<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

家族旅行-三日目

 前日の夜は、瑞穂が初めての浴衣を着て御満悦。
e0069822_22474413.jpg
 絵柄が可愛いです。

 さて、最終日となる三日目は、トロッコ列車の奥出雲おろち号に乗ります。
 出発駅である木次駅に車を置いてホームに入ると、直ぐにおろち号がやって来ました。
e0069822_22475114.jpg
 気動車DE10の前でハイポーズ!

 おろち号は悪天候時の避難用客車と窓の無いトロッコ列車が連結されています。この日は晴れでしたので、当然トロッコに乗ります。全席指定なのですが、行きは座席が外向きになった、とても良い席でした。
e0069822_22475872.jpg
 早く出発しないかなぁ。

 時間になって発車すると、直ぐにトンネルに入ります。窓が無いので、結構音が大きく、瑞穂が耳を塞いだりします。車内販売も充実してて、駅に着く度に業者さんが乗り込んで来ます。最初に木次乳業の売り子さんが来たので、早速牛乳を購入。昔、実家で飲んでたので、懐かしいです。
e0069822_224854.jpg
 パスチャライズ牛乳を飲んでます。

 勿論、御弁当も売りに来ます。仁多牛の牛丼や、笹寿司なんかを買って食べました。
e0069822_22481094.jpg
 美雲は笹寿司を食べてます。

 長閑な景色を堪能しながら走っていると、出雲坂根駅に到着しました。ここには、日本でも3ヶ所しかない三段スイッチバックがあります。そもそも、スイッチバック自体が珍しい。関東だと箱根の登山鉄道がありますが、西日本では殆ど見かけませんから。
e0069822_22481616.jpg
 右から来て、左へ行きます。

 トロッコの天井には、色が変わる「おろち」のイルミネーションがあり、トンネルに入るととても綺麗。
e0069822_22482220.jpg
 頭は一つですね。

 途中、国道314号にある二重ループ道路「奥出雲おろちループ」が見えます。開通した18年前の夏に、バイクで通った思い出があり、とても懐かしかった。
e0069822_22482748.jpg
 おろち見たいにグルグルです。

 終点の備後落合から、折り返して木次駅へ。帰りは涼しい窓付き車両に乗りました。
 木次駅からは、奥出雲おろちループを通り、旧横田町で「たたらと刀剣館」に寄ってから、神戸への帰途に着きました。

 二泊三日の家族旅行でしたが、あっと言う間に終わってしまいました。慌ただしく観光した様な、でも結構ノンビリした様な、良く分からない旅行でしたが、まぁ家族全員満足してます。
by kakera365 | 2010-08-29 22:42 | 家族 | Comments(0)

家族旅行-二日目

 二日目の朝、旅館の窓から外を眺めると、通勤ラッシュで渋滞する橋の下で、沢山の船が蜆採りをしていました。
e0069822_18164231.jpg
 何となく、このギャップが微笑ましい。

 さて、今日の目的地は、世界遺産の石見銀山です。
 ガイド本を読むと、エリアは車両進入禁止の様に書いてあったので、世界遺産センターに車を駐めてバスに乗ろうとするが、これが普通の路線バスで、本数は少ない上に、何と!料金を取られる。しかし、大森エリアへ着いて見ると、普通に車が走ってて、何となく騙された気分。
 貸し自転車が便利との事だったので行って見るが、台数が少なくて平日なのに30分待ち。しかも子供用が無い。勿論、幼児を乗せられる自転車も無い。ハッキリ言って論外。
 今更もうどうしようも無いので、メインの龍源寺間歩まで2km以上歩く事に。
 まずは、羅漢寺へ行くが、私の目的は「五百羅漢」では無く、その前の川に架かる3つのアーチ石橋「羅漢寺橋」。
e0069822_18271864.jpg
 渡れるのは1つだけ。

 さて、龍源寺間歩までボチボチ歩き出す。幸いにも川の右岸に、遊歩道が設けられており、直射日光だけは避けて歩く事が出来た。
e0069822_1830194.jpg
 木陰は涼しいなぁ。

 ダラダラと30分以上歩いて、まずは「清水谷製錬所跡」へ。しっかりした石組みが、まだ残ってました。
e0069822_1831371.jpg
 雑草が無ければもっと良い感じでしょうね。

 更に30分以上歩き続けて、漸く「龍源寺間歩」に到着しました。
e0069822_1832258.jpg
 穴の中はめっちゃ涼しい。
e0069822_18354028.jpg
 こんな狭い所も。

