<   2015年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

野に育つ花

 今日は笠置の岩場清掃に行く積もりだったが、同行者が見付から無かったのと、やや風邪気味で喉が痛く、一日中日陰の笠置で振り返したら嫌だったので、申し訳無いけど欠席させて頂きました。BCKの皆さん、ゴメンナサイm(_ _)m

 9時過ぎ迄ゆっくり寝て、午前中はのんびり過ごす。午後からは、家で読書するか、王子で人工壁を登るか、北山公園へ行くか悩んだ末に、やっぱり岩と言う事で北山公園へ行きました。
 何時もの様にエレファント周辺へ行き、初級スラブの前でシーズンインの儀式を済ませ、「初級スラブ」「エレファントノーズ」「コックロックフレーク」と3本立て続けに登る。
e0069822_18180712.jpg
 やっぱりホームは落ち着きますね(=゚ω゚)ノ

 暫くコックロックの上で景色を眺めてから、ショーギへ移動。
e0069822_18183124.jpg
 ショーギは今日も盛況です。

 真剣トライの人達の合間に入れて貰い、「ノーマル」をサクッと登って空気を凍らせる(。-_-。)。何と無く居辛くなったので「ドラの音」に行くが、ここでもトライ中の2人を余所にサックリ一撃。
 と、ここ迄は良かったのだが、ショーギに戻って「スペシャル」を触ったら、4〜5便出しても一手目が取れず。シーズン初めで余り固執するのも何だし、時間も無いのでアドレナリンへ移動。

 アドレナリンへ行くと、教授親子がアドカンをサックリ登って撤収する所だった。
e0069822_18185028.jpg
 アドレナリンは静かでした。

 先ずは「アドカン」から触るが、信じられない位に乗れてる感が湧かない。4〜5便出して何とか登るが、自分でも恥ずかしくなる位、無理矢理で酷い登りだった。
 納得出来ない感を引き摺ったまま、今度は「アドスラ」にトライするが、当然の如く登れない。彼此10数便出したものの、ラストムーヴ迄行けたのは3〜4回。何がどう悪かったのか、何も分からないまま時間切れとなって敗退。


 この敗退をどう受け止めれば良いのか。要因を考えれば幾つも浮かんで来るが、全てが言い訳でしか無い。登れなくなって来ているとは思いたく無い。ずっとレベルアップを目指して頑張って来た筈だ。ただ、結果がコレでは頑張りが足りないと言う事か。
 色んなものとバランスを取るのは難しいし、モチベーションを常に保つのはもっと難しい。それでも、前を向いて進まなければ何も始まらない。


 帰りの車中、ラジオから松山千春の「大空と大地の中で」が流れて来た。

 「歩き出そう明日の日に、振り返るにはまだ若い・・・」
by kakera365 | 2015-11-29 22:56 | クライミング | Comments(0)

三連休-三日目

 三日目は再び瑞牆でボルダリング。
 連休前の天気予報では雨模様だったので人が少ない。まぁ私は、各種天気図から雨は降らないと踏んでいましたが( ̄ー ̄)b

 とっき~&きんちゃんと3人でブラブラしながら、トポに載ってない課題で適当にアップする。
e0069822_14184985.jpg
 この課題は意外に悪かったです。

 初日はとっき〜の写真ばかりだったので、撮影をお願いしたら、勝手に色々撮られてた。
e0069822_1419246.jpg
 とっき〜の自撮り写真。メモリーの無駄遣いやι(`ロ´)ノ

 続いて、簡単なスラブを3本。
e0069822_14191022.jpg
 真ん中のコレが一番悪い。

 連休だと言うのに、兎に角人が少なく昔の瑞牆の様で、静かに登れて気持ち良かった。
e0069822_14192090.jpg
 これぞ「ザ・瑞牆」。

 このエリアの締めに、2級位のマントル課題をするが、何度やっても出来ない。下地がイマイチで、悪い体勢からのマントルなので、思い切ってムーヴを起こせない。
e0069822_14192919.jpg
 とっき〜も出来てません。

