<   2017年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

サバゲー

注)サバゲーは「サバイバルゲーム」の略で、決して「食べた鯖を嘔吐する事」でも「鯖の吐瀉物」でもありません。


 日曜日は、前日に続いてげんちゃん、けいすけ君、ゆうと君、海晴に私の5人で、泉佐野にあるオペレーションさんで開催されるサバゲーに行きました。主催者がげんちゃんのパパ友なので、我が家は初めてですが、非常にウェルカムな感じで参加させて貰えました。
 9時過ぎに現地へ到着してセーフティに入ると、そこはもう既に戦場と化してました。
e0069822_202304.jpg
 テロリストのアジトか!∑(゚Д゚)

 我が家の2人は初心者なので、簡単にルールの説明を受け、準備が整った所で参加者全員集合。
e0069822_203091.jpg
 怪し過ぎる集団( ̄◇ ̄;)

 チーム分けが終わったら、早速ゲームスタート!!!
e0069822_2031777.jpg
 走るげんちゃん&海晴。戦闘開始です(=゚ω゚)ノ

 随分前からエアガンに嵌ってた海晴は、初めてのサバゲーにめっちゃ張り切ってました。
e0069822_2063716.jpg
 夢中で遊んでますね(´・Д・)」

 私は10禁のゲームにハンドガン2丁(1丁はリボルバーのCOLT PYTHON 357mag 4 Inch)で数回参加しましたが、後はセーフティでノンビリ。待ち時間は退屈なので本を読んだり、ブラブラして物色したり。
e0069822_2065382.jpg
 当然ながら自衛隊のコーナーも(^◇^;)

 お昼を挟んで午後は、抽選会からスタート。
 エントリー時に貰った番号札を片手に力が入るが、当然の如くハズレ。が、4つしか無い景品の一つを、子供達だけのジャンケン大会で、海晴が見事にゲット!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
e0069822_2071659.jpg
 景品ゲットだぜ!!!

 そして昼一は、ハンドガンによるシューティングマッチ。前日頑張ってお疲れのげんちゃんも遊んでました。
e0069822_2073789.jpg
 シッカリ狙って〜!!

 サバゲーは撃ち合って勝敗を決めるだけではありません。好きなウェアを着込んで、色んな人物に成り切って遊ぶのもまた楽し。
e0069822_208943.jpg
 タリバンとターミネーター。

 その後も延々ゲームが続き、5時半までタップリ遊びました。
e0069822_2083724.jpg
 最後まで遊び倒し。

 初めてのサバゲーはナカナカ楽しかったです。緊張感こそクライミングには及びませんが、運動量も豊富で、戦略にも頭も使うので、凄くリフレッシュ出来そうです。皆さんのウェアやエアガンへの拘りも、狙撃銃の人やリボルバー2丁拳銃の人も居たりして、とても個性が出てました。
 海晴は「人生で一番楽しい日やった!」と言う位に満喫した様で、夢中になれるものがあるって言うのは本当に良い事ですね( ´ ▽ ` )ノ
by kakera365 | 2017-09-26 21:49 | スポーツ | Comments(0)

雪彦山

 先週末の土曜日は、げんちゃんと雪彦山でマルチの練習。
 行ったのは、三峰南東壁「ニッチモ」と不行岳南東壁「サッチモ」の継続登攀。

 練習と言う事で、私は登攀記録等は読まず、一応トポだけは持って行くが、細部は読まずにルートファインディングやギアの選択等は感覚で決めるって方針で始めるが、のっけから「ニッチモ」の取り付きを通り過ぎて少々時間を食ってしまう(´Д` )
 何とか取り付きをらしき場所を発見したので、ジャンケンで勝ったげんちゃんがトップでスタート。1ピッチ目がいきなり前傾壁5.10dの核心らしいが、げんちゃんは2ピン目で早速迷う。
e0069822_1957954.jpg
 右か?左か?