 折角涼しい間歩で復活した身体も、出口から出た瞬間にダレダレに・・・
 帰りは道路を歩いて、銀山エリアを逆戻りして、大森エリアへ行く。
 町に入った瞬間、目の前に石のアーチ橋が!。走って行く美雲。
e0069822_1836848.jpg
 羅漢町橋と言うらしい。

 更にテクテク歩いて行く。古い町並みが残ってて、中々良い雰囲気です。平日なので人が少ないのも良かった。
e0069822_18362059.jpg
 時代劇の宿場町の雰囲気です。

 町の端まで着いたが、またしてもバス待ち。田舎はこれだから・・・

 石見銀山は世界遺産に指定されて、観光客を呼ぶ為にガンガン宣伝しているが、とても客を呼べる体制では無いと思いました。本気で観光に力を入れるなら、まず世界遺産センターを拠点にして、無料送迎バスをガンガン走らせるべきです。勿論、エリア内への車両進入は禁止。貸し自転車を充実させるか、エリア内を電気バス等で循環するべき。ベロタクシーが何台か居たが、あれももっと増やせないか。あと、見れる間歩が1ヶ所ではショボ過ぎる。これじゃ、生野銀山の方がスケール大きいと言われてもしょうがない。整備も全く出来てない。清水谷製錬所跡なんか、草刈り位はして欲しい。あんまり観光化して駄目になるのもどうかと思うけど、家族連れ(って言うか子供)が楽しめない観光地なんて、どうかと思う。

 火照った身体を車のクーラーで冷やしつつ、この日の宿がある奥出雲へ向かいました。
by kakera365 | 2010-08-28 18:57 | 家族 | Comments(0)

家族旅行-初日

 日曜日から、二泊三日で島根県へ家族旅行に行って来ました。

 初日は、松江まで行って市内をブラブラ。
 まずは、御昼御飯に出雲蕎麦を食べました。割子蕎麦ですが、色んな味が楽しめました。
e0069822_2316531.jpg
 子供達は蕎麦が好き。

 お腹が膨れた所で、堀川めぐりの遊覧船に乗って松江城に向かいました。橋が低い所では天井を下げて通過します。
e0069822_2317019.jpg
 おぉ~天井が下がるよ。

 続いて松江城は、小さいながらも形の良い天守閣がお出迎え。ついこの間、熊本城を見たばかりなので、スケールは圧倒的に劣るし、石垣の積み方も結構雑いけど、これはこれでシンプルで良い。
e0069822_231771.jpg
 色と形から「千鳥城」とも呼ばれます。

 一旦旅館に行ってチェックインを済ませ、暫し寛いだ後、一畑電車を乗りに行きました。
 駅まで行く途中、ブラブラと道を歩いていると、どこかで見た様な名前の店が・・・・・
e0069822_23171336.jpg
 あぁ!「菊信」だ~!!!

 残念ながら閉まってて、藤田さんとは会えず。
 駅に着いたが、ダイヤがスカスカなので半時間待ってから、漸く出雲へ向けて出発。マニアの美雲は、南海の車両に乗りたかったらしいが、残念ながら京王の車両となった。
e0069822_23172172.jpg
 はいポーズ!

 小一時間揺られて出雲に付いたが、JRのダイヤもスカスカ。旅館の晩御飯に間に合わすためには、特急に乗るしか無い。
e0069822_23172969.jpg
 「やくも」に乗りました。

 旅館は大橋川沿いにあり、部屋からの眺めがとても良かった。
e0069822_23173624.jpg
 素晴らしい夜景です。

 晩御飯を食べて、温泉に入って、あとは寝るだけ。
e0069822_23174324.jpg
 はしゃいでます。

 あっと言う間に、一日目は終了です。
by kakera365 | 2010-08-26 23:47 | 家族 | Comments(0)

お盆

 お盆休みに弟ファミリーが帰省したので、一緒に遊んで来ました。

 金曜日の夜に、父母、叔父、姉夫婦、弟家族と我家で焼肉を食べに行きました。
e0069822_043548.jpg
 久し振りの焼肉でした。

 土曜日は、弟家族としあわせの村に行って、トリム園地や芝生広場で遊んだりしました。
e0069822_0431349.jpg
 筏に乗る兄を見つめる2人。

 夜は、実家で花火。
e0069822_0434898.jpg
 夏の夜はコレですね。

 日曜日は、大阪の交通科学博物館へ行きました。
e0069822_0435576.jpg
 やっぱ男の子は乗り物ですね。

 横浜のシュウマイを頂きました。
e0069822_044270.jpg
 デカくて美味かった。

 何だかんだで、あっと言う間にお盆も終わってしまいました。
by kakera365 | 2010-08-20 00:54 | 家族 | Comments(0)

