カテゴリ:クライミング( 796 )

教導登攀者

e0069822_14163781.jpg
 先日、ジャンボさんと話した時に、「Coyote」と言う雑誌を薦められたので、買って読んでみた。

 メインは山野井泰史の手記やインタビューで、ジャンボさんもパタゴニア遠征の記事を書いている。他にも、アレックス・オノルドや服部文祥、石川直樹等、多くのクライマーや登山家が文章を寄せている。
 彼等の文章やインタビューを読んでいると、登攀レベルが高いのは当然だが、それ以前に純粋に山やクライミングが好きなんだと言う事が、素直に伝わって来る。どんなクライミングをしていても、登攀そのものを楽しめるかどうかと言う事が、彼等の一番大切にしている所なのだと。
 翻って自分を振り返ってみると、「クライミングを楽しんでいるか?」と問われれば「ノー」とは言わないが、一つの課題に打ち込む訳でも無く、目標に向けてトレーニングする訳でも無く、スタイルを貫く訳でも無く、フラフラと色んなジャンルのクライミングを摘まみ食いしながら、年がら年中ダラダラと大したレベルでも無いクライミングを続けている。
 勿論、それが良いとはこれっぽっちも思っていないので、時にはネジを巻き直して、自分に喝を入れる事もあるが、そのキッカケになるのが、この様な雑誌やテレビで見るスーパークライマーの登攀なのだ。

 私にとって彼等は、「教え、導く者」である。

 そんなスーパークライマーの中でも特に、直接登りを見たり、会話を交わす事の出来るとっき〜やジャンボさん達は、ダメダメに成り勝ちな自分のクライミングを軌道修正してくれる、大切な友人だ。彼等と話しをしていると、本当に色々と勉強になる。彼等は「家庭を大切にし、好きなクライミングをしているだけだ」と言うが、それで第一線で活躍するクライミングを続けていると言う事は、本当に純粋に岩登りが大大大好きなんだろう。
 そして、彼等以上に私にモチベーションを与えてくれるのは、もっと身近で一途にクライミングを楽しむ仲間達だ。グレードが幾らだとか、課題が未登かどうかとか、スタイルがどうだとか言う前に、純粋に登ると言う行為を楽しむ人達が、私の周りにはたくさん居てくれる。そんな一途な人達を見ていると嬉しくなる反面、自分の中途半端さが炙り出される様で、恥ずかしくも気を引き締められる。

 なかなか上達しなかったり、怪我に悩むクライマーも多いが、そんな時は色んなクライマーと交流し、話しをしてみる事をオススメする。登りを見たり、話しを聞いている内に、新しい何かを発見出来るかも知れないし、クライミングの楽しみ方が変わるかも知れない。

 私はこれからも、多くのクライマーと時間を共有し、教えられ、導かれて、楽しく登り続けたいと思う。結局最後は、楽しんだ人の勝ちなんだから。



P.S.
 後ろの「ROCK&SNOW081」は、写真を提供したので送られて来たもの。ボルダー課題の笠置と北山公園の課題、写ってるのは貴方かも!?
by kakera365 | 2018-09-21 23:54 | クライミング | Comments(1)

久々に王子

 今日は、久し振り(2ヶ月振り位?)に王子へ行ってクライミング。
 夏場は沢登りばかりしてたので、久し振りで怪我をしても何なので、身体意識をチェックしながら軽めに登りました。

 ボルダールームに行くと、小さな子供達がいっぱいでした(^ー^)
e0069822_2253734.jpg
 親子クライミング。

 前に痛みのあった指に丁寧にテーピングをして、指に負担の少なそうなホールドを選んで登る。
 この日は何故か、奈良?のロックマンと仲間が来てて、ぼ〜ちゃんやお〜やんとハードな課題でセッションしてました。
e0069822_2255626.jpg
 ロックマン軍団。

 勿論、私はそんな課題など出来る筈も無く、独りで適当に登ってました。
 その後、武庫川へ行っていたみずまっち達が戻って来て、何時ものメンバーになったので、簡単そうな課題のセッションに寄せて貰う。
e0069822_2264100.jpg
 何時もの王子。

 最近、良いクライミングの写真が余り無いので、ちょっと狙って撮ってみましたが、何だかなぁ〜って感じになって仕舞いました。
e0069822_2261118.jpg
 登るかっし~。

 良い写真を撮るなら、登るのは諦めて撮影に集中しないと駄目ですね( ̄〜 ̄;)

