楽しい家族旅行−最終日

 3日目は、お決まりの黒部峡谷トロッコ電車。

 宇奈月から欅平まで、美しい黒部川を眼下に見ながら、トコトコ揺られて行く。
e0069822_1755942.jpg
 水道橋を撮影中。

 さて欅平からは、今ツアーの目玉とも言える「黒部峡谷パノラマ展望ツアー」に参加。このツアーは、普段立ち入る事の出来ない関西電力工事用区内を通り、水平歩道まで上がって広大なアルプスの展望を楽しむと言うもの。
e0069822_17551328.jpg
 先ずはヘルメット装着(`_´)ゞ

 専用列車に乗り込んでトンネルの中へ。次に竪坑エレベーターで一気に200m登り、そこから更にトンネル内を歩いて行く。
e0069822_17552040.jpg
 薄暗いトンネルを進む。

 その後、外へ出てから登山道を15分程歩いて、パノラマ展望台に到着。
e0069822_17552546.jpg
 見よ、この景色(=゚ω゚)ノ

 ここからは、サンナビキ山やクライマー憧れの奥鐘山、北アルプス縦走路の難所不帰劍等が見えた。
 景観を満喫したので、元来た道を戻る。帰り際には、黒部開発の歴史や発電設備の保守、工事等について説明をしてくれて、色々と勉強になりました。
e0069822_17553289.jpg
 良く分からないけど何か楽しいです\(^o^)/

 欅平に着いても、冬季歩道等の説明をしてくれて、中も見せて貰えた。
e0069822_17553867.jpg
 多くのクライマーが通った道。

 欅平に戻ってお昼御飯を食べ、余った時間で周辺をブラブラ。
e0069822_17554559.jpg
 水平歩道への階段。

 水平歩道と開通しない事も多い旧日電歩道を繋ぐ下ノ廊下。なかなか行く機会も無いけど、チャンスがあれば行ってみたいな。

 さて、ツアーのプランをほぼ消化したので、後は神戸に向かって帰るだけ。再び黒部峡谷トロッコ電車に揺られ、宇奈月で富山地方鉄道に乗り換え、更に黒部宇奈月温泉駅で北陸新幹線に乗り換える。
e0069822_17555183.jpg
 ハジメテのハクタカ。

 金沢で降りて駅弁を買い込んでから、サンダーバードに乗り込んで大阪へ。その後も乗り換え、乗り換えで、何とか帰宅。


 今回は久し振りに鉄道の旅と言う事で、運転もせずにノンビリと列車に揺られ、車窓からの景色を眺めるのは、楽チンで楽しいです。ただ、真っ昼間から呑むチャンスがあったにも拘らず、何故か夜しか呑まなかった事が、チョット悔やまれますが(>_<)
 ま、結構歩いたりして若干疲れたけど、ずっと山の中に居られたので楽しかった。やっぱり山は良いですね( ´▽`)
# by kakera365 | 2018-08-17 23:59 | 家族 | Comments(0)

楽しい家族旅行−2日目

 2日目は、いよいよメインの立山黒部アルペンルートに突入です。

 先ずは路線バスで扇沢に行き、今年で最後となるトロリーバスに乗ります。正直コレに乗る為に、このツアーを組んだと言っても過言ではありません。
e0069822_1751345.jpg
 最後に乗れて良かった(o^^o)

 トロリーバスを降りると、そこは既に黒部ダムの直ぐ横で、構造物自体も驚きのサイズですが、観光放水も手伝って物凄いスケールに圧倒されます。
e0069822_17514124.jpg
 大迫力の黒部ダム。

 こんな物を人が作れるんだと思うと、人間って凄いなぁと思いますが、ダムが無かった頃の黒部に想いを馳せると、失われた自然の大きさに心が痛みます。

 ダムの上を歩いて渡り、今度は黒部湖遊覧船ガルベでダム湖を周遊する。
e0069822_17514618.jpg
 余り登る人の居ない赤牛岳が見えます。

 その後、ケーブルカー、ロープウェイ、そして再びトロリーバスに乗って室堂へ。大観峰では半分ガスの中でしたが、室堂に出るとマズマズのお天気でした。
e0069822_17515097.jpg
 雄山の頂上はガスの中。

 みくりが池まで歩いてみましたが、残念ながら雷鳥には会えず、子供達もガッカリ。それでも自然はイッパイで、周囲の峰々や地獄谷の景観、咲き乱れる高山植物、彼方此方に見える雪渓も素晴らしい。
e0069822_17515536.jpg
 一面のチングルマ。

e0069822_1752149.jpg
 真夏の雪に興奮。

 最後は、バスで美女平、ケーブルカーで立山まで降り、そこから富山地方鉄道にノンビリ揺られて宇奈月温泉へ。駅には今宵の宿「宇奈月国際ホテル」からお迎えが来てました。チェックインして部屋に案内して貰ったら、空いてたからとスイートを用意してくれてました。
e0069822_17521471.jpg
 部屋がめっちゃ広い!!!

