8強激突

e0069822_10153992.jpg
 ラグビーワールドカップもプールステージが終了し、いよいよノックアウトステージが始まる。

 決勝トーナメントに勝ち進んだのは、イングランド、ウェールズ、アイルランド、フランス、南アフリカ オーストラリア、ニュージーランド、そして我らが日本の8チーム。長年ラグビーを見て来た方なら、同じ思いを抱くと思うが、まぁ何度見ても、このメンバーに日本が入っている事が、驚きと言うか凄過ぎる。

 さて、プールステージを観終わった後の各国の印象だが、やはりニュージーランドが圧倒的に強く、南アフリカ、イングランド、ウェールズが続く感じ。一方、大好きなポーコック、フーパーが居るオーストラリアだが、イマイチ調子が上がらず、好調のイングランド相手にかなり苦戦しそう。またアイルランドも、日本戦でジョナサン・セクストンら主力を外したのが裏目に出たが、それを差し引いても調子は微妙な感じで、ニュージーランド相手では相当厳しいだろう。そして、フランスは相変わらず良く分からないが、多分強いのだろう。
 さて、日本はどうなのか? プールステージの結果から、相当実力がアップしていると思われるが、他の7チームは完全にワールドクラスで、ここからは一切手抜き無しのガチンコ勝負で来る。何処まで喰らい付けるのか全く分からないが、これまで数々のアップセットを起こして来た実力は本物の筈。可能な限り勝ち進んで欲しい。

 負けたら終わりのノックアウトステージ。日本の相手の南アフリカは、個人的に今大会一推しのファフ・デクラークが居るが、日本人としてここは日本を応援しよう。


 一瞬たりとも瞬きする暇は無い!!!
by kakera365 | 2019-10-19 14:30 | スポーツ | Comments(0)
<< アスレチック シーズンインに向けて >>