カテゴリ:クライミング( 858 )

初夏でも寒い大野山

 日曜日は、先週に引き続き大野山でボルダリング。
 メンバーは、当初は別働隊で2人来る予定だったが、ブッチされて仕舞ったので、残念ながらうめちゃんと2人だけ。

 何時もの様に十二界岩からスタート。
 一番右の簡単課題を登ってから、うめちゃんは4〜5級の課題にトライ。
e0069822_19141636.jpg
 軽やかに登るうめちゃん。

 この日は生憎の曇り空で、余り気温が上がらず寒いので、うめちゃんがコーヒーを淹れてくれる。
e0069822_19142813.jpg
 ありがたや〜\(//∇//)\

 そして、上着を持って行かなかった私は、クラッシュパッドを風除けにし、ハスラーに載せてあったブランケットを借り、温かいコーヒーを飲んで、何とか寒さに耐える。
e0069822_19143767.jpg
 オマエは座敷童か!!!∑(゚Д゚)

 暫く耐えていたら、漸く日差しが差し込んで来て、暖かくなって来たので再起動。
e0069822_19144934.jpg
 日差しが暖かくて嬉しい(o^^o)

 私は、先週登り損なった真ん中の限定課題を、ハイステップ&ロックでスタティックに1手目を取ろうと頑張って撃ってたら、良い感じに出来てトップアウト。

 それにしても大野山は人が少ない。キャンプ&バーベキューが禁止になった事が拍車を掛けているのか、クライマー以外も頗る少ない。2人で寂しいなぁと思ってた所に、漸くクライマーが1人やって来た。小野から来たTERAさんで、大野山は初めてとの事。GRIZZLYやマーシー道場でふくちゃんやげんちゃんと登ってるらしい。
e0069822_19145827.jpg
 パワフルな登りのTERAさん。

 3人で「Six Pack」セッション。2人はハイステップで行くか、下からデッドで行くか、色々試してる。私は、ここもハイステップ&ロックでトライして、結果登れて仕舞ったので、一気にモチベーションが急降下。
e0069822_1915993.jpg
 やる気ゼロのダメダメクライマー。

 暫く2人のトライを眺めていたら、TERAさんがトーフックムーヴを繰り出したので、真似してやってみる。
e0069822_19151939.jpg
 トーフックでも登れたヾ( ´▽`)ノ

 うめちゃん、TERAさんも、ムーヴやフットホールドを変えたりして、結構ハードに打ち込み。
e0069822_19152882.jpg
 気合い入れて頑張ってます(=゚ω゚)ノ

 そうこうしてたら雨がパラついて来たので、最後に冷やかしで「ぷーまん」を触ってみたが、2手目のホールドが悪くなってるんじゃないかと言う疑念が生まれただけで終わった(´Д` )


 2週連続の大野山だったけど、行く前にイメージしていた登りが、キチンと出来たので嬉しい。ここに来て漸く、身体意識の成果をクライミングにフィードバック出来る様になって来た。うめちゃんも色々考えながら、良い感じで登ってた。
 もう直ぐ梅雨入りで、クライミングはシーズンオフだけど、秋までに一段階上げて行きたいな(=゚ω゚)q
by kakera365 | 2019-06-12 23:05 | クライミング | Comments(2)

風薫る大野山

 土曜日は、よこちゃんと2人で大野山へ。そして、普段はボラーレで登っていると言う、大野山お初のhickyさんと現地で合流。

 何時もの十二界岩に行くと、hickyさんが居られたので、課題を紹介がてら順番に登る。
e0069822_19421610.jpg
 1級/初段とか言われてる課題を登るよこちゃん。

 私はこの課題、何度目かで核心を抜けるが、上部ですっぽ抜けて落ちた(´Д` )
 続いて十界岩に移動して、また課題を紹介がてら登る。
e0069822_19422688.jpg
 3〜4級の課題にトライするhickyさん。

