王子当番

 日曜日は王子の当番。

 少し前に、尾鷲の「ぬし熊」さんで曲げわっぱを購入したので、朝から御飯を炊いてオニギリを作りました。
e0069822_225670.jpg
 オニギリを入れると、かなり良い感じです(o^^o)

 この曲げわっぱは、尾鷲檜に漆を塗って仕上げてるのですが、お昼に開けてみると、中は良い感じにシットリとしてて、調湿機能があると言うのも納得出来ました。勿論、オニギリはとっても美味しかったです(=゚ω゚)ノ

 さて、ボルダールームの方ですが、午前中の御客さんはやや少な目でした。
 懸垂下降の練習をしているグループとジュニアの子供達、そして珍しくりょうすけ親子がやって来て登ってました。
e0069822_2251439.jpg
 仲良く登るりょうすけ親子。

 午後になると、今度はもっと珍しく、せっちゃん親子4人がやって来ました。次男のはるき君は夢野台高校のクライミング部に入ったらしく、登る気満々。私も先輩として、幾つか課題を提供しました。
e0069822_2252210.jpg
 皆んな大きくなったねぇ(o^^o)

 その後、富太郎さん、新村さんもやって来て、何だか同窓会みたいに。更に、かなたにさん、ぼ〜ちゃん、みずまっち、さわっち、お〜ふじの常連さんや、ゆかりちゃん親子やかれんちゃん親子もやって来て、ボルダールームは大賑わい。
e0069822_2252823.jpg
 予想を超える大盛況でした(=゚ω゚)ノ

 私は、ツアーの疲れがイマイチ抜けてないので、軽く登って適当に課題作りして終了。

 帰りに、よこちゃんの見舞いに行ったら、怪我の割には普通に元気そうだったが、ず〜っと家に居るのでかなり退屈そうだった(´・Д・)」
# by kakera365 | 2018-05-13 23:59 | クライミング | Comments(0)

お庭いじり

 土曜日は、ぼちぼちプランターに野菜を植える季節なので、買い物序でにホームセンターで苗を買って来ました。
e0069822_223450.jpg
 今年はプチトマトとオクラにしました。

 もう既に生えてるヤマノイモを避けて、空いてる所に植えました。
e0069822_22395.jpg
 こんな感じ。

 序でに他の植物も手入れしました。
e0069822_2231489.jpg
 今年は良い感じの苺ちゃん。

 苔盆栽も、日当たりの良い所に移してみました。
e0069822_2231856.jpg
 元気になあれ。

 植えた野菜が大きくなって、いっぱい収穫が出来れば良いなぁ(o^^o)
# by kakera365 | 2018-05-13 22:29 | 生活 | Comments(0)

GW Bouldering Tour - Day3

 ツアー最終日は、きんちゃんがやってる駄菓子屋詣でからスタート。
e0069822_1672387.jpg
 駄菓子の搬入を御手伝い(o^^o)

 店内には懐かしの駄菓子が一杯で、大人でもワクワクして仕舞う。知人の店である事を差し引いても、なかなか味のある駄菓子屋なので、近所の子供達が羨ましい。

 さて、この日は何処へ行くか散々迷った末に、6年前に訪れたWMVへ行く事に。
 岩場の駐車場に着いて降りて行くと、又しても岡田ファミリーと遭遇。クライマーの考える事は同じだ(^◇^;)
e0069822_1673058.jpg
 家族団欒のお邪魔させて頂きま〜す(=゚ω゚)ノ

 取り敢えず荷物を置いたら、岡田家の姉妹かえでちゃん&とわのちゃんと一緒に水晶を探しつつ、合間にクライミング。
 先ずは4級のカンテ課題から。私はサックリ。よこちゃんも軽く続いて、けんたも頑張って登る。
e0069822_1673681.jpg
 なかなか渋い課題です。

 続いて、このエリアの看板課題でもあり、数々の強々クライマーを退けて来た、ワイドクラック「ファンキーモンキー(初段)」にトライ。
e0069822_1674450.jpg
 狭くて苦しいよ〜(>_<)

