<   2015年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

権現、再び

 土曜日は、先々週に続いて権現でルート。メンバーはまっちゃん、うめちゃん、オカカマンに私の4人。

 先ずはヌンチャク掛けで、私が「逆さでシェイク」にトライする。あわ良くばレッドポイントをと思っていたが、そうは問屋が卸す筈も無く、前回と同じ所でテンション。ムーヴを探りつつ2ピン上まで行った所で、まっちゃんが「アップなんだから適当にした方が良いですよ」と助け舟を出してくれたので、御言葉に甘えて一旦降りる。
 続いてオカカマンがトライして、残りのヌンチャクを掛けながらトップアウト。
e0069822_20183296.jpg
 ナカナカやりおるがな。

 更にうめちゃんもトライするが、中間部のハング越えでモタつき、大分粘ってから降りて来る。
e0069822_20183986.jpg
 うめちゃん頑張ってます。

 先週「逆さでシェイク」を墜としたまっちゃんは、新たなターゲット「もも」に挑戦。
e0069822_2018469.jpg
 核心手前までは行けました。

 2巡目に入り、上部を全くやって無い私は、目標を取り敢えずトップアウトに切り替え、各駅停車ながらも何とか終了点に到達。
 オカカマンはレッドポイント狙いで取り付き、最終ピンをクリップして余裕かと思わせたが、予想外のテンションコール。周りからも溜め息が漏れた。
 まっちゃんは更に高度を上げて、次回に望みを繋ぐ内容。

 私も「もも」を触ろうかと思ったが、腕がパンプして戻って来ないので、「縄文人の逆襲」や「笹の茶美人」下部のボルダーで遊んで終了。


 この日は、本数こそたった2本と少なかったけど、積極的にトライ出来たし、一応目標を達成したので、それなりに満足しました。
 この調子で、もう少し頑張ってみようと思います(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2015-05-31 23:49 | クライミング | Comments(0)

SUPER FORMULA

 先週末は、岡山国際サーキットで開催された全日本選手権スーパーフォーミュラ第2戦を、美雲&海晴と見に行きました。

 土曜の昼過ぎに到着したら、丁度スーパーフォーミュラの予選が始まったので、ジックリ観戦する。フルアタックの予選はやっぱり面白いです。
e0069822_2012188.jpg
 ポールポジションを取った、P.MUの石浦。

 注目のKYGNUS SUNOCOの小林可夢偉は、DOCOMOの野尻、無限の山本のホンダ勢2台を挟んで4番手とマズマズの位置取り。

 続いてイベント会場へ行くと、TOYOTA GAZOO RACINGのブースに、往年のレーシングカーが並んでいた。
e0069822_20122576.jpg
 WRCのカローラを撮影する美雲。

 再びサーキットへ戻ると、F3の第6戦が始まったので観戦するが、何故か排気音がスーパーフォーミュラよりデカい。
e0069822_20123410.jpg
 スタートシーンです。

 そんなこんなで、フォーミュラマシンの速さに満足して初日終了。

 明けて日曜日。
 先ずは、スーパーフォーミュラのフリー走行が行われ、続いてホンダの軽自動車N-ONEのOWNER'S CUPが始まる。
e0069822_20124227.jpg
 N-ONEがイッパイ(^◇^;)

 一方、イベント会場では、AKB48 Team 8がドライバートークショーをやってたので見に行く。
e0069822_20124838.jpg
 AKB48とP.MUのポールシッター石浦&国本。

 お昼御飯を買ったりしながら、会場内をブラブラしてたら、学生フォーミュラのブースがあって、岡山大学や広島工業大学のマシンが置かれていた。
e0069822_2012555.jpg
 学生フォーミュラのマシンに乗る海晴。

 午後からは、F3の第7戦を挟んで、いよいよスーパーフォーミュラの決勝。
 抜群のスタートを切ったのが、JPことジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ。予選5番手から、一気に2番手迄上がる。可夢偉もホンダ勢2台を抜いて3番手と好位置に付ける。
e0069822_2013150.jpg
 スタートから白熱のバトル。

 逆にスタートでミスったのがKCMGの中山で、それに巻き込まれたP.MUの国本と2台が1コーナーでコースアウトしてリタイア。P.MUの2人は、思いっ切り明暗が分かれてしまった。
 石浦が逃げて、JPと可夢偉が追う展開が暫く続き、手に汗握る好レースとなった。
e0069822_2013762.jpg
 贔屓のチーム&ドライバーを応援。

