<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

雨の週末

 今週末は早くも梅雨入りとなり、オマケに台風まで来て頂いたので、週末の予定は全てキャンセル。
 久し振りにクラッククライミングを予定していたのに、とても残念です。

 てな訳で、野外へは行けないので、インドアな週末に。
 土曜日は、HAT神戸にある兵庫県立美術館へ「カンディンスキーと青騎士」を家族で見に行きました。メインのカンディンスキーはまあまあ好きな画家だけど、個人的には青騎士のマルクが好きです。伸びやかな黄色い牛や青い馬の絵は、何とも言えず心が暖かくなります。
e0069822_21514529.jpg
 フランツ・マルク「牛、黄-赤-緑」

 同じく青騎士のクレーも割と好きなんですが、今回はクレーらしい色彩の絵はありませんでした。
 そんな中で一番気に入ったのは、ヤウレンスキーの「ムルナウの風景」って絵でした。
e0069822_21462378.jpg
 アレクセイ・ヤウレンスキー「ムルナウの風景」

 風景画なんですが、とても綺麗な色彩で、抽象画っぽくもあり、それでいて自然な風景にも見える、一寸不思議な絵でした。


 日曜日は更に天気が悪化して暴風雨。
 もう外出自体が憚れる程の天候なので、家の中でダラダラ。14時も過ぎてから、瑞穂と二人で王子へ行く。王子は意外と盛況で、常連さんから家族連れまで沢山のクライマーで賑わってました。
e0069822_20541858.jpg
 悪天で釣りが出来ない常連さんも来てました。

e0069822_2054258.jpg
 モトキックスのクライミング講習。

 この日、瑞穂は頑張って一番上のホールドまで行きました。
e0069822_2054322.jpg
 クライミングは楽しいなぁ。

 一寸恐がりだけど、やる気は一番ある様です。
 将来に期待。
by kakera365 | 2011-05-29 22:35 | Soliloquy | Comments(2)

ピクニック

 土曜日は、難波ファミリーからピクニックのお誘いがあったので、朝からサンドイッチ作って大野山へ。

 十二界岩(大夫婦岩って看板が立ってた)に着くと、既に難波ファミリーは到着して遊んでました。
e0069822_10533551.jpg
 大人も子供も遊びます。

 子供達は、普通のシャボン玉やプラスチックシャボン玉で遊びます。
e0069822_10545265.jpg
 触っても割れないよ。

e0069822_10545866.jpg
 ぶりっこポーズ炸裂。

 大人はクライミング。オカカマンが[Six Pack]のロングヴァージョンをやってたので、適当にアップしてから一緒にやるが、やはり最後の右手が悪い。まぁ、腰痛のリハビリクライミングなんで、ガツガツやる事も無く適当に。
 暫く登ってると、つっき~ねぇさんもやって来た。
e0069822_1055593.jpg
 ここからが厳しい。

 お腹が空いて来たので、コーヒーを沸かしてバゲットサンドを頬張る。自分で作ったけど美味い。

 最後に、3人で「ぷーまん」をやりに行く。最初のアンダーからパワー炸裂ムーヴだが、全く動ける気がしない。オカカマンも全然動けない。
 が、最近強くなってるとは聞いていたが、つっき~ねぇさんがアッサリ一手目を取る。オカカマンと私は大焦り。糞みたいなプライドはサックリ棄てて、つっき~ムーヴをパクる。
e0069822_10551036.jpg
 ねぇさん強いです。

 最終的には、オカカマンが上部のフレークを取りに行く所まで。私は下部でモゾモゾ。でも、この課題面白いので、またやりに行こう。

 帰りに、佐曽利で車を止めて、田植えしている所で海晴とカエル探し。色んな色のアマガエルやトノサマガエル、そして待望のシュレーゲルアオガエルを見つけて大興奮。
e0069822_10551649.jpg
 初シュレーゲルで満面の笑み。

 あんまり登れなかったけど、まぁこんな感じで良いんじゃないですかね(^^)。
by kakera365 | 2011-05-22 11:14 | 自然 | Comments(0)

週末

 この週末は、体調も優れないのでクライミングは止めて、家族でショッピング等。

 土曜日は、家族でイオンモール神戸北に行き、御昼御飯を食べ、ユニクロで服を買ったり適当にプラプラ。
 日曜日は、海晴&瑞穂とお出掛け。まずは、車を止める為に新長田へ行き、公園で遊んだり、鉄人28号を見に行ったり。
e0069822_2137184.jpg
 滑り台で遊ぶ瑞穂。
e0069822_2137248.jpg
 ロープウェイ?で遊ぶ海晴。
e0069822_21372955.jpg
 足元の2人は小さい!

