<   2010年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

御土産

e0069822_21371895.jpg
 甲府「鳥もつ煮」風味ドロップ。
 お味は・・・・・
by kakera365 | 2010-11-26 22:06 | Soliloquy | Comments(0)

瑞牆遠征-三日目

 朝からシトシトと雨。しかも時間が経つにつれて強くなって行く。
 この日は勿論の事、翌朝まで降る予報で、四日目も登れそうにないので、諦めて神戸に帰る事にする。

 昼頃までとっき~と駄弁ってから、甲府市内の「蓬莱軒」って店にラーメンを食べに行く。ここのラーメンは、ちょっと魚臭い所謂「東京ラーメン」。最近はこってり系のラーメンが多いので、こう言うのもたまには良い。何故かメンマが赤い。
 ラーメンも美味しかったけど、餃子は500円だが大振りで更に美味しかった。

 ピラニアに買物に行こうと言うが、とっき~は頑なに固辞するので、場所を教えて貰って独りで行く。
 ナビに導かれて程無く到着。思ったよりも小さい。
e0069822_0102178.jpg
 ピラニア到着です。

 ここでの任務は勿論、たっくんの仕事振りの確認。こそ~っと入って中を見回すと、楽しそうに子供達に教える姿が。どうやら真面目に働いている様です。
e0069822_0102772.jpg
 真面目に仕事するたっくん。

 残念ながら、山森さんはお休みで会えず。御土産にグリモンのTシャツとDVDを買って帰途に着く。

 諏訪SAで御土産を買おうと、車を降りて歩いていると、2人組の若いお兄ちゃんが急に声を掛けて来た。変な宗教の勧誘かと思い、無視して通り過ぎようと思ったら、ヒッチハイクで大阪へ行きたいと言うので載せてあげる。独りで運転も退屈なので、こっちとしても丁度良かった。
 2人は明治大学サッカー部の阿渡君と長原君。明治のサッカーは可也強いらしく、今季の関東大学サッカー1部リーグも優勝したらしい。また、Jリーガーも結構輩出しているそうだ。勿論、2人もJリーガーを目指しているとの事で、若い人は夢があって素晴らしいなぁと思うと同時に、今回の遠征の成果の無さを反省し、おっさんも頑張らねばと心新たにした。
 2人とはJR西宮駅でお別れし、後は我が家へ向かって一直線。

 そう言えば「インドラ」触って無いな・・・
by kakera365 | 2010-11-25 23:59 | クライミング | Comments(0)

瑞牆遠征-二日目

 今日も朝から良い天気。
 この日は、とっき~の御両親と御一緒させて頂きました。とっき~も凄いクライマーなんですが、御両親は私の世代の人間には神の様な存在なので、最初は可也緊張しましたが、とてもざっくばらんな感じで接して頂いたので、楽しく登る事が出来ました。

 取り敢えず暖かい所でアップしようと、「田中岩」へ向かいました。
 が、岩へのアプローチを歩いていると、途轍もない爆音が!!! 何と、至近距離でライフル銃をブッ放してる猟師のおっちゃんが。間違って撃たれやしないかとビクビクしながら前を通り過ぎると、足元に点々と血の跡が。。。更に進むと、河原にピクリともしない鹿さんが転がってました。
 おっちゃんに聞いたら、北側の尾根向こうから犬に追わせて、こっちへ来るのを待ち伏せして撃ってるんだそうで、こんな所で落ち着いてボルダリング何ぞしてられないので、早々に引き揚げる事にしました。

 気を取り直して、まずは「三の谷」へ行って、比較的簡単な課題を3本登りました。
e0069822_2344119.jpg
 息子の登りを見物する御両親。

 更に課題を求めて、当ても無くプラプラと歩いて「瑞牆レイバック」の所へ行くと、日本を代表するアルパインクライマーの馬目弘仁さんが、クラッシュパッドに寝転んで本読んでました。ゆ~すけさんを待ってるとの事。
 暫く駄弁ってると、ゆ~すけさん登場。愛娘の幼稚園のイベントを、途中でブッチして来たらしい。おいおい・・・

 御二人は「百鬼夜行」へ行くので分かれ、むろいファミリー&おまけ一行は「四の谷」へ行き、凄いドッ被りにホールドが全く無い、超勿体無い岩で登る。
e0069822_23441731.jpg
 高いチムニーを登る由美子さん。

 私は、ドッ被りのリップに石の上から跳び付いて、マントルを反すやつをやる。跳び付きは恐いけど、何度目かで成功し、これは貰ったと思ったら、その上のガバポッケが痛くて敗退。全くの根性無しですね。
 むろいファミリーは、左のスラブ2本を楽しく登ってたので、混ぜて貰う。右のラインはサクッと登れたので、続けて左のラインにもトライ。
e0069822_23442495.jpg
 楽しく登るむろいファミリー。