 それにしても、身体が重く全くキレが無かった。久し振りの人工壁は疲れました(´Д` )
by kakera365 | 2018-09-16 23:08 | クライミング | Comments(0)

秋霖煙る黄蓮谷-3日目

 3日目は、黒戸尾根の下山のみ。

 この黒戸尾根、日本三大急登とか三大バカ尾根とか言われるだけあって長大な上に、要所要所が結構切り立っており、疲れた身体でフラつこうものなら、アッと言う間に数100m下の谷底まで落ちて行く。
e0069822_2228371.jpg
 意外と難路です。

 前日までの登攀で、かなり足に来てたので、バランスを崩さない様に慎重に下る。左手には昨日まで遡行していた黄蓮谷が、樹々の合間にチラホラ見える。
e0069822_22281699.jpg
 アレを登って来たのか( ̄〜 ̄;)

 実は私、黒戸尾根は今回で3回目。
 1度目は夏山登山で、黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳を登り、北沢峠に降りて仙丈ヶ岳を登った。2度目は冬の黄蓮谷でアイスクライミングする為に五丈小屋まで登り、そこから黄蓮谷へ降りて頂上まで登り、黒戸尾根を下った。しかし、若い頃は体力があったからか、それとも疲れていたからか、歩いた距離や鎖場等の危険箇所について余り記憶が無い。
 ある程度下ると鎖場も無くなり、植生も豊かになって緑が綺麗になって来る。
e0069822_22282317.jpg
 苔も生してて生命力を感じます(=゚ω゚)ノ

 また季節柄、キノコ類が沢山生えていて、キノコ好きの私にはパラダイス。
e0069822_22283386.jpg
  何て艶やかなんでしょう( ゚д゚)

 相変わらずスッキリしない天気だが、若干の展望も広がって、遠く雲の合間に八ヶ岳が見えた。
e0069822_2228417.jpg
 雨の山も悪くは無いです(・ω・)ノ

 無心で下っていると、所々で「何となく見た事ある様な気がするなぁ」と感じる場所もあって、同じ山に何度も登るのも悪くないですね(´ω`*)

 最後は一気に急勾配を下って尾白川に辿り着き、無事下山にホッとする。締めに、河原へ降りて汚れた装備を洗う。
e0069822_22284968.jpg
 お疲れ様でした(`_´)ゞ

 さて、折角韮崎まで来てるので、室井先生の顔を拝んで行こうかと家に行ってみるが、残念ながら留守だった。ならばとジャンボ邸に行くと、ジャンボさんが一人で仕事をしていた。コーヒー御馳走になりながら、色んな話しをして、ノンビリと良い時間を過ごす。
 夕方になると幹&葉が保育園から帰って来て、急に賑やかになる。この2人は相変わらずの自由人で、本当にノビノビ育ってる。ウチは厳しくし過ぎたかなぁ(^◇^;)
 最後にちひろさんが帰って来た所で、失礼して神戸へ向かった。


 今回の遡行は、3日間雨に降られ続け、ガスって視界が利かないので巻き道も見付け難く、頂上や稜線も見えないのでルートファインディングが難しかった。また、巻きが多く薮漕ぎを強いられて、かなり体力を奪われ、最後はヘロヘロになってしまい、持久力の無さを露呈してしまった。
 晴天の下ルンルンで遡行すれば、陽が当たって体力の消耗も少ないだろうが、今回の様な天気では、気分もイマイチ乗らないし、身体が乾く暇も無いので体力を消耗し易い。でも、こんな条件は必ずある事だし、色々考えたり対応したりして良い勉強になった。それに、普通で無い山行も、ある意味楽しかったので、良い思い出になりました。

 さ〜て、来年は何処に行こうかなぁ〜(´ω`*)
by kakera365 | 2018-09-07 22:02 | クライミング | Comments(0)

秋霖煙る黄蓮谷-2日目

 2日目はいよいよ、黄連谷の核心部に突入。

 お天気は相変わらずイマイチだが、まぁ大荒れでは無いので、今日も一日それなりに楽しめそう。
e0069822_2222447.jpg
 朝一からコレ。

 この辺りからは、殆んど岩盤の上を水が流れている感じで、只管ナメが続く合間に、ナメ滝や釜が出て来るって状況。
e0069822_22221053.jpg
 ナメ滝オンパレード。

 滝も比較的傾斜が緩いので、大きなもの以外は直登する。
e0069822_22221869.jpg
 フリーソロで直登。

 勿論、大きな滝もあり、可能な限り登るが、登攀に時間を取られては今日中に抜けられないので、パッと見て登るか巻くか判断する。
e0069822_22222939.jpg
 この滝は巻きを選択。