 更にピットインで明暗が分かれる。
 2番手だったJPがやや手間取った間に、可夢偉が前に出てポジションアップ。逆にJPは、野尻、山本にも抜かれて5番手に逆戻り。
e0069822_20131661.jpg
 石浦を追う可夢偉、野尻、山本。

 後半は、逃げる石浦を可夢偉が追う展開が続き、オーバーテイクボタンを使って並ぶシーンもあったりして、本当に目が離せないレースだったが、何とか猛追を振り切った石浦が、ポールトゥウィンでスーパーフォーミュラ初優勝!!!


 初めてのスーパーフォーミュラだったけど、兎に角マシンが速い。噂ではF1より速いとか言われてるけど、トップスピードも、ブレーキングも、コーナーリングスピードも、全てがSUPER GTより上だった。
 マシンがオープンホイールなのと、ワンメイクなので見た目に違いが無いのが好き嫌いの分かれる所だろうが、まぁ流石にフォーミュラマシンだと感心した。

 SUPER GTに比べて、あんまり人気の無いスーパーフォーミュラですが、レース内容も面白かったし、行って良かったです(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2015-05-26 23:49 | スポーツ | Comments(2)

久々の備中

 先週末の日曜日は、超久し振りに備中へリードしに行った。エリアは権現谷・岩陰遺跡。メンバーはまっちゃん、うめちゃんに私の3人。

 久々のリードなので、ちょっとテンションアップ目で向かうが、前に何時行ったかすら覚えてないので、アプローチで思いっ切り迷う。一度はエリア直前迄行きながら、道の細さに疑念が湧いてUターンしたりして、結構な時間をロスし、漸く岩場に到着(´Д` )。
 最近はリードの人気が無いので、そんなに人は居ないのかと思っていたが、予想以上の賑わいだった。

 先ずはアップで、一番グレードの低い(と言っても5.11aの)「トメ吉」を登る事にして、順番にトライ。
 
e0069822_21511229.jpg
  アップするまっちゃん。

 まっちゃんはヌンチャク掛け、うめちゃんはテンションが入ったが、私は人のムーヴを見捲ったので何とかフラッシュ。のっけから厳しぃ┐(´д`)┌

 人気ルートの「逆さでシェイク」では、先日の瑞牆でも会ったともちんが、打ち込んでいた。
e0069822_21512522.jpg
  ともちん&ピカル兄さん。

 ヌンチャクをお借りして、我々も「逆さでシェイク」を順番にトライ。私はオンサイトで取り付くが、核心で嵌って撃沈!Σ(×_×;)!
 その頃うめちゃんは、謎の体調不良に襲われ、車に戻って寝てた(´ω` )zzZ

 一度回収されたヌンチャクを掛けに、まっちゃんがマスターでトライする。
e0069822_2151331.jpg
  果敢にマスターでトライ。

 スタート部は何とかこなして、レストポイントでタップリ休む。
e0069822_21513926.jpg
  これぞ穴熊( ̄▽ ̄;)。

 結局、核心前にパンプしてテンション。その後もテンテンで何とかヌンチャクを全部掛けて終了。

 ダレて来たので、「横綱」の下部でボルダリングとかしてみるが、パンプした前腕の筋力が、再び帰って来る事は無かった( ノД`)…


 久し振りのリードなんで、と言い訳したくなるが、予想以上に打ちのめされた。持久力は問題外。クリップやレストも落第点。そして、最低だったのがモチベーションだった。
 一体何度同じ事を繰り返せば気が済むのか。こんな腑抜けた登りをしていたら、同行者にも失礼だし、何時迄経ってもレベルアップ出来ない。

 顔を洗って出直します(>人<;)
by kakera365 | 2015-05-20 19:42 | クライミング | Comments(3)

Pure Climber

 日付が変わっても、未だに気が滅入って朦朧としたままだ。何をしていてもふと思いだし、色々考えてしまう。考えた所で意味は無いのだが・・・

 今迄にも、世界的なクライマーからごく身近な人まで、何人もの死を受け入れて来たが、最も遠い存在である筈のディーン・ポッターの死が何故かキツイ。

 ダン・オズマンはパフォーマーなので、訃報に接して思ったのは「終に死んだか」だった。ジョン・バーカーは求道者だったので「本望だろう」と思った。
 ディーン・ポッターは純粋無垢のピュアクライマーだった。ただ登りたいと、感じるまま自由に、大自然の中を無心で駆けていた。本当に小さな子供が、本能に突き動かされて高い所へ登る様に。そして、重荷となるものを次々と捨てて行った。

