<   2010年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

自転車

 時間が前後したが、日曜日も家族でお出掛け。
 出掛ける前に、車のタイヤをスタッドレスからノーマルに戻しに三菱へ行きました。

 前日に、海晴に新しい自転車を買ってあげたので(前のは近所の公園に置き忘れたら、そのまま失くなった。)、しあわせの村へ行って好きなだけ走らせました。
e0069822_23312464.jpg
 新しい自転車、嬉しいよ~。

 美雲は自転車の鍵を失くしてしまい、現在使用不可なので、海晴の新しいのを借りて乗らせて貰う。瑞穂は、ボールやフリスビーで遊ぶ。
e0069822_23313042.jpg
 上手く投げられるかな。

 この日は少し風もあって肌寒かったが、子供達は気にもせず元気に遊び回ってました。
e0069822_23313517.jpg
 自転車貸して~。

 芝生広場の端っこに小さな木製のステージがあり、瑞穂が上でポーズを決めて撮影を要求する。何枚か撮ったけど、結構目を瞑ってるのが多くてガッカリ。
e0069822_23314056.jpg
 ポーズが決まりました。

 良い時間になったので、マンダイとシャトレーゼで買物をして帰りました。
 たまにはクライミング無しの週末も新鮮ですね(^ー^;)。
by kakera365 | 2010-03-30 21:13 | 家族 | Comments(0)

抜糸

 今日、午前中に病院へ行って抜糸して貰った。
 先生曰く、「綺麗にくっ付いてますよ~。」だが、瘡蓋から若干出血があり絆創膏を貼られ、患部が良く見えないので、実際にどうなのかは分からない。
 触っても大して痛みも無いし、くっ付いてるのは間違いなさそうだが、綺麗かどうかは後日確認が必要だ。まぁ、完全に無傷なんてありえないとは思うが・・・・・
by kakera365 | 2010-03-29 23:07 | 生活 | Comments(0)

トリノ・エジプト展

 土曜日は、家族で神戸市立博物館へ「トリノ・エジプト展」を見に行きました。

 美雲は最初「余り行きたくない。」と言ってました。でも、地理や歴史が好きなので、連れて行けば見るだろうと思ってましたが、案の定興味深そうに見てました。
e0069822_2363251.jpg
 館内唯一の記念撮影場所。

 エジプトと言えばピラミッドですが、今回の展覧会は主に「パピルス」や「彫像」、「棺」等が展示されてました。
 個人的な感想は、エジプトの神々の関係が何となく分かって来たのが良かったです。あと、クライマー的視点ですが、彫像等を見ていると、花崗岩のもの、石灰岩のもの、砂岩のものと、それぞれに違った感じで、興味深かったです。

 帰り際に、復活したオリエンタルホテルの横に出来た、新しいヴィトンの店の前を通ると、ショーウィンドゥの中にバッグ等を運ぶ汽車が走ってて、子供達が喜んでました。
e0069822_2363883.jpg
 個人的には全く用の無いヴィトン。

 何時も山とかばっかりなので、たまには博物館とかも楽しいですね。
by kakera365 | 2010-03-28 23:21 | 家族 | Comments(0)

やっちゃった

 月曜日は、ひつじさん、よこちゃん、けんじと4人で笠置山に行きました。

 前夜発で恵那に向かうが、関ヶ原付近で雨が降り出す。が、翌日の好天は確かなので気にもせず進むが、恵那ICで降りて笠置山へ登り始めると、今度は雪が降って来る。気温は氷点下。私は車で寝るが、他の3人はテント。寒そう~(--;)。

 朝起きると予想通りの快晴。ひつじさんは寒くて余り眠れなかった様子。
 私以外は笠置山は初めてなので、取り敢えず私が行った事の無い「大岩コケエリア」に行く。が、トポを見ながら歩いても、やっぱり岩が分かり難く、結局他のパーティが登っている「エルの岩」に行く。
 右の4級でアップする。順番に取り付いて、1~数撃で全員登る。
e0069822_1346876.jpg
 エルの岩の4級を登るけんじ。

 続いて、直ぐ上にある「レッドブルの岩」へ。
 他のパーティが「レッドブル(二段)」にトライしてたが、我々は同じスタートホールドから右上に行く「ドレッド(3級)」にトライ。高さが結構あるし、ホールドも上に行くほど甘くなるので、3級だけど要注意。けんじは危ないので撮影担当にして、3人でトライして全員完登。
e0069822_13461667.jpg
 ドレッドを登るひつじさん。

 更に、右にある「エキドナ(初段)」に3人でトライ。あ~でもないこ~でもないとムーヴを色々試しながらのセッションは楽しい。ひつじさんは右足を右に振ってクロスムーブ。私は右足を少し上げて、正対パワームーヴ。
e0069822_13462191.jpg
 ひつじムーヴを試すよこちゃん。
e0069822_13462773.jpg
 和気藹々。この時間が楽しいです(^^)。

 ひつじムーヴは、クロス取りは楽だが、そこからの振られ留めが結構厳しい。私のムーヴは左手飛ばしだが、距離が微妙でホールドもガバでは無いので、一瞬のパワーが必要。
 3人が各10便程出して、核心は超えられず。が、私は行ける自信があったので、暫し休憩の後再トライ。核心の左手飛ばしは2本指が引っ掛かって止まった。落ち着いて身体を左に寄せ、右手を寄せて更にクロスでカチ取り。左手をガバに飛ばして核心突破!
 後はカバガバなので楽勝!と思いきや、スタンスが無くてレイバックになる。取り敢えず、右手を水平ガバカチに送る。
e0069822_13463450.jpg
 完投目前の私。

