GWボルダリングツアー初日

 ゴールデンウィークは恒例のボルダリングツアー。
 メンバーはよこちゃん、オカカマンに私と、最早不動の3人。行き先は勿論、山梨県です。

 3日の朝に瑞牆に到着してエリアを検討したが、静かに登れる所と言う事で、未発表のエリアへ。
e0069822_20315241.jpg
 先ずは簡単な課題でアップです。

 我々以外には誰も居らず、久し振りに静かな瑞牆を堪能しながら気持ち良く登る。
 アップが終わった所で、過去何度か敗退して、今は「ジュゴン」とか言われてる課題にトライ。
e0069822_2032013.jpg
 ガバを捉えたよこちゃん。

 ここはよこちゃんとオカカマンが完登して、私は敗退。
 続いて、隣の二段を冷やかしで触るが、相変わらず全くの意味不明系だった。
e0069822_2032770.jpg
 両手ポケットから遠いポケットにデッド。

 これは早々に諦めて、この日のターゲット「二刀流」に行く。
 前回やった時は、かなり良い感じでムーヴを解決して、後はランジだけって所まで行ってたので、今回はサックリ頂くつもりでやってみるが、予想外に下部から出来ず苦しむ。
e0069822_20321448.jpg
 全然出来ひんがな(´Д`lll)

 順番にトライするがなかなか進まず、オカカマンは昼寝に突入。よこちゃんも初手から出来ないので、拗ねてどっかへ消えてしまう。暫く独りで黙々と打つが一向に進展が無く、嫌になって来た所で、よこちゃんが上部に登れそうな岩を発見したと言うので、皆んなで見に行く。
 岩は風化してて脆いが、ボチボチ遊べそうなのでセッション開始。
e0069822_20322177.jpg
 剥離に注意しながらの初登争い。

 他の2人がまごまごしている間に、サクッと登らせて頂きました(=゚ω゚)b

 再び「二刀流」に戻って打ち込むが、ちっとも進まないので、諦めて移動して「瑞牆カルマ」に行く。初めて見たが、なかなか見栄えのする好課題だ。周りの景色が素晴らしいし、誰も居なくて静かなのも良い。
 3人でムーヴを探りつつトライを繰り返し、よこちゃんが見事にトップアウト。
e0069822_20364995.jpg
 素晴らしい登りでした。

 マッチスタートに拘ったオカカマンも、悪い一手目を上手く熟して完登。そして、またしても私だけ敗退です(つД`)ノ


 夜はお約束のペンション室井にお世話になる。
 ビールで乾杯して久々の再会を祝い、新しいボーンコレクションを披露して頂く。
e0069822_20325530.jpg
 嬉しそうに大小の猿を見せるとっき〜。

 その後もクライミングの話しは勿論の事、真面目な事からどうでも良い事まで、ひたすら駄弁り捲くって夜は更けて行きます。
e0069822_2033316.jpg
 終始笑いが絶えません。

 そんなこんなで、あっと言う間に一日目が終了。
 二日目に続く・・・・・
# by kakera365 | 2017-05-07 23:54 | クライミング | Comments(0)

自然の恵み

 仕事で野蒜が生えてる現場に行ったので、お昼休みに遠慮無くゲット。
e0069822_20234039.jpg
 ちょっと取り過ぎたかな(´・Д・)」

 綺麗に洗って皮剥いて、根っこを切ってサッと湯搔いて出来上がり。
e0069822_20235899.jpg
 野性味が強くて食べ過ぎ注意だが、日本酒に合って美味い!!!

 自然の恵みに感謝です(=゚ω゚)ノ
# by kakera365 | 2017-05-01 21:13 | 自然 | Comments(0)

楽しいハイキング

 ドピーカンの日曜日は、海晴と二人で六甲山へハイキング。
 コースは二軒茶屋から分水嶺越、トエンティクロスを下って市ガ原、布引の滝、新神戸のお気楽コース。

 プラプラと分水嶺越を歩いてたら、目の前に蛇が。近付いて良く見ると蝮の子供だった(´・Д・)」
e0069822_199311.jpg
 マムシちゃんを小突く海晴。