BARI-METAL

 先日、奥香肌に行った時に、あの有名な金属ホールド[BARI-METAL]の製作者「よっちゃん」に会いました。
 彼とは以前から顔見知りだったのですが、特に親しいって訳でも無いのに、何故か貴重なホールドを一つ頂きました。触ってみると、とても不思議な感触で、今迄には無い、何とも言えず触ってて気持ち良いホールドです。
e0069822_19384258.jpg
 この質感、素晴らしいですね。

 よっちゃん、ありがとね。

 油断すると、ツルッと行きそうなので、王子に付けてヌメリンガー達を苦しめてやろ〜っと。
by kakera365 | 2010-08-16 09:47 | クライミング | Comments(2)

美雲と九州へ-その4

 九州ツアーも、いよいよ最終日。

 この日は石橋は無しにして、美雲の好きな乗り物を中心回る事にしました。御世話になったBOTCHさんとお別れして、先ずは九州鉄道記念館へ向かいました。
 ここは勿論JR九州の施設なんですが、地方の施設とは言え中々楽しめます。静態保存された車両が結構たくさん保存されてて、じっくり見る事が出来ます。
e0069822_19322919.jpg
 懐かしい形です。


 他にも、子供が楽しめる施設がボチボチ有り、庭?にミニ鉄道が走ってたので乗りました。
e0069822_19323771.jpg
 ソニックに乗りました。

 美雲曰く、自動運転なのでイマイチ面白く無いとの事。Nゲージ見たいに、マスコンで操縦出来る様にして見ては?
 さて、走らない列車やオモチャとはサヨナラして、今度は本物に乗りに行きます。門司港駅迄は歩いて直ぐの距離。ここの駅舎はレトロな作りがとても良いです。
e0069822_19324491.jpg
 懐かしさを感じさせる雰囲気が良いですね。

 門司港駅から小倉迄、ゴトゴトと揺られて行きました。
e0069822_19325383.jpg
 美雲はローカル線が好きです。

 続いて、北九州モノレールに乗って、小倉競馬場迄往復しました。
e0069822_1933138.jpg
 待望のモノレールです。

 さて、そろそろ時間が無くなって来たので、門司に戻って最後の目的地へ。
 最終のターゲットは、熊本で食べ損なった「ラーメン」です。BOTCHさんから教えて貰った「長浜とん平」に行きましたが、御昼も大分過ぎてたので直ぐに食べられました。時間によると行列してるらしい人気店です。
 美雲は硬目、私はバリ硬で食べましたが、これが旨いの何のって。私も色々食べ歩いてますが、ここは可成上位にランクインですね。
e0069822_193371.jpg
 絶品です(^^)。

 後は、神戸に向かって一直線。4日間の九州ツアーもあっと言う間に終了してしまいました。
 南の楽園九州よ、また会う日迄さようなら〜。
by kakera365 | 2010-08-15 10:05 | 家族 | Comments(0)

美雲と九州へ-その3

 九州の旅も、早くも3日目。この日は大分県で石橋巡りです。

 その前に、今回のメインターゲットの一つである「白水溜池堰堤」を見に行く。ここも大分むぎ焼酎「二階堂」のCMに出ていた場所です。まぁ兎に角、この堰堤に流れる水の美しさは、とても言葉に出来る様なものではありません。是非一度、見に行かれる事をお勧めします。
e0069822_2247351.jpg
 恐らく世界一美しい堰堤でしょう。

 白水溜池堰堤に行く途中にも石橋が有ります。中でも有名なのが「明正井路第一拱石橋」です。6連アーチの灌漑用水路で、石橋の水路橋としては日本一の長さです。
e0069822_22474265.jpg
 D:5君と比べると大きさが分かります。

 さて、今日の目的地である宇佐市院内町に行きます。日本一の石橋の町と言われ、町内には75基の石橋があります。ここの橋は、大正から昭和初期に作られたものが多く、数連のアーチ橋がその中心となります。
e0069822_22474850.jpg
 石橋の貴婦人と言われる「鳥居橋」。

 上流に向かって「御沓橋」「荒瀬橋」「富士見橋」等、ドンドン見て行きます。中でも気に入ったのは、明治初期の石桁橋「久地橋」です。
e0069822_22475497.jpg
 シンプルで美しい作りです。