 とっき~、由美子さんと登り、私も2度のフォールの後、何とかリップに到達。「ふふふ・・・調子が悪いとは言え、スラブならこの通りさ。」と思った瞬間、一本指ポッケに突き刺してた右足が抜け、だだだ・・・・と痛恨のリップ落ち。悲惨です( ̄▽ ̄;)。

 最後に「ガリガリ岩」で登ってると、まのめさんが降りて来たので、「どうでしたか~?」と聞くと、「駄目だった。ゆ~すけはまだやるって。」と。ゆ~すけさん、粘着系ですねぇ。
 更に、兼原ファミリーとも遭遇。三段ボルダラーの佳奈さんは、聞いてた通り小さくてとても可愛らしい人だった。娘さんがウチの瑞穂よりちょっと小さく、慶太さんが奥さんのジャケットから作った、暖かそうなダウンのツナギを着ていた。

 この日は、登りの方はサッパリだったが、むろいファミリーと登り、まのめさん、かねはら夫妻と有名クライマーに会えて話しが出来て、とっても良い日だった。
by kakera365 | 2010-11-24 22:24 | クライミング | Comments(0)

瑞牆遠征-初日

 飛石連休を利用して瑞牆へ遠征しました。
 同行者を募って見たものの、やはり飛石連休だと休みが取れないのか、誰も一緒に行く人が居なかったので、独りで寂しく行きました。

 駐車場でとっき~&きんちゃんと合流。一緒に登る予定だったGIRI GIRI BOYSの「じゃんぼ」こと横山勝丘さんは、風邪をひいてしまったらしく来られませんでした。めっちゃ残念。
 プラプラと歩いて「エレスアクベ」の岩へ。左面のフェースを登ってアップする。右のフェースもやろうとしたけど、指が痛いので止める。「エレスアクベ」も触ってみるが、最初の右手が死ぬ程痛いので直ぐ止める。
e0069822_23301275.jpg
 「エレスアクベ」を登るとっき~。

 アップも終わったので、今回の第1ターゲットである「高野聖」へ行く。
 エリアに着くと珍しく誰も居らず貸し切り状態。ムーヴを思い出しつつスタートをして見るが、足を何処に置くのか思い出せず、カメラで前回の写真を見て確認する。で、ポケットへ右手を飛ばそうと踏ん張るが、何度やっても右手がスタートホールドから離れない。あれれ?

 暫くすると何人かクライマーがやって来た。たっくんも「百鬼夜行」を登りに来た。流石に日本B代表だけあって、力強い登りです。
e0069822_23302146.jpg
 「百鬼夜行」にトライするたっくん。

 更に、GIRI GIRI BOYSの「ゆ~すけ」こと佐藤裕介さんも来て「百鬼夜行」にトライ。流石にピオレドール受賞者はフリーでも強いです。私も冷やかしで触らせて貰うが、スタートホールドを持ったまま、全く身体を浮かす事も出来なかった。
 ヨワヨワな私の相手で暇そうにしてたとっき~は、「百鬼夜行」の右にある、岩と岩の間にラインを見出してトライを始める。
e0069822_2330289.jpg
 変なクラック課題を初登するとっき~。

 私の方は全く「高野聖」が出来そうに無いまま、あっと言う間に時間が過ぎてまたまた宿題に。 
 帰り際に、とっき~に唆されて「光合成」ってスラブをゆ~すけさんとセッション。一応初段らしいが再登者が居ないらしい。
e0069822_2330351.jpg
 「光合成」にトライするゆ~すけさん。

 ゆ~すけさんですら2歩目が限界の初段って・・・・・無いでしょ(--;)。

 駐車場に戻ると、夕焼けがとても綺麗だった。明日も良い天気になりそうだ。
e0069822_23304223.jpg
 中央やや左に甲斐駒が見える。
by kakera365 | 2010-11-23 12:46 | クライミング | Comments(0)

ぬ~ぼ~

 表題は私の普段の表情を表してる訳ではありません。

 毎年この時期になると、世間を騒がしているあの「ボージョレーヌーボー」ってヤツの事ですわ。そんな世間の風潮に、流されない様に抵抗するのも結構な体力が必要なんで、素直に流されて見る訳です、はい。
 でもって、何の気に無しに通り掛かった雑貨店で手に入れた代物がコイツです。
e0069822_21254416.jpg
 これは栄養ゼリー?