 御昼御飯に韓国冷麺を食べてから、地下鉄に乗ってメリケンパークで催されている、環境省、神戸市、JAF主催の「エコ&セーフティ神戸カーライフ・フェスタ2011」に行きました。この催しには何度も行ってますが、最近は電気自動車が可也増えて来ました。プラグインハイブリッドも増えてます。
e0069822_21373561.jpg
 カラフルな電気バイクに跨る2人。

 帰りに、海岸ビルのカンタベリーショップ神戸店へ行って、薄手のトレーナーを買いました。この秋には、ニュージーランドでラグビーのワールドカップが開催されます。オールブラックスのユニフォームも作ってるカンタベリーでも、関連商品を売ってました。私も買ったトレーナー着て、オールブラックスを応援します。
by kakera365 | 2011-05-16 22:13 | 家族 | Comments(0)

水晶採り

 連休最後の週末は、美雲&海晴と水晶採りに行きました。

 行先は相生市にある、その名も水晶山と言う所です。
 麓の集落まで車で行き、畑の脇にあるスペースに駐車してから、いよいよ登山開始。最初の内は舗装された林道を登って行くのでどうって事は無かったけど、途中登山道に入ってからは羊歯の繁殖が凄くて、殆ど藪漕ぎ状態で前進する。30分程登って漸く稜線に到着。瀬戸内海の眺めが素晴らしい。
e0069822_182753.jpg
 遠くに家島諸島が見える。

 好天の上、羊歯の波を掻き分けて来て疲れたので、岩棚の上で御昼御飯を食べる。コンビニ弁当だけど、山で食べる御飯は最高だなぁ。
e0069822_18271153.jpg
 美雲は冷し中華、海晴はとろろ蕎麦。

 さて、いよいよ水晶探しです。
 水晶山はピークらしいものは無いですが、しっかり標識があり、周辺は露岩がいっぱい。適当に岩を渡り歩きながら水晶らしきものを探して見るが、一向にそれらしい物も場所も見付からない。岩場で危ないので、子供達は待機させてたけど、段々飽きて来た様子。
 殆ど諦め気分で下山路を降りて行き、途中で引き返して登っていると、目の前の地面がキラッと光った様な。石ころを拾って見てみると、滅茶苦茶小さいけど水晶らしきものが見える。周辺の石を適当に漁ると、遂に水晶発見。サイズは1-2mmだけど、見付からないよりはマシだ。
 子供達を呼んで来て、3人で採掘開始。
e0069822_18271782.jpg
 真剣に探してます。

 適当に地面の石を拾って順番に見て行くと、結構水晶の付いたのが見つかりました。小さいけど水晶の結晶だけも見付かります。また、移植鏝で地面を掘り、出て来た石を金槌で割ると、良い感じの水晶が見つかりました。
 そこそこ採れたので、収穫を新聞紙に包んで下山開始。登り以上に酷い羊歯のジャングルに苦しみながらも、何とか車に辿り着きました。

 家に帰ると、早速お風呂に持ち込み、汗を流しながら石を歯ブラシで洗浄。新聞紙の上で乾かして収穫を堪能します。
e0069822_18272445.jpg
 海晴はカメラで収穫を撮影。

 まぁ、水晶と呼ぶには余りにも小さいサイズばかりですが、自分で採ったものなので愛着は湧きます。
e0069822_18273023.jpg
 こんな感じ。

 ハイキング兼水晶採りでしたが、なかなか面白かった。美雲は最初こそ不満タラタラ(特に藪漕ぎが)でしたが、水晶が採れると分かった途端に態度豹変(笑)。海晴はずっと楽しそうでした。やっぱり自然の中で遊ぶのが一番ですね。
 次回は、もう少し大きなのが採れる場所を探して行こう。
by kakera365 | 2011-05-14 18:58 | 自然 | Comments(2)

ボルダリングツアー最終日

 ツアーも3日目。
 まぁ、年齢的に体力も限界なのかと思いきや、エンジョイクライミングのお陰か、3日目でも全然大丈夫。
 行先を瑞牆のマイナーエリアにするか、白州にするか検討したけど、宿題を残してるんで白州に決定。よこちゃんは勿論、初白州。

