カテゴリ:スポーツ( 94 )

王者散る

e0069822_198561.jpg
 ラグビーワールドカップも準決勝。

 第一戦は、大会連覇中の王者ニュージーランド・オールブラックス対イングランド。各チームの選手同士の対決も楽しみだが、何と言っても両ヘッドコーチ、スティーブ・ハンセンとエディー・ジョーンズの戦略対決が見物。

 試合開始早々に、イングランドが完璧なオフェンスからのトライで先制。その後も圧倒的にイングランドペースで進む。この日のイングランドは、オフェンスも素晴らしいが、何と言ってもディフェンスの速さが光った。オールブラックスは持ち味が完璧に封印されて、前半を何と!!!無得点で折り返す。
 後半に入ってもイングランドの攻勢は続き、ペナルティーゴールで順調に得点を伸ばす一方、オールブラックスは、相手のラインアウトのミスに乗じて取ったトライ1本だけと言う劣勢。後半の後半になると、流石のオールブラックスも尻に火が付いたのか、少しずつ巻き返して来るが、イングランドのディフェンスは怯む事なく、出足の早い潰しで尽くオールブラックスのチャンスの芽を封じる。
 結局、最後まで相手オフェンスを防ぎ切ったイングランドが、19−7の完勝で決勝進出。オールブラックスの三連覇は夢と消えた。


 さて、決勝の相手は明日の第二戦の勝者。スプリングボクスか、それともレッドドラゴンズか?
by kakera365 | 2019-10-26 21:45 | スポーツ | Comments(0)

8強激突

e0069822_10153992.jpg
 ラグビーワールドカップもプールステージが終了し、いよいよノックアウトステージが始まる。

 決勝トーナメントに勝ち進んだのは、イングランド、ウェールズ、アイルランド、フランス、南アフリカ オーストラリア、ニュージーランド、そして我らが日本の8チーム。長年ラグビーを見て来た方なら、同じ思いを抱くと思うが、まぁ何度見ても、このメンバーに日本が入っている事が、驚きと言うか凄過ぎる。

 さて、プールステージを観終わった後の各国の印象だが、やはりニュージーランドが圧倒的に強く、南アフリカ、イングランド、ウェールズが続く感じ。一方、大好きなポーコック、フーパーが居るオーストラリアだが、イマイチ調子が上がらず、好調のイングランド相手にかなり苦戦しそう。またアイルランドも、日本戦でジョナサン・セクストンら主力を外したのが裏目に出たが、それを差し引いても調子は微妙な感じで、ニュージーランド相手では相当厳しいだろう。そして、フランスは相変わらず良く分からないが、多分強いのだろう。
 さて、日本はどうなのか? プールステージの結果から、相当実力がアップしていると思われるが、他の7チームは完全にワールドクラスで、ここからは一切手抜き無しのガチンコ勝負で来る。何処まで喰らい付けるのか全く分からないが、これまで数々のアップセットを起こして来た実力は本物の筈。可能な限り勝ち進んで欲しい。

 負けたら終わりのノックアウトステージ。日本の相手の南アフリカは、個人的に今大会一推しのファフ・デクラークが居るが、日本人としてここは日本を応援しよう。


 一瞬たりとも瞬きする暇は無い!!!
by kakera365 | 2019-10-19 14:30 | スポーツ | Comments(0)

ラグビーワールドカップ観戦

 昨日の8日火曜日は、御崎公園球技場で行われたラグビーワールドカップ南アフリカ対カナダの試合を、母親と一緒に観に行きました。当初は海晴と観に行こうと思って取ったチケットですが、海晴はボールボーイになってしまったので、ラグビー好きの母と行く事になりました。

 キックオフは19時15分ですが、3時間前には現地入りしました。
e0069822_19143648.jpg
 スタジアムはやっぱりデッカいです。

 先ずはオリジナルグッズを買おうと、オフィシャルショップに行くが、既に長蛇の列。
e0069822_19161587.jpg
 売り切れが心配。

 1時間半くらい並んで、漸くレジ前まで来たが、売り切れてる商品もチラホラ。が、偶然にもスプリングボクスのジャージLサイズが、1枚だけ残ってたので即買いヽ(*^ω^*)ノ
e0069822_19095052.jpg
 早速着替えて記念撮影。

 周辺には熱いラグビーファンが集まって盛り上がってたので、拙い英語で話し掛けて写真を撮らせて貰う。
e0069822_19074994.jpg
 盛り上がる南アフリカ軍団。

e0069822_19082774.jpg
 こっちも負けてないカナダ軍団。

 両チーム以外の国の人達も居ました。
e0069822_19085459.jpg
 オシャレなフランストリオ。

e0069822_19091391.jpg
 熱々オージーペア。

 ランドローバーディスカバリーも停まってました。
e0069822_19151009.jpg
 屋根にボールが載ったRWCエディション。カッコいい(*゚▽゚*)

 さて、いよいよスタジアムに入り、席に着きました。2階席でしたが、上から見下ろす感じで見易くて良い感じ。ウォームアップ中の両チームの様子が見えます。
e0069822_19071333.jpg
 一番前にデクラークが!!!