 更に、隣町の中津市耶馬溪町へ向かいました。
 耶馬渓は大分を代表する景勝地ですが、やはり目的は石橋です。でも、一応「青の洞門」位は行っておきます。禅海和尚がノミと槌だけで30年かけて掘ったと言われるトンネルは、何とも言えない雰囲気が有ります。
e0069822_2248136.jpg
 人の力は偉大ですね。

 石橋ですが、「青の洞門」の上流にある「羅漢寺橋」と、直ぐ下流にある「耶馬渓橋」を見ました。特に「耶馬渓橋」は、石橋では日本一長い橋です。
e0069822_2248798.jpg
 車で上を走れます。

 随分色々と見て回って疲れて来たので、温泉で汗を流してから、門司へ向かいました。
 目的は勿論、BOTCHさんの顔を拝みに行く事です。

 過去の記憶を頼りに、一発でBOTCH邸に到着しました。私の記憶力も捨てたモンじゃ無いなぁ。
 晩御飯を作りかけのBOTCHさんを拉致して、台湾・中華料理「梅子」に食べに行きました。
e0069822_2248132.jpg
 どれも美味しいねぇ。

 夜は当然、BOTCH邸に無理矢理お泊り。
 焼酎呑みながら、あ~でもない、こ~でもないと駄弁り倒して、3時過ぎに漸く就寝。
by kakera365 | 2010-08-11 23:59 | 家族 | Comments(2)

花火&ファミリーBBQ

 九州旅行の報告途中ですが、週末の様子を少し。

 土曜日は「みなとこうべ海上花火大会」があったので見に行きました。
 例年よりは数が多かった様ですが、まぁ普通に楽しめました。
e0069822_19554426.jpg
 こんな感じ。

 日曜日は、おうじ~ずファミリーバーベキューでした。
 今回は日帰りで、行先は三重県の奥香肌峡。関西では意外と知られたボルダーエリアです。

 現地に到着すると、既に前夜からキャンプしていた、ひつじさん&ゆっき~が火を熾してくれてました。
 大人はバーベキューの準備を、子供達は早速着替えて泳ぎます。水鉄砲で遊んだり、魚採りしたり。
e0069822_19555082.jpg
 冷たい水でも子供達は平気です。

 一通り遊んだら、次は御昼御飯です。肉に野菜に、シシャモも焼いて食べます。
e0069822_19583419.jpg
 もりもり食べてま~す。

 暫く水遊びを挟んで、次は素麺流しです。ホームセンターで買った雨樋を2つ繋げて、茹でた素麺を流して行きます。
e0069822_19584742.jpg
 この日一番の盛り上がりでした。

 更に、しっかり川で冷やした西瓜を切って食べました。
e0069822_19585352.jpg
 西瓜は甘くて最高!

 勿論、ボルダリングもしました。私は久し振り(2ヶ月振り)たっだので、3級でも必死です。
e0069822_19585868.jpg
 大人だって遊ぶんです。

 途中、雨がパラついてちょっとヒヤッとしましたが、何とか最後まで持ってくれました。
 ラストは温泉に入って終了。

 やっぱ、夏はこれですねぇ(^^)。
by kakera365 | 2010-08-10 22:03 | 家族 | Comments(0)

美雲と九州へ-その2

 二日目は、朝から有名な「通潤橋」を見に行きました。
 良く写真で見る放水は、観光客向けの有料なので、残念ながら今回は見る事が出来ませんでした。
e0069822_14213256.jpg
 橋脚部石垣のアーチが美しいです。

 「通潤橋」と言えば、サイフォンの原理を利用した水路橋として有名です。橋の上には3本の石の水路が走り、人が渡る事は想定していないので、手摺はありません。
e0069822_14213818.jpg
 今も灌漑用水として利用されています。

 続いて、通潤用水の「小笹円形分水」を見に行きました。笹原川から取水した水の7割が、「通潤橋」に流れています。
e0069822_14214552.jpg
 機能美の極致ですね。

 また、周辺の聖橋や聖滝、夕尺橋等も見て回りました。夕尺橋では、宮崎から石橋を見に来られた方とお会いして、少しお話しました。
 お昼が近付いて来たので、熊本市内へ向かいました。水前寺成趣園の駐車場にD:5君を停めて、美雲待望の路面電車で市街地へ向かいます。
e0069822_14215326.jpg
 こんな可愛い路面電車も走ってます。

