雨の日は

 日曜日は家でノンビリ手芸。

 ちょっと前に手芸店にぶら下がってた肩掛けバッグが、仕事で使うのに丁度良さそうだったので、生地と型紙を買って帰りました。そして、先週数時間掛けて型紙から切り出した生地を、この日はミシンで縫製しました。
e0069822_19263142.jpg
 じゃじゃ〜ん(=゚ω゚)ノ

 初めて作った割には、思った以上に良い感じに出来ました。使い勝手もなかなか良さそうで、完成するまではドキドキでしたが、何だかホッとしました。


 もう一つ分生地があるので、頑張って作ろうと思います( ´ ▽ ` )ノ
# by kakera365 | 2019-06-18 23:05 | 生活 | Comments(0)

世界を変革するのは若者だ

 先週末の土曜日は、某NPO法人の総会に出席する為、東京へ行って来た。

 昨今は色々と問題が多発しており、更に取り巻く環境も急速に変化している事から、話し合わなけれなならない議題は山積みで、しかも何れもが答えが出そうに無いものばかりなので、いつも以上に時間を食った割には、話が殆んど纏まらない会合だった。
 今回、新たにオブザーバーとして参加して頂いた、若手のTさん、Uさん、Yさんにも、色々と報告頂いたり、率直に忌憚の無い意見を述べて頂いたが、会議中のみならず、昼食時や終了後も彼等の話を聞いて、新しいNPOの未来が垣間見えた気がした。

 この某NPOも、御多分に洩れず理事の高齢化が進み、50歳を超える理事が大半を占める。時代が恐ろしいスピードで変化して行く中、古い頭ではもうどうにもならない時期が来ている。兎角老人は頭でばかり考えて、なかなか行動に移せない事が多く(そうで無い人も居るが)、またネット社会にも全く付いて行けず、新しいコミュニケーションツールやサービス、コンテンツをどう利用して良いのかも殆んど理解出来ていない。こう言った状況が長く続いて行けば、世の中の流れに付いて行けずに、取り残されてしまうだろう。勿論、ベテランは不要と言っている訳では無い。知識や経験は豊富であるし、人脈も幅広いので、大いに利用すれば良いと思う。
 今後は、若者が中心となって考え、意見を取り纏めて、実践して行かなければならないと、今まで以上に強く感じた1日だった。

 関西からは、マメオ先生と私と言う、50歳をとうに超えた老人2人が行っているが、このままではジリ貧なので、可能な限り早く若返りを図りたい。NPOの活動に少しでも興味があり、次回理事会への見学を希望する若者が居られれば、遠慮無く声を上げて欲しい。
# by kakera365 | 2019-06-17 22:35 | Soliloquy | Comments(0)

初夏でも寒い大野山

 日曜日は、先週に引き続き大野山でボルダリング。
 メンバーは、当初は別働隊で2人来る予定だったが、ブッチされて仕舞ったので、残念ながらうめちゃんと2人だけ。

 何時もの様に十二界岩からスタート。
 一番右の簡単課題を登ってから、うめちゃんは4〜5級の課題にトライ。
e0069822_19141636.jpg
 軽やかに登るうめちゃん。

 この日は生憎の曇り空で、余り気温が上がらず寒いので、うめちゃんがコーヒーを淹れてくれる。
e0069822_19142813.jpg
 ありがたや〜\(//∇//)\

 そして、上着を持って行かなかった私は、クラッシュパッドを風除けにし、ハスラーに載せてあったブランケットを借り、温かいコーヒーを飲んで、何とか寒さに耐える。
e0069822_19143767.jpg
 オマエは座敷童か!!!∑(゚Д゚)

 暫く耐えていたら、漸く日差しが差し込んで来て、暖かくなって来たので再起動。
e0069822_19144934.jpg
 日差しが暖かくて嬉しい(o^^o)