 が、出場メンバーが発表されてガックリ。予想された事だが、デクラークは勿論の事、コルビ、ハーシェル・ヤンチースもメンバーから外れてた。゚(゚´ω`゚)゚。

 そして国家斉唱で、一気に気分が盛り上がる。
e0069822_19063008.jpg
 ヤバい、緊張して来た。

 勿論、ビールは必須です( ^ ^ )/□
e0069822_19065471.jpg
 ハイネケン!!!

 試合は御存知の通り、南アフリカの圧倒的パフォーマンスがカナダを粉砕。しかし、判官贔屓の日本人は、カナダの攻撃の度に滅茶苦茶盛り上がってました。
e0069822_19053259.jpg
 勝ち負け関係無く盛り上がる!!!

 そんなこんなで、アッと言う間に夢の様な80分が終わってしまいました。

 一生に一度のワールドカップ。残念ながら期待のプレイヤーは見られなかったけど、選手達は素晴らしいパフォーマンスを披露してたし、観客も勝負に関係無く熱い応援で盛り上げてて、十分満喫する事が出来ました。チケットは高かったけど、金額以上にワールドカップと言うお祭りの雰囲気が存分に味わえて、一生の思い出になりました。


 トップリーグも観に行こうかな・・・(´ー`)
by kakera365 | 2019-10-09 22:27 | スポーツ | Comments(0)

ティア1撃破

 ラグビーワールドカップもプール戦2巡目に入り、日本の第2戦の相手は、ワールドカップ開始直前には世界ランク1位だったアイルランド。

 結果は御存知の通り、我等がブレイブ・ブロッサムズが19-12でティア1のアイルランドを見事に撃破ヽ(´▽`)/

 これを大金星と思うのか、それとも予想された結果だと考えるのか、人それぞれだと思うが、私は全くフロックだとは思わない。
 アイルランドは先週ブログに書いた通り、前戦のスコットランド戦を見た感じ、調子がイマイチに思えたし、逆に日本はロシア相手に快勝したが、それでもティア1の壁は厚いだろうと思っていた。しかし、前哨戦を含めて日本の戦略やサインプレー等はかなり隠されていると思っていたし、前回ワールドカップのエディージャパンで培った、ゴリゴリ正統派フィジカルラグビーに加えて、ブレイクダウンやアンストラクチャーでの動きが格段に向上したジョセフジャパンなら、勝利する条件は十分にあった訳だ。
 次のサモア戦、そして因縁のスコットランド戦も、かなり厳しい戦いにはなると思うが、決して気を抜かずに集中して戦えば、必ず勝利は引き寄せられる筈だ。


 さて、プール戦突破も薄っすら見えて来た。もし首位通過なら、恐らく因縁の南アフリカと決勝トーナメント初戦で激突する事になる。何れにしても、今後が益々楽しみだ(=゚ω゚)ノ

 
by kakera365 | 2019-09-29 01:05 | スポーツ | Comments(0)

ラグビー三昧

e0069822_13255585.jpg
 この三連休はラグビー三昧だった。

 20日(金)にラグビーワールドカップが開幕し、今日までに日本対ロシア、オーストラリア対フィジー、フランス対アルゼンチン、ニュージーランド対南アフリカ、イングランド対トンガ、アイルランド対スコットランド、イタリア対ナミビア、そしてウェールズ対ジョージアの8試合が行われた。勿論、全試合テレビ観戦。

 開幕戦は日本の快勝。立ち上がりこそ固さが見えたが、少しずつ力が抜けたのか、着実に得点を積み重ね、4トライでボーナスポイントもゲットして、言う事無しのスタートを切った。
 そして2日目は、いきなり優勝候補のニュージーランドと南アフリカが激突。まぁ飽く迄もプール戦なので、両チーム共ガチンコで来る事は無いと思ってたが、予想外の本気度にちょっとビビった。結果は、ミスの目立った南アフリカをきっちり抑えて、ニュージーランドがしっかり勝ち点をゲット。オーストラリア対フィジーも見応えがあったが、やはり自力に勝るオーストラリアの快勝。そして、フランス対アルゼンチンが凄まじい試合で、最後の最後まで勝敗が分からない僅差のゲームだったが、最後にアルゼンチンのPGが外れてフランスの辛勝。この2チームの因縁は、未だ未だ続きそうだ。
 3日目のイングランド対フィジーは、フィジーの健闘虚しく、優勝候補のイングランドが快勝。イタリア対ナミビアも、順当にイタリア。そして、アイルランド対スコットランドは、自力に勝るアイルランドが圧勝。この両チームは日本と対戦する訳だが、負けたスコットランドも弱い訳では全く無いので、気を抜く事無く準備して欲しい。
 4日目はウェールズ対ジョージア。ジョージアのフォワードが何処まで頑張れるかが見処だったが、全ての面で圧倒的にウェールズが上回って完勝。

