ROCK&SNOW077

e0069822_19384248.jpg
 新しいロクスノの特集は「英国のクライミング」。

 正直、特集と呼ぶには少々ページが少ないと思うが、それでもジェームズ・ピアソンの軌跡やスティーヴ・マックルーアのインタビューは、充分に読み応えがあるし、倉上君の記事もなかなか興味深い。そして、英国在住の坂野氏によるトラッドグレードに関する文章は、非常に分かり易く英国のグレードシステムを解説しており、自分自身のトラッドクライミングに対する考えを深めるのに、とても為になる内容だ。最近は日本でも、トラッドクライミングに傾倒するクライマーが増えつつあるので、倉上君には英国の精神をシッカリ学んで頂き、帰国後に登攀や講演会等でドンドン啓蒙して欲しいと思う。

 注目のアレックス・オノルドによる「フリーライダー」のフリーソロについては、次号に詳しく掲載されるであろう。
 その他では、これもページ不足を感じるが、スロベニアトリオによるアルジュナ西壁の記録や、平山ユージの「フェロー諸島での日々」もなかなか面白い。シューズ特集のフレッド・ニコルやシャルル・アルベールの記事も必読だろう。あと、知人関係だが「NIYODO LOVER」や日ノ御埼のルーフクラック、七種滝の登攀等は楽しく読めた。

 ただ、毎回思う事だが、「ROCK&SNOW」と言いながら、アルパイン系の扱いがぞんざいなのが気になる。Giri-Giri Boysによるベアトリス、K7での登攀記録は、時間が無かったかも知れないが、もう少し紙面を割いても良いのでは無いか? また、ホレチェク達によるガッシャブルムI峰南西壁の登攀も、池田さんが「ON THE SCENE」で紹介しているものの、もう少し詳細な記載があっても良いのではと思う。

 最近はクライミングの幅も大きく広がり、エクスペディションからスポート、沢登りやアイス、滑降等、様々なジャンルを百数十ページに詰め込むのは大変だろうが、やはり冒険と言う本質を柱にして読者にドキドキ、ハラハラを伝えないと、読み物としての価値は知れてしまうのでは無いだろうか?


 シューズテストやトレーニング理論が無意味とは言わないけど・・・・・
# by kakera365 | 2017-09-11 00:06 | クライミング | Comments(0)

Sawa Climbing

 昨日は、ミチバタさんに誘われて、弥山川へ沢登りに行って来ました。
 今回は登攀メインなのでフェルト靴では無く、初めてクライミングシューズ(穴開きモカシム)で登りました。

 日帰り計画なので、一ノ滝と二ノ滝はスルーして、三ノ滝からスタートです。
e0069822_190225.jpg
 美しい釜を持つ三ノ滝

 取り敢えず釜を泳いで取り付くが、のっけから洞窟状で嫌らしい。そして2ピッチ目は、有り得ない程ハングした壁が頭上に覆い被さる。
e0069822_1902780.jpg
 ミチバタさん奮闘中。

 この厳しいドッ被りを、ミチバタさんが見事にフリーで突破。流石です(=゚ω゚)b

 その後もドンドン滝が出て来るので、勢いに任せてガンガン進む。
e0069822_1904773.jpg
 こいつはシャワークライミング。

 ズンズン進むと、第2の核心チョックストーン滝が奥に見えて来る。
e0069822_191682.jpg
 中々のゴルジュです。

 パッと見弱点の無さそうなこの滝ですが、他の人の記録にある様に、チョックストーンの奥に穴があって抜けられると言う、とっても珍しいラインがあります。
e0069822_1912399.jpg
 穴から覗くとこんな感じ。

 この出口の穴がかなり狭くて、ザックを背負ったままだと抜けられないって位で、胎内潜り的な体験でした。
e0069822_191417.jpg
 オギャーと生まれる瞬間。

 そこから暫く進むと、いよいよメインの双門の滝です。
e0069822_1945569.jpg
 遂に親玉登場。

 20年以上前に、この滝を見たいと言う理由だけで、弥山川沿いの登山道を今の相方と登り、その荘厳な姿に感動しました。その時には、この滝が登れるなんて思いもしなかったけど、今下から見ると登れそうに見えると言う事は、少しは成長したって事なんでしょう。

