カテゴリ:自然( 138 )

自然の造形

e0069822_2325337.jpg

 クライマーなら誰もが知ってる、王子が岳のニコニコ岩。
 何時見ても素晴らしい笑顔で迎えてくれる、王子が岳の象徴とも言える岩で、多くの人から愛されている(だろう)。
 それにしても、自然の造形と言うのは素晴らしいものだ。よくもまぁこれだけ、上手に笑った人の顔が作れるものだ。ま、自然は意図して作ってる訳では無いが、それにしてもこの屈託の無い笑顔は、何時行っても心を和ませてくれる。
 この笑顔を見ていると、登れなくてイライラした心も落ち着いてくるから不思議だ。
by kakera365 | 2006-10-19 22:52 | 自然 | Comments(0)

六甲山

 近くて良い山、六甲山。
 子供達と北山公園へ行く途中で最高峰へ寄って見た。昔あった軍事用のパラボラアンテナは撤去されていた。頂上はなだらかで草も結構生えてるので、展望は利かないが、少し移動すると大阪湾を一望出来る。
 子供達がもう少し大きくなったら、ロックガーデンから登り、一軒茶屋でおでんでも食べてノンビリした後、魚屋道を下って有馬温泉に浸かりたい。
e0069822_23152551.jpg

by kakera365 | 2006-10-12 23:16 | 自然 | Comments(0)

金木犀

 先週位から、通勤中何処からとも無く金木犀の花の香りが漂って来る。
 金木犀の香りが好きな人も、そうで無い人も居ると思うが、花の鮮やかな橙色と相俟って、強烈且つ濃厚な、それで居て心をウットリとさせる様な甘い香りを知らない人は居ないだろう。その香りの所為か、庭木として植える人も多く、通勤途中でも数箇所でこの香りを嗅ぐ事が出来る。赤蜻蛉や蟋蟀等と同じく、秋の訪れを感じる事が出来る、自然の贈り物の一つだ。
 愛媛県の西条市にある「王至森寺」には、根周り4m、地面近くで三本に分かれ何れも1.0~1.6m、高さ16mにもなる、この種類としては珍しい巨木があり、秋になると、町中が金木犀の香りで埋め尽くされるそうだ。もし、時間とお金があるのなら、是非とも満開の季節に訪れてみたいものだ。
 勿論、これだけの木なので、国の天然記念物に指定され、またその香りは環境省の「かおり100選」にも選ばれている。
by kakera365 | 2006-09-25 16:31 | 自然 | Comments(2)

虫の声

 9月に入って、随分と涼しくなった。
 我が家は、標高300m以上の高地?に建っているので、朝晩の冷え込みは結構厳しい。最近は窓を開けてると寒くて、そろそろ毛布を出そうかと思っている位だ。
 夜に窓を開けていると、外から虫の声が聞こえて来て「あぁ~、もう秋だな~」とシミジミ感じている。残念ながら勉強不足で、何と言う虫が鳴いているのか分からない所が悲しいが、それでも十二分に楽しんでいる。
 因みに「虫の声」、外国人には唯の雑音にしか聞こえないそうで、これを楽しむのは日本人特有の感覚らしい。日本人は自然の音(虫の声、鳥の囀り、風や水の音)を左脳で聞く唯一の民族と言われており、欧米人や他のアジア民族も、自然の音は(人工音を聞くのと同じ)右脳で聞いているらしい。
 日本人は、本当に自然を楽しむ術を知っている民族だな~
by kakera365 | 2006-09-07 23:06 | 自然 | Comments(1)

白なのに黒?

e0069822_951514.jpg

 写真は先日八方尾根から見た白馬三山である。山に詳しい方なら簡単に分かるだろうが,皆さんは白馬岳がどれかお分かりだろうか?
 白馬岳は名前から想像するに,白っぽい山と思うかも知れないが,実は一番右の黒っぽい山が白馬岳で,その左に杓子岳,鑓ヶ岳と続く。黒っぽい理由は,白馬岳が主に玄武岩や蛇紋岩で形成されているからと思われる。逆に杓子岳や鑓ヶ岳は流紋岩が多く,白っぽく見える。
 因みに,白馬岳と言う名前は春に見られる雪形から来ているのだが,実はこれも黒馬だったりする。雪が解けて出て来た岩盤の模様が、馬の様に見えるのだ。「白馬(しろうま)岳」は本来「代馬岳」で,田圃の代掻きをする時期になると山腹に馬の雪形が現れるので「しろうま」と呼ばれていたが,地図を作る時に間違えて「白馬」と書いてしまったらしい。山の名前は辛うじて「しろうま」を守ったが,村の名前は「はくば」になってしまった。
 それにしても、酷い間違え方だ・・・