 一旦左に行くが、ピンが遠いので右に行くものの、再び行き詰まった様で、再度左にカムを極めて進んで行くが、相当パンプしてる様だった。
e0069822_19575370.jpg
 見た目よりかなり被ってます。

 上部でもかなりの時間を費やしたが、何とかオンサイトに成功。私もフォローで登って行くが、グレード以上に厳しく感じられ、中間部で前腕がパンパンに張って敢え無くテンション。1ピッチ目で早くもチームオンサイト消滅(つД`)ノ
 その後も、ヌンチャクを6本しか持って行かなかったので、ボルトにスリングを掛けたり、禁断のカラビナ直掛けしたりしながら、お互い担当のピッチをオンサイトで突破して三峰の頂上へ。山頂からは、隣の地蔵岳東稜を登るパーティーが見えた。
e0069822_19581378.jpg
 地蔵岳もなかなかの迫力です。

 懸垂でコルに下降して、今度は「サッチモ」。再度げんちゃんから始めるが、結構シビアなスラブらしく、何度も咆哮が聞こえる。
e0069822_19584016.jpg
 メンタル的にも厳しかったらしい。

 核心の2ピッチ目5.10cは、今度は私の番。最初のボルトが遥か上のハングの上にあり、右から行くか、左から行くか迷ったが、左のスラブのトラバースを選択。腐ったリングボルトにクリップして、ハング下へ入る、ハンガーボルトにクリップしようとするが遠い(´Д` )
 一旦戻って少しフットを上げてから、思い切ってアンダーで立ち上がると届いてホッと一安心。上部はライン取りにやや迷うものの、難易度は落ちてサックリオンサイト。
e0069822_1959233.jpg
 フォローして来るげんちゃん。

 最後はノーピンのスラブをスタスタ上がって、取り敢えず全ピッチをオンサイトで完登。
e0069822_19591991.jpg
 お天気イマイチでした。

 締めに雪彦山最高峰の大天井岳山頂を踏んでから下山。雪彦温泉で汗を流してから帰りました。


 げんちゃんとは、昔から良く一緒に登ってたけど、今回初めてマルチに行ってみて、色々と課題が浮き彫りになった。先ず、ルートファインディングが下手糞。そして、ギアの選択が滅茶苦茶。脆いホールドに神経を擦り減らしたし、体力の無さも露呈。そして何より、私の登攀力が低過ぎる(´Д` )
 ただ、今回一緒にマルチに行った事で、お互いの長所も短所もある程度理解出来たので、今後改善も図れるし、弱点はフォローし合えればそれなりにやって行けそうな気がして来ました。

 お互いマルチの経験は未だ未だ浅いので、切磋琢磨しながらレベルアップして行ければ良いなと思います(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2017-09-25 23:39 | クライミング | Comments(0)

森林植物園

 火曜日は、海晴が体育祭(台風で延期になったけど)の代休だったのと、マンションの排水管の清掃があったのでお休みを頂き、昼過ぎから2人で森林植物園に行きました。

 久し振りの森林植物園でしたが、流石に何度も来ていて同じ道を歩くのも飽きたので、行った事の無い「思い出の森」って所へ行きました。メインのコースでは無い所為か、余り整備も行き届いておらず、結構アップダウンもあってナカナカ楽しめました。
e0069822_22194440.jpg
 切り株に茸。

 暫くウロウロして「天津の森」に出たら、バードウォッチングをする人達と遭遇。然し我々は、双眼鏡も望遠レンズも持ってないので、カエルやバッタ等の地上の生き物を観察。
e0069822_2221088.jpg
 腕乗りショウリョウバッタ。

 他にもヤマアカガエルやキリギリスなんかを捕まえて遊んでから、今度は「ブリスベーンの森」へ行くと、樹皮がベロベロに捲れたユーカリがお出迎え。
e0069822_22211342.jpg
 オバケみたいです( ̄O ̄;)

 ベンチで少し休憩してオニギリとか食べてから、長谷池の方へ向かう。
e0069822_22212611.jpg
 木のトンネルを潜る。

 「カモシカ広場」へ行くと、平成27年に山梨県で保護された、一番若い雌の「さつき」が直ぐ近くまで寄って来る。
e0069822_22213657.jpg
 可愛いさつきちゃん。