 結局、2人共出来ずに敗退。とっき〜、何で出来へんねんΣヽ(゚∀゚;)

 エリアを移動して、今度は三ノ谷の桃岩で宿題回収狙う。
 「桃源右抜け」をサックリ回収し、「桃の花」にトライするが全く出来ないので、とっき〜に模範登攀をお願いする(>人<;)
e0069822_14193835.jpg
 簡単そうに登ってるけど・・・

 ムーヴが分かれば楽勝と思いきや、コレが全く出来ない( ̄◇ ̄;)。
 暫く「桃の花」を撃つが、全く進展が無いので、「夜」にトライされて居られる方に混ぜて頂きセッションするが、こちらも全く高度が上がらない!Σ(×_×;)!

 とっき〜&きんちゃんは用事があって帰ってしまったので、再び「桃の花」に波状攻撃を仕掛けるが、途中で指に穴が開いてジ・エンド(´д`|||)
e0069822_14194822.jpg
 何だコレ。サッパリ出来ひんわ┐(´д`)┌

 温泉入って馬刺を食べたら、御土産買って神戸へ直走る。


 今回のツアーは独りだったけど、のんびりマイペースで登れて良かった。成果は全く無かったけど、久し振りに静かな瑞牆を堪能出来て、一昔前の気持ちをちょっと思い出し、初心に返った様な気がする。
 瑞牆を最初に訪れてから丁度10年の節目に、こうして静かに登れたのも、何かの縁なのかも知れませんねo( ̄ー ̄)o
by kakera365 | 2015-11-27 21:10 | クライミング | Comments(0)

三連休-二日目

 二日目は、祖父の五十回忌と祖母の三十三回忌に出席の為、未だオーナーも寝ている早朝に宿泊所を出発して、実家のある横浜へ向かう。

 我が一族は比較的信仰心が薄く、特にウチなんかは法事は一切無く、親以外は墓参りすらしないので、横浜の伯母や従姉に会うのは30年以上振り。ウチの父や伯母は80歳超、末の甥っ子は就学前と、これだけ幅広い年齢層で大人数が集まるのも、これが最後かも知れない。

 高野山真言宗の光明寺さんで法要を営み、其の足で日野公園墓地へ御墓参り。
e0069822_16050749.jpg
 老若男女で御墓参り。

 その後、崎陽軒本店の中国料理「嘉宮」で食事会をしてから御開きとなった。

 時間がタップリ余ったので、従姉に案内して貰い、姉と3人で横浜観光。とは言っても、昔からある所は粗方行ってるので、比較的新しい所と言う事で、赤煉瓦倉庫周辺を散策する。まぁ、適当にブラブラして、御土産買っただけなので、後は写真連発で(;^_^A
e0069822_16052783.jpg
 みなとみらい21の夜景。

e0069822_16054442.jpg
 横浜赤レンガ倉庫。

 そして、金ちゃんオススメの象の鼻パークへ行く。
e0069822_16060129.jpg
 象の鼻テラスからの象の鼻防波堤。

e0069822_16062332.jpg
 ナビオス横浜の向こうに横浜ランドマークタワー。

e0069822_16064248.jpg
 コスモクロック21と水上バス海龍。

 何十年も行って無かった横浜だったけど、懐かしい様な新鮮な様な不思議な感じだった。
 機会を見付けてまた行こう(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2015-11-25 21:06 | 家族 | Comments(0)

三連休-初日

 先週末の三連休初日は、例年通り瑞牆でボルダリング。今回は天候が微妙で同行者を得られなかったので、金曜の晩からD:5君に荷物を積み込んで、独り寂しく出発。

 翌朝、植樹祭会場に着くと駐車場はほぼ満杯。取り敢えずとっき〜が来る迄、三ノ谷エリアの「光合成」横の岩でアップする。10級、8級と登って、2級のダイクトラバースを撃ってたら、とっき〜登場。どうも、御無沙汰してます(=゚ω゚)ノ
e0069822_14153138.jpg
 フレーク8級を登るとっき〜。

