教導登攀者

e0069822_14163781.jpg
 先日、ジャンボさんと話した時に、「Coyote」と言う雑誌を薦められたので、買って読んでみた。

 メインは山野井泰史の手記やインタビューで、ジャンボさんもパタゴニア遠征の記事を書いている。他にも、アレックス・オノルドや服部文祥、石川直樹等、多くのクライマーや登山家が文章を寄せている。
 彼等の文章やインタビューを読んでいると、登攀レベルが高いのは当然だが、それ以前に純粋に山やクライミングが好きなんだと言う事が、素直に伝わって来る。どんなクライミングをしていても、登攀そのものを楽しめるかどうかと言う事が、彼等の一番大切にしている所なのだと。
 翻って自分を振り返ってみると、「クライミングを楽しんでいるか?」と問われれば「ノー」とは言わないが、一つの課題に打ち込む訳でも無く、目標に向けてトレーニングする訳でも無く、スタイルを貫く訳でも無く、フラフラと色んなジャンルのクライミングを摘まみ食いしながら、年がら年中ダラダラと大したレベルでも無いクライミングを続けている。
 勿論、それが良いとはこれっぽっちも思っていないので、時にはネジを巻き直して、自分に喝を入れる事もあるが、そのキッカケになるのが、この様な雑誌やテレビで見るスーパークライマーの登攀なのだ。

 私にとって彼等は、「教え、導く者」である。

 そんなスーパークライマーの中でも特に、直接登りを見たり、会話を交わす事の出来るとっき〜やジャンボさん達は、ダメダメに成り勝ちな自分のクライミングを軌道修正してくれる、大切な友人だ。彼等と話しをしていると、本当に色々と勉強になる。彼等は「家庭を大切にし、好きなクライミングをしているだけだ」と言うが、それで第一線で活躍するクライミングを続けていると言う事は、本当に純粋に岩登りが大大大好きなんだろう。
 そして、彼等以上に私にモチベーションを与えてくれるのは、もっと身近で一途にクライミングを楽しむ仲間達だ。グレードが幾らだとか、課題が未登かどうかとか、スタイルがどうだとか言う前に、純粋に登ると言う行為を楽しむ人達が、私の周りにはたくさん居てくれる。そんな一途な人達を見ていると嬉しくなる反面、自分の中途半端さが炙り出される様で、恥ずかしくも気を引き締められる。

 なかなか上達しなかったり、怪我に悩むクライマーも多いが、そんな時は色んなクライマーと交流し、話しをしてみる事をオススメする。登りを見たり、話しを聞いている内に、新しい何かを発見出来るかも知れないし、クライミングの楽しみ方が変わるかも知れない。

 私はこれからも、多くのクライマーと時間を共有し、教えられ、導かれて、楽しく登り続けたいと思う。結局最後は、楽しんだ人の勝ちなんだから。



P.S.
 後ろの「ROCK&SNOW081」は、写真を提供したので送られて来たもの。ボルダー課題の笠置と北山公園の課題、写ってるのは貴方かも!?
# by kakera365 | 2018-09-21 23:54 | クライミング | Comments(1)

アイリッシュ

e0069822_21575774.jpg
 ボチボチ涼しくなって来ましたが、ウイスキーが雀の涙ほどのラフロイグだけになっていたので、「JAMESON」に続いて世界最古の蒸留免許を持つアイリッシュウイスキー「BUSHMILLS」を買ってみました。普通に「BUSHMILLS」を買うのも芸が無いので、今回は「BLACKBUSH」を買ってみました。

 3回蒸留だけあってオイリーでライトな味わいで、フルーティな香りも手伝って、ストレートでもグイグイ行けます。


 アイラが好きだけど、アイリッシュも飲み易くてなかなか美味しい。暫く追求してみようかな(//∇//)/□
# by kakera365 | 2018-09-19 21:27 | 生活 | Comments(0)

オールブラックス敗れる

 ザ・ラグビーチャンピオンシップは第4節に入り、王者ニュージーランド・オールブラックスがまさかの敗戦。勝ったのは南アフリカ・スプリングボクス。前節オーストラリア・ワラビーズに惜敗した後、この試合に照準を合わせて来た様なベストメンバーで、アウェイでは9年振りにオールブラックスを撃破。
 一方、ワラビーズはフォラウが戻って来たものの、キャプテン・マイケル=フーパーを怪我で欠く苦しい布陣で、アルゼンチン・ロスプーマスに対するも、この所絶好調のロスプーマスに、ホームでは実に35年振りの敗戦。何度も書いてますが、エンブレムはジャガーなのにロスプーマス、強くなってます!!!