 ふと思い付きで、カンテのシットダウンが出来るんじゃ無いかとトライしてみるが、遊び半分で取り付いた割に、これが結構悪い(; ̄◇ ̄)┘
e0069822_19424433.jpg
 浮くのがやっとε-( ̄◇ ̄;)

 裏にあるマイプロジェクトもやってみるが、こちらも離陸が精一杯だった(>_<)

 一旦十二界岩に戻り、暫し駄弁りんぐ。
 hickyさんは我々とそんなに年が離れておらず、色々と話が合って話題に事欠かない。3人共ツーリングに行ったりしてたので、バイク話は特に盛り上がった。また、お仕事が基本夜勤らしく、殆んどジムで登ってるそうで、久し振りに岩場に来れて楽しいと仰られてた。何時も岩場で登っている我々は、実は贅沢なんだなぁと改めて思わされた。

 最後はカメレオン岩に行って「裏筋」に打ち込み。
e0069822_19425673.jpg
 ラストムーヴに嵌まるよこちゃん。

 私も頑張って左手寄せまでは行けたけど、取る位置が低く、次のムーヴを繰り出せなかった。
 結局2人共登れず敗退。次回はフレッシュな状態でトライしよう。


 此の所大分暑くなって来たけど、大野山は涼しく登れた。初めての方と楽しく登れたし、基本的にはエンクラだったけど、それなりに打ち込みも出来た。それに、個人的にはかなり良いイメージが掴めたので、今後のクライミングに活かせそうで、とても楽しみです(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2019-06-03 00:24 | クライミング | Comments(0)

涼しくボルダリング

 北海道の佐呂間では、史上最高の39.5度を記録した日曜日ですが、我々おうじ〜ずは教授、まっちゃん、うめちゃんに私の4人で、以前にも行ったちょっと標高の高いエリアで、涼しくボルダリング。

 先ずは「アップフェース」や「フレッシュミルク」でアップしてから、好課題の「牙」でセッション開始。
e0069822_1952129.jpg
 皆んなでワイワイ楽しいです。

 私はサックリ再登、まっちゃんも軽く登って、教授のトライ。
e0069822_1952206.jpg
 この高さでのマントルが痺れます。

 続いて、看板課題の「ロンダルキア」。前回は核心手前で敗退しているので、少しは進められるのではと期待したが・・・
e0069822_19524080.jpg
 ここから核心突入です。

 何と無く想定されるムーヴは妄想出来たが、非常に残念な事に滑りが酷く、殆んど進捗を得られずに終了。
 仕方が無いので、教授と私は「レゴリス」に逃避する。
e0069822_19525640.jpg
 これも高いなぁ。

 そしてうめちゃんは、宿題にしていた「カモシカ狩り」を、まっちゃんのアドバイスを受けながら見事に回収。
e0069822_1953589.jpg
 やりおるがな( ゚д゚)

 お昼を挟んでエリアを移動し、私も宿題の「神童子」を、抜けで怪しいムーヴを連発しながらも何とか回収。
 続けて「サイクロプス」でセッションするが、全く進まず滑りの所為にする。
e0069822_19531413.jpg
 持て感が悪過ぎる(´Д` )

 最後に、Jibeが初登したらしい「アリババ」って課題をするが、どう登ろうとしても4級とは思えない位に悪い。同じくJibe初登の「退化」ってカンテを全く使わないカンテ課題も登るが、これも???な感じ。
e0069822_19532594.jpg
 脆いホールドに堪えて登るまっちゃん。

 締めは謎の5級課題「盗賊」。
e0069822_19533151.jpg
 ドップリ嵌まり中のうめちゃん。

 最近は初段も登れず、全くと言って良い程に成果が無いけど、仲良くワイワイ楽しく登れたし、強度もそれなりにあったので良いトレーニングにもなったので、取り敢えず良しとしときましょう(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2019-05-28 21:48 | クライミング | Comments(0)

