<   2011年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

手打ちうどん

 日曜日はお天気がイマイチだったので、子供達と手打ちうどんに挑戦してみました。

 小麦粉に塩水を入れて捏ねて行きます。
e0069822_18433339.jpg
 足で踏み踏み。

 と、ここでアクシデント発生。神戸市指定のワケトン袋に挟んで踏んでいたのだが、袋のプリントが薄っすらと生地に写ってた。ま、少量なので見て無いフリして、今度は写らない様に中に入れて踏む。

 暫く寝かせてから、次は伸ばし。麺棒が無いので、たまたま家にあった塩ビ管を使う。
e0069822_18433931.jpg
 結構力が要ります。

 出来上がったので、早速茹でてみる。
 普通だと10分位で茹で上がるのだが、可也太くなったので18分位茹でた。
e0069822_18434895.jpg
 では味見。

e0069822_18435499.jpg
 釜玉にしてみました。

 ツルっとして喉越しは良いが、太過ぎて茹でが甘くて麺が硬い(-_-;)。
 頑張って細めに切った積りだったが、それでも普通の麺の倍位の太さになってしまった。結果、茹で切れずに芯が残ってしまって硬い食感になってしまった。ちょっと強力粉を入れたのも逆効果になったかも。

 って事で、今回の手打ちうどんは失敗でした。次回は、この反省を生かして、もう少し上手く出来るかな?
by kakera365 | 2011-10-31 18:00 | 生活 | Comments(0)

ジンギスカン

 土曜日は、毎年恒例の組合イベントが神戸ワイナリー(農業公園)であり、両親と家族で出掛けて来ました。

 まずは、ワイン城内の水路で、鯉に餌やり。
e0069822_18221219.jpg
 橋の上からポイッ!

e0069822_18222020.jpg
 鯉さん、おいでおいで。

 メインの会場へ行き、籤引きしたり、子供達はオモチャを貰ったりしてから、早速ジンギスカン開始。
 神戸ワイナリーでは「バーベキュー」と言っているが、どっからどう見ても「ジンギスカン」である。但し、肉は羊肉では無く牛肉だが。
e0069822_18222737.jpg
 ぱくぱく食べてます。
 これだけ食べて、一人たったの500円。組合費を払ってるとは言え、可也お得です。

 お腹が膨れたら、今度は遊び。美雲と海晴はゴーカートに乗ります。
e0069822_18223346.jpg
 最終コーナーを回りました。

 瑞穂はバッテリーカー。
e0069822_18224224.jpg
 キティちゃんに乗りました。

 帰りにコープデイズに寄って買物して帰りました。
by kakera365 | 2011-10-30 18:35 | 家族 | Comments(0)

早過ぎやろ!

 昨日、仕事帰りに紀伊國屋へ寄って「どくとるマンボウ航海記」を買い、駅までそごうの地下を歩いていたら、クリスマスケーキカタログが置いてあったので、一つ貰って帰った。
 我が家では、大体毎年そごうで買ってるので、カタログは必要なのだが、それにしても早過ぎないかい? まだ10月なんだけど・・・

 まぁ、アルペンスキーのワールドカップなんかも始まってるし、ぼちぼち冬っちゃ~冬なんだけどねぇ(~_~;)
by kakera365 | 2011-10-27 23:59 | 生活 | Comments(0)

感動のフィナーレ

 オールブラックス勝ちましたぁ!!!
 第1回大会の優勝から24年間待ち続けて、漸くこの日が訪れた。ABsの勝利が決まった瞬間、感動で涙が出ました。

 決勝戦の相手は、出来れば当たりたく無かったフランス。NZ国民にとっては(勿論私にとっても)、過去の数々の悪夢が甦る忌まわしきチームだ。予選プールで2敗もして、どう考えても決勝へ出て来るとは思えなかったのだが、流石に「フランスの事は誰にも分からない。」と言われるだけはある。決勝トーナメントでは、ラグビーの母国イングランド、絶好調のウェールズを連破して、まさかの決勝進出を果たした。

