<   2018年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ウルイ

 土曜日に行ったリバーパークに、大葉擬宝珠(ウルイ)が生えていたので、先週の蕨に続いて山菜採り。
e0069822_19003598.jpg
 こんな葉っぱです。

 以前にも、ハードゲイ渓谷で採って食べたのだが、何もかもコロッと忘れており、どうやらもっと若い芽を採る様です。オマケに、葉っぱの部分は苦いので、茎だけを食べるそうだ。
 が、採って仕舞った以上仕方が無いので、全部湯掻いて食べる事にしました。
e0069822_19005214.jpg
 味付けは酢味噌。

 茎の部分は適度に滑りがあって、とても美味しい。そして、葉の部分も苦味は全く無く、普通に美味しかった。どうやら採取時に、短めの若葉ばっかり選んだのが良かったみたいです(o^^o)
by kakera365 | 2018-04-23 21:00 | 自然 | Comments(0)

リバーパーク

 土曜日は、久し振りに備中へ行って、リバーパークでリードクライミング。
 メンバーはまっちゃん、うめちゃん、お初のアシメちゃんに私。そして、現地で愛媛の遊々自的クライマーし~ちゃんと合流。

 エリアに着いて壁を見上げる。噂には聞いていたが、想像以上にショボ・・・いや失礼、低い。
 先ずは、まっちゃん&うめちゃん、アシメちゃんが「A.B.Climbing(5.8)」「一年生(5.9)」でアップ。
e0069822_15574099.jpg
 「A.B.Climbing」を登るアシメちゃん。

 し〜ちゃん&私は「モスガーデン(5.10a)」「スリーモーニング(5.10a)」「ブルハート(5.10c)」を順番にトライするが、私は「スリーモーニング」で2回もスリップ落ちして、オンサイトを逃してしまう(´Д` )
e0069822_1557548.jpg
 「ブルハート」をサックリ登るし〜ちゃん。

 うめちゃん&アシメちゃんも、精力的に「モスガーデン」や「ブルハート」にトライ。
e0069822_15581110.jpg
 「モスガーデン」を登るアシメちゃん。

 皆さんアップも完了したので、私が足を滑らし捲った「スリーモーニング」に順番にトライ。
e0069822_15581849.jpg
 うめちゃんは滑るフットを物ともせず。

 1便目は、手だけで登ってパンプしてしまったまっちゃんも、キッチリ完登。
e0069822_15582514.jpg
 滑らない様に慎重に( ̄(工) ̄)

 私は次に、石灰岩らしいコルネが見栄えのする「コルネアタック(5.11a)」にトライしてオンサイト。まっちゃんも軽くオンサイトでクリア。下部のトラバースが結構パワフルなこの課題だが、うめちゃん、し〜ちゃんも順番に登る。
e0069822_15583236.jpg
 うめちゃん、サクッとオンサイト。

 し〜ちゃんは2便目で見事にレッドポイント。
e0069822_15583842.jpg
 流石、世界のHIRAYAMA!!!

 私は最後に「右手パニック(5.11b)」をオンサイトして締めた。


 帰り際に、川エリアで登るピカル兄さんとヒロミちゃんを対岸から応援。我々が登っていたエリアとは違って、ドッ被りで非常に見栄えのする壁です。
e0069822_15584912.jpg
 「インドメタシン(5.12c)」を登るピカル兄さん。

 先週迄は、自分の能力を遥かに超える課題をやってたので、余り楽しむ余裕も無かったが、この日は久し振りの石灰岩だったけどルートが短かったし、御無沙汰な人と初顔の人とで和気藹々と、エンジョイしながら気持ち良く登れた。もっと高さのある課題をするには、技術も気持ちも高めて行く必要があるけど、余り気負わず、少しずつモチベーションを上げて行こうと思う。


 ま、ボクのルート強化月間(3、4月)、もう終わっちゃうけどね・・・( ̄▽ ̄;)
by kakera365 | 2018-04-22 23:21 | クライミング | Comments(0)

読んでみませんか〜その四

e0069822_19303454.jpg
 2014年のその三から、随分間が開いてしまったが、オススメ本を紹介するこのコーナー、今回は角幡唯介の「極夜行」です。