 着いたのが遅かったので、早速晩御飯。前日はフレンチだったので、この日は和食。
e0069822_17522065.jpg
 なかなか豪勢です(^ー^)ノ

 お腹も満たされたので温泉に行くと、オロロ(虻)が大量発生しいてるらしく、露天風呂が閉鎖されていた。う〜ん残念( i _ i )
 さ、後は寝るだけ。やっぱりベッドより布団が落ち着くな(( _ _ ))..zzzZZ


 3日目に続く。
# by kakera365 | 2018-08-16 23:23 | 家族 | Comments(0)

楽しい家族旅行-初日

 お盆休みも漸く一息吐いたのでブログを再開。


 先週の水曜日から二泊三日で、家族旅行に行って来ました。今年は相方共々勤続25年と言う事で、会社から若干の補助も出たので、当初は海外に行こうと考えてましたが、パスポート取るのが面倒臭いとか諸々の理由で、次は北海道か沖縄に行こうとなりましたが、最後は何故か立山黒部アルペンルートになってました(´Д`)

 初日は基本移動だけと言う事で、名古屋まで新幹線で行き、特急ワイドビューしなので松本へ。お昼には未だ時間もあったので、国宝の松本城を見に行きました。
e0069822_15375914.jpg
 松本城のお堀。

 流石に夏休み真っ只中なので、天守閣に入るのに順番待ち。それでも、急勾配の階段を登って眺める景色は格別でした。

 お城を出ると丁度お昼時だったので、近くにあって色々食べれそうな、和食そば処「たかぎ」ってお店に入り、名物を片っ端から注文して食べる。信州蕎麦に馬刺し、山賊焼き、岩魚の塩焼き、そして昆虫食。
e0069822_1538966.jpg
 イナゴ&蚕の蛹の佃煮

 私は嫌いじゃないんですが、次男以外は敬遠気味で味見程度、そして長女に至っては全く無視( ̄▽ ̄;)

 さて、良い感じにお腹も膨れたので、ブラブラ歩きながら駅に向かってると、素晴らしい古本屋を発見。
e0069822_15381870.jpg
 青翰堂書店さん。

 大暮理太郎、冠松次郎、串田孫一、小島烏水、槇有恒等々、マニア垂涎の品揃え。流石はアルプスのお膝元です(=゚ω゚)b

 大糸線の鈍行に揺られて信濃大町まで行き、アルピコ交通の路線バスに乗って、この日の宿「くろよんロイヤルホテル」へ。

 夕食迄には時間があったので、皆んなでプールに行く。流石にリゾートホテルだけあって、プールも広くてオシャレ。
e0069822_15382431.jpg
 お客さんも少なくて、ほぼ貸切状態o(^▽^)o

 散々泳いで部屋に戻ったら、子供達は旅行に来てるのにゲーム(ーー;)
e0069822_15382851.jpg
 ベッドでスイッチ。

 暫くしたらディナータイムになったので、レストランに行く。この日はフレンチにしました。
e0069822_15383287.jpg
 オシャレ~!!!

 出て来る料理はどれも美味しかったですが、特にお肉は柔らかくて最高でした(^ー^)ノ
e0069822_15383718.jpg
 美味しいね〜。

 最後はユッタリと温泉に使って疲れを癒し、湯上がりはピンポンで締め。
e0069822_15384477.jpg
 湯上がりはコレに限る。

 初日から十分楽しかったのですが、翌日に備えて早目に就寝(-_-)zzz
# by kakera365 | 2018-08-15 23:59 | 家族 | Comments(0)

お疲れ様でした

 20年以上の長きに渡って愛用して来た、秀山荘オリジナルブランド「Climb Zone」の沢靴と靴下が、今回の遡行で再起不能になって仕舞いました。
e0069822_0131010.jpg
 靴底がパカッ!