 16:30からの生中継、オールブラックスのジャージを着てテレビの前に座り込んだ私は、NZ国歌[God Defend New Zealand]斉唱の時点で、興奮の余り既に涙を流していた。恒例の試合前のハカは、滅茶苦茶テンションが高いし、対するフランスも逆V字の陣形でにじり寄って来るし、試合前から凄いプレッシャーの応酬だ。
 さて試合だが、序盤はABsのペースで試合が進む。NZの激しい攻撃に防戦一方のフランスが、堪らず反則を犯すが、PGをSHウィプーが外して得点する事が出来ない。両者なかなか得点が入らず0-0のまま試合が進むが、前半15分、NZラインアウトからのセットプレーで、PRウッドコクが飛び込んで先制のトライ! コンバージョンは位置も悪かったが、ウィプーが決められず。その後、再度PGのチャンスが訪れるが、またしてもウィプーが外してしまう。更にNZの悲劇は続き、控えの控えのFHクルーデンが負傷退場。フランスも35分にドロップゴールを狙うが外れ、5-0でNZリードのまま後半へ。
 後半に入って4分に、フランスがPGのチャンス。ヤシュヴィリが蹴った瞬間「あぁ~入っちゃった!!」と思い愕然としたが、フラッグは上がらず外れた事が分かって胸を撫で下ろす。逆に5分、今度はNZのPGを第4の男ドナルドが蹴る。蹴った瞬間は「あぁ~外れたんじゃ無いの~!!!」と思いましたが、何とか入ってこれでセーフティリード。しかし、これで堅くなってしまったのか、NZの動きが突然悪くなり、フランスの展開ラグビーが一気に動き出す。そして、後半7分にキャプテンのデュソトワールがトライ。コンバージョンも決めて遂に1点差に。更に後半24分、フランスがPGのチャンス。がしかし、トランデュクが蹴った瞬間、大きく右に逸れて行きホッとする。
 フランスの猛攻は続く。耐えるABs。「頼むから早く終わってくれ~!!!」と心の中で叫ぶが、フランスの攻撃は激しさを増す一方。凌いで凌いで凌いで、試合終了間際にABsがボールを取り返す。これをキープして80分が経過した所で、フランスが反則。最後はエリスが蹴り出してノーサイド。


 首の皮一枚で凌ぎ切った。ノーサイドの笛を聞く迄の時間の何と長い事か。それだけ壮絶な試合だった。常勝軍団としての使命、24年間の鬱憤、そして自国開催と、国民からオールブラックスメンバーに掛けられた期待とプレッシャーは半端じゃ無かっただろう。それを乗り越えて、たとえ1点差であったとしても、優勝した事に変わりはない。兎に角素晴らしいの一言だ。ハッピーエンドで本当に良かった。

 主将マコウは最後まで冷静だった。80分を過ぎてフランスのペナルティ。誰もが諸手を挙げて喜ぶ中、独り冷静にエリスへ蹴り出すよう指示する姿が、とても印象的だった。そして、ウェブエリスカップを高々と掲げた姿は一生忘れないだろう。兎に角、カッコ良過ぎだ!
 たった50分しか出場せずに、決勝のPGを決めたベテランFHドナルドは、正に予期せぬヒーローだった。しかし、この層の厚さがニュージーランドのラグビーなのだ。そして多数の怪我人を出しながらも優勝出来た要因なのだろう。

 楕円のボールの祭典も、あっと言う間に終わってしまった。次回は4年後、聖地イングランドでの開催。そして、更に4年後には日本で開催だ。まだまだ先の話しだが、楽しみに待とう。
by kakera365 | 2011-10-25 23:02 | スポーツ | Comments(0)

文化祭

 今日は美雲の中学校の文化祭。
 美雲のクラスは合唱で学年一位になって、文化祭で公演する事になったそうなので、家族で見に行って来ました。
e0069822_19462434.jpg
 男女混成合唱で、美雲はテノール。
e0069822_19463294.jpg
 真剣に歌ってます。

 中学1年生にしては、なかなか上手だった様に思います。明らかに音程が外れた所も無かったし、ハモりもまずまずでした。
 私はずっと音楽をやってたので、子供達にも出来る限り音楽に親しんで欲しいと思います。
by kakera365 | 2011-10-22 19:52 | 家族 | Comments(0)

勝ち上がったのは

 ラグビーワールドカップもいよいよ大詰め。
 決勝戦に勝ち上がって来たのは、我等がオールブラックスと予想外のフランスだ。

 組み合わせこそ違えど、奇しくも第1回大会と同じ4強対決となった準決勝だが、先ずは、ウェールズvsフランス。前半18分、ウェールズの主将ウォーバートンが、危険なタックルをしたと言う事で、レッドカードで一発退場。先制するも逆転を許し、前半は6-3でフランスにリードされて後半へ。14人になっても果敢に攻撃を仕掛けるウェールズが、スタジアム全体を味方に付けて後半17分、SHフィリップスが執念のトライを決めて8-9と肉薄。その後も圧倒的な攻めでフランスを苦しめるが、肝心のPGが悉く外れ、奇跡の勝利はならなかった。しかし、若い選手の活躍が光ったウェールズ、今後が楽しみだ。
 一方のニュージーランドvsオーストラリアは、怪我人続出で黄色信号と言われていたオールブラックスが、自力の差を見せ付けてワラビーズを圧倒し、順当に決勝へ駒を進めた。