 フェンスに前脚を掛けてはこちらの様子を窺うので、乳ボーロをあげてみるが無視。そこで、その辺に転がってた団栗を拾って投げてやると、ボリボリ食べ始めたので、掻き集めてイッパイ投げ入れてあげた。

 最後は芝生広場から秋草の小道を上がって終了。
 帰り際に北鈴バッティングセンターに寄って、これまた久し振りにバットを振り回しました。
e0069822_22215090.jpg
 身体が流れてますね(´・Д・)」

 その後は、関西スーパーに行って買い出しし、家に帰って晩御飯の用意。
e0069822_2223522.jpg
 アクアパッツァ仕込中。

 晩御飯はパスタ。お酒はアクアパッツァに使った白ワインを頂きました。
e0069822_2223405.jpg
 こちらも久し振りのワイン。

 今回は時間も少なかったので、ハイキングにも行けず森林植物園で済ましましたが、それでもゆっくり歩いて生き物にも触れて、山の空気を満喫出来ました。海晴もカメラを持って行って、私のアドバイスを聞きながら色々撮影してたので、良い練習になったと思います(^-^)/
by kakera365 | 2017-09-20 23:53 | 自然 | Comments(0)

スイミング

 嵐の三連休。
 三日目は、一人でしあわせの村のプールに行ってスイミング。

 身体意識をしっかりイメージしつつ平泳ぎで25m×40本、水中ウォーキングも25m×40本やって取り敢えず満足したので終了。パインジュースを飲みながら、マッサージチェアで身体を解してから帰りました。

 岩を全く触らない三連休でしたが、台風直撃の割にはそれなりに色々出来て、まぁそれはそれで良いんじゃ無いでしょうかね。


 ぼちぼちシーズンインに向けて上げて行こう(^ー^)ノ
by kakera365 | 2017-09-19 19:56 | 生活 | Comments(2)

王子改修

 嵐の三連休。
 二日目は、台風の影響で閉館してる間に壁を一部改修するとの事で、海晴&瑞穂を連れて王子へ行って来ました。
 到着すると、既に壁の改修工事は終わっており、後はホールドを付けるだけになってました。
e0069822_20595076.jpg
 改修作業に従事された皆さん。

 子供達は作業の邪魔にならない様に登らせて、私はホールド付けのお手伝いをしました。
e0069822_21000400.jpg
 好きな課題をトライしてます。

 壁の改修も粗方終わったので早目に撤収し、帰りにコープデイズに寄って、握り寿司パックに半額シールが貼られた瞬間にゲットして帰りました。
by kakera365 | 2017-09-18 21:35 | クライミング | Comments(0)

新しいイオンモール

 嵐の三連休。
 初日はそれ程雨も激しく無かったので、兵庫に新しく出来たイオンモール神戸南へ行きました。9月20日のグランドオープン前のプレオープンですが、殆んどのお店が開いてました。
e0069822_11205861.jpg
 館内案内のパンフレット。

 取り敢えず館内をブラブラしてみるが、さして目新しいお店も無く、namcoのゲームセンターへ行ってみると、クレーンゲームが結構充実しててついついやってしまう。
e0069822_11212956.jpg
 オールチョコベビーのクレーンゲーム( ̄◇ ̄;)

 小腹が空いたので、フードコートの「IPPUDO RAMEN EXPRESS」へ行ってラーメンとチャーハンを食べるが、ラーメンは兎も角、チャーハンが590円もするのに量がミニチャーハン並みで、しかもベチョベチョって最悪な味で、若し行っても絶対に喰わない方が良いです。

 その後、2階にスポーツオーソリティって、スポーツ用品専門店があったので行ってみると、ボルダリングが出来る様になってて、結構順番待ちになってた。
e0069822_11220071.jpg
 どうやらクライミングは人気のスポーツの様です(´・Д・)」