 私は、先週登り損なった真ん中の限定課題を、ハイステップ&ロックでスタティックに1手目を取ろうと頑張って撃ってたら、良い感じに出来てトップアウト。

 それにしても大野山は人が少ない。キャンプ&バーベキューが禁止になった事が拍車を掛けているのか、クライマー以外も頗る少ない。2人で寂しいなぁと思ってた所に、漸くクライマーが1人やって来た。小野から来たTERAさんで、大野山は初めてとの事。GRIZZLYやマーシー道場でふくちゃんやげんちゃんと登ってるらしい。
e0069822_19145827.jpg
 パワフルな登りのTERAさん。

 3人で「Six Pack」セッション。2人はハイステップで行くか、下からデッドで行くか、色々試してる。私は、ここもハイステップ&ロックでトライして、結果登れて仕舞ったので、一気にモチベーションが急降下。
e0069822_1915993.jpg
 やる気ゼロのダメダメクライマー。

 暫く2人のトライを眺めていたら、TERAさんがトーフックムーヴを繰り出したので、真似してやってみる。
e0069822_19151939.jpg
 トーフックでも登れたヾ( ´▽`)ノ

 うめちゃん、TERAさんも、ムーヴやフットホールドを変えたりして、結構ハードに打ち込み。
e0069822_19152882.jpg
 気合い入れて頑張ってます(=゚ω゚)ノ

 そうこうしてたら雨がパラついて来たので、最後に冷やかしで「ぷーまん」を触ってみたが、2手目のホールドが悪くなってるんじゃないかと言う疑念が生まれただけで終わった(´Д` )


 2週連続の大野山だったけど、行く前にイメージしていた登りが、キチンと出来たので嬉しい。ここに来て漸く、身体意識の成果をクライミングにフィードバック出来る様になって来た。うめちゃんも色々考えながら、良い感じで登ってた。
 もう直ぐ梅雨入りで、クライミングはシーズンオフだけど、秋までに一段階上げて行きたいな(=゚ω゚)q
# by kakera365 | 2019-06-12 23:05 | クライミング | Comments(2)

ラグビー観戦

 土曜日は、海晴のラグビーの練習試合を、灘浜グラウンドに見に行きました。

 2年生になって、ほぼレギュラーなのでフル出場。ポジションはそんなに足が速い訳でも無いのに、何故かウイング( ̄▽ ̄;)
e0069822_18584879.jpg
 気合い入ってます。

 オフェンスは、ウイングなので基本「待ち」なのですが、状況次第で当然モールやラックにも入ります。
e0069822_1859234.jpg
 積極的にラックに参加。

 チームスポーツは一体感が大事です。皆んなで心を合わせて、目標に向かって努力する事で、チームワークが磨かれて行きます。
e0069822_18591155.jpg
 走れ、走れ〜(=゚ω゚)ノ

 ディフェンスの方はかなり頑張ってました。身体は細くて軽いですが、積極的にタックルに行って、ゴール前でトライを防いだりしてました。
e0069822_18593346.jpg
 集中して狙いを定めろ!

 結局、2試合とも負けてましたが、実力的には大差無く、どちらも良い試合でした。

 練習試合のあったグラウンドは人工芝でしたが、直ぐ隣にコベルコ・スティーラーズの練習グラウンドがあり、こちらは手入れの行き届いた天然芝で、凄く綺麗でした。
e0069822_18594536.jpg
 こんなフィールドでダイヴしたら気持ち良いだろうなぁ( ゚д゚)
# by kakera365 | 2019-06-11 00:05 | 家族 | Comments(0)

家庭菜園

 日曜日は、方々のクライミングエリアで清掃活動がありましたが、諸々の理由で参加出来ず。スミマセンm(_ _)m
 で、家族で三宮へ買い物に行き、続いて近所のスーパーで買い物して、最後は家で庭いじり。

 今迄ベランダのプランターに色んな野菜を植えて来たが、どうも環境が良く無いのか、上手く育たなかったので、今回は根っこ系にしようと、ミョウガ&ショウガを購入してみた。
e0069822_195321.jpg
 送られて来た苗を水に浸けてます。

