ヴァイオリンコンチェルト

e0069822_12151053.jpg
 友人が、久し振りにヴァイオリンコンチェルトのCDを買ったと、フェイスブックにアップしてたので、私もオススメを上げようと思う。

 Vnギドン・クレーメル、サー・コリン・デイヴィスのバイエルン放響による、アルバン・ベルクのヴァイオリンコンチェルトだ。くどくど説明するよりも聞いて貰った方が良いだろう。正直、個人的にはこれ以上の演奏は聞いた事が無い。ま、今手に入るのか良く分からないが。

 因みに、アルバン・ベルクは私の一番好きな作曲家だが、余り聞く人は居ないだろう。って言うか、誰かに「私もベルクが好きなんです!」とか言われたら、ちょっと構えて仕舞うと思う( ̄▽ ̄;)

 先日、たまたま一緒に仕事をした若手社員が、オケでヴァイオリンをしてたと言っており、好きな作曲家はブラームスだと言っていた。このCDを貸したら、どんな感想が返って来るだろうか・・・
by kakera365 | 2018-11-17 12:29 | 音楽 | Comments(0)
<< シーズンインにはまだ早い ボジョレ・ヌーボー >>