8強出揃う

 ワールドカップもベストエイトが出揃って、いよいよ佳境に入って来ました。
 放送時間が時間だけに、寝不足が続いて厳しい毎日ですが、スポーツ観戦マニアとして、もう暫く踏ん張って行きたいと思います。

 グループリーグでは、優勝候補のドイツが最下位で敗退と言う予想外の結果に。個人的に優勝候補筆頭に挙げていただけに、この結果はかなりショックでした。また、サラーの負傷でのエジプト、レバンドフスキの不発でポーランドの敗退が残念でしたが、その他は順当だったのでは無いでしょうか。
 決勝トーナメントに入ると、流石に拮抗したゲームが多く、どれも見応えがありましたが、やはり日本vsベルギーは格別でした。私は特に日本を応援してる訳では無く、良い試合が見たいだけで、比較的ニュートラルにゲームを見ているので、日本が2点リードした時点でも、ベルギーの実力を考えれば逆転は簡単に起こり得ると思っていたので、現実にそうなって行くのを見ても、悔しいと言う思いもありませんでした。でも、最後まで攻めの姿勢を貫いた事は評価したいし、負けて選手達がフィールドで項垂れるのを見るのは正直辛かったです。

 さて、準々決勝に進出したのは、ウルグアイ、フランス、ブラジル、ベルギー、ロシア、クロアチア、スウェーデン、イングランド。中でも開催国ロシアは大方の予想を覆し、優勝候補スペインを撃破しての8強入りは見事の一言です。


 ここまで観戦して来て、各チームをジックリ見られたので、勝手に優勝予想をしてみます。
 私の一押しはデシャン率いるフランス。初戦のオーストラリア戦を見た時から、これは強いなと思いましたが、決勝トーナメントのアルゼンチン戦は圧巻でした。特にエムバペのスピードは超越していますね。グリーズマンの献身的な動きも素晴らしいし、カンテが操るディフェンス陣も申し分無い。ジルーが点取れて無いけど、波があるのは何時もの事だし。
 対抗はブラジルと言いたい所だが、ネイマールのシミュレーションが酷過ぎて見るのも不愉快なので、タレント揃いのベルギーで。まぁ、良くぞここまで揃えたなと言うくらいですが、最も危険なのはやはりデブライネ。彼をフリーにさせたら確実に負けますね。アザール、ルカクは言わずもがな。ディフェンスもコンパニーが帰って来たし、キーパーはクルトワ。穴が無さ過ぎる。
 穴は希望も込めてイングランド。取り敢えずハリー・ケインは得点ランキング1位だし、この調子で勝ち進んで、52年振りの優勝目指して頑張って欲しい。
 大穴はクロアチア。チームワークが良いのは伝統だし、個々の能力も歴代最高。特にモドリッチ、好きなんですよね。


 さぁ、泣いても笑っても、後は3位決定戦を含めて残り8試合。寝る間も惜しんで刮目せよ、ワールドクラス蹴球プレイヤーの一挙手一投足を!!! あっ、手を使ったらハンドか(^◇^;)
by kakera365 | 2018-07-04 23:39 | スポーツ | Comments(0)
<< 土用干し始めました 草鞋濡らし >>