 エリアに到着すると、素晴らしいコンディション。空は快晴、岩は乾燥してるし、新緑は綺麗し、直ぐ横には南アルプスの天然水がゴーゴー流れているし。
 まずは、前回しっとり濡れてて登れなかったスラブでアップする。
e0069822_2011914.jpg
 新緑の中スラブでアップです。

 右、中央、左と3本登ってから、フェースへ移動。
 フェースをパッと見た時、一番左のラインが簡単そうに見える。実際、私も前回初めて来た時、最初に取り付いた。が、ここが一番難しく、バランシーなライン。そして、こいつが私の宿題。ところがよこちゃんは、人の忠告も聞かずにこのラインに取り付いた。これが間違いの始まり。
 行き成りド嵌まりして動けなくなる。だから言ったじゃん。
 ここへ、地元クライマーでフランス人のヤンがやって来た。ヤンもこの課題が宿題になっているらしい。ヤンのムーヴは、有り得ない右手親指マントル。何じゃそりゃ~!!!
e0069822_20111618.jpg
 親指でプ~ッシュ!

 どうにもムーブが解決しないので、とっき~先生に模範登攀して貰うが、今まで私がやってたのと全く同じ左手マントルムーヴで、しかも簡単に反してる。「まぁ、普通に考えたらそうなるよね。」って事で真似してやって見ると、何だかアッサリ反せて完登。やった~!宿題終わった~!!!

 よこちゃんとヤンは行き詰ったので、みんなで川に面したスラブで遊ぶ。誰も登って無いので、表面がザラザラしててちょっと恐いが、ランディングは砂地なので安全。
e0069822_20112222.jpg
 う~ん、滑りそう。

e0069822_20112866.jpg
 結構高いです。

 元の岩に戻り、私はスラブの初段にトライ。何度も中間部から落ちて、段々イライラして来た所へ、よこちゃんがやって来てサックリ一撃で登って行く。おいおいおい!!! 
e0069822_20113470.jpg
 足が滑るんだよぉ。

 その後、私も頑張って何とか完登。宿題にならんで良かった。
 フェースに戻って、中央や右のラインを登る。右のロースタートは1級との事で、やってみるが難しい。よこちゃんは何度もトライしてこれを完登。流石です。
e0069822_20114055.jpg
 とりゃ~!1級ゲットだぜ!!

 翌日は仕事だから、この日は昼過ぎまでで帰ろう等と言っていたよこちゃんだが、例のマントル課題に嵌まって一向に帰る気配無し。ムーヴを頭の中で組み立てながら、しつこくトライし続ける。
e0069822_20114792.jpg
 あ~やって、こ~やって。

 何時の間にか16時を過ぎ、いよいよ最後のアタック開始。洗練されたムーヴでリップに達し、マントル体勢へ。
e0069822_20115213.jpg
 ぬおぉぉぉぉ!!!

 が、やはり厳しかった。よこちゃん宿題決定。

 あっと言う間に3日が過ぎてツアーも終了。お世話になったとっき~先生にお礼を述べて、神戸に向かいました。
by kakera365 | 2011-05-13 21:06 | クライミング | Comments(0)

ボルダリングツアー二日目

 二日目は、はるきょんも加えて4人で瑞牆へ。

 まずは、前日よこちゃんが敗退した嘆きの壁左端の課題。
 よこちゃんは1便目でサックリ完登。宿題にならなくて良かったね。
 はるきょんは「夏への扉」を何便目かで完登。
e0069822_20171139.jpg
 カッコイイ課題です。

 続けて、前日私が登った右端の課題に2人がトライするが、なかなか厳しいらしい。
e0069822_20171661.jpg
 ここから右足ハイステップで乗り込み。

 2人揃って敗退したので、田中岩へ移動。
 田中岩は余りそそらなかったので、対岸の「指人形」に狙いを定める。
 ムーヴが良く分からないけど、適当に取り付く。右手プッシュで左手親指って変則的ムーヴから、最後はランジ。正解ムーヴは知らないけど、これはメッチャ面白いです。
e0069822_20173188.jpg
 ムーヴをチェックされる私。

 はるきょんが一抜けして、私も続く。よこちゃんはリーチ的に厳しく、左手のガバカチを取ると右手が抜けるので、時間差ダブルダイノをする事に。
e0069822_20174028.jpg
 どりゃ~!!!

