笠置の岩場清掃

 日曜日は、毎年恒例「笠置の岩場清掃」に参加して来ました。
 メンバーは、マメオさん、サーファーAさん、アラミちゃんの須磨労山トリオに、オカカマンと私の計5人。

 集合場所に行くと、続々と集まって来るクライマーの皆さん。
e0069822_12504939.jpg
 お天気も予報より良くなりました。

 主催者である京都笠置クライミングクラブ(KKCC)の挨拶から始まり、今回はエリアを3つに分けて清掃活動。私は駅前周辺を割り当てられました。
e0069822_1251186.jpg
 楽しく清掃中のふじ〜ファミリー(*^^*)

 戻って来たらゴミを可燃や不燃、缶、瓶等に分別して纏めます。
 その後、KKCCから新しいトポや開拓団員の募集等の話、日本フリークライミング協会(JFA)の理事から事業説明と入会勧誘(笑)、そして最後は記念撮影をして終了。

 トポが配られた後、ファーストエイド講習会やスポット・ランディング講習会が行われました。
e0069822_12511329.jpg
 真面目に受講中の面々。

 そして、新しいエリア開拓団の概要説明。
e0069822_12512369.jpg
 先ずは土木工事からだそうです。

 その後私は、エリアの上にある鹿鷺山笠置寺に紅葉を見に行きました。
e0069822_12544665.jpg
 巨岩と紅葉の織り成す景色がとても素晴らしい。

 最後に岩場へ行くが、予想以上にコンディションが悪く、どの岩もシケシケ。当初は「豆餅」でも打ち込もうかと考えていたが、諦めてエンクラに切り替え。
e0069822_1255270.jpg
 楽しく登れれば何でも良いのさ〜(*´꒳`*)

 久し振りに合ったクライマーと、談笑しながら易しい課題でセッション。
e0069822_12551191.jpg
 親子でスラブセッション。

 ダラダラとエンクラを貪る我々を他所に、サーファーAさんは「トンネルホール」に打ち込み。
e0069822_12552362.jpg
 気合の入ったトライ。

 最後に「フィネス」を触りに行ったが、足を滑らせて膝を打ち付け、悶絶しただけで終了( ;∀;)

 前日も敗退祭だったが、この日も全く登れる感触が無く、4級以上は悉く登れず。ホント弱ってるなぁ。前日明かになった、ホールディングとフリクションの関係は再確認出来たけど、普通の登り方をしようとすると、指力が無さ過ぎて登れない事が発覚。先ずはここを一般人並みに鍛えないと、どうしようも無いです(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)


 あぁ〜、トレーニングきらいなんだけどなぁ(´-ω-`)
by kakera365 | 2019-11-25 15:53 | クライミング | Comments(1)
Commented by マメオ at 2019-11-26 14:29 x
往復の運転ありがとーお疲れ様でした。
コンディションが悪いと言ってもホンマ登れん(T T)
<< 豪華客船 ウイスキー >>