<   2017年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ボージョレ・ヌーヴォー

e0069822_20442575.jpg
 今日はボージョレ・ヌーヴォーの解禁日。

 って事で、王子でのトレーニングはパスして、ゆっくり味わいました。
 何時もは空気を読まずに晩御飯を用意する相方も、今年は鴨肉とチーズを買ってくれてました。私もプロシュートを買って帰ったので、お摘みはタップリ。

 毎年の事ながら、スッキリとしたフレッシュな味わいが美味しいです(^ー^)ノ▽
by kakera365 | 2017-11-16 20:52 | 生活 | Comments(0)

秋の渓谷

 日曜日は、オカカマン、もっさんと久し振りに渓谷ボルダーに行きました。
e0069822_22335934.jpg
 紅葉が綺麗でした。

 取り敢えず「ベガ」等でアップしてから、私のターゲットである「マーキュリー」でセッション。
e0069822_22342182.jpg
 登れそうで登れないもっさん。

 私は前回、ラストカチを触って落ちてたので、今回は落とす気満々でしたが、何故か下部でド嵌まり。何でやね〜んヽ(´o`;
 暫く打つも、一向に進展が見られないので、一旦休憩を入れて表面へ。
 オカカマンが「右舷」、もっさんが「タイタニック」を始めたので、見学がてらセッション。
e0069822_22343220.jpg
 もっさん「タイタニック」撃破!!!

 この日は、お久し振りのごろ〜さんが来てたので、一緒にワイワイ登る。
e0069822_22344172.jpg
 ごろ~さんも「タイタニック」撃破〜!!!

 ごろ〜さんと一緒に来ていた2人もナカナカ強く、女性の方は正攻法で「ベガ」を完登してました。
e0069822_22345238.jpg
 ジンパチでセッション中の御三方。

 そして、午後からはさかなクンがやって来た。
e0069822_2235186.jpg
 「ベガ」に嵌ってるさかなクン。

 一緒に来ていた2人もメッチャ強くて、こちらの女性も「ベガ」をサックリ登られてました。そして、豊岡から来たと言うお兄ちゃんは激強で、プロキオンでは有り得ないカチを持って登ってた( ̄O ̄;)
 勿論、さかなクンも負けじと頑張ってました。
e0069822_22351114.jpg
 「マーキュリー」を登るさかなクン。

 私も再度トライして見るが、一向に出来る気配無し。何なんだコレ(ー ー;)

 ラストはオカカマンのP。コンディションは最高なのに、傷めてる手首の調子が悪いのか、全く登れそうな雰囲気が感じられない。
e0069822_22352130.jpg
 又しても宿題になっちゃいました(´・Д・)」

 最近、身体意識の感触がかなり良かったので、今回は良い登りが出来そうだと思っていたのですが、予想外にサッパリでした。まだまだ修行が足りないと言う事でしょうね。

 紅葉は見頃になりつつありますが、私の心には冷たい風が吹き付けてます(´ーωー`)
by kakera365 | 2017-11-15 00:30 | クライミング | Comments(0)

再生

 連休明けの月曜日は休みを取っていたので、昼から北山公園へ行きました。

 秋らしい良いお天気で、植物園の草木も生き生きとしていました。
e0069822_2205383.jpg
 薔薇が満開でとても綺麗でした。

 小蘭亭横の竹林も良い雰囲気を醸し出してました。
e0069822_2211337.jpg
 薔薇が洋なら、こちらは和ですね。

 さて、今シーズン初の北山公園なので、何時もなら「初級スラブ」でシーズンインの儀式をしてから登るのですが、この日は別の目的があったのでショーギ岩へ向かいました。
e0069822_2213028.jpg
 ショーギ岩は平日でも人気です。

 そのままショーギ岩はスルーして、目的の岩に到着。
e0069822_2215781.jpg
 コレです。

 「美蕃登」を登って暫くしてから、この岩も登れるのではと思ってましたが、岩の形状を良く覚えて無かったので、実際に確認に来たのです。その結果、思ったよりもクラック?部分が少ないものの、何とかラインを引けそうなので、開拓キットで掃除を開始しました。
 粗方掃除が終わったので、いよいよ登攀開始。丁度良いガバがあったので、そこからスタートしました。
e0069822_2222122.jpg
 何か見た事ある風景。