 私は前回もサッパリ出来なかったが、今回は更に出来ず、離陸するのが精一杯だった。リベンジの積りで来たので、めっちゃ悔し〜い(つД`)ノ

 お次は、見た目が面白そうだった「エリザベス(二段)」をやってみるが、案の定全く進まない。
e0069822_1674939.jpg
 スタートから全然進めない。

 早々に諦めて水晶探しをしてたら、よこちゃんとけんたが居ない。暫く探すと、対岸にある見栄えのする高いカンテ課題をやっていた。私も途中から参加してリップまで行くが、抜けが微妙に悪く、諦めて飛び降りる。その後、よこちゃんもリップまで行くが、やはり抜けに不安を感じて飛び降りて来る。
e0069822_1675464.jpg
 此処から飛び降ります。

 ところが、クラッシュパッド目掛けて飛んだ筈が、何故か綺麗に外して岩の上に着地。そして悶絶するよこちゃん!!!Σ(゚д゚lll)
 このカンテ課題、グレードは3級となっているが、どう考えてもそんな感じでは無い。今迄にも、瞳孔が開く5級とか、5.14クライマーが登れない初段とか、散々トキオトラップに引っ掛かって来たが、又しても嵌められて仕舞った。オレ達、学習能力無いな(´Д` )
 よこちゃんは足裏を着いて歩く事も出来ず、這いずりながら川へ向かう。残されたけんたと私は、一気に気分が萎えたので、隣のスラブに転進する。
e0069822_16805.jpg
 此方も3級だが、全然出来ない(´Д` )

 これもサッパリ出来ないので切り上げて、よこちゃんの様子を見に行くと、意外と元気そうだったのでホッとした。
e0069822_168770.jpg
 川の水でアイシング。

 本人は骨折はして無さそうと言うが、足首はかなり腫れており、帰りの車中もアイシングしながらで、SAでの食事やトイレも肩を貸して行く状態。
 翌日、病院で精密検査したら、踵粉砕骨折だった(´・_・`)


 恒例のGWボルダリングツアー。最後に怪我人を出して仕舞ったのが非常に残念だったが、今回行ったどのエリアも素晴らしい課題が一杯で、最高に楽しめたツアーだった。怪我したよこちゃんには悪いけど、個人的にはモチベーションが高められた、とても良いツアーとなりました。
# by kakera365 | 2018-05-09 23:06 | クライミング | Comments(2)

GW Bouldering Tour - Day2

 ツアー2日目。
 先ずは、トキオ荘のヘルシーな朝食を頂く。
e0069822_1651035.jpg
 干物に卵に納豆。健康的です。

 さて、この日のエリアは白州。と言っても尾白川じゃ無い方の。
 簡単なスラブ2本でアップした後、先ずは1級のカンテ課題でセッション開始。
e0069822_1651844.jpg
 ホールドの向きがイマイチ悪い。

 頑張って打つが、ちっとも高度が上がら無いので、3人共戦略的敗退を選択して、ローカルの2人がやってる2級課題に混ぜて貰う。暫くするとよこちゃん、けんたと登る。ローカルの1人も登る。
e0069822_1652318.jpg
 完登目前の私。

 上部のカチを取り、足を上げてマントルを返し、右手のピンチを一つ上に上げ様としたその瞬間!!! 掃除不十分だったピンチがブリッと抜けて落下(つД`)ノ
 続いて2級のスラブ。ここは得意系だけにサクッと一抜け。よこちゃんも続く。
e0069822_1652982.jpg
 苦手系のスラブも頑張ってます。

 けんたも何とかクリアして、次なる課題は1級のスラブ。けんたは対岸の課題に行って仕舞ったので、よこちゃんと2人で打つが、私は親指プッシュムーヴが上手く出来ず。
e0069822_1653364.jpg
 よこちゃんだけ見事に完登。

 そんな感じでワイワイ登ってたら、GIRI-GIRI BOYSのピオレドーラー岡田康さんファミリーが登場。どうもお久し振りです(=゚ω゚)ノ
e0069822_1654026.jpg
 キャンパシング課題に打ち込む岡田さん。