 一度リソールしましたが、既に大分擦り減っており、そろそろ限界かなと思ってた所で、この夏が終わったら、再リソールしようかと考えていた矢先でした。
 そして、靴底が開いたシューズで山道を歩いたので、序でに靴下にも穴が空いて仕舞いました。
e0069822_014832.jpg
 指が出ちゃいます。

 この靴を履いて、色んな沢を遡行しましたが、特に去年の夏に行った赤石沢は、私の登攀人生の中でも最高の思い出の一つです。その他にも、池郷川、冬小屋谷、茗荷谷、来見野川等々、良い沢の思い出がイッパイです。

 本当に長い間ありがとうございました。
# by kakera365 | 2018-08-11 10:50 | クライミング | Comments(0)

爽涼を求めて-2日目

 溯行2日目も快晴の朝。
 行程は未だ半分位なので、後半戦もガッツリ楽しめそうです(=゚ω゚)ノ

 仕度を整え遡行を開始すると、早速良い感じの斜瀑がお出迎え。
e0069822_2155450.jpg
 まだまだスケール大きいです。

 朝っぱらから冷たい水に浸かるのはチョット厳しいので、基本へつり気味に進んで行く。
e0069822_216258.jpg
 流木の上を歩いて小滝を越える。

 ま、淵を泳ぐのは避けたいけど、滝は突っ込んで登りたいと言う、濡れたいのか濡れたく無いのか、良く分からない葛藤に苛まれる( ̄▽ ̄;)
e0069822_2161057.jpg
 流木を利用して滝を登る。

 釜があって安全そうな小滝が出て来たので、試しにけんたに突っ込ませてみる。
e0069822_2162596.jpg
 果敢に攻めるけんた。

 が、水圧に負けて釜に飛び込んで来る( ̄◇ ̄;)
 ラスボスの鬼滝は、ロープを結び、左岸の壁を登ってクリア。そして、大トリの屈曲部ゴルジュも巻かずに突っ込んで、下段は左岸をトラバースして滝上に上がり、上段はやや巻き気味に乗っ越して抜けた。
e0069822_2163464.jpg
 屈曲部ゴルジュの威容。

 その後は小滝を越え、綺麗なナメに入り、少しずつ源流部の雰囲気へと変わって行った。
e0069822_2164162.jpg
 小滝を超えて。

e0069822_2164756.jpg
 美しいナメを歩く。

 最後は沢を詰め上がって、黒石岳への登山道に出た。
e0069822_216558.jpg
 黒石岳登頂です(^ー^)ノ

 さて、下山が核心とも言われる黒石谷。沢沿いの朽ちた林道を下るコースと、黒石岳から尾根筋を下るコースがあるが、今回は尾根道を選択。基本地形図と磁石を頼りに、ポイントポイントではGPSを使って現在地を確認しながら下り、ドンピシャで林道に降り立った(GPS使ったら当たり前やけどね)。

 下山後は、入之波温泉の山鳩の湯に入って汗を流し、川上村の松屋さんで柿の葉寿司を買って食べ、とっし~先生はビールも飲んで締め(//ω//)


 久々に泊まりの沢。日帰りとは違って生活力が求められますが、幕営はほぼ満足出来る内容でした。勿論、遡行自体も言う事無しの素晴らしい沢でした。久し振りの泊まりの沢だったとっし〜先生も、初めての沢だったけんたも、シッカリ満足出来た様です。
 灼熱の下界を離れ、涼しい沢中でノンビリ過ごした時間は、何物にも代え難く、これを知って仕舞うと、完全に沢登りの虜になっちゃいますね(^ー^)ノ
# by kakera365 | 2018-08-08 23:11 | クライミング | Comments(0)

爽涼を求めて-泊

 管平谷出合の幕営地は林業小屋跡で、石垣に囲まれたやや高台の広い平坦地で、全てが最高のテン場だった。
e0069822_0352310.jpg
 ようこそ我が館へ。

 荷物を置いたら、早速作業を分担して実行。けんたが薪を集め、とっし〜先生が焚火を熾し、私がタープや物干しを設置する。
e0069822_0353792.jpg
 タープ張って準備完了。

 先ずは晩御飯に、α米とラーメンを作る。
e0069822_0354560.jpg
 自然の中での御飯は美味しい。

 お腹が落ち着いた所で、沢登りには絶対欠かせないアレ。
e0069822_0355247.jpg
 恒例、ウインナー直火焼き〜(=゚ω゚)ノ

 そして、当然グビグビ行っちゃいます。
e0069822_036244.jpg
 ビールが最高に旨〜い( ^ ^ )/◻︎

 ウインナー以外にも、厚切りベーコンやチーズを焼いて食べ、ビールが尽きたらバーボン飲んで酔っ払う。するとその内、段々と行動がテキトーになって来る。
e0069822_0361120.jpg
 ケツを乾かしてます(´・Д・)」

e0069822_0361874.jpg
 濡れた装備も乾燥中。

 焚火に薪を焼べながら、くだらない話しを延々する。
e0069822_0363387.jpg
 焚き火を見てると時間が過ぎるのも忘れます。

 日が暮れて暫くすると、何もする事が無くなったので、シュラフに潜り込む。
 夜は涼しく、グッスリ眠れた(= ̄ ρ ̄=) ..zzZZ
# by kakera365 | 2018-08-07 22:24 | クライミング | Comments(0)