ゆるりとたのしく

 澤田実さんが亡くなられた。

 過去にも遠征されていたカムチャツカの、カーメン峰で滑落したとの報。
 個人的に面識があった訳ではないし、クライミングの経歴を比較するのもおこがましいが、同年代として活躍を楽しみにしていただけに、早過ぎる訃報は本当に残念だ。

 澤田さんと言えば、海外の高峰や黒部ワンデイ横断を筆頭に、劔沢や称名滝など数々の名登攀があるが、個人的には何と言ってもコレだ。
e0069822_2228353.jpg
 「小川山レイバック」ギター初登。

 ROCK&SNOW023のリレーコラム「岩雪一徹」に書かれた文を、読み進めては何度も爆笑した。ギターを弾いた事のある人にしか分からないであろう、岩に当たって「ガゴン、ガゴゴン」、そして落下したギターから響く「バガアーアーアーン」と言う絶妙な擬音語は、噴き出さずには居られなかった。それに、単純にギター初登なんて、発想が素敵過ぎじゃない(=゚ω゚)ノ
 コラムにも書かれている様に、鳥海山でのギター初滑降も達成。ラフティング・ギター初降下は達成されたのだろうか。
 既成概念に囚われず、自由な発想で、仲間達と好きな様にクライミングを楽しんでいた澤田さん。色んなカタチで楽しむ自由さに憧れ、私も好きな様に楽しむ姿勢を身に付けた様に思う。


 さて、このROCK&SNOW023、改めて読み返してみると、色々と時代を感じさせる面白い記事がある。
 ボルダリングでは、大ちゃんが鳳来で、当時日本最難の「白道」を完登。一方とっき~は小川山で、「豊かの海」「Rampage」そして「闇の絵巻」を完登。
e0069822_2228929.jpg
 室井登喜男「小川山三課題」。

 グレーディングがおかしいんじゃないかと意見を付けられ、ゴタゴタの末に闇に葬り去られた「闇の絵巻」。グレードがどうでも良いとは言わないが、グレードが合ってるとか合ってないとか、そんなに目くじら立てなくても、もう少しユルくても良いんじゃないかなぁ。


 それ以外にも、フーバー兄弟による「ゾディアック」フリー初登や兼原夫妻のインタビュー、人気連載だったOLD BUT GOLDは「マリオネット」を取り上げ、何と言っても塚本健による「ミッドナイトライトニング」のレポートは圧巻だ。

 裏表紙は、最近復活の兆しが見えるボリエールの広告。
e0069822_22281531.jpg
 スティングマ(=゚ω゚)ノ

 このスティングマは、今でも私のリード本気シューズ。発売されたのが2006年とは、13年も前なのか。ドンドン新しいシューズが出て来てるけど、昔のでも何の問題も無いなぁ。って言うか、寧ろ良かったんじゃない?
 新しいシューズにばかり注目が集まって、皆んな飛び付くけど、古いシューズでも全然使えるよ。


 改めて澤田さんのクライミングを思い返すと、ジャンルに囚われず、好きな事を自由にやって、寧ろ色々と融合させてクライミングを進化させ、マルチに活躍して来られた。翻って最近のクライマーは、個別にレベルは高くなってるけど、視野が狭くなって来てるんじゃないかなぁ〜と思う。
 グレードを追い求めて、キリキリするのも良いけど、もっともっと色んな風にやってみても良いんじゃないかな? クライミングって、もっと自由で楽しいものだよ。
 

 私も澤田さんの姿勢を見習って、世間の常識に囚われず、もっとクライミングを自由に捉えて、これからもゆるりと楽しく登って行きたいと思う。
by kakera365 | 2019-05-25 23:26 | クライミング | Comments(0)

王子でマンスリー

 先週末は同行者が見付からなかった事と、素人診断の上咽頭炎で調子が悪かったので、岩場は諦めて日曜の昼から王子で登る。

 ボルダールームに行くと、常連のMYKさん一人だけと、かなり寂しい状況。その後、かっし〜さんが来たので3人で、土曜日に更新されたばかりのマンスリーを順番に触る。
e0069822_22221176.jpg
 12番で斬新なムーヴを披露するかっし〜さん( ゚д゚)