 何度かのトライの後、見事に時間差ダブルダイノを決めて完登。滅茶苦茶カッコ良かった。

 更に移動して畑エリアへ。
 黄金岩の、その名も「黄金」って課題にトライする。スタートからキャンパでガビガビのカバに飛び付くムーヴで、私は薬指の皮を行き成り持って行かれて敗退。
e0069822_20174633.jpg
 ガバの後はヒールフックです。

 よこちゃんとはるきょんも頑張ったけど敗退。
 別の岩に移動して、2~3級の課題でクールダウン。まずは岩の右側にある課題。
e0069822_20175284.jpg
 スタートからまずはヒールフック。

 続いて、岩の右面にある課題。
e0069822_20175791.jpg
 リップがガバじゃなくて面白い。

 あっと言う間に2日目も終わる。
 この日で帰るはるきょんを韮崎駅まで送り、富士見食堂でタンメンを食べて、またまた室井邸に厄介になる。夜は、余ったもち米で餅搗き大会。
e0069822_2018390.jpg
 餅搗き機、楽しいです。

 出来上がったお餅を、きんちゃん、よこちゃんと私で小さく千切って丸める。何か楽しいなぁ(^^)。
by kakera365 | 2011-05-09 21:31 | クライミング | Comments(3)

ボルダリングツアー初日

 ゴールデンウィークはよこちゃん、はるきょんとボルダリングツアーに行きました。
 3日の昼に神戸を出発して、この日は登らずに室井邸へ。

 明けて4日、何時もの様にとっき~先生に案内して貰って瑞牆へ。
 はるきょんは瑞牆山へトレッキングに行くのでお別れして、まずは阿修羅の岩へ。周辺の簡単な課題でアップしてると、とっき~先生が高いスラブで、ノーハンドクライミングを披露してくれた。
e0069822_22402582.jpg
 手を使わなくても全然問題無し。

 私は宿題の「インドラ」にトライ。1手目は直ぐに取れたが、次の一本指ポケットになかなか届かない。何度もやってると、スタートでピンチしてる左手の親指に穴が開いたので止める。
e0069822_22403170.jpg
 「インドラ」厳しいです。

 よこちゃんも「阿修羅」にトライしていたが、全然進まないらしく諦めて上部へ移動。2人で「十六夜」にトライして、私が中間部まで行くが、それ以上は全く進めず。
e0069822_22403928.jpg
 厳しい初段だなぁ。

 あんまり登れないので、直ぐ後にある簡単なランジで遊んだりする。
e0069822_2240446.jpg
 とりゃ~!!!

 縦ダイクの三段を見学してから、嘆きの壁に移動。
 一番見栄えのする「夏への扉」からトライ。私はアッサリ完登。続くよこちゃんは一度リップから降って来たけど、続くトライで完登。
e0069822_22405459.jpg
 見た目も内容も良い課題です。

 更に左端にある、見た目3級位の課題にトライするが、これが結構難しい。よこちゃんとセッションするが全く進展が無いので、とっき~先生の模範登攀を見せて貰い、ムーヴをパクってサクッと完登。
 が、よこちゃんはド嵌まりで、何度やってもリップが止まらず。あんまり登れてないので、「このままやったら課題名を「嘆きの横山君」にするで。」とプレッシャーを掛ける。
e0069822_2241144.jpg
 ド嵌まり中のよこちゃん。

 大分長い時間打ち込んだけど、結局よこちゃんは敗退。
 最後に、「夏への扉」の右にあるポケット課題にトライ。渾身の立ち込みでリップのガバを取りに行ったが、僅かに届いてない。剝がれ掛けた指先を引っ掛けたままもう一回手を伸ばしたら、何とかガバに届いて完登。会心の登りが出来て嬉しかった(^^)。
by kakera365 | 2011-05-07 23:27 | クライミング | Comments(0)

京都

 土曜日は、家族で京都へ行きました。
 美雲の希望で、湖西線と嵯峨野線(山陰本線)に乗るのが目的です。

 神戸駅まで車で行き、そこから新快速で山科まで行き、湖西線に乗り換えます。
e0069822_18512079.jpg
 懐かしい117系を撮影中。

 湖西線比叡山坂本駅まで行ってから、再び山科まで戻る。
e0069822_18512629.jpg
 緑の車両が来ました。
e0069822_18513273.jpg
 京阪京津線です。
 御昼御飯に「夜鳴きや」のラーメンを食べに行くが、な、な、な、何と~!!!お休みでした(;_;)
 仕方無く京都市営地下鉄東西線に乗り、烏丸御池で烏丸線に乗り換えて京都まで行き、駅弁を買い込んで嵯峨野線に乗る。
e0069822_18513770.jpg
 桜花折詰は何故か淡路屋でした(笑)。