 暫く打ち込んだら、予想以上にムーヴが上手く繋がって、2時間程で完登。

 「天岩戸(あまのいわと):2級」

 グレードは「美蕃登」に比べて低めですが、「美蕃登」同様に奮闘的で且つ意外にテクニカルで面白いです。但し、手のジャムは殆んど使わないので、クラッカーには少し物足りないかも。
 場所は「ゾンビ」の岩です。「ゾンビ」はスタートのガバフレークが剥がれて以降、全くと言って良い程触られてませんが、新たな課題が出来た事で、この岩を再生出来たのではと思います。
 「美蕃登」はちょっと厳しいって方にもオススメです。皆さん是非トライして下さい(^ー^)ノ
 因みに「ゾンビ」も軽く触ってみましたが、登攀不可能でも無さそうです。が、間違っても2級では無いです(;^_^A

 新課題が登れたので、良い気分でショーギ岩に行き、「ショーギノーマル」をサクッと登り、エレファントに行って「初級スラブ」「エレファントノーズ」「コックロックフレーク」の3部作を登り、アドレナリンに向かう。
 先ずは「アドレナリンカンテ」をするが、足が滑って上手く登れない。「アドレナリンスラブ」も触ってみるが、案の定登れない。暫く撃ってみるが余り進展も無く、無念の敗退。
e0069822_2225960.jpg
 アドスラにトライするクライマー。

 薄暗くなって来たので、切り上げて帰途に着く。
e0069822_19152368.jpg
 夜景が綺麗でした。

 土日に10数時間山を歩き、この日もプロジェクトを2時間打ち込んだとは言え、アドカン&アドスラが登れないとは・・・・・
e0069822_2235395.jpg
 黄昏の景色に体力の衰えを感じました。

 「こんな日もあるさ」と無理矢理自分を納得させる。
 新しい課題も出来たから「まぁ良いか」。
by kakera365 | 2017-11-08 21:52 | クライミング | Comments(0)

大峰登山-2

 2日目はいよいよ釈迦ヶ岳に登ります。

 予定では9時間程度の歩行となるので、明るくなる6時前からヘッドランプ点けて出発。
e0069822_2243657.jpg
 雲一つ無い黎明の空。

 釈迦ヶ岳へは奥駈道を往復するのが一般的だが、私は昔登った事があるし、最近新しい道が幾つかある様なので、前日も通った閼伽坂峠から閼伽坂尾根を登り、帰りは石楠花岳から東に伸びる尾根を下る事にした。
e0069822_22432589.jpg
 尾根道とは言え一部急な所も。

 子供達と景色や紅葉を堪能しながら、黙々と登る事約3時間で二つ岩、太古の辻を越えて深仙宿に到着。
e0069822_22434158.jpg
 最高のお天気です。

 深仙宿は大峰山系でも最も好きな場所の一つ。前鬼同様に霊気を感じるも、兎に角心が落ち着く。
 此処からは頂上をピストンなので美雲の荷物はデポして、最後の登りに向かう。途中振り返ると、紀伊半島の山々が一望出来る。見渡す限り山、山、山。
e0069822_22441549.jpg
 山並みとは良く言ったものです。

 40分程で頂上に到着。御釈迦様は相変わらず静かな眼差しで迎えてくれた。
e0069822_22443486.jpg
 やった〜!登頂!!!

 スッキリ晴れ渡り360度の絶景が広がる。
e0069822_22444885.jpg
 八経ヶ岳、弥山、七面山。。。

 タップリ景色を堪能したら、深仙宿まで下って小休止。お湯を沸かしてスープを飲む。ポカポカ陽気で気持ち良い(o^^o)
e0069822_22452587.jpg
 温かいものが美味しいです。

 帰路は太古の辻を越え、南奥駈道を少し南下して、石楠花岳から尾根を下る。
e0069822_22454718.jpg
 ユックリ降りましょう。

 この尾根からは、登って来た閼伽坂尾根と釈迦ヶ岳、その左右に大日岳と孔雀岳五百羅漢のパノラマが見渡せる。
e0069822_22461196.jpg
 美しい五百羅漢の紅葉。