 この12番、実は私が設定した課題なのだが、余りにも2人のムーヴが面白いので、暫し見学モード( ̄▽ ̄;)
 そして、あれこれ試行錯誤している内に、MYKさんがスタートに成功し、見事に完登した。
e0069822_22221890.jpg
 ナイスクライミング(=゚ω゚)b

 夕方には、みずまっち&かずきちゃん、OH君がやって来て、マンスリーしたり、即席課題でセッションしたり。
e0069822_22222526.jpg
 皆んなで登ると楽しいね(^ー^)ノ

 岩場には行けなかったけど、人工壁でガッツリ登って良いトレーニングになりました。今年に入ってから、身体意識の感触がかなり良く、イメージ通りに動ける様になって来たし、マンスリーも3分の2は登れたので、この調子で頑張って行きます(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2019-05-20 22:47 | クライミング | Comments(0)

改元記念ツアー最終日

 いよいよツアー最終日。

 先ずは朝御飯を食べて、エネルギーチャージ!!!
e0069822_2348080.jpg
 由緒正しき日本の朝御飯。

 さて、この日のエリアは、セカキタ熱望のWMVへ。
 ここにある「ファンキーモンキー」と言う課題をやる為だけに、単身高山から乗り込んで来たセカキタ。前夜から相当興奮気味だったが、エリアに着いて岩を目の前にすると、アドレナリンが一気に噴き出したのか目が血走り、獲物を狙う猛獣の様に静かに、然し周囲を圧倒する熱量を身体中から発していた。
 準備を整えてスタート位置に着き、岩に触れて暫くムーヴを探っていたが、意を決した様に「行きます!!!」の声で離陸。
e0069822_2348735.jpg
 まさかのチキンウイング!!!∑(゚Д゚)

 私は過去に、とっき〜が登ってるのを見てるので、幾ら得意でも「流石にチキンウィングは無いわ〜」と思いながら見ていたが、苦悶の表情で呻き声を上げ悶絶しながらも、セカキタはジリジリと歩を進め、見事にトップアウト。
 完全に呆気に取られ、アングリする登喜男以下3名( ゚□゚)

 凄いものを見た。そして、セカキタのワイドの懸ける情熱に圧倒されて仕舞った。


 暫くして何とか興奮が収まったので、周辺の課題を触ってみる。
 「ファンキーモンキー」の隣にある「ジャンキーモンキー」を触ってみるが、サッパリ意味が分からない。
e0069822_23482254.jpg
 どうやって登るんだ?

 全く出来ないので少し下流へ移動して、とっき〜オススメの「ウォーターモンキー」に順番にトライ。よこちゃんが一抜けで、私も続く。
e0069822_23483145.jpg
 やったぜオレ!

 勿論オカカマン、セカキタも登る。簡単だけど落ちたら水没必至の超楽しい課題だ。
 オカカマンは直ぐ横にある2級にトライ。よこちゃんと私は以前登ったが、高さもあってなかなか面白い課題だ。
e0069822_2348417.jpg
 流石の登りのオカカマン。

 我々が登りを楽しんでいる間に、とっき〜が裏にあるチョックストーンを掃除して、トライし始める。
e0069822_23485560.jpg
 嬉しいのか!?

 セカキタもワイドと見るや、盛った犬の様にハーハー言いながら取り付く。
e0069822_2349677.jpg
 苦し嬉しそう!