 どちらの試合も見応えのある素晴らしい内容だった。これでオールブラックス3勝1敗、スプリングボクスとロスプーマスが2勝2敗、ワラビーズは1勝3敗となった。オールブラックスの優位は揺るがないが、怪我人の多いワラビーズはかなり苦しい。後はスプリングボクスとロスプーマスが何処まで頑張れるか。


 いやいや、面白くなって来ました(=゚ω゚)ノ
# by kakera365 | 2018-09-18 22:51 | スポーツ | Comments(0)

連休の暇潰し

 今週末は折角の三連休でしたが、天気がハッキリせず予定を組めなかったので、日曜日に王子に行っただけで終わりました。ま、お天気ばっかりはどうしようも無いので、他の日は家で暇潰し。

 土曜日は、使わなくなった古いロープでマットを作ってみました。タブレットで作り方のサイトを見ながら、娘と二人で何とか作る事が出来ました。
e0069822_17524761.jpg
 マズマズの出来でしょうか?

 作ってみたものの、居間にはソファーがあって座布団には使えないので、今は玄関マットになってます。

 月曜日の敬老の日は、長らく使っていなかった、ブラックダイヤモンド社のシェルター「ファーストライト」の確認。冬山等には行かなくなったので、買ってからも全くと言って良いほど使っておらず、生地や縫製、シールが腐ってないかチェックしました。
e0069822_17532638.jpg
 特に問題は無さそうでした(=^ェ^=)

 日曜日こそ晴れましたが、土曜と月曜は雨が降ってお出掛けには向かず。家で暇潰しも悪くは無いですが、やっぱり外で遊びたい。


 来週末こそどっか行こう(=゚ω゚)ノ
# by kakera365 | 2018-09-17 18:25 | 生活 | Comments(0)

久々に王子

 今日は、久し振り(2ヶ月振り位?)に王子へ行ってクライミング。
 夏場は沢登りばかりしてたので、久し振りで怪我をしても何なので、身体意識をチェックしながら軽めに登りました。

 ボルダールームに行くと、小さな子供達がいっぱいでした(^ー^)
e0069822_2253734.jpg
 親子クライミング。

 前に痛みのあった指に丁寧にテーピングをして、指に負担の少なそうなホールドを選んで登る。
 この日は何故か、奈良?のロックマンと仲間が来てて、ぼ〜ちゃんやお〜やんとハードな課題でセッションしてました。
e0069822_2255626.jpg
 ロックマン軍団。

 勿論、私はそんな課題など出来る筈も無く、独りで適当に登ってました。
 その後、武庫川へ行っていたみずまっち達が戻って来て、何時ものメンバーになったので、簡単そうな課題のセッションに寄せて貰う。
e0069822_2264100.jpg
 何時もの王子。

 最近、良いクライミングの写真が余り無いので、ちょっと狙って撮ってみましたが、何だかなぁ〜って感じになって仕舞いました。
e0069822_2261118.jpg
 登るかっし~。

 良い写真を撮るなら、登るのは諦めて撮影に集中しないと駄目ですね( ̄〜 ̄;)

 それにしても、身体が重く全くキレが無かった。久し振りの人工壁は疲れました(´Д` )
# by kakera365 | 2018-09-16 23:08 | クライミング | Comments(0)

試練

 今日の午後は、海晴の部活の練習試合を見に行きました。

 着いた時はハーフタイムで、丁度後半から見る事になりましたが、海晴は未だ一年生で控えなので、サイドラインで待機してました。
e0069822_215627.jpg
 ラグビーと言えばスクラム。

 この日は就職試験の準備等で三年生が少なかったらしく、暫く見ていると海晴がウイングで出場しました。
e0069822_21561517.jpg
 左から二人目が海晴。

 初めての出場で張り切ってましたが、最初のプレーでタックルした際に、相手選手に額を打つけて負傷。残念ながら直ぐに交代して仕舞いました。
e0069822_21564673.jpg
 傷は男の勲章さ!

