ラグビー三昧

ラグビー三昧_e0069822_13255585.jpg
 この三連休はラグビー三昧だった。

 20日(金)にラグビーワールドカップが開幕し、今日までに日本対ロシア、オーストラリア対フィジー、フランス対アルゼンチン、ニュージーランド対南アフリカ、イングランド対トンガ、アイルランド対スコットランド、イタリア対ナミビア、そしてウェールズ対ジョージアの8試合が行われた。勿論、全試合テレビ観戦。

 開幕戦は日本の快勝。立ち上がりこそ固さが見えたが、少しずつ力が抜けたのか、着実に得点を積み重ね、4トライでボーナスポイントもゲットして、言う事無しのスタートを切った。
 そして2日目は、いきなり優勝候補のニュージーランドと南アフリカが激突。まぁ飽く迄もプール戦なので、両チーム共ガチンコで来る事は無いと思ってたが、予想外の本気度にちょっとビビった。結果は、ミスの目立った南アフリカをきっちり抑えて、ニュージーランドがしっかり勝ち点をゲット。オーストラリア対フィジーも見応えがあったが、やはり自力に勝るオーストラリアの快勝。そして、フランス対アルゼンチンが凄まじい試合で、最後の最後まで勝敗が分からない僅差のゲームだったが、最後にアルゼンチンのPGが外れてフランスの辛勝。この2チームの因縁は、未だ未だ続きそうだ。
 3日目のイングランド対フィジーは、フィジーの健闘虚しく、優勝候補のイングランドが快勝。イタリア対ナミビアも、順当にイタリア。そして、アイルランド対スコットランドは、自力に勝るアイルランドが圧勝。この両チームは日本と対戦する訳だが、負けたスコットランドも弱い訳では全く無いので、気を抜く事無く準備して欲しい。
 4日目はウェールズ対ジョージア。ジョージアのフォワードが何処まで頑張れるかが見処だったが、全ての面で圧倒的にウェールズが上回って完勝。

 まだ全チームを見た訳では無いが、目立ったのはやはりニュージーランド、南アフリカ、イングランド、そしてウェールズ。オーストラリアとアイルランドは、思ったより調子が上がって来てない様に見えた。また、フランスは相変わらず良く解らないが強そう。
 個人的にはずっとオールブラックスのファンなので、ニュージーランドを推したいが、今大会一番推しの選手が、スプリングボクスのファフ・デクラークなので、南アフリカも応援したい。しかし、8試合を見た限りでは、予想以上にウェールズの完成度が高く、かなり強そうだ。


 今回は日本開催なので、夜中に試合をやらないのが救いだが、未だ未だ始まったばかりで、プール戦だけでも後32試合も残ってる。一生に一度のビッグイベント、悔いを残さぬよう頑張って見よう٩( 'ω' )و
by kakera365 | 2019-09-23 23:59 | スポーツ | Comments(0)
<< 王子大盛況 トレボルダ >>