 最初に読んだ角幡氏の著書は「空白の五マイル」だった。若い頃ニュースステーション等で見た、大谷映芳氏が撮影したツァンポー川の奥深さにそそられた私は、この本を相当の興味を持って読んだ。そこには、想像に違わないツァンポー川の深淵が詳細に記載されており、予想以上に面白かった。その後も「雪男は向こうからやって来た」「アグルーカの行方」「漂流」と続けて読んだが、冒険とはやや違った角度からの作で、此方は若干の物足りなさを感じた。これについては、角幡氏本人も同じ思いを抱いていた様だ。

 そして、今回の「極夜行」。地理的秘境が殆んど無くなった現在に、新たな切り口で冒険を再定義し、それを確認すべく「極夜」へと向かう。白夜が一日中明るいものであるのに対し、極夜は一日中暗いものだと思っていたが、良く良く考えると夜には月がある訳で、私の経験からも満月前後であれば、かなり明るいと思われる。しかし、新月近くは真の闇に包まれる。想像を絶する暗闇。その状況を考えるだけでも恐怖に慄く。そんな場に身を置かれたら、私なら発狂するかも知れない。
 そんな常識を超えた世界の奥に、更なる景色を見出す感動。そして、極夜を終わらせる最初の太陽を、胎内から産道を通って生れ出る赤子に準え、自らの中にも新たな世界を開く。ワイドクラックに魅せられた者達が語る、胎内回帰願望に近いものを感じた。
 更に、冒険は人跡未踏の未知の場所にのみにある訳では無く、既知の場所であっても深くアプローチする事で新たな冒険が生まれるとの考察。これは、登山に於けるバリエーションや厳冬期の登攀等に近い考え方だ。

 この作品は、冒険の書としてとても興味深いものであり、また色々と考えさせられる作品だ。それに、次々と起こる想定外のアクシデントにページが進み、読み物としても一級品だ。笑いあり、涙あり、感動ありの、角幡唯介渾身の名著だと思う。


 そしてこれは、愛犬ウヤミリックの命を賭けた冒険譚でもある。
by kakera365 | 2018-04-20 22:06 | Soliloquy | Comments(0)

新しいビール

e0069822_19135587.jpg
 この春酒税法が改正され、ビールの定義が110年振りに変更された。大きな変更点は、使用出来る副原料が増えた事と、麦芽使用比率が67%以上から50%以上に緩和された事。
 特に、使用出来る副原料は、果実、香草の種のコリアンダーシード、コショウやサンショウなどの香辛料、カモミールやバジルなどハーブ、野菜、そば・ごま、蜂蜜や黒蜜など含糖質物・食塩・みそ、花、茶・コーヒー・ココア、カキ・昆布・ワカメ・かつお節の10種類(副原料の合計は麦芽の重量の5%まで)と大幅に増えたので、今後は「ドリアンビール」とか「ラフレシアビール」とか「味噌ビール」とか「牡蠣ビール」とかがコンビニに並ぶ筈だ。

 さて、前置きはこれ位にして、取り敢えず新定義のビールを買って飲んでみた。今回買ったのは、無難な柑橘類や漿果(ベリー)類の入った、所謂フレーバービア。今日はオレンジピールの入った物を飲んでみたが、変な甘味も無く、良い感じに苦味も効いてて、普通に美味しかった。ホップ好きの私には一寸物足りないけど、ビールを飲み慣れて無い若い人や女性には良いんじゃ無いかと思う。


 ただ、気になった事が一つ。別に名称が「ビール」じゃ無くても良くね?
by kakera365 | 2018-04-18 20:58 | 生活 | Comments(0)

WARABI GET!!!

 今日はよこちゃんと2人で、山神社にリードクライミングに行きました。

 お天気が微妙と言う事で、他の課題をする余裕も無く、アップはターゲット「WARABI」のヌンチャク掛けでしました。
e0069822_18483846.jpg
 1ピン目はチョンボ棒でプリクリップ。

 取り敢えずアップなので無理はせず、先ずはよこちゃんがムーヴを確認しながらトップアウト。私もテンテンながら4ピン目まで登って降りる。
e0069822_18484519.jpg
 ムーヴチェック中。

 暫くすると、とっし~&きずなが登場。いきなり獅子岩は厳しいので、取り敢えず中岩で登ると言うので、付いて行って写真撮影。
e0069822_18485245.jpg
 親子クライミング、良いですね(o^^o)

 とっし〜先生は「WARABI」も触って見ようかと、モチベーション高く取り付くが、「ホールドが痛い!」を連発し、出来ないムーヴはすっ飛ばした挙げ句に、3ピン目で降りて来る(´Д` )
e0069822_18485946.jpg
 お尻が重そう( ̄◇ ̄;)