 どちらも暑さと乾燥には弱いらしく、プランターに植え替えた後、簀子を立て掛けて日陰を作ってみました。
e0069822_19534494.jpg
 大きく育てよ(=゚ω゚)ノ

 今の所、朝に水をやれば土が乾く事は無いので、暫くは様子見ですね(´・Д・)」
# by kakera365 | 2019-06-05 21:54 | 生活 | Comments(0)

風薫る大野山

 土曜日は、よこちゃんと2人で大野山へ。そして、普段はボラーレで登っていると言う、大野山お初のhickyさんと現地で合流。

 何時もの十二界岩に行くと、hickyさんが居られたので、課題を紹介がてら順番に登る。
e0069822_19421610.jpg
 1級/初段とか言われてる課題を登るよこちゃん。

 私はこの課題、何度目かで核心を抜けるが、上部ですっぽ抜けて落ちた(´Д` )
 続いて十界岩に移動して、また課題を紹介がてら登る。
e0069822_19422688.jpg
 3〜4級の課題にトライするhickyさん。

 ふと思い付きで、カンテのシットダウンが出来るんじゃ無いかとトライしてみるが、遊び半分で取り付いた割に、これが結構悪い(; ̄◇ ̄)┘
e0069822_19424433.jpg
 浮くのがやっとε-( ̄◇ ̄;)

 裏にあるマイプロジェクトもやってみるが、こちらも離陸が精一杯だった(>_<)

 一旦十二界岩に戻り、暫し駄弁りんぐ。
 hickyさんは我々とそんなに年が離れておらず、色々と話が合って話題に事欠かない。3人共ツーリングに行ったりしてたので、バイク話は特に盛り上がった。また、お仕事が基本夜勤らしく、殆んどジムで登ってるそうで、久し振りに岩場に来れて楽しいと仰られてた。何時も岩場で登っている我々は、実は贅沢なんだなぁと改めて思わされた。

 最後はカメレオン岩に行って「裏筋」に打ち込み。
e0069822_19425673.jpg
 ラストムーヴに嵌まるよこちゃん。

 私も頑張って左手寄せまでは行けたけど、取る位置が低く、次のムーヴを繰り出せなかった。
 結局2人共登れず敗退。次回はフレッシュな状態でトライしよう。


 此の所大分暑くなって来たけど、大野山は涼しく登れた。初めての方と楽しく登れたし、基本的にはエンクラだったけど、それなりに打ち込みも出来た。それに、個人的にはかなり良いイメージが掴めたので、今後のクライミングに活かせそうで、とても楽しみです(=゚ω゚)ノ
# by kakera365 | 2019-06-03 00:24 | クライミング | Comments(0)

読んでみませんか〜その五

e0069822_22304314.jpg
 ニコラス・オコネル著「ビヨンド・リスク」
 本書は20年以上前に出版された作品で、当時は何故か買いそびれていたのだが、昨年文庫版が出たので買って読んでみた。

 内容は副題「世界のクライマー17人が語る冒険の思想」の通り、様々な年代、ジャンルのスーパークライマーについて、各人の著書等からの短い引用、簡単な略歴等の紹介文に続き、インタビューと言う構成で書かれたもので、何れも非常に内容が濃く興味深いが、中でも個人的に非常に共感を覚えたのが、アルパインクライマーのヴォイティク・クルティカだった。
 思想はやや宗教的であり、登山は肉体的、精神的に成長する為の貴重な手段で、クルティカは「山の道(タオ)」と呼んでいる。彼はパートナーシップを大切にし、好きな人と登っていれば大きな危険でも冒す気になると語り、また、心奪われるラインとは、冒険的である事と審美的に美しいものだと言う。
 更に、クライミングで命を危険に晒すと、より充実した生き方が出来る、クライミングとは自分自身と周りの自然について、至上の真実を発見出来る活動とも言っている。
 特に感銘を受けたのは、シャウアーと登ったガッシャブルムⅣ峰西壁の話で、頂上を逃した件についても、改めて思い返すと、たまに敗北するのもとても大切だと語っている事だ。