 これまた奇しくも、第1回大会と同じ組み合わせとなった決勝戦だが、余程の番狂わせが無い限り、ニュージーランド悲願の開催国優勝は間違い無いだろう。
by kakera365 | 2011-10-21 16:00 | スポーツ | Comments(0)

ファミリーレールフェア

 日曜日は、家族で芋堀に行く予定でしたが、瑞穂が熱を出したので予定を変更して、美雲&海晴と京阪のファミリーレールフェアに行きました。

 神戸駅迄D:5君で行き、そこからJRで京橋まで行ってから、京阪に乗り換えて寝屋川まで行きました。寝屋川からは親切な誘導と沢山の鉄道ファンのお陰で、全く迷う事無く会場に到着。
 会場に入ったのが丁度お昼頃だったので、食堂へ行って饂飩を食べました。一杯300円で安いけど、味も其れなりでした(笑)。続いて、グッズ販売コーナーへ行って物色。
e0069822_23203991.jpg
 オークション品を品定め?

 大したモノも無かったので、工場の中へ移動しました。
 工場の中では、車両を含め様々な展示や催しが行われてました。しかし、人気のものには長蛇の列が出来ており、並ぶのが嫌いなウチの子はスルーしてました。
e0069822_23211785.jpg
 マスコンを動かすと機械も動きます。

e0069822_23215322.jpg
 車両が吊り下げられてました。

e0069822_23222870.jpg
 パンタグラフを上げ下げしてます。

 最後に、洗車でGO!って、電車に乗ったまま洗車されるのを体験して、金属加工の様子を見学してから、工場を後にしました。

 時間が結構早かったので、日本橋のポポンデッタに寄り道して、安い鉄道模型を買ってから帰りました。
by kakera365 | 2011-10-17 23:59 | 家族 | Comments(0)

王子

 今日は雨だったので、瑞穂と二人で王子に行きました。
 瑞穂は、前回一番上まで行けたラインを再登し、一人で降りる事も覚えたので、嬉しそうに何度も何度も登っては降りを繰り返してました。
e0069822_20235387.jpg
 登れたよ~!

 途中で、あかねっちがやって来てアップを始めたので、御一緒させて頂くが、3課題目でアッサリ脱落(>_<)。まぁ、私の実力なんて所詮こんなモンですな。
by kakera365 | 2011-10-15 20:33 | クライミング | Comments(0)

8強激突

 ラグビーワールドカップも予選プールが終了して、いよいよ決勝トーナメントで8強が激突。

 決勝トーナメントに上がって来た各チームの組み合わせは、アイルランドvsウェールズ、イングランドvsフランス、南アフリカvsオーストラリア、ニュージーランドvsアルゼンチン。北半球と南半球が綺麗に分かれて、それぞれの勝者が準決勝で対決する事になった。
 この組み合わせを見て思った事は、南アフリカとオーストラリアが潰し合いをしてくれて、ニュージーランドとしてはラッキーって事、アルゼンチンは置いといて6ネイションズと3ネイションズが潰し合うのはイヤだなぁって事、そして決勝はニュージーランドとイングランドかなぁって事でした。

 で、実際に試合が終わり、ニュージーランドは順当に勝ち進んだ。南アフリカvsオーストラリアは、圧倒的に南アフリカが押していたのだが、オーストラリアのディフェンスが踏ん張って、最後はオコナーがペナルティキックを決めて、オーストラリアが逆転勝ち。アイルランドvsウェールズは、両者互角の戦いを見せていたのだが、ミスの数と決定力の差でウェールズが勝利を収めた。
 番狂わせだったのはイングランドvsフランス。こう言うと、フランスのファンには申し訳無いが、正直イングランドが負ける姿は想像も出来なかった。しかし、フランスは着実な攻めでPG、トライを重ね、ディフェンスも踏ん張って前半はイングランドを0点に押さえる。後半に入ると、イングランドの攻撃に調子が出て来たものの、時既に遅し。奔放なシャンパンラグビーが、強力FWによるソリッドなラグビーを粉砕した。

 さて、準決勝はウェールズvsフランスとオーストラリアvsニュージーランド。個人的な予想だが、好調のフランスも更に好調のウェールズには勝てまい。そして、我らがオールブラックスは間違い無く決勝へ出て来るだろう。
 いよいよ残り4試合。ニュージーランド悲願の開催国優勝を見届けよう!!!
by kakera365 | 2011-10-13 12:00 | スポーツ | Comments(0)

金太郎

 何故に[KINTARO]なのかは分からないが、個人的には可也の衝撃でした。
 これが本当なら買っちゃうよ(多分)。

 こちらをどうぞ--->衝撃映像
by kakera365 | 2011-10-12 12:00 | クライミング | Comments(2)