 一方、お父さんの登りを気にしないきずなは、ハンモックに揺られてノンビリ。
e0069822_1849880.jpg
 眺め最高です(o^^o)

 さて、我々も「WARABI」に戻ってトライ再開。
 お互い3便ずつ出して、よこちゃんはワンテンまで行くが、私はムーヴの精度も上がらず、2ピン目のオリジナルムーヴでダダ嵌まり。そして、天気予報通りに雨がポツポツ落ち始め、よこちゃん最後の4便目。
 スタートから淀みなく進み、4ピン目まで到達。軽くシェイクしてから核心に入り、これをキッチリ熟して5ピン目にクリップ。ラストも無難に熟して、リップのマントルを綺麗に返した。
e0069822_18491537.jpg
 WARABI GET!!!

 これでよこちゃんも遂に5.13クライマーになりました。
 (* ̄∇ ̄)/☆;:*:;☆Congratulation☆;:*:;☆

 目の前でサックリ登られて悔しかったので、周辺で山菜採りをして気を紛らわしました。
e0069822_18492263.jpg
 ワラビゲット!!!

 今日のよこちゃんの登りは素晴らしかった。今迄積み重ねて来た物の集大成と言える、余裕すら感じさせる圧巻の完登だった。それに引き換え、私のトライは最低だった。前々回にリップまで到達出来た事を勘違いして、あわよくば先を越してやろう等と、馬鹿な考えを持った事が恥ずかしい。
 そもそも、この課題に懸ける想いが全く違っていた。よこちゃんは最近、リードクライミングに勤しみ、王子でも外壁でトレーニングし、「WARABI」のムーヴも全て書き出してアンチョコまで作成して、全てのムーヴの精度を上げて行った。そして、トライ中も凄い集中力で、一手一手気合いで熟し、適切にレストも入れつつの完登だった。一方私は、ろくにリード練習もせず、ムーヴの精度も上げる事もせず、漫然とトライを続けるだけだった。これでは登れる訳が無い。


 私が何故そうなのかは、色々考えて思う所もあるが、少なくとももっと気合いを入れて登らないと。直ぐに改善出来るとは思えないけど、少しでも精神集中して課題に打ち込める様に、意識して行きたいと思います。
by kakera365 | 2018-04-14 23:59 | クライミング | Comments(2)

国体選手選考会

 今週末は、京都府と兵庫県合同の国体選手選考会が行われ、私も微力ながら、ビレイヤーとジャッジでお手伝いして来ました。

 土曜日は、グラビティリサーチ姫路でリード競技。
 競技が始まる迄は、打ち合わせをしたり、久し振りに会った友人と駄弁ったりして開始を待ちます。
e0069822_19103785.jpg
 オッサンばっかりやな( ;´Д`)

 いよいよ競技開始。私は少年女子、成年女子、成年男子のビレイヤーを担当しました。
e0069822_19105475.jpg
 良い感じで高度を上げるななちゃん。

 アッと言う間に、無事1日目が終了。帰りに「チャルゴ・クライミングジム」にお邪魔して、オーナーご〜君の顔を拝んでから帰宅しました。

 翌日曜日は、グラビティリサーチ神戸アネックスでボルダリング競技。
e0069822_19110818.jpg
 少年女子のオブザベーション風景。

 私は、第3課題のジャッジを担当しました。
e0069822_19115325.jpg
 第2課題のういちゃん。

 ういちゃんは、全課題一撃で完登。特に、第4課題の粘りに粘った登りが素晴らしかったです。
e0069822_19122336.jpg
 第4課題のななちゃん。

 ななちゃんは、2課題で若干読み違えたのか、2撃となりましたが、それでも全課題を完登。頑張りました。
 因みに、何故か写真が少年女子ばっかりですが、本当に偶々です(; ̄ー ̄A


 全ての競技が終了して結果発表。成年男子も友人・知人が一杯出てましたが、夢野台高校の遠い後輩ひすい君がリード完登、ボルダー全課題一撃の完全優勝で素晴らしかった。そして、木曜日に王子で一緒に登ってる、ういちゃんとななちゃんが強化選手に選ばれて、本当に嬉しいです(o^^o)

 競技終了後は、恒例のセッションタイム。
e0069822_19133544.jpg
 競い合った皆んなで、楽しくセッション。

 選考会に参加された選手の皆様、素晴らしい登りを有難う御座いました。そして、運営に尽力されたスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした("`д´)ゞ
by kakera365 | 2018-04-08 22:11 | クライミング | Comments(2)