 今年は、ペットボトル入りのものが500円で売られていると、テレビのニュースで言ってたが、実際に店に並んでたので一番目新しかったのが、このパックワインで、何と280円。これでワイングラス2杯分入ってるから、個人的には丁度良い量だ。味の方も、所詮はボージョレーなんで特に気にする事も無いし。
by kakera365 | 2010-11-19 21:46 | 生活 | Comments(2)

恐竜

 次男の海晴は生き物好き。最近は特に恐竜がお気に入り。
 今日も家に帰ったら、粘土で恐竜を作って遊んでました。
e0069822_21201960.jpg
 これはプテラノドン。

e0069822_2120262.jpg
 こっちはフレングエリサウルスと喰われるセイスモサウルス。

 特徴を上手く捉えて作ってます。
by kakera365 | 2010-11-16 21:24 | 家族 | Comments(0)

豊田

 日曜日は久し振りの岩場。
 前日、オカカマンに「何処へ行きたい?」と聞かれたので、豊田へ行って「相思花(サンチョ)」がやりたいと言ったら、そのまま豊田行きが決定。

 オカカマンを乗せ、西北でなかちゃんとコンビニくんを拾って豊田へ向かう。古美山の駐車場に車を止め、宮川散策道を歩いてエリアへ行くが、「琥珀」は完全に水没してる。恐る恐る「相思花」の岩を見るが、やっぱり半分川になってる。
 気分が一気に萎えたので、取り敢えず古美山で登ろうとリーチ岩へ行く。「のみ上がり(a)」や「チー(b)」でアップしてから、まずは「リーチ(b)」にトライ。高さはあるけどホールドは良いので、気持ち良く登れた。
e0069822_23513938.jpg
 「リーチ」を登るコンビニくん。

 続いて「一難去って(d)」にトライ。1便目でスリップ落ちするも、2便目で上部へ突入。あまいスローパーを必死で押さえつつ、見えないスタンスを適当にスメアで誤魔化して、何とかトップアウト。結構ヤバかった。
 なかちゃんも続いてトライするが、途中から地元の主っぽい人に厳しい指導を受け始めたので、こっそりフェードアウトする。
 「大和(g)」を見に行くが、全くと言って良い程そそらなかったので戻って、オカカマンとコンビニくんがやってた「裏ドラ(c?)」を一緒にやる。下部は割合サクッと出来て、最後のマントルでちょっと嵌まり掛けたけど、何とか完登。なかちゃんも続いて完登。
e0069822_23515011.jpg
 「裏ドラ」を登るコンビニくん。

 良い時間になったので御昼御飯にするが、お湯を沸かす為に持って来たガスが空っぽで、オニギリだけになってしまった(--;)。
 午後からは「文明開化(e)」をやるが、スタートが良く分からない。豊田は結構限定があるみたいで面倒臭いのだが、個人的にはどうでも良いので、レイバックの体勢からスタートする。過去に登ったと言うオカカマンのムーヴをパクりつつ、高度を上げて行くが、ハイステップからの引きつけでフットが抜け、膝を強打して悶絶(T_T)。
 これで一気にモチが落ちて宿題に。
e0069822_23515692.jpg
 「文明開化」を登るオカカマン。

 最後にもう一度、宮川へ降り、目的の「相思花(f)」をやる。最初は遠かったカチも、何度かやる内に届く様になったが、余りの悪さに持てなかった。結局オカカマンがコンマ何秒か止めただけ。岩全体が湿気ててコンディションも悪かったので、もう少し良い時期に来れば止まるかも知れない。
e0069822_2352381.jpg
 ここから右上へランジ気味に右手を出す。

 「相思花」はとても良い課題だ。是非また来てやろう。勿論「文明開化」も。。。

 帰りに、台湾料理の弘福楼って店で晩御飯を食べたが、定食の量が半端じゃ無かった。満腹中枢が刺激される前にと、せっせと口に運んで何とか完食したが、久し振りに食べ過ぎで気持ち悪くなった。3人が完食して苦しそうにしている中、大人のオカカマンだけは、半分位食べた後、残りを折に入れて貰っていた。
by kakera365 | 2010-11-15 00:42 | クライミング | Comments(0)

週明け

 大分時間が経ってしまったけど、週明けの報告を。。。
 月曜日は音楽会の代休だったので、前から海晴が希望していた「地球最古の恐竜展」を見に、大阪南港のATCミュージアムまで行きました。
 まずは腹拵え。珍しく[SUBWAY]があったので、久し振りに食べる。
e0069822_0461076.jpg
 思い切り頬張ってます。

 さて、お腹も膨れた所で、恐竜展へGO!
 入口には「フレングエリサウルス」の骨が展示してあり、その大きさに驚く。
e0069822_0461824.jpg
 骨だけどでっかいなぁ。

 そして、今回の目玉って言うか、哺乳類の祖先でヤラレキャラの「エクサエレトドン」。これが我々人間の祖先って言われても、余りの不細工さに言葉が無い。でも、顔は確かに人間っぽい。
e0069822_0462537.jpg
 勝手に命名「オヤジザウルス」。

 実際に恐竜に襲われたら、こんな感じなんでしょうなぁ。
e0069822_0463251.jpg
 恐い~!!!