 ほろ苦いデビュー戦でしたが、これも強くなる為の試練。
 負けずに頑張れ(=゚ω゚)ノ
# by kakera365 | 2018-09-15 22:43 | 家族 | Comments(0)

ザ・ラグビーチャンピオンシップ

 現在、南半球4カ国(アルゼンチン、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ)による、国別対抗戦「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」の真っ最中。

 絶対王者ニュージーランド(オールブラックス)は、今の所負け無しの3連勝だが、他の3国は1勝2敗で横並び。ま、オーストラリア(ワラビーズ)は第1、2戦とニュージーランド戦だったし、怪我人も多いのでしょうがない部分もあるが、南アフリカ(スプリングボクス)戦はホームで粘り切って勝利した。その南アフリカは、全盛期の強さが全く見られず、第2戦はアルゼンチン(ロスプーマス)に、第3戦はオーストラリアに負けてしまった。
 逆に好調なのがアルゼンチン。第2戦で南アフリカを破り、第3戦でも王者ニュージーランドを慌てさせる内容。この試合で、フライハーフのニコラス・サンチェスは、フェリペ・コンテポーミの持つ得点記録を塗り替えた。とにかく最後まで全力で戦えているのが凄い。スーパーラグビーにジャガーズで参戦して3年、遂にその成果が表れて来た様だ。

 さて、今週末は第4ラウンド。オールブラックスの優勝は揺るぎないだろうが、他の3国の争いが益々楽しみになって来た。
# by kakera365 | 2018-09-13 00:21 | スポーツ | Comments(0)

焼き茄子論争

e0069822_20393135.jpg
 先日、相方&長女と買い物に行った時の話し。

 相方が晩御飯のオカズに悩んでいたので、「焼き茄子にしよう!」と提案したら、相方が「嫌だよ、面倒臭い。」と宣った。「はっ!?面倒臭い??」。言ってる意味が分からず理由を聞くと、「皮を捲るのが面倒」と言われて、更に「はぁ!?皮を剥く???(・・?)」となった。
 焼き茄子ほど簡単で、美味い料理は無いだろう(子供の頃は大嫌いだったが)。茄子を縦半分に切ってフライパンで焼くだけ。然し、相方の言う焼き茄子は全然違うらしい。聞いてみると、茄子を丸ごとグリルで焼いて、熱々のまま皮を剥き、それを更に切った物を皿に盛って出すらしい。

 確かにそれは面倒だが、少なくとも私の中では、それは焼き茄子では無い。ま、グダグダ言ってても仕方が無いので、茄子を買って帰り、チャチャっと作って出すと、「普通に美味い」と言って喰っていた。

 って事で、次回から尾崎家の焼き茄子は、簡単な方でお願いします(=゚ω゚)ノ
# by kakera365 | 2018-09-10 21:23 | 生活 | Comments(0)

秋霖煙る黄蓮谷-3日目

 3日目は、黒戸尾根の下山のみ。

 この黒戸尾根、日本三大急登とか三大バカ尾根とか言われるだけあって長大な上に、要所要所が結構切り立っており、疲れた身体でフラつこうものなら、アッと言う間に数100m下の谷底まで落ちて行く。
e0069822_2228371.jpg
 意外と難路です。

 前日までの登攀で、かなり足に来てたので、バランスを崩さない様に慎重に下る。左手には昨日まで遡行していた黄蓮谷が、樹々の合間にチラホラ見える。
e0069822_22281699.jpg
 アレを登って来たのか( ̄〜 ̄;)

 実は私、黒戸尾根は今回で3回目。
 1度目は夏山登山で、黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳を登り、北沢峠に降りて仙丈ヶ岳を登った。2度目は冬の黄蓮谷でアイスクライミングする為に五丈小屋まで登り、そこから黄蓮谷へ降りて頂上まで登り、黒戸尾根を下った。しかし、若い頃は体力があったからか、それとも疲れていたからか、歩いた距離や鎖場等の危険箇所について余り記憶が無い。
 ある程度下ると鎖場も無くなり、植生も豊かになって緑が綺麗になって来る。
e0069822_22282317.jpg
 苔も生してて生命力を感じます(=゚ω゚)ノ

 また季節柄、キノコ類が沢山生えていて、キノコ好きの私にはパラダイス。
e0069822_22283386.jpg
  何て艶やかなんでしょう( ゚д゚)

 相変わらずスッキリしない天気だが、若干の展望も広がって、遠く雲の合間に八ヶ岳が見えた。
e0069822_2228417.jpg
 雨の山も悪くは無いです(・ω・)ノ

 無心で下っていると、所々で「何となく見た事ある様な気がするなぁ」と感じる場所もあって、同じ山に何度も登るのも悪くないですね(´ω`*)

 最後は一気に急勾配を下って尾白川に辿り着き、無事下山にホッとする。締めに、河原へ降りて汚れた装備を洗う。
e0069822_22284968.jpg
 お疲れ様でした(`_´)ゞ