 更に下ってトエンティクロスに入った所で、河原が広くなっており、ちょこっと整備されてて休憩には丁度良い。
e0069822_1991115.jpg
 「河童橋」って(; ̄ェ ̄)

 時間も頃合いだったのでお昼にする。家で用意して来たオニギリに大葉味噌を塗ってバーナーで焼く。
e0069822_1992087.jpg
 大葉味噌を塗ってます。

 焼いてるとアルミホイルに焦げ付くのが難点だが、それを差っ引いても文句無しに美味かった(=゚ω゚)b
e0069822_1992668.jpg
 こんな感じ。

 今回の大葉味噌焼オニギリは、「山と食欲と私」に載ってたのを真似してみました。山で喰う飯は美味いに決まってるのだが、やはり手間暇掛ける程に旨さ倍増。こちらも手作りのクロモジ茶で、口をスッキリさせて大満足(^ー^)ノ

 お腹が膨れたら、下流へ向かってドンドン進む。
e0069822_1993366.jpg
 トエンティクロス名物の飛び石。

 ユルユル歩いてたら市ガ原に到着したので、ちょっと休憩。海晴は靴を脱いで川に入る。
e0069822_1993969.jpg
 冷た~い!

 そして、オヤツに持って来た林檎を川で冷やして頂く。
e0069822_1994611.jpg
 リンゴ丸齧り(o^^o)

 ラストは五本松堰堤を越えて、布引の滝で〆。
e0069822_19170860.jpg
 最後は布引の滝でフィニ。

 後はダラダラと下って行き、市街地に飛び出しました。


 雲一つ無い青空の下、晩春の山をノンビリと歩くのは、本当に気持ち良かった。今日のコースは道路が多くて、山歩きの気分はあんまり味わえ無いけど、美味しい空気を吸えただけでも良しとしましょう。
 にしても六甲山は、自然が豊かで山気分を満喫出来るのに、ホントに近くて便利な山ですね( ̄(工) ̄)
# by kakera365 | 2017-04-30 21:18 | 自然 | Comments(0)

ファミリーキャンプ二日目

 目が覚めたら、既に朝食の準備が整っていました。

 オカカマン特製のホットサンドを頬張りながら、ミルで豆を挽き、パーコレーターでコーヒーを淹れる。
e0069822_2057441.jpg
 美味しい朝御飯。

 オッサン同士で「テントで寝ると身体が痛くなる」なんて話してたら、とっし〜先生が日課のヨガを始めた。
e0069822_20575294.jpg
 無我の境地?

 軽くストレッチした後、腹熟しにスラックラインで遊ぶ。
e0069822_205759100.jpg
 腰痛持ちのりょうすけも挑戦。

 今回はかなり感触が掴めて、真ん中くらい迄は行けた。これも身体意識の成果ですかね(=゚ω゚)b
 そんな大人達に混じって、海晴は新しい遊びを考え出す。
e0069822_2058616.jpg
 チロリアンブリッジからの射撃訓練。

 前夜に帰ったはっし〜ファミリーと入れ替わりで、ちはるちゃんとこはるちゃん、だいご君が来たので、一緒に川でカワヨシノボリやスジエビ、ヌマエビを捕まえたりして遊ぶ。
e0069822_20581330.jpg
 子供達は直ぐに仲良し(*^^*)

 昼からは、岩場に移動してクライミング。
 昨年同様、低い所はクラッシュパッドを敷いてボルダリング、ちょっと高い所はロープを掛けてルートクライミングで遊ぶ。
e0069822_20582338.jpg
 昨年のリベンジに燃えるゆ〜ま君。

 この日は、前日以上に天気が良くて日差しが強いので、タープを張ってお昼御飯やお菓子を食べる。
e0069822_20583020.jpg
 タープの下は涼しい( ´ ▽ ` )ノ

 ウチの子供達は、去年に比べて格段に上達してて、2人とも何本も登ってました。
e0069822_20583884.jpg
 快晴の空の下、グリグリでぶら下がり。

 子供達が一通り登り、大人達もボチボチ登ったので、お開きとなりました。


 1年振りのキャンプだったけど、やっぱり自然の中でノンビリ過ごすのは本当に楽しい。お天気にも恵まれて、夜の星も綺麗に見えたし、桜や躑躅も満開で最高でした。子供達も久し振りのキャンプを満喫した様です。
 今年は、もう何回かやろうかな(=゚ω゚)ノ
# by kakera365 | 2017-04-25 21:25 | 自然 | Comments(0)