 詳しくはこちらをどうぞ
by kakera365 | 2006-08-22 22:49 | 自然 | Comments(2)

カブトムシ

 今朝,マンションの階段で甲虫の雌を見付けた。
 美雲に見せたが,余り虫が好きでは無いので,触ろうともせず。私が小学生の頃は,甲虫や鍬形虫に憧れたモンだが,何故に虫嫌いなのか? 甲虫が駄目な位だから,蝉や飛蝗等の昆虫は勿論の事,牛や羊等の哺乳類も触れない。両生類,爬虫類なんか論外である。
 自然に慣れ親しんで欲しいと思う親心,子知らず。。。
by kakera365 | 2006-08-17 14:40 | 自然 | Comments(0)

奥香肌

 この週末は、三重県の奥香肌にボルダリングに行った。で、今回も美雲を連れて行き、川で遊んだ。
 先週の鳴滝よりも綺麗で、冷たい水だった。炎天下だと爽快だろうが、生憎の曇り空。が、そんな事は気にもせず登る、泳ぐ、遊ぶ。う~ん、夏はやっぱり河原ボルですな(^^)。

早速、海パンに着替えて遊ぶ。
e0069822_1349631.jpg

ペットボトルを浸して冷やす。
e0069822_13491971.jpg

水鉄砲でウォーターバトル!
e0069822_13493749.jpg

by kakera365 | 2006-08-13 13:55 | 自然 | Comments(0)

水遊び

 昨日、久し振りに徳島県の鳴滝へボルダリングに行って来た。
 とは言ってもこの暑い最中、まともにボルダリング出来る筈も無い。一応「AD鳴滝」なるイベントで、エリア清掃、課題整理、セッション、そして呑んで泳いで、ってな内容である。
 今回は、同行者が少なかったので、美雲を連れて行った。正直、退屈するのではと思っていたが、予想に反して飽きもせず殆ど一人で一日中遊び倒していた。

水鉄砲で遊ぶ。
e0069822_22401845.jpg

オタマジャクシ観察中。
e0069822_22403210.jpg

岩場の移動も慣れたもの。
e0069822_22404690.jpg

 我が子ながら自然に浸って逞しく遊ぶ姿を見て、ちょっと見直した一日だった。
by kakera365 | 2006-08-07 22:47 | 自然 | Comments(0)

近所の山

 日曜日に美雲と近所の「摩耶山」へハイキングに行った。
 車で30分程走って駐車し、2時間程歩いたが、登山道沿いにはキノコが生えていたり、河原では糸トンボが飛んでたりして、結構楽しめた。

 オニギリを頬張る美雲
e0069822_9532969.jpg

 橋の上で「はいポーズ!」
e0069822_9534747.jpg


 近所に自然豊かなハイキングコースが沢山あり、恵まれた環境に住んでいる事に感謝。
by kakera365 | 2006-07-19 22:27 | 自然 | Comments(0)

爽快

e0069822_22262118.jpg

 土曜日に美雲の授業参観があり、昨日は振替休日だったので、二人でハイキングに出掛けた。行き先は奈良の大和葛城山。ハイキングに絶好の季節、躑躅も満開で展望も抜群。オマケに美雲の好きな電車やロープウェイにも乗れる、一石二鳥の計画である。
 が、しかし、躑躅はもう終わっていて、殆ど花は落ちてしまっていた。山の雑誌とかで見る写真を期待して行ったので、ちょっとガッカリ。でも、天気が良くて展望も抜群、山頂で食べた団子も美味しかったし(鴨汁は売り切れだった(T_T))、下りの登山道も涼しくて楽しかった。
 久し振りのハイキングだったが「やっぱり山はいいな」と素直に感じた。
by kakera365 | 2006-05-30 22:35 | 自然 | Comments(0)