 とっき〜が初登に成功し、セカキタが頑張ってトライしていたら、雷が鳴って雨が降り出したので、後ろ髪を引かれながら打ち切り。が、下山して行くと、雨が降って無い様で道路が乾いていたので、茅が岳へ移動して再び登る。
e0069822_23492362.jpg
 簡単な課題でセッション。

 暫くしたら、また雷が鳴って雨が降り出したので、撤収して温泉に行って汗を流し、晩御飯にネパールカレーを食べてツアーを締め括った。


 3日間、色んなエリアで色んな岩質の岩を登ってとても楽しかった。今回は高難度の課題は全く登れ(触ら)なかったが、スラビーなものからクラック、フィジカル系までやって、内容的には十二分に満足出来た。
 毎回このツアーでは、とっき〜から色々と刺激を貰って、自分のクライミングレベルをアップグレードしているのだが、今回は特に、セカキタに見せられた熱い登りが、自分のクライミングを見直すキッカケになるのではと思っている。


 って事で、やっぱ持つべきものはクライミング仲間。最高です(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2019-05-09 23:33 | クライミング | Comments(0)

改元記念ツアー2日目

 ツアー2日目は、最近とっき~が開拓したH2エリアへ、観光地周辺の渋滞に巻き込まれながら向かう。

 このエリアは所謂ボルダーでは無く、川?の側壁で、程良い高さの壁が両岸に延々と続いて、かなりの課題数があります。
e0069822_23272623.jpg
 先ずは簡単な課題でアップ。

 さて、1本目は軽く3級でセッション開始。が、思いの外ホールドが甘く、抜けのムーヴが組み立てられない。そんな中、よこちゃんが強引に力業でトップアウト。
e0069822_23273446.jpg
 パワーで捩じ伏せるよこちゃん。

 私はテクで登ろうと色々試したが、残念ながら敗退したので、少し上流へ移動する。
 この岩壁は、上部から土砂が流れて来るのか、岩の表面に砂埃が酷く乗っており、ホールドは言わずもがな。掃除にはブラシよりも、パソコン用のエアダスターが頗る有効だ。
e0069822_2327414.jpg
 エアダスターでシュッシュと埃を吹き飛ばすとっき~。

 掃除をせずに登るのは危険だが、綺麗にすればどのラインも面白い。
e0069822_23281179.jpg
 高くて良い緊張感。

 続いて、とっき〜オススメの3級でセッション。軽くランジからのマントルが絶妙で、とても面白い。
e0069822_23281846.jpg
 ここからマントルを返します。

 こんな感じの課題が、壁に沿ってズラ〜っと並ぶ姿はなかなか壮観。
e0069822_23283571.jpg
 不思議な渓谷の風景。

 締めは、細かいホールドがスラブチックで面白難しい2級。
e0069822_23284640.jpg
 コマカチを持ってフットに立ち上がる。

 3人でローテーショントライするが、ほぼ同高度までしか行けずに敗退。良い時間まで登ったので、再び渋滞に巻き込まれつつ帰る。

 夜は、高山から単身乗り込んで来たセカキタと合流し、晩御飯に台湾料理を食べてから、室井邸に戻って宴会。
e0069822_23285683.jpg
 ワールドクラスの話は面白いです。

 前日の与太話とは違い、真面目にクライミング談義するのも良いもんですね。


 ・・・・・最終日に続く。
by kakera365 | 2019-05-07 22:13 | クライミング | Comments(0)

改元記念ツアー初日

 令和最初のクライミングは、毎年恒例の甲州ツアー。メンバーは不動のよこちゃん、オカカマン、私の3人組。

 令和初日の夜に神戸を出発して、諏訪湖SAで仮眠してから甲州入り。クライミングの前に先ずは、ジャンボさんを訪ねて、長女はなちゃんの顔を拝ませて貰う。
e0069822_19163424.jpg
 お父さん似かな?

 コーヒーを御馳走になり、暫し歓談したり幹&葉と遊んだりした後、クライミングに向かうが、瑞牆は前日の雨で岩が濡れてそうだったので、乾きの早そうな白州へ向かう。

 先ずは八間岩に行き、スラブを何本か登ってアップしてから、よこちゃん宿題の「秋天」で打ち込み開始。私は以前登ってるのでサックリ再登。よこちゃん、オカカマンは暫く嵌まるが、徐々にムーヴが熟れて来て、よこちゃんが見事にトップアウト。
e0069822_19164167.jpg
 めっちゃ嬉しそう。