 私は黙々とダイクトラバースを撃つが、フットが微妙で中々パワフルなので、かなり粘って漸く完登。
e0069822_14154248.jpg
 トラバースを登るとっき〜。

 とっき〜はサクッと登った後に、「中々面白い課題なのでもっとトライして欲しいなぁ」と言って掃除を始める。やるんなら、私が登る前にして欲しい(´Д` )
 「光合成」をトライされてる方が居られたので寄せて貰うが、全く出来ないので早々に諦めて、今ツアーのターゲット「眠った風」へ行く。

 ザーッとホールドをチェックするが、ハンドホールドはまぁボチボチだが、フットがかなり限定的で厳しそう。取り敢えず取り付いてみたら、スタートが出来ない( ̄◇ ̄;)
e0069822_14155318.jpg
 とっき〜の模範登攀。

 一手ずつムーヴをバラして行き、何とか半分迄は進んだが、既にヨレヨレ。ホールドもガビってて指皮が痛いので、身体が(脳が?)拒絶反応を示し、核心にも行けずに敗退(´Д` )

 ターゲット敗退で意気消沈していた私を見兼ねたのか、とっき〜が1〜2級の綺麗なポケット課題に連れて行ってくれるが、見た目の素晴らしさとは裏腹に、全てのポケットが漏れ無く指に激痛い。
e0069822_1416454.jpg
 見た目は正に三ツ星ですが・・・

 何度かトライするも、余りの痛さに敗退。とっき〜曰く「一回で登らないと」。若しかして甚振られてるだけなのでは・・・・・

 締めは大黒岩の「天の川」。過去に何度も触っては敗退しているこの課題。取り敢えずは順調に核心手前迄は行くが、案の定縦ガバカチのマッチが怖くて出来ない。とっき〜もセッションしてくれて、色々ムーヴを探る。
e0069822_14161590.jpg
 この課題も美しい。

 せめて核心迄と腹を括ってスタートし、縦ガバカチのマッチに成功。「よっしゃー!!!」っと思ったのも束の間。次の瞬間右足が抜け、段差を擦り抜けて久し振りのマジ落ちで、枯葉の絨毯をゴロゴロ転がる。
 これでメンタルが完全にやられて撤収(; ̄ェ ̄)

 何時もの温泉で汗を流し、うどん屋で晩御飯を食べてから、簡易宿泊所「室井」で宴会。噂の「信玄餅の正しい食べ方」をレクチャーして頂く。
e0069822_14162514.jpg
 ここへ黒蜜を掛けます。

 後は只管、飲んで駄弁ってワイワイ楽しく( ^ ^ )/■

 風邪気味で喉が痛いので、早目に就寝。。。
by kakera365 | 2015-11-24 22:15 | クライミング | Comments(0)

解禁

e0069822_20163910.jpg
 本日はボジョレ・ヌーヴォーの解禁日です。

 今年のヌーヴォーは、彼のジョルジュ・デュブッフ氏をして「50年のワインづくりの人生でも最高の出来だ」と評する出来だそうで、ここは氏に敬意を表して「ジョルジュ・デュブッフ ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー セリクション プリュス 2015」を買いました。
 毎年買って飲んでるのに、こう言う時に相方は空気を読まないタイプなので、晩御飯は親子丼(´Д` )。予想はしてたので、摘みにハム3点セットを買っておいて正解です。

 さて、お味の方ですが、まぁヌーヴォーなんでアッサリ飲み易いって、当たり前過ぎる感想で御勘弁を(;^_^A
by kakera365 | 2015-11-19 20:15 | 生活 | Comments(0)

王子

 週末はお天気もイマイチだったので、瑞穂と2人で王子へ行きました。
e0069822_19344557.jpg
 日曜日は子供達で一杯です。

 取り敢えず、テープ課題を8級から順番にトライして行きます。
e0069822_19350288.jpg
 垂壁は比較的アッサリ登る。

 暫くするとオカカマン家族もやって来たので一緒に登る。
e0069822_19352042.jpg
 みんな仲良く一緒に登ってます。

 瑞穂は順調に6級まで来たが、被り面に来た途端に嵌まる。この辺りは忠実に、親の遺伝子を受け継いでいる様です( ̄▽ ̄;)
e0069822_19353606.jpg
 被りは苦手な様です。