爽涼を求めて-初日

 先週末はとっし~先生、けんたと3人で、台高の黒石谷へ行って来ました。
 とっし〜先生は二度も雨に阻まれて三度目の正直、私は普通に初めて、そしてけんたは初の沢登りと言う、三者三様の遡行です。

 林道を暫く歩いて入渓すると、早速良い感じの滝がお出迎え。とっし〜先生に唆され「取り敢えず突っ込んで見るか〜!」と中段までは登るが、水圧が思った以上に強く、上に登れない。
e0069822_141931.jpg
 いきなり嵌まりました。

 初っ端から無理し過ぎるのも何なんで、諦めて釜に飛び込むが、ジャンプに失敗して右尻を岩にぶつけて仕舞うヽ( ̄д ̄;)ノ

 水量はやや多目の様だが、濁りも無く水が本当に綺麗。水温も低めでゴルジュに入ると寒い位。そして岩質の所為なのか、ヌルヌル感が半端無い。それでも、このスケールの沢は久し振りなんで、何でも楽しくてしょうがない。
e0069822_143488.jpg
 へつりからの泳ぎ&登り。

 生き物も豊富で、魚影も濃いし、何時もの奴もイッパイ居ました。
e0069822_144065.jpg
 沢の友ナガレヒキガエル君。

 小さめの滝はほぼ直登して、男女滝はガイド通り真ん中を通過。そして盟主の明神滝に到着。
e0069822_14476.jpg
 先ずは大岩下の穴を通過。

 ガイドには左のルンゼと書いていたが、右の壁が登れそうなので、ロープ付けて抜けた。
 続く扇滝は、ガイド通りに滝裏を通って右岸を登る。飛沫を大量に浴びて、めっちゃ気持ち良い。
e0069822_145596.jpg
 裏が通れま~す(・ω・)ノ

 その後、一つ上の小滝を越えた辺りで懸垂して沢に戻る。
e0069822_15313.jpg
 懸垂下降も初めてらしいです。

 その後も小滝や淵が現れては、泳いだり登ったりして楽しむ。
e0069822_151195.jpg
 ガンガン泳ぐ(=゚ω゚)ノ

e0069822_151845.jpg
 ガシガシ登る(=゚ω゚)ノ

 霞滝も右岸巻きと書いてあったが、右の壁を登って越えた。
 その先の管平谷出合に、凄く良い幕営地があったので、この日はここで終了としました。
# by kakera365 | 2018-08-06 23:59 | クライミング | Comments(0)

極細ロープ

 先日、沢登り用に新しいロープを買いました。

 今迄は、エーデルワイスの9mm×40mを半分に切った、20mロープを使ってましたが、流石に短くて使い辛かったので、新しく買い直そうかと思案していた所でした。
e0069822_19252074.jpg
 EDELRID Skimmer 7.1mm×60m

 最初、店に並んでるのを見た時は、余りの細さに補助ロープかと思いましたが、良く見るとダブル&ツインロープでした。個人的には軽ければ軽い程良いので、迷わずコレに即決しました。
e0069822_19261987.jpg
 カラビナより細い!

 家に帰って捌いてみても、細過ぎてロープ感ゼロ。ちょっと太い細引みたいな感じです。
e0069822_1926419.jpg
 何か紐みたいや( ̄д ̄;)

 これを半分に切って30mにし、難度に依って1本にするか2本にするかを決めます。持った感じは、前の20mより軽い。これでかなり楽になりそうです(=゚ω゚)ノ
# by kakera365 | 2018-08-01 23:34 | クライミング | Comments(2)

王子でマッタリ

e0069822_1924933.jpg
 この週末は泊まりで沢に行く予定だったのだが、台風の所為で全ておじゃん。オマケに土曜日の午前中は、防災の仕事をさせられる始末。日曜日も基本待機と言うほぼ軟禁状態(´Д` )
 が、台風は深夜にスンナリ通過。思いの外雨量も少なく、現場は何事も無かった様なので、晴れて軟禁解除。まぁ今更岩場へは行けないので、昼から王子へ行ってトレーニング兼課題作りに勤しむ。