 まだ全チームを見た訳では無いが、目立ったのはやはりニュージーランド、南アフリカ、イングランド、そしてウェールズ。オーストラリアとアイルランドは、思ったより調子が上がって来てない様に見えた。また、フランスは相変わらず良く解らないが強そう。
 個人的にはずっとオールブラックスのファンなので、ニュージーランドを推したいが、今大会一番推しの選手が、スプリングボクスのファフ・デクラークなので、南アフリカも応援したい。しかし、8試合を見た限りでは、予想以上にウェールズの完成度が高く、かなり強そうだ。


 今回は日本開催なので、夜中に試合をやらないのが救いだが、未だ未だ始まったばかりで、プール戦だけでも後32試合も残ってる。一生に一度のビッグイベント、悔いを残さぬよう頑張って見よう٩( 'ω' )و
by kakera365 | 2019-09-23 23:59 | スポーツ | Comments(0)

スーパーラグビー準決勝

 スーパーラグビーもプレイオフに入って、いよいよ大詰め。

 先週末の土曜日に行われた、準決勝のクルセイダーズvsハリケーンズが凄い試合でした。
 両チーム共にオールブラックスのレギュラーを多数擁するメンバー同士の闘いは熾烈を極め、壮絶なゲームとなりました。ハリケーンズがダン・コールズにTJペレナラとボーデン・ バレットの黄金コンビに対して、クルセイダーズはキアラン・リード、マット・トッド、サム・ホワイトロック等の錚々たるメンバー。試合は取って取られての1点を争う、今シーズン一番と言っても良い好ゲームでしたが、やはり地力に勝るクルセイダーズが、10回目の優勝を懸けての決勝進出となりました。

 一方のジャガーズvsブランビーズは、拮抗した試合展開になると思いきや、予想外にジャガーズの圧勝でした。アルゼンチン代表共々、かなり強くなってて、9月のワールドカップでも目が離せない存在です。

 今週末土曜日のクライストチャーチでの決勝が、非常に楽しみです。
by kakera365 | 2019-07-03 23:49 | スポーツ | Comments(0)

いよいよ開幕

 と言ってもJリーグの事では無い。
 にしてもヴィッセル神戸、ビジャ、イニエスタ、ポドルスキの総年棒41億円トリオが居ても負けてるし(´Д` )
 大体、ゲーゲンプレスからのカウンターサッカー全盛時に、今更ポゼッションサッカーなんて通用するんかね? スペイン代表はそれでワールドカップ惨敗したんじゃ無いの? ま、あんましサッカー詳しく無いから良く分かんないけどね( ̄〜 ̄;)

 話を元に戻そう。
 先週スーパーラグビーが開幕した。開幕戦を幾つかテレビ観戦したが、ニュージーランドカンファレンスのチーフス対ハイランダーズ、クルセイダーズ対ブルーズは、どちらも接戦でとても面白かった。まだ始まったばかりだが、今シーズンはかなり面白くなりそうだ(o^^o)
 因みにサンウルブズは、残念ながらシャークスに惨敗。

 テレビ放送はやってないけど、Six Nationsも盛り上がってる様だし、ワールドカップイヤーのラグビーからは目が離せませんね(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2019-02-23 21:39 | スポーツ | Comments(0)

オールブラックス敗れる

 ザ・ラグビーチャンピオンシップは第4節に入り、王者ニュージーランド・オールブラックスがまさかの敗戦。勝ったのは南アフリカ・スプリングボクス。前節オーストラリア・ワラビーズに惜敗した後、この試合に照準を合わせて来た様なベストメンバーで、アウェイでは9年振りにオールブラックスを撃破。
 一方、ワラビーズはフォラウが戻って来たものの、キャプテン・マイケル=フーパーを怪我で欠く苦しい布陣で、アルゼンチン・ロスプーマスに対するも、この所絶好調のロスプーマスに、ホームでは実に35年振りの敗戦。何度も書いてますが、エンブレムはジャガーなのにロスプーマス、強くなってます!!!