 予想より展示の規模が小さくて、あっと言う間に終わってしまった。しかも、海晴が見たがってた「ティラノサウルス」や「ステゴザウルス」「トリケラトプス」「プテラノドン」なんかは一切無し。良く良く考えてみたら、三畳紀に居る訳無いよな。。。
 って事で、ガックリして御土産売場に行くと、そこにはティラノやステゴザウルスが。流石にこう言う所は商売上手いです。
e0069822_0464087.jpg
 恐竜のオモチャで遊ぶ瑞穂。

 海晴は「ステゴザウルス」の人形、美雲は「プテラノドン」の縫い包みを買って御満悦。

 帰りに大阪で、美雲が音楽会で演奏した、ドボルザークの「新世界より」のCDを買って帰りました。演奏はクラウス・テンシュテットのベルリンフィルのライブ。めっちゃ良かった。
by kakera365 | 2010-11-12 21:53 | 家族 | Comments(0)

週末

 土曜日は、小学校で音楽会がありました。
 海晴は「スーホの白い馬」と言う音楽物語、美雲はドボルザークの「新世界より」の合奏と「ぼくのおうえんか」「見えない翼」の合唱をしました。音楽会は撮影禁止で写真がありません。
 2人が音楽会から帰って来てから、近所の親和女子大学の学園祭に行きました。御昼御飯を食べてから行ったのですが、出店は食べ物屋が殆どで、全く興味が湧きませんでした。しかも、大学祭だと言うのに、サークル活動やゼミの研究発表等が殆ど無い、何とも言えない内容でした。
e0069822_22204699.jpg
 紙で作った魚釣りしてます。
e0069822_222108.jpg
 輪投げをする瑞穂。

 日曜日は、三木金物まつりに行きました。この祭りには、大体毎年行っているのですが、まぁ三木市が一年で一番盛り上がる日なんじゃ無いでしょうか? 今年も相変わらずの人出で、タップリ楽しめました。
 海晴と美雲が、籤引きで一等と二等を当てて、海晴はパジェロのラジコンを、美雲は瑞穂にプリキュアの塗絵付きバッグを貰って来ました。
e0069822_22211189.jpg
 豪華景品ゲットだぜ!

 御昼御飯にタコ焼きやら食べた後、恒例の木工作をしました。
e0069822_22212183.jpg
 慣れない道具を頑張って使ってます。

 美雲は小さなテーブルを、海晴はシュモクザメを作りました。
 メインの金物ですが、キャンプ用の深底で可也厚手の鉄板を買おうと思いながらウロウロしていたら、何時の間にか売り切れになっててガックリ。代わりに高くて良く切れる鋏を買いました。
by kakera365 | 2010-11-08 23:43 | 家族 | Comments(0)

ハイキング

 文化の日は、家族でハイキングに出掛けました。

 まぁハイキングと言っても、瑞穂が歩けるレベルが限られてるので、取り敢えず森林植物園へ行きました。紅葉には、まだ少し早い様で、余り色付いた樹はありませんでしたが、それはそれで良し。
 子供達の楽しみ方も其々で、美雲は山を歩く事自体を楽しみ、海晴は生き物探しに夢中になり、瑞穂は幼児らしく興味の対象がコロコロ変わる。
e0069822_23214520.jpg
 海晴は赤蜻蛉を捕まえました。

 行ったのが結構遅い時間だったので、適当に歩いてから御昼御飯にしました。と言っても、コンビニで買って来たオニギリとかですが・・・
e0069822_23215158.jpg
 瑞穂だけデザート食べてました。

 遊び道具は持って行かなかったので、自然にあるもので遊びます。
e0069822_2322321.jpg
 大王松の葉で松葉崩しをする美雲と海晴。

 森林植物園の東門から出て、トゥエンティクロスの合流点まで降りて川で遊びました。
e0069822_23221138.jpg
 お湯を沸かしてホットレモンを飲む美雲。

 トゥエンティクロスには、子供達には丁度良い幅の川が流れてるので、水生生物を探して見せて上げました。カワゲラや蜉蝣、ヘビトンボの幼虫、沢蟹等々。
e0069822_23221776.jpg
 こんどは沢蟹を捕まえた海晴。

 良い時間になったので、森林植物園に戻って、適当にブラブラしながら帰りました。
e0069822_23222374.jpg
 紅葉はもう少しです。

 久し振りにハイキングに行きましたが、やっぱり山は楽しいです。山の空気も、水も、植物も、動物も、全てが気持ち良かったです。今はクライミングメインですが、根本的に山人間なんだと改めて実感しました。
by kakera365 | 2010-11-05 23:39 | 家族 | Comments(0)