<   2011年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

一年を振り返って

 早、年の瀬となりましたが、皆さんの一年は如何でしたか?

 個人的には、大して代わり映えのしない、平凡な一年でした。
 家庭生活は大禍無く、家族全員元気に過ごせました。仕事の方も、細々した問題は多々有りましたが、全体的に見れば滞り無く過ぎた様に感じます。趣味のクライミングでも大した成果を上げる事無く、あっと言う 間に過ぎて行った様に思います。

 こうやって振り替えると、つまらない一年の様に思えますが、まぁそれ位に感じる程度が一番良かったりするので、内心は満足の一年だったとも言えます。

 来年はどんな年になるのでしょうか、今からワクワクしますね。
 では、皆さん良いお年をお迎え下さい。
by kakera365 | 2011-12-31 00:00 | Soliloquy | Comments(0)

登り納め

 29日は、よこちゃんと二人で北山公園へ登り納めに行って来ました。
 二人共散々通い慣れた北山公園ですが、今回は趣向を変えて、北部エリアへ行って見ました。

 先ずは、湖畔スラブを見に行ってみるが、よこちゃんはそそらない見たいでスルー。どうせなら新しい岩を開拓しようと、適当に目星を付けて藪へ突入すると、薄被りのナカナカ良い感じの岩を発見。しかし、フェースにホールドが全く無く、必然的にカンテラインに。
e0069822_1312174.jpg
 仮称「見晴らしカンテ」

 最初はカンテから右面に乗っ越して終了と思ってたが、適当なホールドが無く、思ったよりかなり悪い。で、結局ビビッて敗退。

 一寸凹んだが、気を取り直して「淡雪」を目指す。
 途中に手頃なサイズの岩があったので遊ぶが、表面が結構脆く、スタートホールド以外は全部浮いてる。
e0069822_132374.jpg
 剥がれに気を付けて登る。

 散々寄り道してから、漸く「淡雪」に到着。
 久し振りに見たけど、相変わらず綺麗なカンテラインだ。
e0069822_1321789.jpg
 見栄えのするラインです。

 私は数便ムーヴを探ってから、サックリ撃破。宿題が片付いて嬉しい。
 よこちゃんは意外にもカンテが苦手な様で、思いっ切り嵌まってる。暫く打ち込むが進展が見られないので、直ぐ横の岩にある課題も登って見る。
 3級のカンテ?ですが、意外に悪い。
e0069822_1324673.jpg
 これで3級ですか?

 直ぐ左の4級のスラブも悪い。
e0069822_133211.jpg
 今時のクライマーには厳しいかも。

 その後も、よこちゃんは「淡雪」に連続攻撃を掛けるが、徐々にパンプしてしまい勇気ある敗退。
 残念ながら年越しとなってしまいました。
e0069822_1331634.jpg
 厳し~ぜ!!!

 結局、他のクライマーとは全く会う事も無く、静かな北山公園を満喫して帰りました。

 久し振りにウロウロしてみて、まだまだ岩は在るんだなぁと改めて実感。また時間があれば開拓しよう。
by kakera365 | 2011-12-30 14:47 | クライミング | Comments(0)

オススメ

 先日、王子が岳でボルダリングした帰りに、晩御飯を食べに寄ったお店が美味しかったので宣伝しときます。

 広島風お好み焼きの「荒勢」さんです。場所は、王子が岳から児島インターに向かって市街地に入って、暫く進んだら道の左側にあります。
 Sky High Mountain Worksの北野さんのブログに載ってたのを思い出して寄ったのですが、お店の人は我々がクライマーと分かると、北野さんの事を「毎年来てくれるのよ〜」と話してくれました。

e0069822_1742143.jpg
 店構えはこんな感じ。

e0069822_1753447.jpg
 旨そ~!!!

 帰り際に「近くに来たら、また寄ってねぇ〜」と言われました。

 王子が岳に行かれる方は、是非一度行ってみて下さい。
by kakera365 | 2011-12-27 19:59 | Soliloquy | Comments(0)

クリスマスパーティー

 クリスマスイヴは家族でパーティー。
 普通に御馳走食べて、ケーキ食べました。

 先ずは、海晴のピアノ伴奏でクリスマスソングを皆で歌います。
e0069822_12582347.jpg
 一緒に歌詞を見ながら歌う美雲と瑞穂。

 歌が終わったら、次は乾杯です。お酒は用意して無いので、シャンメリーでします。
e0069822_12583262.jpg
 御酌する美雲と海晴。

e0069822_12583775.jpg
 かんぱ~い!!!