 最初の簡単なピッチを私が登った後、メインのピッチをミチバタさんに託しました。
e0069822_195195.jpg
 流芯を突っ切る。

 ミチバタさんは流石の登りで、ドンドン高度を上げて行きます。
e0069822_1954350.jpg
 チムニーはお手の物。

 最後は滝上に出てガッチリ握手。いや〜、ホントに貴重な体験でした。

 帰り際に滝見台から見た双門の滝は、20数年前と変わらぬ威容でゴルジュの最奥に佇んでました。
e0069822_1961044.jpg
 何度見ても凄まじい風景です。

 憧れだった双門の滝を登る事が出来たのは、偶然にもミチバタさんに誘われたお陰です。行く直前までは、初めてのパートナーだし、初めてのクライミングシューズでの沢登りだし、不安が一杯でしたが、取り付きに着いた瞬間からそんな不安は一掃し、純粋に楽しむ事が出来ました。
 本当に誘って頂いたミチバタさんには感謝します。憧れの弥山川はやっぱり最高でしたヾ( ´ ▽ ` )ノ
# by kakera365 | 2017-09-03 23:59 | クライミング | Comments(0)

ぼちぼちウイスキーの季節

e0069822_18191507.jpg
 此処の所、朝晩は随分過ごし易くなって来て、そろそろキンキンに冷えたビールも終わりかなぁって感じなので、新しいウイスキーを買いました。

 「ザ・グレンリベット18年」
 何で「ザ」が付くのとかは説明が面倒なので、気になる人は自分で調べて下さい(´・Д・)」

 前に買った「ラフロイグ PX CASK」も未だ残ってるんで、片や元祖シングルモルト、仄かなピート臭で香り高く飲み易いの山のウイスキー、片や思いっ切りピート炸裂でスーパースモーキーな海のウイスキーと、全く性格の違うこの2本を飲み比べるのも楽しいと思います。

 基本ストレートで飲むんですが、未だ少し暑さが残ってるんで、ロックやハイボールも美味しいでしょうね。ジックリ楽しみます(//∇//)/□
# by kakera365 | 2017-09-01 19:03 | 生活 | Comments(0)

御手洗遊泳

 清掃が終わったらエリアへ。

 子供達は、待ってましたとばかりに、早速着替えて水に入る。
e0069822_198730.jpg
 冷た~い(ノ゚∀゚)ノ

 勿論、殆んどのクライマーはクライミングに勤しんでます。
e0069822_1982983.jpg
 元気に登る人達。

 私も最近買ったハイアングルを履いて登ってみるが、慣れない所為もあって「チョコガム」に嵌まり掛け、何便目かで漸く登る(´Д` )

 その後も暫く泳いだりしてたら、お腹が空いて来たので、お昼御飯を食べる。
e0069822_199284.jpg
 外で食べると美味しいね。

 お腹が満たされたら、再び遊泳タイム。海晴は岩の上に座って「押すなよ、押すなよ、絶対押すなよ!!!」。
e0069822_1993049.jpg
 ザッブーン!

 私はもう少し登ろうと、和歌山県勢がセッションしてる「歯車」を触らして貰うが、一手目も取れないと言う為体(´Д` )
e0069822_1995177.jpg
 皆さんお強い(´・Д・)」

 子供達は飽きもせずに、只管水遊びに興じてます。
e0069822_1910912.jpg
 楽し~!!!気持ち良い〜\(^o^)/

e0069822_19104050.jpg
 水上バス運行中で〜す(^ー^)ノ

 海晴は、誕生日プレゼントに買って貰った軍用シャベルを、早速活用してました。
e0069822_1911087.jpg
 盾にも使えるらしいです(´・Д・)」

 最後に「無題3級」と「一人芝居」をやったら、一人芝居は一撃だったけど、無題は5〜6便掛かって、かなりしんどかった(´Д` )


 久し振りの御手洗は楽しかった。登りの方は、ニューシューズに慣れてないし、被り用の筋肉は完全に落ちてるし、で酷い有り様だったけど、まぁ夏場はこんなモンかも。これからシーズンに向けて、一寸ずつ上げて行こう!!!
# by kakera365 | 2017-08-30 23:07 | クライミング | Comments(0)

