オシムJapan

 昨日のサッカー(日本vsトリニダード=トバゴ)は、ナカナカ面白かった。
 ワールドカップに出場したジーコJapanは、ハッキリ言ってどうしようもないチームだったが、流石にイビチャ=オシム、走れる若手を抜擢して、スピード感溢れる、面白い試合を見せてくれた。
 三都主の2つのゴールは美しかった。特に2点目の駒野のアシストは完璧だった。あれだけスピーディなサッカーが見れれば、試合の勝ち負けは置いといても、サポーターは満足だったろう。後半は少し運動量が落ちて、ボールを止めるシーンも多く、またトリニダード=トバゴに流れを持って行かれたが、まぁこれも経験だろう。

 因みに、「オシムの言葉」読みましたよ(^^)。
# by kakera365 | 2006-08-10 20:26 | スポーツ | Comments(0)

水遊び

 昨日、久し振りに徳島県の鳴滝へボルダリングに行って来た。
 とは言ってもこの暑い最中、まともにボルダリング出来る筈も無い。一応「AD鳴滝」なるイベントで、エリア清掃、課題整理、セッション、そして呑んで泳いで、ってな内容である。
 今回は、同行者が少なかったので、美雲を連れて行った。正直、退屈するのではと思っていたが、予想に反して飽きもせず殆ど一人で一日中遊び倒していた。

水鉄砲で遊ぶ。
e0069822_22401845.jpg

オタマジャクシ観察中。
e0069822_22403210.jpg

岩場の移動も慣れたもの。
e0069822_22404690.jpg

 我が子ながら自然に浸って逞しく遊ぶ姿を見て、ちょっと見直した一日だった。
# by kakera365 | 2006-08-07 22:47 | 自然 | Comments(0)

ファミリー登山

 長男「美雲」と一緒に、北アルプスの唐松岳を登りに行って来た。
 コースは、ゴンドラ&リフトを利用して八方尾根を往復する超軟弱コースだが、まぁ7歳の子連れなので致し方無し。当然ながら、想定行動時間の1.5~2倍の時間が掛かった。
 久し振りの北アルプスだったが、美雲も、そして勿論私も、十分に楽しんだ山行だった。やっぱり山は良い(^^)。

夜明けの唐松岳頂上。後ろに見えるのは立山と剣岳。
e0069822_0284883.jpg

丸山ケルンにて。後ろは白馬三山。
e0069822_029418.jpg

八方池にて。水面に浮かぶのは白馬の峰々。
e0069822_0291469.jpg

雪渓でゼリー飲料を冷やして飲んだ。
e0069822_0292415.jpg

テントでは、雪渓の雪で冷やしたビールとジュースで乾杯した。
e0069822_0293250.jpg

下山後、白馬のジャンプ台を見に行った。
e0069822_0294069.jpg

# by kakera365 | 2006-08-06 00:43 | 家族 | Comments(0)

沢の魅力

 茹だる様な暑さの中、骨の髄まで凍える様な冷たい水に浸かって泳ぐのは爽快だ。また、瀑流を全身で受け止め、飛沫を浴びながら、流されまいと抵抗するのも痺れる様な感覚だ。そして、辺りが夕闇に消える頃、焚き火を囲んで飯を喰らい、談笑するは格別の時間だ。
 沢登りには様々な魅力があるが、最大の魅力は大自然に浸る事だ。一般の登山道とは違って、殆ど人の気配がしない沢筋を登って行くと、エメラルドグリーンやサファイアブルーの信じられない程綺麗な流れや、想像を絶する大迫力の瀑布、真夜中の様に暗いゴルジュが迎えてくれる。
 また、登攀としても魅力的だ。沢登りには様々な要素が含まれており、単純に登攀だけを取っても登攀力、泳力、持久力、読図力、流れを読む力等が要求され、更に生活力等様々な技術が必要とされる。まぁ実際には、これらの技術は中級以上の沢に必要な要素であって、初級の沢は、単なる川遊びの延長、と捉えても問題無いレヴェルではある。
 水に浸かる事は、人間の本能に基づく欲求であると思う。高い所に登るのもまた然りである。
 また、沢中泊になると、岩魚や山女を釣り上げて焚き火で焼いて食べたり、山菜や茸を採取して、晩御飯のおかずに仕立て上げたりする事も出来る。そして、焚き火が消えそうになるのを細目で見つつ、獣の遠鳴きを聞きながら眠りに堕ちる。そんな楽しみもある。

 まだ、一度も沢登りをされた事の無い方、是非一度トライして見て下さい。
# by kakera365 | 2006-08-01 23:19 | クライミング | Comments(2)

沢登り~!!!