 その後はハーバーランドへ移動して、スノーピークでお買い物してから帰りました。

 折角出来たイオンモールですが、ワザワザ行く必要のある店も殆んど無く、グランドオープン前に先行きを心配してしまう状況です。あっちこっち作れば良いってもんじゃ〜無いですね(。-_-。)
by kakera365 | 2017-09-17 21:37 | 生活 | Comments(0)

THE QUAD

e0069822_21161285.jpg
 週末のツアーに備えて(全く無駄でしたが)、自己確保用のクワッドを作ってみました。

 6mmのナイロンロープ7mをダブルフィッシャーマンで結び、二重にして2箇所をオーバーハンドノットにして出来上がり。取り敢えずの感想としては、非常にシッカリしてて安心感抜群なんですが、いかんせん重い。マルチで持って上がろうって気にならん。少し短くしたら若干は軽くなるかも知れないが、他に使用用途も限られてるので(ギアラックくらい?)、普通に長めのダイニーマスリングで良いんじゃ無いかと思った。
 まぁ、使い勝手は良さそうなんで、暫くは使いながら改良しつつ様子見します。


 それにしても、台風の馬鹿野郎〜o(*`ω´)o
by kakera365 | 2017-09-15 22:12 | クライミング | Comments(0)

角煮

 先週末は2日共良いお天気だったけど、三連休のツアーに備えてクライミングはレストして、インドアな生活をしてました。

 土曜日は三宮へ買い物に出掛け、Joshinでエアガンを買い、紀伊國屋書店で岩波文庫の「中世騎士物語」を買いました。そして、日曜日は家から一歩も出ずに、台所でシコシコと豚の角煮を作りました。
e0069822_21144577.jpg
 香味野菜と一緒に下茹で中。

 下茹でが終わったら、調味料を入れ、キッチンペーパーで落とし蓋をして、グツグツ煮込む。
e0069822_21150270.jpg
 角煮の隣で菠薐草を茹でてます。

 丼に御飯を盛り、角煮、菠薐草、白髪葱を載せて完成で〜す\(^o^)/
e0069822_21151548.jpg
 美味しそう( ̄Д ̄)ノ

 副菜に作った茄子と胡瓜の塩昆布和えと玉子豆腐を並べ、ビールを開けて頂きま〜すψ(`∇´)ψ


 ちょっと脂身が多くてしつこかったけど、そこは練り芥子でサッパリさせてガツガツ喰らいました。ま、自分で作ったんで美味いに決まってるわな(^ー^)b
by kakera365 | 2017-09-12 22:44 | 生活 | Comments(0)

ROCK&SNOW077

e0069822_19384248.jpg
 新しいロクスノの特集は「英国のクライミング」。

 正直、特集と呼ぶには少々ページが少ないと思うが、それでもジェームズ・ピアソンの軌跡やスティーヴ・マックルーアのインタビューは、充分に読み応えがあるし、倉上君の記事もなかなか興味深い。そして、英国在住の坂野氏によるトラッドグレードに関する文章は、非常に分かり易く英国のグレードシステムを解説しており、自分自身のトラッドクライミングに対する考えを深めるのに、とても為になる内容だ。最近は日本でも、トラッドクライミングに傾倒するクライマーが増えつつあるので、倉上君には英国の精神をシッカリ学んで頂き、帰国後に登攀や講演会等でドンドン啓蒙して欲しいと思う。

 注目のアレックス・オノルドによる「フリーライダー」のフリーソロについては、次号に詳しく掲載されるであろう。
 その他では、これもページ不足を感じるが、スロベニアトリオによるアルジュナ西壁の記録や、平山ユージの「フェロー諸島での日々」もなかなか面白い。シューズ特集のフレッド・ニコルやシャルル・アルベールの記事も必読だろう。あと、知人関係だが「NIYODO LOVER」や日ノ御埼のルーフクラック、七種滝の登攀等は楽しく読めた。

