登れない北山

e0069822_19580453.jpg
 今日は年休消化と言う事で、朝から散髪に行き、そのまま北山公園へ行ってボルダリング。

 取り敢えずエレファントノーズ周辺に行くが、誰も居ないのでそのままスルーしてショーギ岩へ。
 先ずはノーマルで、ビブラムミウラーの慣らしを兼ねてアップしようとするが、スタートホールドの感触が凄く悪い。ブラッシングしてみるが全然良くならず、無理矢理離陸してみるが、案の定直ぐ落ちてしまう。何度かトライするも左足を置く事すら出来ないので、何時ものステルスミウラーに履き替えてみるが、一向に感触は良くならず、無念の敗退。
 一体何が悪かったのか全く分からないが、要するに実力が足りないって事だ。ま、顔を洗って出直して来いって言う、岩からの御達しなんだろう。

 ドンヨリした気分のままアドレナリンに行き、今度はブースティックでアドカンからトライするが、フットが滑り捲って全然登れない。アドスラもやってみるが、こっちは更に滑り捲る。何とか滑らない様な置き方を色々試していると、どうやらインサイドで乗って横方向に荷重すると滑り易く、正面から乗って縦方向に荷重するとシッカリ止まる様で、フットホールドに意識を集中し、何度かスリップしながらも、何とかアドカンは登れた。
 続けてアドスラもトライするが、上手く行ったり行かなかったりで、何度もラス前で落ち捲る。どうしてもラストムーヴが繰り出せないので、断腸の思いでステルスミウラーを出してやってみると、アッサリ登れてしまう。
 う〜(ーー;) 何か納得行かない。

 その後もブースティックでアドスラに打ち込むが、結局ラストムーヴが出来ないまま終了。


 今回の体験で、ブースティックのビブラムXSエッジは、ステルスC4に比べて粘りが無く、岩への浅い食い付きも悪く、シッカリ加重しないと簡単に滑ると言う事が分かった。これはステルスONYXXに近いイメージで、逆にXSグリップはC4に似ているのだろう。
 取り敢えず今の所、私にはステルスC4が合ってる様だ。でも、ONYXXでもビブラムミウラーでもアドスラを登った事はあるので、何でブースティックは駄目だったのか、その辺が良く分からない。ややダウントーなのがスメアリングに向いてないのかな?

 それにしても、今迄如何に適当に足を置いて登っていたかが今回良く分かった。登れてたのは殆んどソールのお陰って事ですね。良い勉強になりました( ´Д`)
by kakera365 | 2018-02-21 23:57 | クライミング | Comments(0)
<< 招待クライミング ポカポカ北山公園 >>