 そんな美しい登りを見せる彼に、邪念だらけの私は憧れていた。そして、彼だけは死なないと勝手に思い込んでいた。


 ウィスパーが不憫でならない。数多の冒険を共にした、最愛の人を失った彼女は大丈夫だろうか。思いを馳せると涙が零れて来る。
by kakera365 | 2015-05-19 19:06 | クライミング | Comments(0)

天国へのフリーソロ

 ディーン・ポッターが死んだ。

 いつかこの日が来るとは思っていたが、余りにも早過ぎた。
 卓越したクライミング能力を持ちながら、普通のクライミングに満足出来ずに、より刺激的な方向へと進んで行ったディーン。フリーソロ以外にも、ベースジャンプやスラックラインで、次々と殻を破って行った。特に、ロストアローでの全く確保無しのスラックラインには度肝を抜かれた。
 先人のジョン・バーカーやダン・オズマンの時も残念に思ったが、今回はそれ以上に気分が落ち込んでいる。とにかく今は気持ちの整理が全く付かない。
 もっともっと驚愕のシーンを見せて欲しかった。

 ウィスパーはどうなったんだろう?



 天国に行っても、自由で刺激的なクライミングを繰り広げて欲しい。
by kakera365 | 2015-05-18 21:35 | クライミング | Comments(0)

蜂の子

e0069822_19361477.jpg
 瑞牆へ行った帰りに、御土産として蜂の子の缶詰を買って帰ったので、摘まみとして食べました。
 何蜂か分かりませんが、可也小さい上に、味噌でコッテリ味付けされており、正直蜂の子の味はしませんでしたが、プチプチした食感は蛹ならではです。

 まぁ珍味なんて、こんなモンですかね(^◇^;)
by kakera365 | 2015-05-15 21:40 | 生活 | Comments(0)

ジャンボ

e0069822_1318035.jpg
 昨日の夜は、パタゴニア神戸で「ジャンボ」こと横山勝丘さんを迎えて開催されたスライドトークショー「カラコルム・K7山群縦走の試み」を聞きに行きました。

 今回は、同じパタゴニア・アンバサダーのバリー・ブランチャードに触発?されて、自身のAlpinistへの投稿を「朗読」すると言う初の試みでしたが、ジャンボさんの穏やかな声色も手伝って、ナカナカ良い感じでした。
 登攀内容についてはかなり割愛されていましたが、ジャンボさんのクライミングに対する考え方やモチベーションの変化等を中心に語られ、以前からジャンボさんの登攀に感じていた疑問が、何と無く解けた様に思いました。

 会場には千裕さんと葉くん、幹くんも来てて、残念ながら子供達とは遊べませんでしたが、久し振りにち〜ちゃんとも話せて、とても良い時間が持てました(o^^o)。
by kakera365 | 2015-05-14 23:36 | クライミング | Comments(0)

オープンキャンパス

 日曜日は美雲の希望で、トヨタ神戸自動車大学校のオープンキャンパスに行って来ました。

 午後の部に行ったのですが、お昼御飯を無料で食べられるとの事で、先ずは食堂へ案内して頂きました。
e0069822_22914.jpg
 まぁ普通の学食ですね(・_・)。

 学内の案内は、現役の学生さんがしてくれました。何班かに分かれての見学で、私達は最初に実習棟へ。
e0069822_2293159.jpg
 車がイッパイ(*゚Д゚*)

 続いて学科棟、事務棟と順番に見学してから個人面談。まぁ、美雲は未だ2年生なので具体的に聞く事も無く、就職先なんかを軽く聞いて終了。
 最後に、トヨタ車に乗って校内のテストコースを走る。
e0069822_2294740.jpg
 スープラに乗せて貰って嬉しそう(o^^o)

 子供達には、普通に大学へ進んで貰いたいと言う気持ちもありますが、本人の意志も大事なので、なかなか難しいですね(´-ω-`)。
 志望動機がネガティブで無ければ、まぁ別に良いんですがね(; ̄◇ ̄)┘
by kakera365 | 2015-05-13 23:59 | 家族 | Comments(0)

