草鞋濡らし

 今日は今シーズン初の沢登りと言う事で、ソロで六甲山の白石谷に草鞋濡らしに行って来ました。
 梅雨の真っ只中だが、何故か晴天続きでこの日もピーカン。岩に行かないなら、水に浸かりに行かない手は無い。

 六甲有馬ロープウェイ駅前の駐車場にD:5君を入れ、準備を整えたら出発。が、いきなり紅葉谷登山道が入口から通行止めで、かなりの回り道を強いられる。魚屋道を登り、炭屋道を下って行くと、途中にシチダンカが咲いていた。
e0069822_1917193.jpg
 幻の花シチダンカ。

 何とか迂回路をクリアして、紅葉谷登山道に降り立つと、通行止めにされている道から20人近い中年ハイカーの軍団が歩いて来る。オイオイ・・・・・(; ̄ェ ̄)

 気を取り直して紅葉谷登山道を登り、途中から白石谷登山道に入る。暫く進むと、白石谷の入口に掛かる白石滝が現れた。
e0069822_19172942.jpg
 なかなかに美しい。

 嬉々として瀑流に突っ込んで、ずぶ濡れになりながら無心で攀じる。やっぱり夏はこうで無くっちゃ\(//∇//)\
 その後も幾つか小滝を登りつつ、渓谷の夏を満喫する。
e0069822_19174212.jpg
 イワタバコがいっぱい生えてました。

 更に進んで行くと、谷は徐々に狭く両岸は高くなって、U字谷の様相を呈して来る。
e0069822_19175351.jpg
 なかなか谷が深いです。

 少し進むと二俣に着いたので小休止し、更に少し上がるとラスボス白竜滝。
e0069822_1918673.jpg
 此方も綺麗な姿です。

 勿論、これも流心に突っ込んで飛沫を浴びながら登攀。
e0069822_19181414.jpg
 瀑流の中心で、愛をさけぶ!

 滝上からは水量も徐々に減って来て、源流部の様相となって来る。
e0069822_1918208.jpg
 良いボルダーがありました。

 最後まで水線通しに拘って、砂防堰堤を三つも越えたら小川となり、最後は簡易水道の取水場に出て遡行終了。後は最高峰までテクテク歩いて登る。
e0069822_19183012.jpg
 眺めも最高でした。

 折角ここまで来たので、一軒茶屋で月見饂飩を頂き、最後は魚屋道を一気に下って駐車場へ。
 この時点でまだ昼過ぎだったので、王子へ行って軽く登ってから帰りました。


 今シーズン初の沢登りで、ソロ、ノーロープでしたが、十分に満喫出来ました。やや堰堤が多いのが玉に瑕ですが、水は綺麗だし、滝も登り甲斐があって良い沢です。六甲山もまだまだ捨てたモンじゃ無いです。
 にしても、やっぱ夏は沢だわ〜ヽ( ´▽`)ノ
by kakera365 | 2018-07-01 22:30 | クライミング | Comments(0)
<< 8強出揃う ホールドチェンジ >>