中島健郎講演会

 今日は、兵庫県山岳連盟が主催する中島健郎さんの講演会に行って来ました。

 30分前に会場の王子動物園ホールに着くと、もう既にお客さんが一杯。
 けんろ〜さんは関西出身と言う事で、会場の砕けた様子に肩の力が抜けた様で、和やかな雰囲気の中で講演が始まりました。
中島健郎講演会_e0069822_191253.jpg
 なかなかの好青年です(o^^o)

 今回の講演は、2018年のピオレドール賞を受賞したシスパーレ北東壁と、この秋に初登頂したラカポシ南壁のお話し。何れも平出和也さんとアルパインスタイルでの登頂です。
中島健郎講演会_e0069822_1914773.jpg
 ラカポシ南壁のルート。

 どちらの登攀も写真で登頂までの過程を解説して、最後に纏めの動画を見ると言う流れ。特に動画は迫力の映像で、見ているだけなのに掌が汗でシットリ。
中島健郎講演会_e0069822_192224.jpg
 下山後、ベースキャンプでガイドから花束を貰い、満面の笑みの2人(*^^*)

 ピオレドールのトロフィーも飾られてたのでチェック。花谷さんやジャンボさんのと比べると小さくなってますね。今迄のがデカ過ぎたんで、可搬性が重視されたんですかね?
中島健郎講演会_e0069822_1921960.jpg
 ピッケルもちっちゃいな(*´ー`*)

 勿論、ミーハーな私は2ショット頂きましたよ。
中島健郎講演会_e0069822_1922930.jpg
 イエーイ(*^ω^*)b

 講演会終了後は、久し振りに王子で登る。
中島健郎講演会_e0069822_1924225.jpg
 相変わらず盛況ですね

 ゆかりちゃん、しほちゃんも元気です。
中島健郎講演会_e0069822_1925399.jpg
 子供達はスクスク成長してますね。

 相変わらず肩が痛くて、思った様に登れないけど、確認したい事はチェック出来たし、それ程鈍ってそうでも無かったので、まぁ良しとしましょう。


 雪山の世界から離れて随分経ちますが、アルパインクライミングはやっぱり憧れてしまいます。講演会の写真に出て来たカラコルムの山々は、険峻としてカッコ良く、登るのはもう無理でも、見るだけでも行けたら良いなぁと思います。特にスパンティークのゴールデンピラーは、この目で見てみたいなぁ( ゚д゚)
 日本の登山会もアルパイン離れが言われて久しいですが、けんろ〜さんの様な意欲ある若いクライマーがドンドン続いて欲しいですね。
by kakera365 | 2019-12-08 23:37 | クライミング | Comments(0)
<< 暗号さかな・サカナ・魚 結婚記念日 >>