 その他では、ウォルフガング・ギュリッヒが言う「自然なライン、人為的で無い、抜けるにはこれしか無いと言うラインに魅力を感じる。」や「友情を大切にし、低いグレードしか登れなくても、結果に満足する事が大事。」との意見にも共感するし、成功したネームレスタワーより、その前に失敗したグレート・トランゴのノルウェー・ピラーで得られた経験の方が大きいとの考えも、クルティカに共通する部分を感じた。
 また、ピーター・クロフトも、過去を尊重しつつも革新的なクライミングを実践して行く事の大切さ、クライミングはグレートでは無く冒険性、そして最後にはやはり、楽しむ事が全てだと語っている。


 この本を読んで改めて思った事は、クライミングをする上で、先ず楽しむ事が必要条件である事。そして、その人にとって一歩でも冒険して行くと言う事が十分条件であると言う事だ。
# by kakera365 | 2019-05-31 23:31 | Soliloquy | Comments(0)

涼しくボルダリング

 北海道の佐呂間では、史上最高の39.5度を記録した日曜日ですが、我々おうじ〜ずは教授、まっちゃん、うめちゃんに私の4人で、以前にも行ったちょっと標高の高いエリアで、涼しくボルダリング。

 先ずは「アップフェース」や「フレッシュミルク」でアップしてから、好課題の「牙」でセッション開始。
e0069822_1952129.jpg
 皆んなでワイワイ楽しいです。

 私はサックリ再登、まっちゃんも軽く登って、教授のトライ。
e0069822_1952206.jpg
 この高さでのマントルが痺れます。

 続いて、看板課題の「ロンダルキア」。前回は核心手前で敗退しているので、少しは進められるのではと期待したが・・・
e0069822_19524080.jpg
 ここから核心突入です。

 何と無く想定されるムーヴは妄想出来たが、非常に残念な事に滑りが酷く、殆んど進捗を得られずに終了。
 仕方が無いので、教授と私は「レゴリス」に逃避する。
e0069822_19525640.jpg
 これも高いなぁ。

 そしてうめちゃんは、宿題にしていた「カモシカ狩り」を、まっちゃんのアドバイスを受けながら見事に回収。
e0069822_1953589.jpg
 やりおるがな( ゚д゚)

 お昼を挟んでエリアを移動し、私も宿題の「神童子」を、抜けで怪しいムーヴを連発しながらも何とか回収。
 続けて「サイクロプス」でセッションするが、全く進まず滑りの所為にする。
e0069822_19531413.jpg
 持て感が悪過ぎる(´Д` )

 最後に、Jibeが初登したらしい「アリババ」って課題をするが、どう登ろうとしても4級とは思えない位に悪い。同じくJibe初登の「退化」ってカンテを全く使わないカンテ課題も登るが、これも???な感じ。
e0069822_19532594.jpg
 脆いホールドに堪えて登るまっちゃん。

 締めは謎の5級課題「盗賊」。
e0069822_19533151.jpg
 ドップリ嵌まり中のうめちゃん。

 最近は初段も登れず、全くと言って良い程に成果が無いけど、仲良くワイワイ楽しく登れたし、強度もそれなりにあったので良いトレーニングにもなったので、取り敢えず良しとしときましょう(=゚ω゚)ノ
# by kakera365 | 2019-05-28 21:48 | クライミング | Comments(0)

ゆるりとたのしく

 澤田実さんが亡くなられた。

 過去にも遠征されていたカムチャツカの、カーメン峰で滑落したとの報。
 個人的に面識があった訳ではないし、クライミングの経歴を比較するのもおこがましいが、同年代として活躍を楽しみにしていただけに、早過ぎる訃報は本当に残念だ。

 澤田さんと言えば、海外の高峰や黒部ワンデイ横断を筆頭に、劔沢や称名滝など数々の名登攀があるが、個人的には何と言ってもコレだ。
e0069822_2228353.jpg
 「小川山レイバック」ギター初登。