 御馳走は勿論チキンです。他にも生ハムやらサーモンやらフルーツやら。

 満腹になったので暫く休憩してから、いよいよケーキの登場です。
 今年はケーニヒスクローネのにしました。熊とサンタと雪だるまが乗っててカワイイ。
e0069822_12584292.jpg
 チョコケーキです。

e0069822_1258474.jpg
 蝋燭の灯りが綺麗。

 パーティーが終わったら、後はサンタのプレゼントを楽しみに眠るだけです(^^)。
by kakera365 | 2011-12-25 22:23 | 家族 | Comments(0)

王子が岳

 天皇誕生日は、王子が岳でボルダリング。
 メンバーは、よこちゃん、なかちゃん、ごろ~さんに私の4人。
 久しぶりの王子が岳。残る高難度課題の「ファッティッドカーフダイレクト」と「ナイトメア」を墜とす気満々で乗り込みました。

 先ずは、何時もの通り「グリコ」でアップ。
e0069822_1353155.jpg
 「グリコ」でアップするなかちゃん。

 トポには、グリコの岩に全部で6課題載ってるので、取り敢えず全部登っときました。「グリコ」の裏側にある「フェース(6級)」が難しくて3便掛かった。
 続いて「ナテハ」。なかちゃんとごろ~さんが登れてないと言うので、岡山のグループと一緒にセッション。
e0069822_13532218.jpg
 「ナテハ」を登るなかちゃん。

 ここは全員完登で、次のターゲット「ミラースタンド」へ。
 私は「ミラースタンド」は前に登ってるので、左隣の「アイアンクロー」にトライしたが、アッサリ一撃。続けて、右隣の「フライマンバットレス」をやろうと思うが、ライン良く分からなかったので、更に右の「パラレルライン」をやる。
e0069822_13532895.jpg
 ごろ~さん on パラレルライン。

 岡山勢に混ぜて貰い、順番に「ミラースタンド」にトライする。私は前回上部を右抜けで登ったが、左抜けが正しいラインだと言うので、どうでも良いと思ったが一応やっておく。
e0069822_13533388.jpg
 よこちゃん on ミラースタンド。

 なかちゃんとごろ~さんは「ミラースタンド」に見切りを付けたのか、「アイアンクロー」に集中攻撃。
e0069822_13533982.jpg
 高いよ~!!!

 さて、そろそろ目的の課題をやろうと言う事で、よこちゃんと2人で「ナイトメア」に行く。
 最初のムーヴが全然分からなかったが、スタートホールドを暫く捏ね繰り回してる内に、まあ何とか離陸出来る様になった。
e0069822_13534565.jpg
 悪夢を見そうだぜ!

 よこちゃんは、スタート左手がシックリ来ない様で1手も進まない。私は1手目を取ったらリップまで問題無く行くが、最後のムーヴが全然閃かずに、リップから4回落ちて敗退。よこちゃんも、最後に1回だけ1手目を取れたが、ラストムーヴを繰り出す事無く落下。流石に二段は厳しいぜ。

 打ち拉がれて戻ると、なかちゃんとごろ~さんが薄暗い中「ギャンブルダイレクト」に打ち込み中。ムーヴが分からないと言うので、一撃で再登してあげる。
e0069822_13535178.jpg
 ヘッ電クライミング中。

 よこちゃんは、最後のガバを取り損ねて落ちて来る。結局、私以外は登れずに終了。

 久し振りの王子が岳だったが、今回は何故かとても調子が良かった。
 「グリコ」「ナテハ」「モリワキカンテ」「アイアンクロー」「ミラースタンド」「パラレルライン」「ギャンブルダイレクト」と、再登も含むが全て一撃で登れた。「ナイトメア」も完登こそ逃したが、ラストムーブまで問題無く行けた。どの課題も、持てないと感じるホールドが全く無かった。この調子でトレーニングと身体意識の改革を重ねて行きたい。

 あれっ!?・・・・・そう言えば「ファッテッドカーフダイレクト」やってないや。
by kakera365 | 2011-12-24 20:56 | クライミング | Comments(0)

ボルダールーム清掃

 今日は王子のボルダールームをスタッフで清掃しました。

 まずは、スチールラックやテーブルに置いてある諸々の物を外へ出して、その後マットを屋外へ運び出します。マットを除けたら、箒や掃除機でゴミやチョークを取ります。
e0069822_21301486.jpg
 箒でハキハキ。

 床を綺麗にしたら、次は壁の方を磨きます。雑巾で壁やホールドを綺麗にします。
e0069822_2130205.jpg
 雑巾でフキフキ。

 外に出したマットは、叩いて埃やチョークを飛ばします。
e0069822_21302670.jpg
 棒でパンパン。

 最後に、ガムテープでクラッシュパッドの修繕をして清掃完了。

 掃除が終わったら、勿論みんなでセッション。綺麗な壁で登るのは楽しいです。
e0069822_21303227.jpg
 みんなでワイワイ。

 スタッフの皆さん、お疲れ様でした(^^)。
by kakera365 | 2011-12-17 21:40 | クライミング | Comments(0)

初御岳

 日曜日は、野暮用とは言え折角東京へ出て来たので、御岳に登りに行きました。
 電車に揺られて数十分、待望の御嶽駅に降り立つと、目の前に多摩川が滔々と流れていました。

