<   2020年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

リフォーム:ビフォーアフターその1

 我が家では、先週からリフォームが始まりました。
 前日迄は、リフォームに取り掛かる場所の片付けにてんやわんや。私が多趣味なのも原因で、無駄に物が多い我が家なので、これを機会に断捨離してスッキリさせたいです。

 先週は先ずお風呂から。
 長い事使ってると何も違和感を感じませんが、改めて良く見てみると、電球の形や壁のタイルが時代を感じさせます。
リフォーム:ビフォーアフターその1_e0069822_1920139.jpg
 昭和の香りがしますね(*´ω`*)

 家族で色々相談した結果、ピンクを基調とした浴室になりました。
リフォーム:ビフォーアフターその1_e0069822_19202237.jpg
 ピンクは暖かみもあるし、何かウキウキしますね(//∇//)


 続いては洗面所。
 こちらも、洗面器の形や扉の取手なんかが昔っぽいです。
リフォーム:ビフォーアフターその1_e0069822_19203329.jpg
 プーさんのプリントは前に住んでた人が貼った物です。

 以前は洗面ボウルが小さくて、上縁面がビシャビシャになってたのが改善されたのと、鏡が1面鏡で見難かったのが、3面鏡になって背中も見れる様になりました。
リフォーム:ビフォーアフターその1_e0069822_19204455.jpg
 鏡の裏も収納なので、かなりスッキリしました。

 来週末まで、まだまだ続く我が家のリフォーム。
 順次報告して行きます(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2020-04-09 22:29 | 生活 | Comments(0)

淡河逍遙

 先週末のリハビリハイクは、土曜日に淡河町へ行きました。

 自宅と同じ神戸市北区とは言え、淡河町はかなりの田舎。他府県の人を連れて来て「ここ神戸市」と言っても、100%信じて貰えないでしょう。そんな淡河町でも特に静かな神田に、古民家を利用したベーグル屋さんがあると聞いたので、早速向かいました。
淡河逍遙_e0069822_2182542.jpg
 まさに田舎の風景。

 左奥に見える藁葺き屋根の古民家が、ベーグル&スチームベーグルのお店「はなとね」さんです。木、金、土曜日しか開いてないので、基本土曜日しか買う機会がありません。
淡河逍遙_e0069822_2183576.jpg
 オシャレ〜ヽ(*^ω^*)ノ

 早速中へ入ってみますが、残念ながら普通のベーグルは売り切れてたので、米粉を使ったスチームベーグルを4種類1つずつ買いました。

 買い物も終わったので、序でに周辺をブラブラしてたら、畔に大きなタンポポを発見しました。
淡河逍遙_e0069822_2184380.jpg
 当にダンデライオン。

 他にも桜や雪柳、連翹などが咲いてました。
淡河逍遙_e0069822_2185163.jpg
 ピンクの八重椿は本当に綺麗です(o^^o)

 続いて、本町方面に移動して、人気の満月堂さんで豊助饅頭を購入。
淡河逍遙_e0069822_219370.jpg
 相変わらずの人気振りです。

 更に道の駅「淡河」へ行くと、知らない内にリニューアルされて綺麗になってました。
淡河逍遙_e0069822_2191615.jpg
 駐車場も入り易くなってます。

 ここに来たら勿論、そば処「淡竹」さんでお蕎麦を頂きます。
淡河逍遙_e0069822_2192829.jpg
 天ざるそば。コシがあって美味しいです(*´꒳`*)

 最後にリハビリを兼ねて、淡河城址に登ってみる事にして歩き出す。牛舎の脇に一輪の水仙が、凛々しく咲いてました。
淡河逍遙_e0069822_2193765.jpg
 牛さんは全部寝てましたが(´ω`)

 今回は歩く距離が少なかったですが、色んな食べ物を買ったり食べたりして、のんびり過ごす事が出来ました。

 コロナで街中に出る事は憚られますが、山や田舎は3密には程遠いので、色んな意見があって判断が難しいとは思いますが、個人的には許されるのでは無いかと考えてます。
 緊急事態宣言が出て、どう変わって行くのか分かりませんが、周りの状況を見ながら判断して行こうと思います。
by kakera365 | 2020-04-07 21:48 | 生活 | Comments(0)

3ヶ月経過

3ヶ月経過_e0069822_2172132.jpg
 この週末で、怪我から丁度3ヶ月が経ちました。

 状態は写真の通りで、足首周りの腫れがなかなか引かず、血流も滞っている様で、直ぐに鬱血してしまいます。リハビリには週1回通っていますが、相変わらず可動域が狭く、良くなっている様な印象は、正直殆んどありません。
 それでも、少しずつ歩く速度は上がって来てますし、地面の凹凸にもある程度は対応出来る様にはなっているのが救いです。

 怪我をして不自由になってからは、普通に動ける事の有り難みが改めて良く分かります。当たり前の様にして来た事が、全く出来ない衝撃は一言では言い表せません。お茶やラーメンが運べないと言った些細なものから、靴を履くのにしゃがめない、ワンフロア上がるのにもエレベーター、そして生まれて初めて、風呂が怖いと思いました。

 何時になったら普通に戻れるのか分かりませんが、以前の自分を超える事を目標に、痛みに耐えてリハビリに励みたいと思います。
by kakera365 | 2020-04-05 21:49 | Soliloquy | Comments(0)