 岡田さんは普通に離陸してキャンパで右手を飛ばしてた。動きが若い!!!
 高齢の我々は離陸さえ儘ならないこの課題、けんたはキャンパ連発で「お買い得2級です!」とか言うし(登って無いけど)。
 ま、全然出来る気配も感じ無いので、けんたがノーマットでサックリ登ったらしい、対岸の「頑張れ山田君(2級)」に流れる。
e0069822_1654570.jpg
 ムーヴを探るよこちゃん。

 ここも、よこちゃんは登って私は敗退。最近こんな展開ばっかりやな(´Д` )
 ボチボチ良い時間になって来たので、クールダウンに簡単な課題を5本。その中で、クラックっぽいホールドを持ってハイステップでマントルを返す課題をやってたら、足が抜けて後ろのスラブに背中から落下。
e0069822_1654919.jpg
 悶絶中の私。

 何年振りかの激落ちでチョイと焦ったが、幸いにも何とも無かった。
 ラストは5級のマントル課題(絶対5級じゃ無いけど)。ここは私が気を吐いて一抜け。よこちゃんも続くが、又してもけんたがド嵌まり。
e0069822_1655587.jpg
 悲壮感漂う打ち込み。

 最後は、私のアドバイスが良かったのか、今迄のトライは何だったのかと言う位アッサリ完登して2日目を締め括った。

 此処は初めてのエリアだったけど、面白い課題が一杯だし、綺麗な川が直ぐ横を流れていて、瀬音も涼し気だし、水も飲み放題だし、緑も綺麗で最高だった。


 温泉入って汗を流し、晩御飯にネパールカレーを食べて、再びトキオ荘で宴会。
 3日目に続く・・・
# by kakera365 | 2018-05-08 22:02 | クライミング | Comments(0)

GW Bouldering Tour - Day1

 ゴールデンウィーク後半は、恒例の甲州ボルダリングツアー。
 メンバーは、よこちゃん、けんた、私の3人。けんたは甲州の岩場は行った事が無いらしく、全ての初エリアにドキドキ、ワクワク(o^^o)

 初日は勿論、瑞牆です。先ずは皇帝岩でアップ。
e0069822_1622641.jpg
 「鏡」を登るけんた。

 けんたは、今時の若者クライマーに似合わず、何気にスタイル重視で、高い課題にも積極的、スラブもそこそこ上手い(´・Д・)」

 適当に登っているととっき〜が来たので、最高傑作の「阿修羅」がある山形県エリアに移動。そして、初めて見る「阿修羅」の威光に興奮して、早速取り付くけんた(^◇^;)
e0069822_1623399.jpg
 楽しそうです(o^^o)

 よこちゃんと私は宿題の「インドラ」にトライする。私は何とか1回1手目が取れたけど、その後左手親指と薬指に穴が空いてジ・エンド。よこちゃんはフィーリングがイマイチなのか、1手目も取れずに「ナーガ」に転進。 
e0069822_1623747.jpg
 禁断のジャミンググローブを使ってます( ̄_ ̄;)

 私は「インドラ」でベッコリ凹まされたので、目先を変えて「キトラ」をやってみる。若干スタートに手間取ったものの、良い感じに高度を上げて、完登こそならなかったが、そこそこ感触は掴めた。次回頑張ろう。
e0069822_1624146.jpg
 地味だけど面白いです(=゚ω゚)ノ

 「キトラ」の右のスラブ「ヒドラ」も、面白そうなのでやってみるが、中間部が完全に足だけで結構シビアです。
e0069822_1624918.jpg
 なかなか厳しい(ー ー;)

 結局スラブも敗退(´Д` )
 三ノ谷エリアへ移動して、けんたに「瑞牆レイバック」を勧めると、ノーマットでやると言うので見学。
e0069822_1625484.jpg
 最上部まで来ましたが・・・