 さて、此処までコレと言った難所も無く、比較的スムーズに進んで来た。遡行距離は長いものの、登攀要素が少なく、私は若干物足りなさを感じてた。はるきょんも「これで4級は無いな。良いとこ2級+ですね」等とほざく始末。が、これが後々バチが当たる伏線となる。

 左俣を分けて、いよいよ核心の奥千丈ノ滝に突入。
e0069822_2222377.jpg
 長大なスラブ滝(これでもホンの一部)。

 最下部を直登した後一旦右岸を巻き、再び滝身に近付く。植生との際をはるきょんがリードしてみると言うので、ロープを結んでビレイする。少し登ってから、ナッツでランニングを取り、アンダークラックのムーヴに入る。右足を滑るスラブに擦り付け、思い切って立ち上がる。
 一瞬、時間が止まったかの様に、動きが固まったと思った瞬間、右足がスリップしてフォール。そして、ナッツに荷重が掛かる間も無く抜けて、目の前のスラブを落下して行く。

 マジかーΣ(; ゚Д゚)ー!!!

 嫌な予感が頭を過る。ビレイ器をロックして、自分も引き摺り込まれ無い様に、後ろに倒れ込む。視界から姿は消えたが、何とか止めて声を掛けると、返事が返って来た。結局、10m以上落ちてたが、幸いにも怪我は無く、笑いながら上がって来たので、ホッと一息。
 即座に登攀は無理と判断して巻きに入る。

 その後も、流心から離れない様に、直登と巻きを繰り返して高度を上げて行く。
e0069822_22224730.jpg
 視界が悪いので、高度感は余り無い。

 ガスってて頂上も見えず、巻き道も見付け難いので、ルートファインディングが難しく、また可也の薮漕ぎを強いられ、最後はハイマツ帯に突入して地獄の登高。2人共ヘロヘロになりながらもハイマツを漕いで行くと、突然登山道に出た。
 どうやら左へ行き過ぎて、黒戸尾根の登山道に出た様なので、そのまま頂上目指して登って行く。
e0069822_22225588.jpg
 無事登頂〜(=´∀`)人(´∀`=)

 この辺り一帯の天気が悪いのだと思っていたが、北沢峠側はガスも無く綺麗に見えていた。
e0069822_2223484.jpg
 甲斐駒らしい風景。

 最後は、七丈小屋まで降って幕営。長い一日が終わった( ´Д`)


 3日目に続く・・・
by kakera365 | 2018-09-05 23:59 | クライミング | Comments(0)

秋霖煙る黄蓮谷-初日

 9月最初の週末は、甲斐駒ヶ岳の黄蓮谷右俣へ沢登りに行って来ました。

 金曜日の夜に神戸を出発し、土曜日8時半に韮崎駅で今回のパートナーはるきょんをピックアップしてから、尾白渓谷駐車場へ。身支度をしていると、偶然にも花谷さんに遭遇したので挨拶し、黄蓮谷に入ると言うと、「今朝、4人パーティーが沢中で動けなくなって、救助のヘリが飛んでいる」と言う、全然有り難くないニュースを教えてくれた(´д`|||)
 この天気では当然だが、最悪入渓地点で撤退も視野に入れて入山。尾白川に向かって歩いて行くと、白州尾白川ボルダーのすべり台スラブ(8級)で子供達が遊んでいた。
e0069822_1328287.jpg
 楽しそうな子供達(=゚ω゚)ノ

 竹宇駒ヶ岳神社で安全祈願してから、日向山への登山道を登る。尾白川林道に出たら、更に奥へと進んで行く。
e0069822_13281623.jpg
 退屈な林道歩き。

 歩いている最中もずっとヘリの音が聞こえる。無事救助されれば良いのだが・・・(帰宅後、ネットで無事救助を確認)。
 トンネルを幾つか抜けてから、漸く沢筋へ降りる。
e0069822_13282554.jpg
 水が黄色い( ゚д゚)

 はるきょん曰く、この黄色い水の色が黄蓮谷の名前の由来らしい。ホンマかいな( ̄~ ̄;)
 さて問題の水だが、やや濁った感はあるものの、増水して水量が多いと言う感じでも無く、特に遡行に問題は無さそうなので、取り敢えず入渓する。
 暫く平凡な渓相が続き、さして困難な箇所も無くズンズン進む。
e0069822_1328335.jpg
 そこそこ大きな滝も出て来ますが・・・