 続いてオカカマンも完登したので、移動して今度は「白州ドリームタイム」でセッション。先ずは直上の2級を3人共登ってから、ドリームタイムのムーヴを探る。
e0069822_19164917.jpg
 良い感じで進むオカカマン。

 よこちゃんと私は、中間部で嵌っていたが、流石のオカカマンは独りムーヴを解決して、繋げに掛かる。が、ヨレが来て2級部分が熟せずに敗退(´Д` )

 再び移動して、今度は私の宿題の2級。苦手ムーヴが一杯の課題だが、最近好調を維持しているお陰か、予想外に上手く繋げて完登。
e0069822_1917150.jpg
 やったぜ(=゚ω゚)ノ

 暫くしてオカカマンも登ったので、最後によこちゃんも私も宿題の1級でセッション。
e0069822_19171317.jpg
 相変わらずムーヴが良く分からん(-_-;)

 結局、この課題は時間切れで敗退。また次回に持ち越しです。


 尾白の湯で汗を流してから室井邸へ。晩御飯に何時ものふじみでタンメン食べた後、戻って宴会スタート。お土産に買って行った、植垣米菓の「わさび鉄火」を皆んなで食べて品評会。
e0069822_19172037.jpg
 辛さに悶絶するとっき~(≧∇≦)

 何時もの如く、飲んで喰ってワイワイ駄弁って、あっと言う間に1日目は終了。
by kakera365 | 2019-05-06 23:59 | クライミング | Comments(0)

平成登攀総括

 10連休2日目はコハル岩で、平成最後のボルダリング。
 メンバーは、よこちゃん、まっちゃん、教授、オカカマン、私の5人。

 エリアに着いて準備が完了したら、グレードの低い順からアップで登る。
e0069822_19151842.jpg
 簡単だけど結構高いです。

 身体が暖まったら、「ハリハリ」「オマハ」「小梅」等を登る。何れも一癖あって面白い。そして高いスラブ課題の「コハル」に順番にトライ。
e0069822_19152596.jpg
 高さもあって良い課題です。

 続いて、トラバース課題の「ペイト」。難しくは無いけど、結構吸われます。
e0069822_19153388.jpg
 そして最後がまた悪い。

 さて、いよいよ看板課題の「タキル」にトライ。高さもあり、ムーヴも面白くて非常に面白い。皆んなで色々探って高度を上げて行き、オカカマンが見事にトップアウト。
e0069822_1916047.jpg
 流石おうじ〜ず筆頭。

 その後は、よこちゃんと私が良い所まで行くも完登出来ず、一旦中断してお昼御飯を食べに行く。
e0069822_19161060.jpg
 エンドレスTKG。

 ここで私は、御飯3杯、玉子6個を食べて満腹に。
 再びエリアに戻るが、全員満腹で動く気力が完璧にゼロ。
e0069822_19163040.jpg
 お昼寝モードに突入。

 最初に再起動したのはよこちゃん。昼飯前に登れなかった「タキル」にトライして、一発で仕留める。どうやら玉子3個にセーブした甲斐があった様で。

 続いて、「ペイト」のスタートから直上するラインでセッション。それぞれに得意のムーヴを繰り出してラインを繋いで行く。
e0069822_19163778.jpg
 滅茶苦茶悪い。

 最後に残った「ルリルリ」を触って終了。
e0069822_19165993.jpg
 悪くてクールダウンにならんわ(´Д` )

 初めてのエリアでしたが、なかなか楽しかった。岩は1個しか無いけど、周囲をグルッと登れるので、課題数はそこそこあるし、高さも丁度良い感じで、ムーヴも結構面白く、1日タップリ遊べました。
 感触も割と良かったので、この勢いでツアーに向かいたいと思います(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2019-04-29 22:33 | クライミング | Comments(0)

たゆたえども沈まず

 日曜日は、烏帽子岩でリードクライミング。
 メンバーは、かっし〜&かれんちゃん、うめちゃんに私。別働隊でよこちゃん、まっちゃんが個別に来る予定。

 エリアに着いて準備してたらまっちゃんが登場。二手に分かれて「タイムトンネル」、「ゴールドフィンガー」でアップ開始。
e0069822_196493.jpg
 岩場では初リードのかっし~。