春の家族旅行

 水曜日はお休みを頂いて、日帰りで飛鳥(明日香)へ家族旅行に行って来ました。
 飛鳥と言えばレンタサイクル。と言う事で、家族5人で春の古都飛鳥をチャリチャリして来ました(o^^o)

 先ずは一番近い「亀石」へ。後ろ側ならシットスタートで登れそうなサイズです。
e0069822_2064099.jpg
 亀さんヨシヨシ(^ー^)ノ

 続いて、聖徳太子の生誕地であると言う「橘寺」へ向かいます。
e0069822_2064515.jpg
 畑の中の小道を進みます。

 更に、川原寺跡を見てから、メインの「石舞台古墳」へ。
e0069822_2064920.jpg
 これが蘇我馬子のお墓か。でっかいなぁ( ̄◇ ̄;)

 流石に有名な「石舞台」ともなると、中々のサイズで、登りたい衝動を抑えるのに必死でした(^◇^;)

 ここらで丁度お昼となったので、御飯を食べました。
e0069822_206547.jpg
 古代米おにぎりや柿の葉寿司を食べました。

 昼からは、先ず「酒船石」を見に行きます。
e0069822_20708.jpg
 こっちから何かを流したんじゃ?

 何か石ばっかり見てますが、別に私のセレクトではありませんヽ(´o`;
 直ぐ側の「亀型石造物」を見てから、「飛鳥寺」で最古の大仏を見、「蘇我入鹿の首塚」を見、ここから南西方向へ一気に移動。
e0069822_207652.jpg
 サイクリング楽しいなヽ( ´ ▽ ` )ノ

 暫くチャリチャリを楽しみつつ、「鬼の俎・雪隠(これも石)」「欽明天皇陵」「吉備姫王墓」に寄ってから、「高松塚古墳」へ。残念ながら本物の壁画は見られませんが、原寸大の模写模型は中々良く出来てました。四神の内、朱雀が無いのは何故だろうと思ったら、南方から盗掘穴が開けられたので、無くなってしまった様です。
e0069822_2071173.jpg
 外見は只の二段式円墳。

 最後は「天武・持統天皇陵」。天武天皇と言えば、「美蕃登」で御馴染み「古事記」の編纂を命じた人物。そして持統天皇は、天武天皇の皇后で、かなり有能な統治者であったらしいです。
e0069822_2071685.jpg
 駆け上って行く美雲。

 最後はレンタサイクル屋さんへ向かい、返却時間の17時ギリギリまで遊び尽くして終了。帰りにスーパー銭湯で汗を流し、晩御飯に天理スタミナラーメンを食べてから、家路に就きました。


 春の穏やかな陽射しの下、長閑かな田園風景の中を自転車で走り回るのは、とても気持ち良かったです。子供達も、久し振りに自転車に乗って、かなり楽しかった様です。それに、少しは歴史の勉強にもなったんじゃ無いでしょうか(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2018-04-06 23:59 | 家族 | Comments(0)

お花見

 日曜日は研修所で、おうじ〜ずのお花見でした。

 14時位に行ったけど、全然始まりそうな感じでは無かったので、取り敢えずボルダールームで登って時間を潰す。
e0069822_23261355.jpg
 何だかんだで結局は登る。

 暫くすると、食い物を焼き始めたので、登るのを止めて降りて行く。
e0069822_23264349.jpg
 宴会が始まってました。

 子供達は、花見に来てたどっかの大学生と一緒に遊びながら、時々戻って来てはお菓子を食べたりして、また遊びに行くの繰り返し。
e0069822_23264983.jpg
 お菓子頂戴(=゚ω゚)ノ

 夕方になって日が暮れても、当然宴会は続きます。
e0069822_23265335.jpg
 夜桜も綺麗ですね(#^.^#)

 その後も20時頃までダラダラ飲み続け、頃合いとなったので終了。
e0069822_23265853.jpg
 只の酔っ払い〜\(//∇//)\


 おうじ〜ず年中行事の一つですが、気の合う仲間と飲んで語り合う時間は、やっぱり格別ですね(^ー^)ノ

 ま、私は車で行ったんで、飲んで無いけど・・・( ̄▽ ̄;)
by kakera365 | 2018-04-02 22:14 | 自然 | Comments(0)