御手洗清掃

 日曜日は、海晴&瑞穂と御手洗の清掃に行きました。
 昨年は台風の影響で開催されなかったので、2年振りの清掃です。

 今年も多くのクライマーが集まり、天川クライミング情報局の挨拶の後、ザックリ5班に分かれて清掃開始。我々は上流右岸へ行きました。道路上には煙草の吸殻以外はそれ程ゴミも無く、眼を凝らしてゴミを探します。
e0069822_1854269.jpg
 ゴミ拾い兄妹。

 一番の大物で空缶って感じで、細かいゴミをそれなりに集めつつ歩いていると、海晴が途中で土竜の死体を発見。
e0069822_18544343.jpg
 モグラさんは自然に還してあげました。

 同じ道を更にキョロキョロしながら戻って、分別作業をする方々に渡しました。
e0069822_18550100.jpg
 鋭意分別中。

 暫く時間が空いて、子供達が退屈そうなので、キムキムと天川タクシーのワンちゃんを見に行きました。2頭共暫く見ない内に、結構老けてました(^◇^;)
e0069822_18551968.jpg
 コテツ&カイと遊ぶ海晴&瑞穂。

 タップリ遊んで戻ると、丁度分別が終わる所で、主催者から御手洗の現状についての話しと、幾つかのお願いがありました。
e0069822_18554224.jpg
 主催者の説明を聞くクライマーの皆さん。

 最後は勿論、記念撮影です。
e0069822_1856120.jpg
 ハイ、チーズ(o^^o)

 ザッと数えても、70人以上の方々に参加されていた様で、これからも多くのクライマーに参加して頂き、地元との交流が深まって行けば良いなぁと思います。
# by kakera365 | 2017-08-29 23:00 | クライミング | Comments(0)

海晴15歳

 先週の木曜日は、次男海晴の15歳の誕生日でした。
 誕生祝いは週末で良いと言うので、土曜日にケーキを買ってお祝いする事にしました。

 土曜日は昼過ぎから、瑞穂が友達と母娘4人で「湊川夜市」って催しに出掛けたので、残った3人で同じイベントに行きました。
e0069822_21412503.jpg
 氷の彫刻が涼しげです。

 地域のお祭りなので価格も控え目設定で、お財布にも優しいです。
e0069822_18424373.jpg
 6個200円のたこ焼きを買う美雲。

e0069822_21415394.jpg
 海晴は焼そばを買いました。

 勿論、食べ物だけでは無く、遊戯もあります。
e0069822_18425193.jpg
 大好きな射的もやりました。

 ボチボチ遊んだし、お腹も膨れたので、帰りにケーキを買ってから帰宅しました。

 相方と瑞穂が帰って来た所で、海晴のお祝いをしました。
e0069822_1843353.jpg
 プレゼントの軍用シャベルを手に。

 15歳になって、来年はもう高校生。まぁ、その前に受験がありますが、余り恥ずかしく無い学校に入る為にも、頑張って勉強して欲しいです。
# by kakera365 | 2017-08-28 22:24 | 家族 | Comments(0)

プール

 日曜日は、久し振りにプールへ行きました。
 美雲は一人で出掛けてしまったので、4人で東条湖おもちゃ王国のウォーターパーク「アカプルコ」に行きました。

 子供達は嬉々として水に浸かってましたが、流石に大人の女性は日焼けが気になる様で、相方は殆んど見学モード。私は適当に子供達に付き合って泳ぐ。
 施設は冒険エリアと楽園エリアに分かれてて、殆んどを冒険エリアの流水プールで過ごす。途中には定期的に水を吐き出す「スプラッシュパレス」ってのがあって、水を浴びたい子供達で賑わってる。
e0069822_1947143.jpg
 水が来るぞ~!!!

 他にも「勇敢の滝」って飛び込みプールがあって、海晴も挑戦してた。
e0069822_19472786.jpg
 とりゃ~!!!

 瑞穂も流石に5年生ともなると、普通に水に潜れる様になって来ました。
e0069822_1947524.jpg
 ブクブク。

 私が疲れて上がってても、海晴と瑞穂は2人で仲良く遊んでました。
e0069822_19481270.jpg
 何の遊びでしょうか?