 石楠花の薮を掻き分け、マーキングの少ない不明瞭な道を慎重に下って、何とか予定の時間に前鬼小仲坊に帰り着いた。


 久し振りの大峰登山は本当に楽しかった。アルプス等の高峰も非日常が味わえて楽しいが、大峰山系では動植物が豊かで、水や岩と言った自然も美しい。そこに修験道とそれに関わる人々の生活、歴史が複雑に絡み合って成り立っている。大峰に魅せられて24年。沢登りでは何度も来ているが、山登りも素晴らしいと再認識。やっぱり私は大峰が好きなんだな。
 子供達も気に入ったみたいだし、来年も行ってみよう(=゚ω゚)ノ


 <オマケ>
e0069822_19094337.jpg
 小仲坊のアイドル柴犬ジン君。
by kakera365 | 2017-11-07 22:06 | 家族 | Comments(0)

大峰登山ー1

 三連休の初日は、瑞穂の音楽会。
 撮影禁止なので写真はありませんが、合唱ではアルトを大きな声で歌い、合奏では木琴をしっかり奏でてました。ピアノを習っていた事もあってセンスは良さそうなので、これからも音楽に親しんで貰えればと思います。

 そして土日は、美雲が山に行きたいと言うので、海晴と3人で大峰山系の釈迦ヶ岳へ行きました。
 途中、宮滝辺りで二箇所通行止めがあって大分迂回させられましたが、何とか予定時間内に前鬼林道に入り不動七重滝を見物。
e0069822_22383199.jpg
 何度見ても本当に美しい滝です。

 登山口の駐車場に車を停め、小一時間林道を歩いて前鬼小仲坊に到着。私は何度か訪れているのですが、変わらず素晴らしい所です。子供達も此処の雰囲気を気に入った様です。

 テントの設営を終えたら、裏行場へ向かいました。
e0069822_22384646.jpg
 ヒメシャラの林を進む。

 閼伽坂峠まで来ると、孔雀岳の五百羅漢が目に飛び込んでくる。
e0069822_2239858.jpg
 五百羅漢の壮観。

 峠から暫く下って行くと、垢離取場に到着。
e0069822_22392682.jpg
 美しい前鬼川の流れ。

 子供達は初めて見る水の綺麗さに感動していました。
e0069822_2240271.jpg
 正に前鬼ブルーです。

 暫し前鬼川の流れを堪能してから、時間も少なかったので三重滝は諦めて、前鬼に戻りました。
e0069822_22402263.jpg
 行場へのアプローチとは言え、子供達にはなかなか厳しい道です。

 前鬼は本当にノンビリ出来て良い所です。昔と変わった所と言えば、アプローチの登山道が通行止めになっている事と、綺麗なトイレが出来た所くらいで、後は全然変わらず。ずっとこの雰囲気を維持して頂きたいと切に願います。
e0069822_22404874.jpg
 小仲坊のテン場。

 日も暮れかかり、お腹が空いて来たので、晩御飯にチーズリゾットとマルタイの棒ラーメンを作る。
e0069822_22412073.jpg
 リゾット作ってます。

 締めにビールとコーラで乾杯。
e0069822_22413822.jpg
 ツマミ加熱中。

 暗くなったらする事も無いので、17時半にはシュラフに潜り込んでオヤスミナサイ。
by kakera365 | 2017-11-06 23:58 | 家族 | Comments(0)

Website

 10月いっぱいで、私のウェブサイトがプロバイダの都合で閉鎖になった。

 HTMLを勉強してタグ打ちで初めて作った「kiwi」、長男の美雲が生まれた時に作った「美雲の部屋」、クライミング関係を纏めた「Fragments」、アルティメットチーム「GROOVE」のサイト、いっぱい作って色々情報発信し、同志の交流に寄与して来た積りだが、これも時代の流れか。
 閲覧して頂いた皆様、長い間ありがとうございました。これからもBlog「Soliloquy」の方で情報発信して行きますので、宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

 北山公園のトポについては、改訂版が出来次第、オンラインストレージにでもアップしようと思いますので、暫しお待ちを・・・・・
by kakera365 | 2017-11-01 21:32 | 生活 | Comments(0)