ファミリーキャンプ初日

 先週末は、おうじ~ずファミリーキャンプでした。
 参加者は、とっし~先生&きずな君、りょうすけ&ゆ〜ま君、オカカマン&ほのかちゃん、あずちゃん、しん君、そして海晴、瑞穂と私の、総勢11名と賑やか〜。


 先にキャンプ場に着いたのは、とっし〜組とウチだったので、先ずはテントを設置。続いて、撤去された竃の残骸である耐火煉瓦を集めて、BBQ用の竃を作ってから薪集め。近くに丁度良い桜の倒木が有ったので、鋸で程良い長さに切って運ぶ。
e0069822_2055225.jpg
 薪を運ぶとっし〜先生と海晴。

 そうこうしていると、オカカマンファミリーが到着したので、子供達は一緒に遊び出す。
e0069822_20553292.jpg
 ハンモックやエアソファーで遊ぶ子供達。

 薪に火が着いたので、網を置いて食材を載せて焼いて行く。
e0069822_20554130.jpg
 ピーマンやエリンギを焼くとっし〜先生と瑞穂。

 暫くすると、りょうすけ組も到着する。まだまだ空は明るいが、大人達はビールを飲んで肉を喰らう。が、子供達は遊び足りないのか、川遊びを始める。
e0069822_205602.jpg
 気持ち良さそうです。

 当たり前だが、遊ぶとお腹が空いてくるので、焼き上がった食材をドンドン食べる。
e0069822_20561759.jpg
 もっと載せてよ〜ヽ( ̄д ̄;)ノ

 大人達はビールさえあれば食べ物は何でも良いが、子供達には一応甘い物も用意してます。
e0069822_20562759.jpg
 キャンプと言えば焼きマシュマロ。

 お腹が一杯になっても、子供達の遊びは続きます。
e0069822_20563786.jpg
 今回は花火です。

 姫路軍団のはっし〜ファミリーもやって来て、「家庭のムーヴ」を話しの種にして宴会は続きます。
e0069822_20564634.jpg
 焚き火は楽しいなぁ(=゚ω゚)ノ


 二日目に続く・・・・・
# by kakera365 | 2017-04-24 23:05 | 自然 | Comments(0)

春の恵み

e0069822_20233896.jpg
 タラの芽をゲットしたので、天麩羅にして頂きました。ちょっと香りが少なかったけど、春の気分は味わえました(*^^*)
# by kakera365 | 2017-04-19 20:36 | 自然 | Comments(0)

笠置

 先週末は、土曜日に笠置でボルダリングしました。
 メンバーは何時もの3人組、よこちゃん、オカカマンに私。何かもう飽きて来たな、この面子(´Д` )

 エリアに到着して岩を触ってみるが、何となくヌメる感じで、この暖かさではシーズンもボチボチ終わりかな。
e0069822_22233693.jpg
 桜が綺麗でした( ´ ▽ ` )ノ

 アップをする前に、お目当ての課題を見に行ってみるが、見事な迄に下地が皆無でした(つД`)ノ
e0069822_22234361.jpg
 完全水没の「ムーンクラック」。

 さて、何時もの様に「フィネス」や「のっぺりカンテ」でアップすると、ドツボに嵌まりそうな予感がしたので、スルーして「キケンフェース」からスタート。
e0069822_22235935.jpg
 アップするよこちゃん。。

 アップの後、「赤いキツネ」に打ち込んでる女性が居たので、セッションさせて頂くが、思った以上にカチが持てずに苦しむ。暫く頑張っていたが、次第に雨脚が強くなり、仕方無く大ハングの下で雨宿りしていると、他のクライマーは皆んな帰ってしまった。
 お昼御飯を食べたりしてたら、少し天気が良くなって来て、岩も乾き始めたので上流へ移動。が、特にやる課題も無いので、適当にバカボン岩とへっつき虫の岩の間を登ったりして遊ぶ。
e0069822_22244666.jpg
 ワイドクラックもどきを登るよこちゃん。