 流水プールには「スプラッシュパレス」以外にも滝が2箇所あって、常時水浴びが出来ます。
e0069822_19484351.jpg
 滝に打たれて。

 海晴は泳ぐのが好きなので、潜るのもへっちゃらです。
e0069822_1949418.jpg
 変なポーズ。

 タップリ泳いだので家路に就きましたが、途中で西山牧場にちょっと寄り道。
e0069822_19493185.jpg
 動物好きの海晴は、山羊にも気に入られてます。

 一方、女子は甘い物に吸い寄せられてました。
e0069822_19494610.jpg
 チョコのジェラートです。

 私は運動音痴なのですが、昔から水泳は普通に出来たので、泳ぐ事は嫌いでは無いのですが、流石に夏休みの日曜日に遊び系のプールは、激混みでちょっとゲンナリでした。それに、お天気は上々だったので、日焼けが痛いですε-(´∀`; )

 次回は泳ぐプールに行こうっと(^ー^)ノ
# by kakera365 | 2017-08-23 23:27 | 家族 | Comments(0)

豪華で楽しいトークショー

 土曜日は、NPO法人ファーストアッセントジャパンとボルダリングスタジオボラーレ・エスカラーダ共催の「金華山震災復興支援宝島プロジェクト スライド&トークショー」に行って来ました。ゲストスピーカーは、室井登喜男、大西良治、むらかみみちこの3氏。そして、けんじり君も飛び入りで楽しい動画を上映してくれました。
e0069822_19372969.jpg
 豪華なゲストですね。左は主催のボラーレ・エスカラーダのオーナー。

 金華山については、多方面から色々と話しを聞いていましたが、主催者やゲストの話しを聞いてみると、色々と苦労もある様で、震災復興支援を目的として、組織立って企画・運営を行っていくと言う事は、なかなか大変な事なんだなと改めて考えさせられました。個人として出来る事は少ないですが、可能な範囲で協力していければと思います。
 また、金華山が切っ掛けとなって、一般社会のクライミングへの理解が深まり、受け入れられて行くチャンスも広がると思うので、もし機会があれば、皆さん是非とも金華山のイベントに参加して頂ければと思います。


 さて、スライド&トークショーの後は、主催者、ゲストと参加者で懇親会。私はとっき〜もリョージ君も良く知ってるので、むらかみさんやカメラマンの方、ボラーレのお客さんとお話ししました。
e0069822_19374859.jpg
 左の女性はブルーインパルスの追っ掛け?してるそうです。

 クライミング以外の話しで、大いに盛り上がりました( ´ ▽ ` )ノ
 勿論、とっき〜やリョージ君の周りは、クライミング談義に花が咲いてました。
e0069822_19380565.jpg
 右手前のビールジョッキを傾けてるのがakoさんで、右手だけ見えてるのがはるきょん(^◇^;)

 園田は遠いので、残念ながら私は早目の撤収となってしまいましたが、とても楽しく有意義な時間を過ごす事が出来ました。


 ボラーレ・エスカラーダさんには、色々と楽しい企画をして頂き、関西のクライミング界に活力を注いでくれてます。今後も、関西クライマーのハートに火を付ける様な企画を期待してますので、また宜しくお願いします。
# by kakera365 | 2017-08-22 22:42 | クライミング | Comments(0)

盆休み

 お盆は弟家族が横浜から帰省して来るので、我が家と一緒に遊ぶのが恒例となっているのだが、赤石沢から帰った翌日の14日(月)は、流石に疲れてたのと筋肉痛が酷かったので、昼間は相方に任せて、夜の会合から参加しました。

 お出掛けから帰って来た一行は、そのまま実家へ行って西瓜割りを開始。
e0069822_19304887.jpg
 とりゃ!!!