 それでも最後まで頑張って、あと一手まで漕ぎ着けました。この調子で続けて行けば、ドンドン登れる様になると思います(o^^o)


 私も軽くイメージトレーニングして、其れなりの感触を掴めました(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2015-11-15 21:42 | クライミング | Comments(0)

蒸留酒の季節

e0069822_19493575.jpg
 ぼちぼち涼しくなって来て、ビールもお腹が冷えるので、ちょっと奮発して蒸留酒を3本買いました。
 左からバーボン「ブランドン」、アイラのモルト「ブルイックラディ」、スペイサイドのモルト「モートラック」。
 タンブラーに注いでチビチビやりながら読書とかします(=゚ω゚)ノ

 取り敢えずバーボンから行ってみようか( ̄ー ̄)
by kakera365 | 2015-11-06 23:02 | 生活 | Comments(0)

ゲロック

 飛び石連休は瑞牆へ行く予定だったが、月曜日の雨が確実だったのと、ラグビーの決勝が見たかったのでキャンセルして、文化の日によこちゃんとゲロックへ行きました。

 私は特にコレと言った目的も無く、よこちゃんの希望通りに運転して、取り敢えず「ドーラ」のエリアへ行き、先ずは前回おおがっちゃんが嵌った、3級の課題でアップする。
e0069822_19125654.jpg
 比較的アッサリとクリア。

 さて、身体も暖まったので、早速本題の「ドーラ」に取り付くが、どうもヒールがシックリ来ないので、オアシを脱いでミウラーでやって見ると、前回の最高到達点(と言っても2手目だが)をアッサリ越えてヒールの掛け替え迄行けた。よこちゃんは手に足ヒールが出来ない様で、先に左手を飛ばしてからのヒール。
e0069822_1913518.jpg
 ここから私は左手に足だが、よこちゃんは左手飛ばし。

 精力的にガツガツトライするが、流石に段々ヨレて来たので、部分練習に切り替えてムーヴを探る。
e0069822_19131486.jpg
 被りがキツイのでヨレます(´Д` )。

 その後は余り進まず、時間も限られてるのでワールドロックへ移動。
 前回全く出来なかった「アンセム」をやって見るが、ヨレてる上に大の苦手なランジなので、相変わらずサッパリ出来ない。よこちゃんは良い感じに飛び出せてて、ガバにも届きそうだ。
e0069822_19132382.jpg
 指よ!届かんかい!!

 私は取り敢えず飛び出す感覚を掴む所から練習( ̄◇ ̄;)
 隣の「阿吽」を見たり、「MOJO」を冷やかしで触ったりしつつ、体力の回復を図る。
e0069822_19133029.jpg
 この「MOJO」も結構悪い。

 よこちゃんはその後、何度かトライするものの、結局1回も止められず。
e0069822_19133641.jpg
 止めれそうで止まらない。

 結局、何も登れないまま神戸に帰り、よこちゃんち近くのローソンで止まったら、左後輪がパンクしてるのを発見(ToT)

 風邪をひいたのか喉も痛くなるし、何だか踏んだり蹴ったりの休日でした(。-_-。)
by kakera365 | 2015-11-05 23:25 | クライミング | Comments(0)

紅葉

 日曜日は、美雲が部活で氷ノ山に行ったので、残った4人で久し振りに森林植物園へ行きました。
 紅葉の季節と言う事で、なかなかの人出で盛況でした。

 森林展示館の前には、飾り付けされたトンネル等が展示されてました。
e0069822_1327798.jpg
 クリスマス飾りの様ですね。

 何時ものコースで「うさぎにくに」や「沢の池」に寄りながら、園内をテクテク歩いて行く。山査子の実を見たり、ひっつき虫で遊んだり。
e0069822_13271486.jpg
 猿の腰掛を撮影する海晴。