 レイバックが下手な訳では無いのだが、最後に正対に切り替える所で嵌まり、事もあろうに最上部から飛び降りて来る!!!∑(゚Д゚)
 私はこのエリアの宿題「光合成」に行くが、相変わらずサッパリ出来ない。
e0069822_163341.jpg
 とっき〜模範登攀の筈でしたが・・・

 結局とっき〜も登れなかったので、コンディションが悪かったと言う事にして、勇気ある敗退を選択。
 最後は桃岩で「桃源」の左右抜け。よこちゃんと私はサックリ再登するが、又してもけんたが嵌まる。
e0069822_1631332.jpg
 左抜けに打ち込むけんた。

 最後は何とか左右完登して、初日を締め括った。


 台湾料理を食べて温泉で汗を流したら、トキオ荘で宴会スタート。
e0069822_1632098.jpg
 取り留めも無い話しで盛り上がる\(//∇//)\

 2日目に続く・・・
# by kakera365 | 2018-05-07 21:21 | クライミング | Comments(0)

おうじ~ずファミリーキャンプ:2日目

 子供達は朝から元気に遊び回る。
e0069822_23361865.jpg
 上部はコンクリート三面張りですが、川で水遊び。

 遊んだら当然お腹が空きます。
e0069822_23362425.jpg
 皆んな揃って朝御飯。

 ホットサンド作って、お握り焼いて、コーヒー沸かして。
e0069822_23364077.jpg
 朝から手羽先焼いてま〜す(=゚ω゚)ノ

 満腹になったら、子供達は再び遊び捲り。その間にテン場を片付けて、お掃除したら、岩場へGO!

 壁の左側は低いので、クラッシュパッドを敷いてボルダリング。
e0069822_23364495.jpg
 ゆ~ま君のトライ。

 ゆ〜ま君は去年も登れず、今年こそはと意気込んでいたが、又しても登れず、来年に持ち越しとなってしまいました。

 右側の少し高い所にはトップロープを2本掛けて、順番に登って貰う。瑞穂は左のラインをノーフォールで登る。技術も根性も付いて来てる様です(o^^o)
e0069822_23365075.jpg
 グリグリでスパイダーマンごっこ。

 合間にお昼御飯を挟みながら、各ラインを順番にトライ。
e0069822_2336559.jpg
 お昼御飯は焼き饂飩。

 当然の如く、大人達もクライミングをエンジョイしつつ、トップロープのラインを更に右に2本追加する。
e0069822_2337048.jpg
 久し振りのリードに緊張するりょうすけ。

 締めは、右に作ったやや難しめのラインへの、ゆかりちゃん4トライ目。
e0069822_2337763.jpg
 見事にノーテンで登り切りました。

 慣れないルートクライミングでしたが、王子でボルダリングしているだけあって流石の身の熟し。そして、諦めない根性が素晴らしかった(=゚ω゚)b


 久し振りのおうじ〜ずファミリーキャンプでしたが、新しいメンバーも増えて賑やかになり、変わらず楽しかったです(o^^o)
 ウチの子供達も大きくなって、バイトやら部活やらで参加出来ない事が増えて来てるので、小さな子供がいる家族が、引き続きやって行ってくれればありがたいです。勿論、私も参加しますけどね(´・Д・)」


 次回は御手洗で川遊びかなぁ〜o(*゚▽゚*)o
# by kakera365 | 2018-05-02 23:59 | 自然 | Comments(0)

おうじ~ずファミリーキャンプ:初日

 ゴールデンウィーク前半は、恒例のおうじ~ずファミリーキャンプを古法華自然公園で開催。
 今回の参加者は、とっし〜先生&きずな、りょうすけ&ゆ〜ま君&あやなちゃん、オカカマンファミリー、瑞穂と私、そしてお初のゆかりちゃんファミリーの5家族と賑やか(o^^o)