 御昼御飯は、熊本名物の馬肉。ちょっと贅沢して、馬刺しや串焼き、握り寿司等を食べました。一般にタテガミと言われる「コーネ」はとろける様な味わいで堪らなく美味いし、バラ肉の「フタエゴ」も歯応えが最高です。
 お腹が膨れた後は、加藤清正築城で、天下の名城と称えられる熊本城へ行きました。小さい頃から城好きだった私の憧れのお城です。
e0069822_14215831.jpg
 隅石の積み方が異なる「二様の石垣」。

 石垣の反り具合がとても美しい。クライマー視点から見ても完璧なカンテです(笑)。
e0069822_1422489.jpg
 「本丸御殿」は金ピカです。

 その後、熊本ラーメンを食べに行く積りでしたが、腹具合と時間が微妙だったので、熊本駅にお土産を買いに行きました。熊本駅は、鹿児島本線、三角線、豊肥本線、熊本市電、肥薩おれんじ鉄道等、多種多様な車両が走っていて、美雲も嬉しそうに走り回ってました。
e0069822_14221152.jpg
 これは快速「あそ1962」です。

 「リレーつばめ」や「有明」、「SL人吉」も見る事が出来ました。

 再び市電で水前寺成趣園へ戻ります。ここの池は湧き水なので、庭園の池とは思えない位澄んでて、鯉が泳いでるのに違和感を感じます。

 さて、予定はほぼ終了したので、今度は阿蘇山を超えて、大分県に向かいます。
 竹田市へ入り、駅前の温泉「花水月」へ行って、2日振りのお風呂に入ってサッパリしました。とても綺麗なお風呂なのに、350円(子供は200円)と格安です。序でに、近くの食堂「丸福」を教えて貰い、大分名物の「とり天」と「チキン南蛮」を食べました。どっちも美味しかった(^^)。

 今夜は、道の駅「竹田」で就寝。前日に比べて標高が高いので、快適に眠れました。
by kakera365 | 2010-08-07 15:17 | 家族 | Comments(0)

美雲と九州へ-その1

 金曜日の夜から火曜日まで、美雲と二人で九州へ行って来ました。
 D:5君で移動しては寝るの、気ままな旅。目的は色々あるけど、メインは石橋巡りです。

 初日はまず、熊本県八代市東陽町にある「東陽石匠館」へ行きました。
e0069822_23351180.jpg
 石橋の原理を勉強中。

 その後、石匠館周辺の石橋を訪ね歩きます。車で走ってると、横の川にごく普通に石のアーチ橋が架かってます。
e0069822_23351950.jpg
 これは「笠松橋」。

 町内の橋を半分位見てから東陽町を後にし、隣の美里町へ。この日のメインターゲットである「霊台橋」を見に行きます。この橋は、単一アーチの石橋としては日本一で、大分むぎ焼酎「二階堂」のCMにも使われています。
 車で走ってて、目の前に現れた時の感動は、言葉では言い表せません。これが160年も前に人力で作られたとは信じられない。昭和41年までは、普通にバスやトラックが走ってたそうです。
e0069822_23352475.jpg
 スケールが大きく、姿も美しい。

 続いて、有名な「通潤橋」と同じ水路橋の「雄亀滝橋」へ。現在でも水路の水が田畑を潤しています。
e0069822_23353110.jpg
 奥に橋が見えます。

 更に周辺の橋を見て行く。有名な「大窪橋」や「馬門橋」「二俣橋」等の大きい橋も素晴らしいが、小振りでも良い橋も多い。
e0069822_23353852.jpg
 こちらは「舞鹿野田橋」。アーチがやや四角い。

 石橋も大分見たので、最後に「長部田海床路」を見に行く。これも「二階堂」のCMに出てた、海に並ぶ電柱です。丁度干潮時に行ったので、まだ海床路は水面から出てました。
e0069822_23354581.jpg
 これだと普通の電柱です。

 満潮までの時間稼ぎも兼ねて、天草へ晩御飯を食べに行きました。天草は海産物、特に雲丹が美味しいらしく、雲丹好きの美雲は大喜び。
e0069822_23355244.jpg
 雲丹丼満喫中です。

 再び、「長部田海床路」へ行くと、丁度良い感じに潮が満ちて来ました。
e0069822_2335581.jpg
 幻想的な風景です。

 お風呂に入り損なったので、そのまま道の駅に行って、車内で就寝。
by kakera365 | 2010-08-04 23:00 | 家族 | Comments(0)