 ただ、毎回思う事だが、「ROCK&SNOW」と言いながら、アルパイン系の扱いがぞんざいなのが気になる。Giri-Giri Boysによるベアトリス、K7での登攀記録は、時間が無かったかも知れないが、もう少し紙面を割いても良いのでは無いか? また、ホレチェク達によるガッシャブルムI峰南西壁の登攀も、池田さんが「ON THE SCENE」で紹介しているものの、もう少し詳細な記載があっても良いのではと思う。

 最近はクライミングの幅も大きく広がり、エクスペディションからスポート、沢登りやアイス、滑降等、様々なジャンルを百数十ページに詰め込むのは大変だろうが、やはり冒険と言う本質を柱にして読者にドキドキ、ハラハラを伝えないと、読み物としての価値は知れてしまうのでは無いだろうか?


 シューズテストやトレーニング理論が無意味とは言わないけど・・・・・
by kakera365 | 2017-09-11 00:06 | クライミング | Comments(0)

Sawa Climbing

 昨日は、ミチバタさんに誘われて、弥山川へ沢登りに行って来ました。
 今回は登攀メインなのでフェルト靴では無く、初めてクライミングシューズ(穴開きモカシム)で登りました。

 日帰り計画なので、一ノ滝と二ノ滝はスルーして、三ノ滝からスタートです。
e0069822_190225.jpg
 美しい釜を持つ三ノ滝

 取り敢えず釜を泳いで取り付くが、のっけから洞窟状で嫌らしい。そして2ピッチ目は、有り得ない程ハングした壁が頭上に覆い被さる。
e0069822_1902780.jpg
 ミチバタさん奮闘中。

 この厳しいドッ被りを、ミチバタさんが見事にフリーで突破。流石です(=゚ω゚)b

 その後もドンドン滝が出て来るので、勢いに任せてガンガン進む。
e0069822_1904773.jpg
 こいつはシャワークライミング。

 ズンズン進むと、第2の核心チョックストーン滝が奥に見えて来る。
e0069822_191682.jpg
 中々のゴルジュです。

 パッと見弱点の無さそうなこの滝ですが、他の人の記録にある様に、チョックストーンの奥に穴があって抜けられると言う、とっても珍しいラインがあります。
e0069822_1912399.jpg
 穴から覗くとこんな感じ。

 この出口の穴がかなり狭くて、ザックを背負ったままだと抜けられないって位で、胎内潜り的な体験でした。
e0069822_191417.jpg
 オギャーと生まれる瞬間。

 そこから暫く進むと、いよいよメインの双門の滝です。
e0069822_1945569.jpg
 遂に親玉登場。

 20年以上前に、この滝を見たいと言う理由だけで、弥山川沿いの登山道を今の相方と登り、その荘厳な姿に感動しました。その時には、この滝が登れるなんて思いもしなかったけど、今下から見ると登れそうに見えると言う事は、少しは成長したって事なんでしょう。

 最初の簡単なピッチを私が登った後、メインのピッチをミチバタさんに託しました。
e0069822_195195.jpg
 流芯を突っ切る。

 ミチバタさんは流石の登りで、ドンドン高度を上げて行きます。
e0069822_1954350.jpg
 チムニーはお手の物。

 最後は滝上に出てガッチリ握手。いや〜、ホントに貴重な体験でした。

 帰り際に滝見台から見た双門の滝は、20数年前と変わらぬ威容でゴルジュの最奥に佇んでました。
e0069822_1961044.jpg
 何度見ても凄まじい風景です。

 憧れだった双門の滝を登る事が出来たのは、偶然にもミチバタさんに誘われたお陰です。行く直前までは、初めてのパートナーだし、初めてのクライミングシューズでの沢登りだし、不安が一杯でしたが、取り付きに着いた瞬間からそんな不安は一掃し、純粋に楽しむ事が出来ました。
 本当に誘って頂いたミチバタさんには感謝します。憧れの弥山川はやっぱり最高でしたヾ( ´ ▽ ` )ノ
by kakera365 | 2017-09-03 23:59 | クライミング | Comments(0)