 当日は先ず、何時もの様に明石高専に集合して、これまた何時もの様に薪割りしたり井戸水汲んだり。
e0069822_2332278.jpg
 薪割りに挑戦する瑞穂。

e0069822_2332624.jpg
 井戸水を汲む子供達。

 暫く遊んでから出発。途中でお昼御飯を食べてから古法華自然公園に行くが、GWで天気も良いので、想像を超える人、人、人。こんなに混んでる古法華は見た事が無い(´Д` )
 何時もの所も先客が居たが、お邪魔させて頂いて、何とか全家族が収まる場所を確保。大人達が色々と準備する間、子供達は自由に遊び捲る。
e0069822_23321295.jpg
 エアクッションに乗ったり。

e0069822_2332197.jpg
 テントでトランプしたり。

 テントを張って、買出しを終えて、BBQの用意したら、大人達だって遊びますよ。
e0069822_23322434.jpg
 スラックラインに挑戦するゆかりちゃん。

 私も1年振りにやってみたけど、コツをスッカリ忘れてて、サッパリ出来なかった。

 夕方になって少し暗くなり、遊び疲れてお腹も空いて来た所で、待望のBBQ開始です。ゆかりちゃんファミリーはキャンプ好きな様で、色んな道具を駆使して手際良く調理を進めて行きます。
e0069822_23323054.jpg
 肉焼いてます。

 美味しいお肉を頬張りながら、大人達はビールでドンドン流し込みます。
e0069822_23323589.jpg
 子供達もモリモリ食べてま〜す。

 肉や野菜に飽きて来たら、子供達の大好きなアレをします。
e0069822_23324048.jpg
 魅惑の焼きマシュマロ。

 何時もの場所に在ったBBQ釜が無くなってて、焚火台も持って行かなかったので、焚火は出来なかったけど、そんなに寒く無かったので良かった。


 2日目に続く・・・・・
# by kakera365 | 2018-05-01 23:59 | 自然 | Comments(0)

ウルイ

 土曜日に行ったリバーパークに、大葉擬宝珠(ウルイ)が生えていたので、先週の蕨に続いて山菜採り。
e0069822_19003598.jpg
 こんな葉っぱです。

 以前にも、ハードゲイ渓谷で採って食べたのだが、何もかもコロッと忘れており、どうやらもっと若い芽を採る様です。オマケに、葉っぱの部分は苦いので、茎だけを食べるそうだ。
 が、採って仕舞った以上仕方が無いので、全部湯掻いて食べる事にしました。
e0069822_19005214.jpg
 味付けは酢味噌。

 茎の部分は適度に滑りがあって、とても美味しい。そして、葉の部分も苦味は全く無く、普通に美味しかった。どうやら採取時に、短めの若葉ばっかり選んだのが良かったみたいです(o^^o)
# by kakera365 | 2018-04-23 21:00 | 自然 | Comments(0)

リバーパーク

 土曜日は、久し振りに備中へ行って、リバーパークでリードクライミング。
 メンバーはまっちゃん、うめちゃん、お初のアシメちゃんに私。そして、現地で愛媛の遊々自的クライマーし~ちゃんと合流。

 エリアに着いて壁を見上げる。噂には聞いていたが、想像以上にショボ・・・いや失礼、低い。
 先ずは、まっちゃん&うめちゃん、アシメちゃんが「A.B.Climbing(5.8)」「一年生(5.9)」でアップ。
e0069822_15574099.jpg
 「A.B.Climbing」を登るアシメちゃん。

 し〜ちゃん&私は「モスガーデン(5.10a)」「スリーモーニング(5.10a)」「ブルハート(5.10c)」を順番にトライするが、私は「スリーモーニング」で2回もスリップ落ちして、オンサイトを逃してしまう(´Д` )
e0069822_1557548.jpg
 「ブルハート」をサックリ登るし〜ちゃん。

 うめちゃん&アシメちゃんも、精力的に「モスガーデン」や「ブルハート」にトライ。
e0069822_15581110.jpg
 「モスガーデン」を登るアシメちゃん。

 皆さんアップも完了したので、私が足を滑らし捲った「スリーモーニング」に順番にトライ。
e0069822_15581849.jpg
 うめちゃんは滑るフットを物ともせず。