 ROCK&SNOW023のリレーコラム「岩雪一徹」に書かれた文を、読み進めては何度も爆笑した。ギターを弾いた事のある人にしか分からないであろう、岩に当たって「ガゴン、ガゴゴン」、そして落下したギターから響く「バガアーアーアーン」と言う絶妙な擬音語は、噴き出さずには居られなかった。それに、単純にギター初登なんて、発想が素敵過ぎじゃない(=゚ω゚)ノ
 コラムにも書かれている様に、鳥海山でのギター初滑降も達成。ラフティング・ギター初降下は達成されたのだろうか。
 既成概念に囚われず、自由な発想で、仲間達と好きな様にクライミングを楽しんでいた澤田さん。色んなカタチで楽しむ自由さに憧れ、私も好きな様に楽しむ姿勢を身に付けた様に思う。


 さて、このROCK&SNOW023、改めて読み返してみると、色々と時代を感じさせる面白い記事がある。
 ボルダリングでは、大ちゃんが鳳来で、当時日本最難の「白道」を完登。一方とっき~は小川山で、「豊かの海」「Rampage」そして「闇の絵巻」を完登。
e0069822_2228929.jpg
 室井登喜男「小川山三課題」。

 グレーディングがおかしいんじゃないかと意見を付けられ、ゴタゴタの末に闇に葬り去られた「闇の絵巻」。グレードがどうでも良いとは言わないが、グレードが合ってるとか合ってないとか、そんなに目くじら立てなくても、もう少しユルくても良いんじゃないかなぁ。


 それ以外にも、フーバー兄弟による「ゾディアック」フリー初登や兼原夫妻のインタビュー、人気連載だったOLD BUT GOLDは「マリオネット」を取り上げ、何と言っても塚本健による「ミッドナイトライトニング」のレポートは圧巻だ。

 裏表紙は、最近復活の兆しが見えるボリエールの広告。
e0069822_22281531.jpg
 スティングマ(=゚ω゚)ノ

 このスティングマは、今でも私のリード本気シューズ。発売されたのが2006年とは、13年も前なのか。ドンドン新しいシューズが出て来てるけど、昔のでも何の問題も無いなぁ。って言うか、寧ろ良かったんじゃない?
 新しいシューズにばかり注目が集まって、皆んな飛び付くけど、古いシューズでも全然使えるよ。


 改めて澤田さんのクライミングを思い返すと、ジャンルに囚われず、好きな事を自由にやって、寧ろ色々と融合させてクライミングを進化させ、マルチに活躍して来られた。翻って最近のクライマーは、個別にレベルは高くなってるけど、視野が狭くなって来てるんじゃないかなぁ〜と思う。
 グレードを追い求めて、キリキリするのも良いけど、もっともっと色んな風にやってみても良いんじゃないかな? クライミングって、もっと自由で楽しいものだよ。
 

 私も澤田さんの姿勢を見習って、世間の常識に囚われず、もっとクライミングを自由に捉えて、これからもゆるりと楽しく登って行きたいと思う。
# by kakera365 | 2019-05-25 23:26 | クライミング | Comments(0)

SSD換装

e0069822_2241287.jpg
 最近パソコンがゲキ遅なので、HDDをSSDに換装する事にした。

 3年前に買ったLIFEBOOK AH50/X(FMVA50XWP)は、買った当初こそ高速だったが、ご多分に漏れず徐々にスピードが遅くなり、最近では起動に3分とか、ブラウザ立ち上げに2分とか、尋常じゃ無い遅さになってて、イライラの余り破壊活動に出ようかと思う事も屡々だった。
 そこで、Crucial 2.5inch SSD MX500を購入し、ネットでガイドを見ながらHDDをSSDに換装してみた。今までメモリーの増設くらいはやった事があったが、流石にシステム含めて丸ごとコピーなんて初めてなので、ちょっとドキドキだったが、特に引っ掛かる所も無くアッサリ終了。

 で、スイッチオン・・・・・バカっ早になったヾ(*´∀`*)ノ
# by kakera365 | 2019-05-23 11:21 | 生活 | Comments(0)