 さて、折角韮崎まで来てるので、室井先生の顔を拝んで行こうかと家に行ってみるが、残念ながら留守だった。ならばとジャンボ邸に行くと、ジャンボさんが一人で仕事をしていた。コーヒー御馳走になりながら、色んな話しをして、ノンビリと良い時間を過ごす。
 夕方になると幹&葉が保育園から帰って来て、急に賑やかになる。この2人は相変わらずの自由人で、本当にノビノビ育ってる。ウチは厳しくし過ぎたかなぁ(^◇^;)
 最後にちひろさんが帰って来た所で、失礼して神戸へ向かった。


 今回の遡行は、3日間雨に降られ続け、ガスって視界が利かないので巻き道も見付け難く、頂上や稜線も見えないのでルートファインディングが難しかった。また、巻きが多く薮漕ぎを強いられて、かなり体力を奪われ、最後はヘロヘロになってしまい、持久力の無さを露呈してしまった。
 晴天の下ルンルンで遡行すれば、陽が当たって体力の消耗も少ないだろうが、今回の様な天気では、気分もイマイチ乗らないし、身体が乾く暇も無いので体力を消耗し易い。でも、こんな条件は必ずある事だし、色々考えたり対応したりして良い勉強になった。それに、普通で無い山行も、ある意味楽しかったので、良い思い出になりました。

 さ〜て、来年は何処に行こうかなぁ〜(´ω`*)
# by kakera365 | 2018-09-07 22:02 | クライミング | Comments(0)

秋霖煙る黄蓮谷-2日目

 2日目はいよいよ、黄連谷の核心部に突入。

 お天気は相変わらずイマイチだが、まぁ大荒れでは無いので、今日も一日それなりに楽しめそう。
e0069822_2222447.jpg
 朝一からコレ。

 この辺りからは、殆んど岩盤の上を水が流れている感じで、只管ナメが続く合間に、ナメ滝や釜が出て来るって状況。
e0069822_22221053.jpg
 ナメ滝オンパレード。

 滝も比較的傾斜が緩いので、大きなもの以外は直登する。
e0069822_22221869.jpg
 フリーソロで直登。

 勿論、大きな滝もあり、可能な限り登るが、登攀に時間を取られては今日中に抜けられないので、パッと見て登るか巻くか判断する。
e0069822_22222939.jpg
 この滝は巻きを選択。

 さて、此処までコレと言った難所も無く、比較的スムーズに進んで来た。遡行距離は長いものの、登攀要素が少なく、私は若干物足りなさを感じてた。はるきょんも「これで4級は無いな。良いとこ2級+ですね」等とほざく始末。が、これが後々バチが当たる伏線となる。

 左俣を分けて、いよいよ核心の奥千丈ノ滝に突入。
e0069822_2222377.jpg
 長大なスラブ滝(これでもホンの一部)。

 最下部を直登した後一旦右岸を巻き、再び滝身に近付く。植生との際をはるきょんがリードしてみると言うので、ロープを結んでビレイする。少し登ってから、ナッツでランニングを取り、アンダークラックのムーヴに入る。右足を滑るスラブに擦り付け、思い切って立ち上がる。
 一瞬、時間が止まったかの様に、動きが固まったと思った瞬間、右足がスリップしてフォール。そして、ナッツに荷重が掛かる間も無く抜けて、目の前のスラブを落下して行く。

 マジかーΣ(; ゚Д゚)ー!!!

 嫌な予感が頭を過る。ビレイ器をロックして、自分も引き摺り込まれ無い様に、後ろに倒れ込む。視界から姿は消えたが、何とか止めて声を掛けると、返事が返って来た。結局、10m以上落ちてたが、幸いにも怪我は無く、笑いながら上がって来たので、ホッと一息。
 即座に登攀は無理と判断して巻きに入る。

 その後も、流心から離れない様に、直登と巻きを繰り返して高度を上げて行く。
e0069822_22224730.jpg
 視界が悪いので、高度感は余り無い。

 ガスってて頂上も見えず、巻き道も見付け難いので、ルートファインディングが難しく、また可也の薮漕ぎを強いられ、最後はハイマツ帯に突入して地獄の登高。2人共ヘロヘロになりながらもハイマツを漕いで行くと、突然登山道に出た。
 どうやら左へ行き過ぎて、黒戸尾根の登山道に出た様なので、そのまま頂上目指して登って行く。
e0069822_22225588.jpg
 無事登頂〜(=´∀`)人(´∀`=)

 この辺り一帯の天気が悪いのだと思っていたが、北沢峠側はガスも無く綺麗に見えていた。
e0069822_2223484.jpg
 甲斐駒らしい風景。

 最後は、七丈小屋まで降って幕営。長い一日が終わった( ´Д`)


 3日目に続く・・・
# by kakera365 | 2018-09-05 23:59 | クライミング | Comments(0)