 今回の同行者は徳島のtaoさん。taoさんは御岳には何度か来てるそうなんで、課題を案内して貰う事にしました。
 御岳と言えば「忍者返し」って事で、取り敢えず忍者岩に連れて行って貰いました。
e0069822_19232821.jpg
 デカくて良い岩です。

 朝早かったので思ったより人が少なかったけど、その分日が当らず寒かった。
 最初はチャートの滑る感覚に戸惑ったけど、段々慣れて来ました。スローパーまでは直ぐに行ったけど、そこからカチへの飛ばしに手間取って、何度か修正を加えつつ7~8便で「忍者返し」ゲット。は~登れて良かった(^^;)。
 taoさんは「虫」にトライ。左手カチから右手薄カチ寄せが難しい見たいで嵌まってる。
e0069822_19235528.jpg
 こっから足を送って右手寄せ。

 面白そうなので私もやって見ましたが、右手が寄りそうな雰囲気ゼロ。三段は厳しいです。

 ヨレて来たので、ロッキーボルダーに移動して「エゴイスト」にトライ。
e0069822_1924126.jpg
 taoさん on エゴイスト。

 ここはtaoさんも初めてらしく、最初からムーヴの組み立て。途中で一人来られたので一緒に登って、みんな最後のデッド手前までは行くが、そこからビビって手が出ない。
 taoさんが気合いでリップ手前を取るが、そこからバタバタしてしまって登れず。私は完全にビビって、手を出す事も出来ず。ショボいです。

 最後に「デッドエンド」に行くと、何処かで見た様な若者が。良く見ると何と!タケダ軍団の池田君が居るでは無いか!! 一人で湘南から来たらしく、この日はずっとデッドエンドの岩に居るらしい。因みに「デッドエンド」と「勅使河原美加の半生」は、もう登ったらしい。かなり強くなってます。
e0069822_19243057.jpg
 デッドエンド左に打ち込む池田君。

 私は「デッドエンド」、taoさんは「勅使河原」にトライ開始。
e0069822_192449100.jpg
 てっし~にトライするtaoさん。

 「デッドエンド」は4~5便でゲット。またまた御土産出来ました。
 続けて「勅使河原」もやって見るが、ナカナカ厳しいです。taoさんも全然進まないので、途中で池田君が打ち込んでる「デッドエンド左」もやってみるが、こっちもランジはしてみるものの、全然届きそうにない。
e0069822_1925220.jpg
 跳ぶtaoさん、とりゃ~!!!

 そうこうしている内に、帰りの電車の時間が迫って来たので、池田君に挨拶してから小走りで駅へ向かいました。

 初御岳でしたが、とても楽しかったです。人が多いと聞いてましたが、忍者岩以外は思った程でもありませんでした。また、岩がショボいとも聞いてましたが、まぁあんまり気にはなりませんでした。チャートの岩は珍しいので、最初は滑りまくってましたが、慣れれば滑るのも楽しかったです。
 滅多に行く機会がありませんが、また行って見たいと思います。宿題沢山残して来たしね。
by kakera365 | 2011-12-12 22:56 | クライミング | Comments(3)

新興宗教?

e0069822_1820591.jpg
 友達と二人で渓流へ散策に出掛けたら、沢山の人達が集まって何かしてました。
by kakera365 | 2011-12-11 18:23 | Soliloquy | Comments(0)

上京

 野暮用で久し振りに東京へ。
e0069822_2303235.jpg
 富士山は相変わらず綺麗だった。

e0069822_2259493.jpg
 ハチ公を見に行きました。
by kakera365 | 2011-12-10 23:14 | Soliloquy | Comments(0)

出ちゃった

e0069822_19304695.jpg

 遂に出ちゃった。
 ROCK&SNOW054・・・じゃ無くて、瑞牆山ボルダー「美しき日の訪れ」 by 室井登喜男。

 本屋で見た瞬間に、何を置いても真っ先に読もうと思ったが、何故か、って言うかやっぱり「大西良治、剱沢大滝単独遡行、D滝を初登攀」を先に読んでしまった。

 大西良治、すげ~ぜ!!!
 最早、国内にヤツを越えるクライマーは居ねぇとすら思えて来る。

 話しを戻して瑞牆だが、まぁ写真に出てた課題は全部見た事がある。トポに出てた岩も全部知ってる。
 正直言って、私は静かな瑞牆が好きだ。日頃の喧騒を離れ、木漏れ日の中ノンビリと、仲間達と登るあの時間は何物にも代えがたい。でも、私は室井先生の意見を尊重する。課題は誰のものでも無い。みんなのものだ。

 今後、瑞牆がどんな状況になっても、大好きな岩場である事に変わりは無い。例え「落ちたアイスクリームに群がる蟻」状態になったとしても行くさ。
by kakera365 | 2011-12-07 22:21 | クライミング | Comments(2)