 どちらの試合も見応えのある素晴らしい内容だった。これでオールブラックス3勝1敗、スプリングボクスとロスプーマスが2勝2敗、ワラビーズは1勝3敗となった。オールブラックスの優位は揺るがないが、怪我人の多いワラビーズはかなり苦しい。後はスプリングボクスとロスプーマスが何処まで頑張れるか。


 いやいや、面白くなって来ました(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2018-09-18 22:51 | スポーツ | Comments(0)

ザ・ラグビーチャンピオンシップ

 現在、南半球4カ国(アルゼンチン、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ)による、国別対抗戦「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」の真っ最中。

 絶対王者ニュージーランド(オールブラックス)は、今の所負け無しの3連勝だが、他の3国は1勝2敗で横並び。ま、オーストラリア(ワラビーズ)は第1、2戦とニュージーランド戦だったし、怪我人も多いのでしょうがない部分もあるが、南アフリカ(スプリングボクス)戦はホームで粘り切って勝利した。その南アフリカは、全盛期の強さが全く見られず、第2戦はアルゼンチン(ロスプーマス)に、第3戦はオーストラリアに負けてしまった。
 逆に好調なのがアルゼンチン。第2戦で南アフリカを破り、第3戦でも王者ニュージーランドを慌てさせる内容。この試合で、フライハーフのニコラス・サンチェスは、フェリペ・コンテポーミの持つ得点記録を塗り替えた。とにかく最後まで全力で戦えているのが凄い。スーパーラグビーにジャガーズで参戦して3年、遂にその成果が表れて来た様だ。

 さて、今週末は第4ラウンド。オールブラックスの優勝は揺るぎないだろうが、他の3国の争いが益々楽しみになって来た。
by kakera365 | 2018-09-13 00:21 | スポーツ | Comments(0)

8強出揃う

 ワールドカップもベストエイトが出揃って、いよいよ佳境に入って来ました。
 放送時間が時間だけに、寝不足が続いて厳しい毎日ですが、スポーツ観戦マニアとして、もう暫く踏ん張って行きたいと思います。

 グループリーグでは、優勝候補のドイツが最下位で敗退と言う予想外の結果に。個人的に優勝候補筆頭に挙げていただけに、この結果はかなりショックでした。また、サラーの負傷でのエジプト、レバンドフスキの不発でポーランドの敗退が残念でしたが、その他は順当だったのでは無いでしょうか。
 決勝トーナメントに入ると、流石に拮抗したゲームが多く、どれも見応えがありましたが、やはり日本vsベルギーは格別でした。私は特に日本を応援してる訳では無く、良い試合が見たいだけで、比較的ニュートラルにゲームを見ているので、日本が2点リードした時点でも、ベルギーの実力を考えれば逆転は簡単に起こり得ると思っていたので、現実にそうなって行くのを見ても、悔しいと言う思いもありませんでした。でも、最後まで攻めの姿勢を貫いた事は評価したいし、負けて選手達がフィールドで項垂れるのを見るのは正直辛かったです。

 さて、準々決勝に進出したのは、ウルグアイ、フランス、ブラジル、ベルギー、ロシア、クロアチア、スウェーデン、イングランド。中でも開催国ロシアは大方の予想を覆し、優勝候補スペインを撃破しての8強入りは見事の一言です。


 ここまで観戦して来て、各チームをジックリ見られたので、勝手に優勝予想をしてみます。
 私の一押しはデシャン率いるフランス。初戦のオーストラリア戦を見た時から、これは強いなと思いましたが、決勝トーナメントのアルゼンチン戦は圧巻でした。特にエムバペのスピードは超越していますね。グリーズマンの献身的な動きも素晴らしいし、カンテが操るディフェンス陣も申し分無い。ジルーが点取れて無いけど、波があるのは何時もの事だし。
 対抗はブラジルと言いたい所だが、ネイマールのシミュレーションが酷過ぎて見るのも不愉快なので、タレント揃いのベルギーで。まぁ、良くぞここまで揃えたなと言うくらいですが、最も危険なのはやはりデブライネ。彼をフリーにさせたら確実に負けますね。アザール、ルカクは言わずもがな。ディフェンスもコンパニーが帰って来たし、キーパーはクルトワ。穴が無さ過ぎる。
 穴は希望も込めてイングランド。取り敢えずハリー・ケインは得点ランキング1位だし、この調子で勝ち進んで、52年振りの優勝目指して頑張って欲しい。
 大穴はクロアチア。チームワークが良いのは伝統だし、個々の能力も歴代最高。特にモドリッチ、好きなんですよね。


 さぁ、泣いても笑っても、後は3位決定戦を含めて残り8試合。寝る間も惜しんで刮目せよ、ワールドクラス蹴球プレイヤーの一挙手一投足を!!! あっ、手を使ったらハンドか(^◇^;)
by kakera365 | 2018-07-04 23:39 | スポーツ | Comments(0)