 近江牛のすき焼き重やちりめん山椒の乗った駅弁を食べていると、あっと言う間に嵯峨嵐山に到着。駅前のSLを見たり、お土産屋を物色したりしながら渡月橋へ向かう。
e0069822_1851424.jpg
 SLの前でポーズ。

 桂川は結構水量が多く、今迄見た渡月橋とはちょっと違った趣でした。
e0069822_18514751.jpg
 春だなぁ。

 帰りは、阪急嵐山線に乗って帰りました。
 久し振りの京都で、お寺や神社には全く行きませんでしたが、まぁ良いんじゃないですかね。
by kakera365 | 2011-05-02 22:38 | 家族 | Comments(0)

開拓アゲイン

 昭和の日は、横ちゃんと3月末に行った岩場へ、再び開拓に行きました。

 今回は、前回行けなかった岩の周辺2ヶ所を探索に行きました。
 まずは、エリアの一番右側に見えてるモニュメントの岩を目指しますが、行き成り渡渉で嵌まる。春の増水で、以前渡れた場所からは行けなくなってるので、別の場所から飛び石で渡る。樹林帯を適当に進んで行くと、以前に見た岩の横を通過。更に進むと岩発見。そこから斜面を見上げると、あるわあるわ。なかなかナイスなスケールの岩がドンドンと立ってます。適当に物色しつつ、現在位置確定の為にモニュメントの岩を探すと、意外と近くにありました。
 この岩には、マリオのキノピオみたいな絵が描かれており、人が来てる事は分かりましたが、クライマーでは無い様です。取り敢えず、登れそうなラインをトライして見ますが、二段になった岩のテラスにいるので、ランディングが非常に悪い。
e0069822_17592257.jpg
 ここからどうする?

 この岩のホールドは全部縦皺で、オマケに全部が右開きなので、左手はギャストンしか出来ないって理不尽なムーヴを要求されます。結構頑張ったけど、全然ムーヴが閃かないので敗退。初段以上はあるかなぁ。

 続いて、直ぐ近くにある、今度は横皺ばっかりの岩。白くて丸っこいので、勝手に「大福岩」と呼びます。一番下にガババンドがあるので、必然的にシットスタート。が、行き成り次が遠い。
e0069822_17592849.jpg
 こっから左手を・・・。

 強い人なら何とかするんだろうなぁ、ってな感じでアッサリ敗退。上部は濡れてるので突っ込めないけど、何とかなりそうな範囲です。初~二段位かな。同じ岩の左カンテ?は両手ポケットからスタートで、最後はマントル。これも上部は濡れてて登れなかったけど、3級位で面白い。
 この周辺には、まだ登れそうな岩が5、6個転がってる。ボルトが打たれたデカいのもあるけど、ボルダリングでも何とかなると思う。

 一通り探ったので、次のエリアへ移動。
 今度はエリアの左側にあって、下からもハッキリ見える3つのボルダー。
 期待を胸に藪を漕いで岩に近付いて行くが、真ん中の岩へ付いてガッカリ。何だかショボい。しかもランディングが可也悪い。ま、見てても何も始まらないので、トライしてみるが、想像していたよりも可也悪い。
e0069822_17593652.jpg
 右手をデッドで飛ばします。

 ランディングが悪いので、思い切ったムーヴも出来ずに敗退。次の一手を取れば後は楽勝なのにと思いながら、上部へ回ってみると、何だか上も悪そう。無理に突っ込まなくて良かったかも。
 3つの岩の一番下は、傾斜が無くて小さかった。一番上の岩は、大きさがあるけど二段になってて、残念岩でした。まぁ、登ろうと思えば登れるけど、面白いライン取りは思いつかなかった。

 この日は敗退続きだったが、何も登れずに帰るのも癪なので、残念岩の横にある低い岩にマントル課題を設定。ポケットスタートの一手モノですが、フットホールドが無くて最初のムーブが難しいので、意外と面白かったです。
e0069822_17594285.jpg
 こっからリップへペシッ!

 既に日も山の端に隠れ、夕闇が迫って来たので帰り支度。
 いっぱい生えてるタラの芽を取りながら下山しました。天麩羅にして食べたら美味しかった(^^)。

 このエリア、まだ行ってない岩も何個もあるので、当分飽きずに済みそうです。でも、季節的にそろそろ花崗岩は厳しいかな。ま、続きは秋にしようか。
by kakera365 | 2011-05-01 18:31 | クライミング | Comments(0)