 甲斐駒ヶ岳は花崗岩の山なので、基本的に滝はツルツルに磨かれた墓石状態。なので支点も取り難く、余程ホールドが大きいか、傾斜が緩いの以外は基本的に巻きです。
 遡行していると魚影がチラホラ見えるので、晩御飯をゲットしておこうと、はるきょんが竿を出してみる。
e0069822_13284173.jpg
 何度かトライしましたが--->゜))))彡

 本谷との出合まで行ったら、なかなか良さげなビバークサイトがあり、時間も良い感じだったので、この日は此処で終了。タープを張り、流木を集めて焚火の準備。
e0069822_1328502.jpg
 今宵の宿。

 前日から雨が降り続いており、シケシケの薪木に辟易しつつも、何とか火を熾す。
e0069822_13285715.jpg
 焚火にビールはマストですね。

 そして、沢登りでの最大の楽しみと言えば・・・・・
e0069822_1329614.jpg
 焚火で焼きウインナー( ̄∇ ̄)Ψ

 レーションやウインナー喰らいながら、ビールや焼酎、ブランデーをグビグビ。幸せだなぁ\(//∇//)\
 日が暮れて、お腹が満たされ、駄弁りんぐのネタも尽きたら、後は寝るだけ。就寝中もシトシト雨音が聞こえ、降ったり止んだりで何だかなぁ〜(´ε`;)


 2日目に続く・・・
by kakera365 | 2018-09-04 19:26 | クライミング | Comments(0)

台風一過

 日曜日はとっし~先生と、今年3回目の沢登り。
 前々日に台風が西日本を通過したので、比良や鈴鹿、台高、大峰等の少し大きめの沢は増水が心配。と言う事で、今回は増水してるからこそ楽しそうな、播州は峰山の小田原川本谷に行きました。

 入渓地点に行くと、どうやら何時もより水量が多い様で、結構良い感じ。って事で、早速水に浸かって遡行開始。
e0069822_2243358.jpg
 気持ち良い〜o(≧▽≦)o

 水温も快適で、適度な淵、釜と小滝が連続して出て来る。勿論、例え1メートルの小滝でも、全てを直登する。
e0069822_2243134.jpg
 That's Shower Climbing!!!

 さして困難な箇所も無くズンズン進み、良い感じの広い岩盤が出て来たので、ランチタイムにする。
e0069822_224321100.jpg
 冷えた身体にカップ麺が沁みる〜ψ(`∇´)ψ

 遡行を再開して終盤に差し掛かると、楽しい場所が増えて来る。
e0069822_22433043.jpg
 岩のトンネルを潜ります。

 ラスボスは、この谷最大の黒岩滝10m。滝身の左側を登れば簡単なのは一目瞭然だが、やっぱりド真ん中を行きたい。
e0069822_2244812.jpg
 黒岩滝に突っ込む。

 中段まで行ってホールドを探ってたら、水圧に押されて釜まで落ちてしまう。が、気を取り直して再アタック。そして、流心を潜って右側に出て、後は直上。チョー楽し〜(=゚ω゚)ノ
 そのまま暫く進むと、水止堤が出て来たので、ここで遡行終了。スタートからハーネス着けたけど、結局ロープも使わず。後は登山道を下って取り付きへ戻った。

 下山後は何時もの様に温泉で汗を流し、この日は卵かけ御飯を食べて締め。


 初心者用にと取って置いた小田原川でしたが、台風のお陰で楽しい遡行が出来ました。登攀要素が少なくて、やや物足りなかったものの、全滝シャワーで直登出来たので、スッキリ、サッパリしました(^ー^)ノ
by kakera365 | 2018-08-27 23:59 | クライミング | Comments(0)

地獄谷

 日曜日は、御手洗の清掃に行こうと同行者を募ったが見付からず、流石に一人で行くのは厳しかったので、関係者には申し訳無いが欠席させて頂いた。で、お天気は良いので、午前中は近所へ沢登りに行く事にした。

 丁字ヶ辻の近くまでD:5君で行き、そこからダイヤモンドポイント、水晶山を通る地獄谷西尾根を下る。谷沿いの登山道に出たので、適当な所から川岸まで降りて行くと、衝撃の風景が目に飛び込んで来た。
e0069822_20262457.jpg
 えっ!嘘やろ!?( ゚д゚)