 そして、折角だからと「パールピンククラック」でセッション。
e0069822_22245946.jpg
 一番良い感じだったよこちゃん。

 私の掌は薄くて肉厚も無く、このサイズのジャムには全く向いていないのだが、痛みを堪えてトライしてみる。が、予想以上に全く何も出来ない。オレってホント、ジャミング下手糞だな(´Д` )

 諦めて更に上流へ移動して「バグダッドカフェ」。ここは得意系なので、オカカマン以外は再登だが、3人とも一撃でクリア。
e0069822_2225768.jpg
 高さもあって良い課題です。

 その後は、直上ラインを探ったり、左下からトライしたりして遊ぶ。
 帰り掛けに、オカカマンが「ミティゲーション」をしたいと言うので見学する。
e0069822_22251515.jpg
 ラインは一目瞭然。

 そして、よこちゃんが「のっぺりカンテ」を触ってしまったので、3人でセッション開始。
e0069822_22253220.jpg
 のっぺりヤラレてます(´・Д・)」

 1日の終わりで疲れていた事もあるのだが、案の定3人ともドツボに嵌まり、揃って敗退。


 私は、山口ツアー以来の岩でしたが、やっぱり外で登るのは最高に気持ち良かった。余りの楽しさに、ペース配分も忘れて打ち込んだりしたので、翌日から早速筋肉痛になってしまいましたが、「それもまた楽し」ですね(=゚ω゚)b
# by kakera365 | 2017-04-17 23:26 | クライミング | Comments(0)

地ビール

e0069822_20264486.jpg
 日曜日に箕面へ行った帰り、御土産に箕面ビールを何本か買いました。
 今日飲んだのは「ボスざるIPA」。箕面に因んで「猿」なんですね(^◇^;)
 珍しい黒ビールのIPAで、ロースト麦芽の香ばしさと、IPA特有のホップの苦味が同時にガツンと来て、なかなかに美味い。

 他にも未だ残してるので、順番に楽しみたいと思います( ^ ^ )/■
# by kakera365 | 2017-04-14 20:56 | 生活 | Comments(0)

家族でお出掛け

 日曜日は日帰りで春の家族旅行。行き先は箕面です。

 電車を乗り継いで箕面まで行き、取り敢えずベタに箕面滝を目指して歩く。
e0069822_21114776.jpg
 滝道をテクテク進みます。

 私は昔来た事があるのですが、箕面と言えば「猿」と言う位にイッパイ居た記憶のまま行ってみたら、完全に裏切られました。「目を合わせてはいけない」「食べ物を持っていると危険」「自動販売機は壊れてる」等といった事は、どうやら遠い過去の話しらしい。
 だが、どうしても猿が見たいと思い、キョロキョロしながら歩いていたら、音羽山荘の屋根の上に2匹発見。
e0069822_21115681.jpg
 箕面と言えばやっぱり猿!

 子供達も野生の猿にちょっとテンションが上がる。
 途中、昆虫館に寄ったりしながら、川沿いの道をブラブラ歩いて行くと、漸く箕面滝に到着。
e0069822_21124135.jpg
 こちらが「箕面の滝」で〜す。

 久し振りに見たけど、ナカナカ立派な滝です。前日にリョージ君の講演を聴いたばかりだったので、ついつい登攀ラインを探ったりしてしまう(^◇^;)
 滝に着いた頃には既にお昼になっており、小腹が空いていたので、滝下の茶屋で色々買って食べる。
e0069822_2112532.jpg
 鮎の塩焼きを食べる海晴。

 空腹が若干満たされた所で来た道を戻り、今回のメイン「箕面温泉スパーガーデン(関西人は節を付けて読んで下さい)」へ。
e0069822_2113776.jpg
 展望エレベーターで上がりま〜す(=゚ω゚)ノ

 何時の間にか「大江戸温泉物語グループ」になっていたのは御愛嬌。
 温泉に入る前に腹拵えと言う事で、海鮮丼なんかを食べるが、フードコートとは思えぬ美味さで満足( ̄ー ̄)。
e0069822_21131755.jpg
 小さな幸せ\(//∇//)\

 後はユッタリと温泉に浸かり、岩盤浴で身体の芯まで温まり、マッサージ機に身を委ねて、ダメ人間に一直線( ̄Д ̄) そして、お風呂上がりは遊び三昧。特に昔懐かしのビデオゲームはタダでし放題o(*゚▽゚*)o
e0069822_21132610.jpg
 テトリス!!!