 トンネル手前のベンチが良い雰囲気だったので、ここでお昼御飯を食べる。
e0069822_1327215.jpg
 モミジの下でお昼御飯。

 お腹が満たされたら、お次は遊びです。エアガンを持って来た海晴が空き缶を狙い撃ち。
e0069822_13272754.jpg
 スナイパー海晴。

 一通り遊んだら、再び歩き出す。
e0069822_13273334.jpg
 カラフルなトンネルを通過。

 長谷池まで来ると、一段と紅葉が綺麗です。
e0069822_13273938.jpg
 真っ赤だね。

 子供達の希望で、遊具のある「冒険の丘」へ向かう途中に、動物等のオブジェが展示されていた。
e0069822_13274676.jpg
 ぷ~ちゃんポーズ。

 ラストは遊具でタップリ遊んで終了。
e0069822_13275219.jpg
 足が着いてます。

 やっぱり自然の中で遊んだり、御飯食べたりするのは楽しいですね(o^^o)
by kakera365 | 2015-11-04 21:43 | 自然 | Comments(0)

連覇

 土曜日の深夜、ワールドカップ決勝。

 決勝の舞台に勝ち上がって来たのは、我らがニュージーランド代表オールブラックスとオーストラリア代表ワラビーズ。
 オールブラックスは、準決勝で南アフリカ代表スプリングボクス相手に、苦しみながらもノートライに抑え、激闘を制しての決勝進出。一方のワラビーズは、アルゼンチン代表ロス・プーマスに快勝。ただ、この試合は見掛けの点差こそ開いたものの、内容的には辛勝に近い感じだった。

 決勝の放送開始前、お風呂に入って身を清め、上下黒の下着を身に付けた上で、オールブラックスのジャージに袖を通して、テレビの前に鎮座してキックオフを待つ。
e0069822_17375279.jpg
 30年愛用のラグビージャージ。

 前半は、オールブラックスペースで進む。最初のペナルティゴールを、ダン・カーターが決めて先制。その後同点になるも、直ぐにPG2本で引き離しての前半終了間際、マコウからのパスを受けたミルナースカッダーのトライで、16-3として前半を折り返す。
 後半開始早々にも、ソニー・ビルのパスを受けたノヌーの独走トライで21-3と点差を広げ、これでもう勝利は確定かと思ったが、この後ワラビーズがポーコック、クリンドラニの連続トライで4点差まで猛追。何と無く嫌な空気が漂い始め、見ている方も段々落ち着きが無くなって、スタジアムの雰囲気もワラビーズに傾き始めたかに思えたが、直後にダン・カーターのドロップゴールが決まった瞬間、何故かオールブラックスの勝ちを確信した。
 最後はベン・スミスのロングキックを上手くコントロールしたバレットのトライで突き放してノーサイド。
 ニュージーランドが史上初の連覇で、3度目のワールドカップ制覇となった。


 今回は、前回大会のフランスとの決勝よりも落ち着いて見る事が出来た。終始押し気味だったし、スコアも常にリードしていた事もあるが、何と言ってもダン・カーターの冷静なプレー振りが素晴らしかった。前回大会を怪我で棒に振ったカーターは、今大会に掛ける思いも嘸かし強かろうと思っていたが、気合い以上に純粋にラグビーを楽しんでいた。
 この大会を最後に、ダン・カーターやリッチー・マコウ、ケビン・メアラム、コンラッド・スミス、トニー・ウッドコク、マーア・ノヌー等の錚々たる選手達が代表から引退するだろう。一つの時代が終わり、また新しいオールブラックスに生まれ変わる。
 私にとってはフォックス、カーワンから始まったオールブラックスだが、その後多くのプレイヤーが現れては消えて行った。活躍した選手も開花しなかった選手も、好きなプレイヤーもそうで無いプレイヤーも居たが、その全てが愛するオールブラックスである事に変わりは無い。これまでも、そしてこれからも。

 Congratulations ALL BLACKS!!!(^-^)/
by kakera365 | 2015-11-02 01:52 | スポーツ | Comments(0)