 今日、久し振りに沢登りに行って来た。
 やっぱり沢登りは楽しい~! やっぱ暑い夏はこれだね~(^^)。

みんなの笑顔が楽しさの証明。
e0069822_23423142.jpg


 この川には(多分)カジカガエルのオタマジャクシがめっちゃ居た。多分、知らない間に何匹も踏ん付けてるだろうなぁ。オタマちゃんゴメン。

オタマがうじゃうじゃ。
e0069822_23424179.jpg

# by kakera365 | 2006-07-31 00:00 | クライミング | Comments(0)

バンダナ

 最近、我が家の子供達にバンダナがブームである。
 私はバンダナが好きで、色んな色や柄を持っており、山登りやクライミングの時、フリスビーの試合等でバンダナを良くしていた。でも、最近はする機会も少なくなって箪笥の肥やしになっていたのだが、先日ログハウスの展示会を見に行った手土産にバンダナを貰ったのが切っ掛けで、子供達のオモチャになってしまった。
e0069822_22515763.jpg

 これは、ラーメン屋ごっこ。海晴がラーメン屋のオヤジで、美雲がお客さん。

e0069822_22521426.jpg

 こっちは見たまんま、泥棒の真似。
# by kakera365 | 2006-07-27 22:47 | 家族 | Comments(2)

でんじろう先生

e0069822_22364120.jpg

 写真はシャーベットを作っているところ。
 美雲の希望で「週刊かがくるプラス」と言う雑誌を買っている。その中に「米村でんじろうのわくわく実験室」と言う連載があって、そこに書かれた実験をしているところである。濃い食塩水を作って冷凍庫で一日冷やすと-16℃位になるので、その中で金属の器に100%果汁のジュースを入れて凍らせると言うものである。
 「米村でんじろう」なる人物、最近テレビにも良く紹介されているので知っている人も多いと思う。彼の実験は、科学的内容は兎も角、人間の五感に直接訴える、シンプルで分かり易い、メッチャ楽しい実験ばかりである。大人が見てても面白いので、子供達に大人気なのも納得。
# by kakera365 | 2006-07-25 13:06 | 家族 | Comments(0)

レベルダウン?

 木曜日に定例の王子へ行って感じたのだが、最近どうもクライミングが下手になってる様に思う。
 1年ちょっと前に肉体改造(って言うか身体意識の向上)を始めた時「若しかしたら一時的に下手になるかもな」とは思っていたが、予想通りって感じだ。
 いや、下手になったのでは無くて、思った以上に進歩してないだけかも知れないが、周りに付いて行けない事は事実だ。多分、前からダメだったところ(ロック力の無さ、カチれない癖、握力の無さ、体幹の弱さ、柔軟性の無さ等)が浮き彫りになって来たので、余計リアルに下手さを感じるのかも知れない。
 にしても、クライミングには致命的な欠陥ばかりなのに、今までどうして登れてたのか不思議な位だ。大体にして、生まれつき運動神経が鈍い上に、運動嫌いと来て、オマケに不器用なのだから、ハッキリ言って手の施しようが無い。優れている点と言えば、のんびりマイペースなのと、のめり込む性格なのと、どうしようも無い位負けず嫌いで、根拠の無い自信だけは人一倍って所か。

 う~ん、どうすりゃ良いんだ?
# by kakera365 | 2006-07-22 23:35 | クライミング | Comments(0)

シングルモルト3

 またまた新しいウィスキーを買った。
 どっからお金が湧いて来るんだと言う声もあるだろうが、実は。。。
 買ったのは「ハイランドパーク12年」。ネットでも3,000円位はするのだが、近所のコープで1,180円で売っていた。安過ぎる・・・
 喜びを押し殺してレジへ行くと、オバちゃんが信じられない言葉を発した。「3,500円です」。「えっ!?」「1,180円って書いてあったんですけど・・・」「その値段なら買いません。。。」
 結局、調べて貰って1,180円でイイと言うので即購入。ちょっとビックリしたが、まぁ安く手に入ったので良しとする。 
# by kakera365 | 2006-07-20 22:29 | 生活 | Comments(2)

近所の山

 日曜日に美雲と近所の「摩耶山」へハイキングに行った。
 車で30分程走って駐車し、2時間程歩いたが、登山道沿いにはキノコが生えていたり、河原では糸トンボが飛んでたりして、結構楽しめた。

 オニギリを頬張る美雲
e0069822_9532969.jpg

 橋の上で「はいポーズ!」
e0069822_9534747.jpg


 近所に自然豊かなハイキングコースが沢山あり、恵まれた環境に住んでいる事に感謝。
# by kakera365 | 2006-07-19 22:27 | 自然 | Comments(0)