 1便目は、手だけで登ってパンプしてしまったまっちゃんも、キッチリ完登。
e0069822_15582514.jpg
 滑らない様に慎重に( ̄(工) ̄)

 私は次に、石灰岩らしいコルネが見栄えのする「コルネアタック(5.11a)」にトライしてオンサイト。まっちゃんも軽くオンサイトでクリア。下部のトラバースが結構パワフルなこの課題だが、うめちゃん、し〜ちゃんも順番に登る。
e0069822_15583236.jpg
 うめちゃん、サクッとオンサイト。

 し〜ちゃんは2便目で見事にレッドポイント。
e0069822_15583842.jpg
 流石、世界のHIRAYAMA!!!

 私は最後に「右手パニック(5.11b)」をオンサイトして締めた。


 帰り際に、川エリアで登るピカル兄さんとヒロミちゃんを対岸から応援。我々が登っていたエリアとは違って、ドッ被りで非常に見栄えのする壁です。
e0069822_15584912.jpg
 「インドメタシン(5.12c)」を登るピカル兄さん。

 先週迄は、自分の能力を遥かに超える課題をやってたので、余り楽しむ余裕も無かったが、この日は久し振りの石灰岩だったけどルートが短かったし、御無沙汰な人と初顔の人とで和気藹々と、エンジョイしながら気持ち良く登れた。もっと高さのある課題をするには、技術も気持ちも高めて行く必要があるけど、余り気負わず、少しずつモチベーションを上げて行こうと思う。


 ま、ボクのルート強化月間(3、4月)、もう終わっちゃうけどね・・・( ̄▽ ̄;)
# by kakera365 | 2018-04-22 23:21 | クライミング | Comments(0)

読んでみませんか〜その四

e0069822_19303454.jpg
 2014年のその三から、随分間が開いてしまったが、オススメ本を紹介するこのコーナー、今回は角幡唯介の「極夜行」です。

 最初に読んだ角幡氏の著書は「空白の五マイル」だった。若い頃ニュースステーション等で見た、大谷映芳氏が撮影したツァンポー川の奥深さにそそられた私は、この本を相当の興味を持って読んだ。そこには、想像に違わないツァンポー川の深淵が詳細に記載されており、予想以上に面白かった。その後も「雪男は向こうからやって来た」「アグルーカの行方」「漂流」と続けて読んだが、冒険とはやや違った角度からの作で、此方は若干の物足りなさを感じた。これについては、角幡氏本人も同じ思いを抱いていた様だ。

 そして、今回の「極夜行」。地理的秘境が殆んど無くなった現在に、新たな切り口で冒険を再定義し、それを確認すべく「極夜」へと向かう。白夜が一日中明るいものであるのに対し、極夜は一日中暗いものだと思っていたが、良く良く考えると夜には月がある訳で、私の経験からも満月前後であれば、かなり明るいと思われる。しかし、新月近くは真の闇に包まれる。想像を絶する暗闇。その状況を考えるだけでも恐怖に慄く。そんな場に身を置かれたら、私なら発狂するかも知れない。
 そんな常識を超えた世界の奥に、更なる景色を見出す感動。そして、極夜を終わらせる最初の太陽を、胎内から産道を通って生れ出る赤子に準え、自らの中にも新たな世界を開く。ワイドクラックに魅せられた者達が語る、胎内回帰願望に近いものを感じた。
 更に、冒険は人跡未踏の未知の場所にのみにある訳では無く、既知の場所であっても深くアプローチする事で新たな冒険が生まれるとの考察。これは、登山に於けるバリエーションや厳冬期の登攀等に近い考え方だ。

 この作品は、冒険の書としてとても興味深いものであり、また色々と考えさせられる作品だ。それに、次々と起こる想定外のアクシデントにページが進み、読み物としても一級品だ。笑いあり、涙あり、感動ありの、角幡唯介渾身の名著だと思う。


 そしてこれは、愛犬ウヤミリックの命を賭けた冒険譚でもある。
# by kakera365 | 2018-04-20 22:06 | Soliloquy | Comments(0)