絵画観賞

 先週末の土曜日は、神戸市立博物館で開催されている「チューリヒ美術館展〜印象派からシュルレアリスムまで」へ、家族で行って来ました。

 私の目当ては、モネの「陽のあたる積み藁」とセザンヌの「サント=ヴィクトワール山」。その他にもゴッホ、ゴーギャン、ドガ、ルソー、シャガール、ムンク、マティス、ピカソ、キリコ、モンドリアン、クレー、カンディンスキー、ミロ、ダリ、マグリット等々、有名作家が目白押しです。

 取り敢えず入口で記念撮影。
e0069822_19233377.jpg
 瑞穂氏の肖像(笑)

 会期末なので比較的お客さんも少なく、ゆっくりと色んな画家の作品が見られて大満足。普段は滅多に買わないグッズも買っちゃいました。
e0069822_19344447.jpg
 「積み藁」LOVEです(#^.^#)

 たまには絵画鑑賞も良いですね( ´ ▽ ` )ノ
by kakera365 | 2015-05-12 20:26 | 家族 | Comments(0)

GWボルダリングツアー最終日

 最終日は、とっき~開拓の某エリアからスタート。

 ここの岩は、瑞牆とは違って安山岩なので、比較的指皮には優しい。
 取り敢えず、左右のカンテが6級と8級だと聞いたので取り付いてみるが、流石トキオグレード、アバウトにも程がある。
e0069822_12301310.jpg
 絶対8級じゃねえよι(`ロ´)ノ

 続いて、メインの岩の裏に被った3級があったのでやってみるが、これはナカナカ面白い。
e0069822_123018100.jpg
 簡単だけど、おもろい(*^ー゚)b

 我々のダラけ具合に退屈だったのか、とっき~が先の8級を登ってたので、カメラを向けたら・・・・・
e0069822_12302310.jpg
 そんな演技は要らん( ´Д`)=3

 更にスラブやらマントル課題を登ってから、メインの「アルムの山」にトライ開始。
e0069822_12303034.jpg
 ヒビ割れは有るけど、ホールドに乏しい。

 順番にトライを続けるが、日当たりが良過ぎてメッチャ暑い。余りの暑さに耐え兼ねて勇気ある敗退を選択し、日陰の岩に行ってみるが、エッジの立ったコマカチ課題だったので、丁寧に御辞退申し上げて、瑞牆へ移動する。

 向かったのは山形県エリア。
 ここには宿題がタンマリ残っているが、取り敢えず登れそうな「ナーガ」を触り始めたら、オカカマンが勝手に参入してサックリ登っていった(゚Д゚ ||)
e0069822_12303791.jpg
 フィストジャム出来る様になってるし!!!

 私も悶絶しまくって何とか完登(´Д`|||)
 続いて「インドラ」へ向かい、オカカマンとセッションするが・・・
e0069822_12304466.jpg
 浮いて無いやん(; ̄◇ ̄)┘

 どう考えても出来そうに無い「インドラ」は即刻見切って、岡山勢が居る「十六夜」へ行き冷やかしで触るが、これもサッパリ。
 流石に3日目なので、もう高難度は無理と判断し、小物ハンターに華麗に変身。先ずは、とっき〜がお掃除したハイボールで遊ぶ。
e0069822_12305058.jpg
 高いけどガバガバで楽しい。

 そして、もう一つの宿題「チップクラック」をやるが、相変わらずサッパリ浮けない。よこちゃんもクラックに興味を示し、デールクラックを登る。
e0069822_12305671.jpg
 クラックの共演。

 そんなこんなで、アッと言う間にツアー終了。締めに「La Soba」で晩御飯を食べ、室井夫妻に感謝の挨拶をして、諏訪湖サービスエリアで御土産を買い込んだら、後は神戸に向けて只管走った。

 今ツアーでは、イガグリ君やJにも会え、モンチ君や山ちゃんとも久し振りに話せたし、ふくちゃん組や岡山勢とも一緒に登れて、色々楽しかった。
 宿題もチョットだけクリアする事が出来たし、まぁ兎に角、瑞牆は本当に最高で~すヽ(^○^)ノ
by kakera365 | 2015-05-11 23:59 | クライミング | Comments(0)