 水は茶色く濁り、下水の様な悪臭が漂って来る。川床は派手なオレンジ色の藻類に覆い尽くされ、超絶にヌルヌル感が半端無い。この谷、名を地獄谷と言うが、これぞ正に地獄絵図。

 買ったばかりの沢靴「CLIMB ZONE スーパープロ IV」のデビュー戦だと言うのに、水に浸ける事すら憚られる。然し、ここまで来て登らないのも癪なんで、腹を決めて装備を整え、入水(笑)する。
 服が濡れると臭いが染み付きそうなので、なるべく膝より上は浸からない様に遡行して行くが、小滝の釜っぽい所で深さを探ってたら、バランスを崩して肩まで汚水に浸かってしまう(T0T)

 陰鬱な気分に沈みながら歩いていると、何か動くものを発見。そ〜っと近付いて行くと、岩の隙間から小動物が顔を出した。
e0069822_20263394.jpg
 可愛いイタチ君\(//∇//)\

 酷い水質に滅入っていた気分が、鼬に癒されて少し解れた。
 然し、遡行の方は相変わらず不快極まりなく、暫く進むと今度は堰堤に突き当たる。ゲンナリしながら左岸を巻き越え、ダムの溜り水をヘツっていたら、再び足を滑らしてドボン(´Д` )
 全てに諦め気分で水から上がると、あれっ!?何か水が綺麗になってる!!!( ゚д゚)
e0069822_20264176.jpg
 やっほーい!!!

 突然豹変した渓相に吃驚しつつも、漸くマトモな水になった事に、狂った様に声を上げて燥ぐ。
e0069822_20264987.jpg
 これだよコレ〜o(≧▽≦)o

 勢いに任せてガンガン遡行し、滝は全て直登する。後半はナメも出て来て、結構良い感じに。
e0069822_20272363.jpg
 美しいナメ斜瀑。

 そんなこんなで、楽しい時間はアッと言う間に過ぎ去り、最後と思しき滝を越えて源流部に入った所で、この日の遡行は終了。洗える物は全部川原で洗ってから、登山道を歩いてD:5君まで戻った。


 時間は予定通り未だ13時過ぎだったので、そのまま表六甲ドライブウェイを下って王子へ行く。
 ボルダールームに入ると、まっちゃんと教授がマンスリー課題の確認中。また、せっちゃんが次男坊と来てた。暫くすると、みずまっち&かずきちゃんが来たので、マンスリー課題の更新を始める。
e0069822_20273284.jpg
 テープに番号を書いてます。

 番号が書けたら、トポを見ながらテープをホールド脇に貼って行く。
e0069822_20273979.jpg
 テープ貼ってま〜す(o^^o)

 全部貼れたら、セッション開始です。私は15課題中8課題登れたので、ボチボチ満足。今回もなかなか面白い課題が揃ってますので、皆さん是非トライして下さいね〜(=゚ω゚)ノ

 貼ったテープの確認をしながら、課題に打ち込んでると、よこちゃんがやって来た。見た所普通に歩いてたが、ほぼ着地は出来ないらしい。ちゃんと治るまで、大人しくレストしとけよ〜!
e0069822_20274689.jpg
 よこちゃんは生きてました。

 急遽決めた単独沢登り。最初はどうなる事かと思いましたが、何だかんだで結構楽しめたので、結果オーライです(^ー^)ノ
by kakera365 | 2018-08-22 00:34 | クライミング | Comments(0)

お疲れ様でした

 20年以上の長きに渡って愛用して来た、秀山荘オリジナルブランド「Climb Zone」の沢靴と靴下が、今回の遡行で再起不能になって仕舞いました。
e0069822_0131010.jpg
 靴底がパカッ!

 一度リソールしましたが、既に大分擦り減っており、そろそろ限界かなと思ってた所で、この夏が終わったら、再リソールしようかと考えていた矢先でした。
 そして、靴底が開いたシューズで山道を歩いたので、序でに靴下にも穴が空いて仕舞いました。
e0069822_014832.jpg
 指が出ちゃいます。

 この靴を履いて、色んな沢を遡行しましたが、特に去年の夏に行った赤石沢は、私の登攀人生の中でも最高の思い出の一つです。その他にも、池郷川、冬小屋谷、茗荷谷、来見野川等々、良い沢の思い出がイッパイです。

 本当に長い間ありがとうございました。
by kakera365 | 2018-08-11 10:50 | クライミング | Comments(0)