 日曜日の午後だと言うのに意外と人は少なく、最近須磨労山に入ったと言う男性が一人だけ。以前仕事にしてたと言うサーフィンの話しなんかをしながら、マッタリと登って長閑かな時間を過ごす。暫くすると、ぼ〜ちゃんファミリーやお〜やんファミリー、みずまっち夫妻がやって来て、何時もの賑やかさが戻って来た。
 相変わらず指が痛くて、テーピングしながら登ってたので、あんまりトレーニングにはならなかったけど、8月のマンスリー課題を2つ作れたので、まぁ良しとしましょうか(=゚ω゚)ノ
# by kakera365 | 2018-07-30 00:05 | クライミング | Comments(0)

夏は止められない

 日曜日は、とっし~先生と比良の八池谷(八淵ノ滝)へ沢登りに行きました。
 ず〜っと前から行ってみたいと思いつつも、ゴミが多いとか聞いてたので後回しになっていたこの沢。とっし〜先生からのお誘いに6つ候補を挙げたら、二つ返事で八池谷を指名して来たので、有無を言わさず決定。

 ガリバー旅行村に車を止め、林道をテクテク歩く。途中沢に降りる道を間違えて、大分下流に行って仕舞うが、適当に登ってから入渓。
e0069822_229225.jpg
 先ずは浸かる。

e0069822_2292758.jpg
 そして泳ぐ。

 思った以上に水も綺麗で、水温も適度に冷たくて気持ち良い。沢全体も花崗岩で白く明るくて申し分無し。そして、出て来る滝が適度な高さで、ホールドも良い感じに有って、兎に角登り捲れるのが最高!
e0069822_2293252.jpg
 「泳いで、取り付いて、登る」の繰り返し\(≧▽≦)ノ

 暫く登ると大摺鉢に到着。ここには有名な八徳岩があります。ガイドブックや多くの方が、隷書で「八淵」と書いてあるとしていますが、どう見ても金文か篆書ですね。然も「八淵」では無く、岩の名前通り「八徳」が裏返しで刻まれてます。要は篆刻(ハンコ)ですね。何でこうなってるのか良く分かりませんが、徳が得られそうなので、岩の上で座禅を組んで見ました。
e0069822_2293732.jpg
 煩悩だらけで救い様が無いらしいです(。-_-。)

 少し進むと屏風滝に到着。殆んど全てのパーティが巻いてるけど、何だか行けそうなんで突っ込んでみたら、アッサリ登れました。
e0069822_2294320.jpg
 ステミングを駆使して登ります。

 気持ち良く登れて、良い気分で上がって行くと、釜を持つ滝が現れる。左岸壁が登れそうなんで取り付くが、ヌメヌメでフットも悪くフリーで登れず、苦渋の選択で鎧を出す。
e0069822_2295018.jpg
 悔しいけど仕方無い(>_<)

 乗っ越すと、この沢一番の貴船ノ滝(30m)が目の前に。これも左岸が登れるかも知れないけど、時間が幾ら有っても足りないので、巻いて先へ進む。

 お昼御飯を食べてから、更に上流へ向かうと、10m滝がお出迎え。パッと見巻きしか無さそうに見えるけど、良〜く覗いて見ると、奥に穴があって抜けられる。良いライン発見です。
e0069822_2295647.jpg
 トンネルライン。

 その後も良いサイズの滝が次々と現れて楽しさは尽きない。登る滝だけじゃ無くて、観賞に適した物もありました。
e0069822_2210128.jpg
 勝手に命名「侘び寂びの滝」。

 いよいよ遡行も終わりが近付いて、最後に良い感じのスラブ滝が出て来たので、折角なのでトライ。1回目はガバ取り前にスリップして滝壺にドボン。2回目はガバ取りに成功した瞬間にスリップしてギリギリ登れました(´Д` )
e0069822_2210693.jpg
 上の縦ホールドの辺りからドボンします。

 ラストの滝も滝身をトライしましたが、抜けが悪く、とっし〜先生のヘルプを頂いて遡行終了。後は登山道を下って行くだけですが、何故か2人共転け捲り、私は1回前転まですると言うダレ具合。体力無いわ〜(つД`)ノ
 締めは比良とぴあの温泉で汗を流し、ビール(私はノンアル)で乾杯した後、何時もの湖西道路の渋滞に巻き込まれながら帰りました。


 メジャー沢の八池谷。パーティも多かったけど、概ね静かに登れたし、予想以上に水も岩も綺麗し、何と言っても貴船ノ滝以外は殆んど直登し、水線通しで行けたので大満足の遡行でした。


 これだから沢は止められませんねぇ(=゚ω゚)ノ
# by kakera365 | 2018-07-24 23:59 | クライミング | Comments(0)