 その他にも、お祭り縁日やマンガ文庫等々、色んな施設がイッパイ。
e0069822_21133448.jpg
 射的もあります。

e0069822_21134311.jpg
 漫画も読み放題。

 そんな感じで夕方までのんびり寛いでから、電車に乗って帰りました。

 旅行と言うには近過ぎたけど、やっぱり家族でお出掛けは楽しいですね( ´ ▽ ` )ノ
# by kakera365 | 2017-04-13 22:51 | 家族 | Comments(0)

講演会

 国体予選の後は、ボルダリングスタジオ「ボラーレ・エスカラーダ」主催の、渓谷登攀家大西良治氏によるスライド&トークショー「称名川完全遡行とそこに至るまでの軌跡」に行きました。

 競技の進行がスムーズで早目に終わり、予定より2時間も早く園田に着いたので、取り敢えずボラーレ・エスカラーダへ行きました。初めて来ましたが、垂壁からルーフまでがコンパクトに纏まっており、缶バッジ獲得ラリーなど常連さんが楽しめる様な工夫も一杯で、初心者にもインストラクターが丁寧に教えてくれる、ナカナカ良さげなジムでした。
 コーヒーを飲みながらお客さんの登りを眺めてたら、小一時間も経った頃、漸くリョージ君登場。彼の来訪を心待ちにしていたファンの方々とお話しを始めたので、暫くは邪魔しない様に離れて見てましたが、やっぱり我慢出来ませんでした。
e0069822_20581488.jpg
 お話しの邪魔をしちゃいました(;^_^A

 そして、図々しくもツーショットをお願いして、快諾して頂きました。
e0069822_2058276.jpg
 何たってミーハーですから(^◇^;)

 暫く駄弁ってると時間になったので、会場の尼崎市園田地区会館・大会議室へ移動して設営。そして準備が整った所で、先ずは主催者の御挨拶。
e0069822_20583678.jpg
 みちよさん&せいちゃん夫妻の御挨拶。

 講演は、生い立ち、クライミングの経歴から始まり、称名川完全遡行へと移って行きました。
e0069822_20584686.jpg
 皆さん真剣に聞いてます。

 リョージ君はお堅いのが嫌いみたいで、割とゆる〜い感じで進みます。
 それにしても、次から次へと出て来る写真に視線が釘付け。余りにも非現実的な景色に圧倒されると共に、これを登り切った技術と体力、精神力にただただ感嘆。
e0069822_20592096.jpg
 凄絶な風景です。

 随分前から彼のウェブサイトやSNSを見ていて思っていたのだが、リョージ君の写真は自然の美しさや力強さを本当に上手く捉えている。小さい頃から父親に、渓流釣りに連れて行って貰ってたと聞いたが、本物の自然に触れる事によって、本質を感じ取るセンスを養って来たのだろう。

 トークの方も、極めて困難だったであろう登攀を、ユーモアを交えつつ淡々と語る所に人柄が偲ばれる。
e0069822_20593021.jpg
 穏やかな語り口のリョージ君。

 称名川に続いて、台湾一の渓谷「恰堪渓(チャーカンシー)」の紹介もあり、これからも世界の渓谷へのチャレンジは、まだまだ続くと感ぜられた。


 今回の「称名川完全遡行」は、個人的には倉上君の「千日の瑠璃」をも凌ぐ、日本登攀史上最高のクライミングだと思っている。だが、その割に専門誌の取り扱いが小さく、クライミング界からの評価が余りにも低過ぎると思う。沢登りは確かに、色んな意味で評価が難しいと思うが、今回のワンプッシュ完全遡行は、誰が何と言おうと最高のクライミングだ。ま、当の本人はさして気にもしていない様だが。

 リョージ君は凄いクライマーだが、話していると普通に良い人って感じで、とても命懸けのクライミングをしているとは思えない。でも飄々とした中にも、次なる冒険が動き始めているのだろう。一ファンとして今後も楽しみにしたい。
# by kakera365 | 2017-04-12 22:54 | クライミング | Comments(0)