爽涼を求めて-2日目

 溯行2日目も快晴の朝。
 行程は未だ半分位なので、後半戦もガッツリ楽しめそうです(=゚ω゚)ノ

 仕度を整え遡行を開始すると、早速良い感じの斜瀑がお出迎え。
e0069822_2155450.jpg
 まだまだスケール大きいです。

 朝っぱらから冷たい水に浸かるのはチョット厳しいので、基本へつり気味に進んで行く。
e0069822_216258.jpg
 流木の上を歩いて小滝を越える。

 ま、淵を泳ぐのは避けたいけど、滝は突っ込んで登りたいと言う、濡れたいのか濡れたく無いのか、良く分からない葛藤に苛まれる( ̄▽ ̄;)
e0069822_2161057.jpg
 流木を利用して滝を登る。

 釜があって安全そうな小滝が出て来たので、試しにけんたに突っ込ませてみる。
e0069822_2162596.jpg
 果敢に攻めるけんた。

 が、水圧に負けて釜に飛び込んで来る( ̄◇ ̄;)
 ラスボスの鬼滝は、ロープを結び、左岸の壁を登ってクリア。そして、大トリの屈曲部ゴルジュも巻かずに突っ込んで、下段は左岸をトラバースして滝上に上がり、上段はやや巻き気味に乗っ越して抜けた。
e0069822_2163464.jpg
 屈曲部ゴルジュの威容。

 その後は小滝を越え、綺麗なナメに入り、少しずつ源流部の雰囲気へと変わって行った。
e0069822_2164162.jpg
 小滝を超えて。

e0069822_2164756.jpg
 美しいナメを歩く。

 最後は沢を詰め上がって、黒石岳への登山道に出た。
e0069822_216558.jpg
 黒石岳登頂です(^ー^)ノ

 さて、下山が核心とも言われる黒石谷。沢沿いの朽ちた林道を下るコースと、黒石岳から尾根筋を下るコースがあるが、今回は尾根道を選択。基本地形図と磁石を頼りに、ポイントポイントではGPSを使って現在地を確認しながら下り、ドンピシャで林道に降り立った(GPS使ったら当たり前やけどね)。

 下山後は、入之波温泉の山鳩の湯に入って汗を流し、川上村の松屋さんで柿の葉寿司を買って食べ、とっし~先生はビールも飲んで締め(//ω//)


 久々に泊まりの沢。日帰りとは違って生活力が求められますが、幕営はほぼ満足出来る内容でした。勿論、遡行自体も言う事無しの素晴らしい沢でした。久し振りの泊まりの沢だったとっし〜先生も、初めての沢だったけんたも、シッカリ満足出来た様です。
 灼熱の下界を離れ、涼しい沢中でノンビリ過ごした時間は、何物にも代え難く、これを知って仕舞うと、完全に沢登りの虜になっちゃいますね(^ー^)ノ
by kakera365 | 2018-08-08 23:11 | クライミング | Comments(0)

爽涼を求めて-泊

 管平谷出合の幕営地は林業小屋跡で、石垣に囲まれたやや高台の広い平坦地で、全てが最高のテン場だった。
e0069822_0352310.jpg
 ようこそ我が館へ。

 荷物を置いたら、早速作業を分担して実行。けんたが薪を集め、とっし〜先生が焚火を熾し、私がタープや物干しを設置する。
e0069822_0353792.jpg
 タープ張って準備完了。

 先ずは晩御飯に、α米とラーメンを作る。
e0069822_0354560.jpg
 自然の中での御飯は美味しい。

 お腹が落ち着いた所で、沢登りには絶対欠かせないアレ。
e0069822_0355247.jpg
 恒例、ウインナー直火焼き〜(=゚ω゚)ノ

 そして、当然グビグビ行っちゃいます。
e0069822_036244.jpg
 ビールが最高に旨〜い( ^ ^ )/◻︎

 ウインナー以外にも、厚切りベーコンやチーズを焼いて食べ、ビールが尽きたらバーボン飲んで酔っ払う。するとその内、段々と行動がテキトーになって来る。
e0069822_0361120.jpg
 ケツを乾かしてます(´・Д・)」

e0069822_0361874.jpg
 濡れた装備も乾燥中。

 焚火に薪を焼べながら、くだらない話しを延々する。
e0069822_0363387.jpg
 焚き火を見てると時間が過ぎるのも忘れます。

 日が暮れて暫くすると、何もする事が無くなったので、シュラフに潜り込む。
 夜は涼しく、グッスリ眠れた(= ̄ ρ ̄=) ..zzZZ
by kakera365 | 2018-08-07 22:24 | クライミング | Comments(0)