドに耐えるよ〜こちゃん。

 ここでもあらみちゃんは意欲的に、難度の高い右ラインにトライ。
大野山_e0069822_183335100.jpg
 不思議と痛くないらしいです。

 最後は再び十二界岩に戻って、トラバースしたり登れてない課題にトライしたり。
大野山_e0069822_18334660.jpg
 最後まで打ち込むサーファーAさん。

 久し振りの大野山で、初めてのメンバーでしたが、皆さん銘々に楽しまれた様でした。
 私は夏の間にサボってたからか、予想以上にパワーが落ちており、全く思った通りに登れなかった。勿論、肩が痛いってのも理由の一つだが、それ以上に力が入らない感じが酷かった。

 う〜ん、やばいな(´-ω-`)
# by kakera365 | 2019-09-17 18:16 | クライミング | Comments(0)