 末の甥っ子の一刀で、パカッと綺麗に割れたので、皆んなで頂く。が、尾崎家には余り西瓜が好きでも無い人間が、私も含めて何人か居るので、なかなか減らない(笑)。

 その後、近所のレストラン「ランプハウス」で晩御飯。
e0069822_1931342.jpg
 三世代勢揃い。

 メインの肉だけ注文して、後はビュッフェスタイルで食べ放題。私はU.S.BEEFのステーキ250gを頂きました。他にもハンバーグ、国産牛ステーキ、ローストビーフの中からそれぞれ選んで食べました。
e0069822_19313937.jpg
 モリモリ肉喰ってますψ(`∇´)ψ

 明くる15日(火)は、弟の希望で宝塚の「手塚治虫記念館」へ行きました。
e0069822_1932359.jpg
 玄関前には立派な火の鳥の銅像が。

 展示物はそれ程多くはありませんが、手塚治虫の幼少期の漫画やイラスト等が興味深かったです。あの「ヒョウタンツギ」は、小学2年生の頃から書かれていたらしく、しかも妹作だったんですね。
e0069822_19324989.jpg
 手塚先生の漫画が読み放題です( ̄  ̄)b

 お昼御飯は、回転寿司を食べに行きました。
e0069822_1933563.jpg
 ゲフッ。食べ過ぎか?

 その後は、良さげな行き先が見付からず、神戸に戻って酒蔵へ行く事にして、「福寿」の蔵元である神戸酒心館へ。
e0069822_1934288.jpg
 酒樽に入ってま〜す(=゚ω゚)ノ

 晩御飯は、叔父を交えて王将へ。普通に餃子とかラーメンとかチャーハンとか、好きな物を頼んで食べました。
e0069822_19344021.jpg
 取り敢えず大人はビール( ^ ^ )/■

 そんな感じで、あっと言う間にお盆も終了です。年に1回しか会う事は無いけど、子供達は従兄弟同士、何時までも仲良くして欲しいですねo(*゚▽゚*)o
# by kakera365 | 2017-08-21 23:07 | 家族 | Comments(0)

憧れの赤石沢へ-三日目

 三日目はもう、沢登りでも何でも無いが、行程が長いので朝3時過ぎに起床して、4時前に出発。

 ヘッドランプの明かりを頼りに歩き始めるが、のっけから只管登りで足が頗る重い。何とか百間平まで上がると、漸く赤石岳の姿が見えて来る。
e0069822_19562137.jpg
 黎明に浮かぶ盟主赤石岳。

 この日は朝からスッキリしない天気で、見晴らしはイマイチだが、それはそれで良い雰囲気です。
e0069822_19564686.jpg
 快晴ではありませんが雲が綺麗です。

 ガレガレの斜面を黙々と登り、漸く赤石岳山頂に到着。
e0069822_1957960.jpg
 3120mの絶頂です(=゚ω゚)b

 山頂に着く頃には少し晴れ間が広がり、何時の間にか周りには絶景が広がってました。
e0069822_19572872.jpg
 雲海がめっちゃ綺麗。

 また、薄雲が出ていたお陰で、ブロッケンも見る事が出来ました。
e0069822_19574540.jpg
 人影が見えますか?

 最初は見えなかった富士山も、少しずつ雲が晴れて頭が出ているのが見えました。
e0069822_19575958.jpg
 やっぱり富士山はでっかいですね。

 山頂で少し休憩したら、後は只管下るのみ。急下降で膝に悪そうなので、少しペースを落として、周囲の自然を愛でながらゆっくり降りる。
e0069822_19581244.jpg
 まだチングルマが咲いてました。

e0069822_19582668.jpg
 ベニテングタケの幼菌。

 登り3時間、下り5時間の計8時間歩いて、何とか椹島に到着。後はバスに揺られて臨時駐車場へ行き、D:5君で神戸に向かいました。



 憧れの赤石沢は最高でした。夢にまで見たラジオラリアを見る事が出来、丸二日間もドップリ沢に浸れたのも、渓友はるきょんのお陰で、本当に感謝しかありません。3日間で20数時間歩いた所為で、今は筋肉痛に苛まれてますが、これも良い思い出となるでしょう。
 まだまだ行きたい山や沢が一杯なので、これからも頑張って行きたいと思います。同行して頂けるクライマーの方、宜しくお願い申し上げます(^ー^)ノ
# by kakera365 | 2017-08-18 21:25 | クライミング | Comments(0)