 「タイムトンネル」を見事にフラッシュしたかっし〜は、続けて「ゴールドフィンガー」にトライ。
e0069822_197022.jpg
 核心部に向かうかっし〜。

 調子に乗ってこいつも頂きかと思ったが、そうは問屋が卸す筈も無く、残念ながらトップアウト出来ず。

 私は最近、身体意識のイメージが良く、ボルダーではボチボチ成果が出て来てるので、リードでも行けるんじゃ無いかと、4〜5つプランを立てて居た。
 先ずは、第1プラン『「ジャスティス」〜「屋根の上のバイオリン弾き」をオールナチュプロで登る』にトライ。「ジャスティス」は何とかクリアし、レストを入れてから「屋根の上のバイオリン弾き」に入るが、アンダートラバースからの抜けに手間取り、急激にパンプが襲って来て、敢え無くフォール(つД`)ノ
 この所好調だったと言う事、以前レッドポイントしたルート、5.10cと言うグレードに対する慢心。余りの不甲斐無さに思いっ切り凹んで仕舞い、モチベーションが一気に急降下。前腕のパンプも戻らないので、かっし〜&かれんちゃんの補助に切り替える。

 かっし〜&かれんちゃんの為に「ジャスティス」にトップロープを掛ける。かれんちゃんは自然の岩にも慣れて来たみたいで、以前ほど泣きが入る事も無く、頑張ってトライしていた。
e0069822_197933.jpg
 足りないリーチはムーヴで補う(=゚ω゚)ノ

 シューズを忘れて来たまっちゃんは、ここでお帰りになる( ; _ ; )/~~~
 昼食を挟んで、今度は「瞳を閉じて」にトップロープを掛けて、かっし〜&かれんちゃんに登って貰う。
e0069822_1971527.jpg
 親子でクライミング。良いですね(=´∀`)人(´∀`=)

 そうこうしてると、今度はよこちゃんが登場。折角チョックやカムがあるので、「瞳を閉じて」をナチュプロで登って貰う。しかも、敢えて4〜6番のキャメをぶら下げさせて( ̄▽ ̄;)
e0069822_1972323.jpg
 無駄に重いカム達で筋トレ。

 トップロープをコの字に掛けたので、折角なので「タフ」もやって貰う。
e0069822_1973023.jpg
 かっし〜は「ジャスティス」よりは感触が掴めた様です。

 かれんちゃんは、お父さんがぶら下がってる間に、ロックバランシングで遊ぶ。
e0069822_19737100.jpg
 思いのままに積み上げます。

 そんな感じで、ゆる〜い1日が終了。あんまり登れなかったけど、それなりに楽しかった(^-^)


 幾つものプランを用意したのに、1つ目で躓いて仕舞った今回。自分の身体的そして精神的な弱さを心底情け無く思うが、これも過去に何度も繰り返して来た事。前進するなら必ず現れる壁に、何度も怯み、そして挑んでは挫けを繰り返して越えて来た。だからこそ、自分で自分が弱いと言う事を、嫌と言う程知っている。
 ただ、前を向いて進んでいると言う事実だけが唯一の救いだ。

 -----Fluctuat nec mergitur(たゆたえども沈まず)-----

 パリ市の紋章にある標語で、帆一杯に風を孕んだ帆船と共に刻まれているラテン語は「どんなに強い風が吹いても、揺れるだけで沈みはしない」と言う意味らしい。
 今後もクライミングを続ける上で、数多くの高い壁が立ち開かるだろう。越える事は無理な物も出て来るかも知れない。それでも自分の理想を追い求めて行きたい。壁の高さに翻弄され、挫ける事も多いだろうが、諦めずに頑張って少しでも前に進もうと思う。
by kakera365 | 2019-04-23 22:22 | クライミング | Comments(0)