 が、この後悲劇が。。。。。

 何で落ちたのかは思い出せないのだが、多分パンプ気味で保持していた右手がやや甘く、それが抜けたのでは無いかと思う。
 フォールした瞬間、冷静に体勢をとって着地に備えた。が、着地点を見て「ありゃ!」。マットを水平に敷く為か、丸太が組んであって段差になっており(よこちゃんが登ってる写真参照)、どう見ても右足しか乗らない。で、着地して左へ転がるが、ここまでは想定内。ところが、更に下にも丸太の段差があり、意に反して転がり続ける。2回、3回と転がる斜面の先に見えたのは、さっき登った3級の取り付きにあった露岩。
 「あぁ、ヤバい!!!」と思い、冷静に本体の岩と露岩との間に転がる様に制御する。回転が止まったので立ち上がる。「ふ~、やれやれ。」と本人は至って冷静だったが、周りは騒然として「大丈夫か~!」「頭打って無いか~!!」。頭は打たない様に制御したので「大丈夫、大丈夫。」と周りを安心させ様とするが、近付いて来たひつじさん、よこちゃんがドン引き。「耳切れとるで。。。」。「えっ(゜□゜;?)」。

 野良猫の様に切れた耳からは、当然の如く大量出血。ティッシュで押さえたまま救急病院へ。途中あっちこっち彷徨いながらも、14時頃に岐阜県立多治見病院に到着。が、ここからも長かった。救急病院なので順番待ちが多く、しかも状況によっては入れ替えられる。問診を受けたのは15時過ぎ。で、縫合の前に、頭部損傷の可能性があるのでレントゲンを撮ると、骨折の疑いがある箇所が見られるのでCTを撮ると言う。「いや、頭打って無いし、痛くも何とも無いから。」とは言えず素直に従うが、ここでも順番待ちで撮影は16時も軽く過ぎてた。しかも、CTの結果でも疑い晴れず。「ま、痛く無いのなら生理的なものかも知れん。」とな。
 時間待ちの間には、血痰でゼーゼー言ってる人、交通事故で運ばれて来た子供、割れたガラスを踏んづけた人等、救急患者が次々運ばれてくる。
 17時も過ぎて、漸く縫合を始める事になったが、患部を洗浄中に「ストレッチャーが来るんで移動します。」とベッドごと隣の部屋へ。運ばれて来たのは、動脈破裂のおばあちゃん。「痛い!痛い!!」を連発(そりゃ~痛いだろう)、仕舞いには「殺してくれ!」と叫んでいる。正直「私の耳は後からで良いから、先にあっちを見て上げて下さい。」と言いたかった。
 彼此1時間以上掛って、やっと縫合終了。耳だから裏表あるので12針位縫った見たい。今はブラックジャック見たいな状態です。

 今回の事故について、自分ではクライミングをやってる以上、仕方の無い事だと思うし、耳を縫っただけで済んだのも普段から安全に配慮して登ってるからだと思いたい。しかし、事故を起こしたのは事実だし、周りに迷惑を掛けたのも事実だ。今回はたまたま運が良かっただけかも知れない。待合室に居るたった数時間で、色んな人生を見た。ホンの少し、何かがズレてれば、違った人生になっていたかも知れないと心底思った。今後は、今まで以上に安全に留意して、事故を起こさない様、クライミングを楽しんで行きたい。

 ひつじさん、よこちゃん、けんじ、折角恵那まで行ったのに2時間しか登れず、その後もお世話になりっぱなしで済みませんでした。それから、下で登ってた3人組の方々、お騒がせして申し訳ありませんでした。

 最後に皆さん、クライミングは危険な遊びです。くれぐれも安全に留意して楽しみましょう(--;)。
by kakera365 | 2010-03-23 15:08 | クライミング | Comments(8)

北山公園清掃登攀

 日曜日、8回目となる「北山公園清掃登攀」を行いました。
 初めて雨で順延になったけど、例年と変わらない人出でホッとしました。

 清掃の方は、ボルダーエリアのゴミが激減している様で、探すのに一苦労って感じでした。
e0069822_2483888.jpg
 大物ゲットだぜ!
e0069822_2485825.jpg
 子供達も楽しく清掃。

 植物園の河原の方は相変わらずで、中には壊れた炊飯器なんかを拾った方も居られました。
e0069822_249359.jpg
 大型不燃物の宝庫です。

 分別して10袋位だったんで、年々ゴミは減ってるな~って感じです。綺麗になるのは嬉しいけど、ゴミが少ないのはちょっと寂しいかな。
 清掃の後に、何時もの通りちょっとお小言を。ま、来て頂いてる方々は意識が高いので、正直こんな事を言うのは気が引けるのだが、まぁ現状を再認識して貰うって事で勘弁して貰う。


 登攀は、ちょっと陽気が良過ぎて暑い位だったけど、まずまずのコンディション。
 私は、夕方まではパワー温存で、適当に軽い課題で遊ぶ。ひつじさん御一行とボルダータワーの「ヨセミテがなんだ」でセッション。長くてルートチックで楽しい。
e0069822_2501547.jpg
 ボルダーなのにパンプするよ~。

 「ミニスラブ」や「練習マントル」でも遊ぶ。マントルは6級なのに嵌まった(苦笑)。パワー系苦手だぁ。
 次に、アドレナリンへ行ってカンテを登るが、スラブは日当たりが良くてコンディション悪く登れず。
 最後は勿論、ショーギ岩に行って「アゲハ」。1便目から良い所まで行くが、やっぱり最後が遠い。何度もやるが同じ所までしか行かないので煮詰まってしまい、ショーギの方へ逃避する。スペシャルが人気なので、無理やりやらされ、下部のカチ取りは上手く行ったのだが、足上げする時に右手が猫パンチ! 軽く持ってたので怪我はなかったけどヤバかった。スーパーも見本を要求されたので、こっちはチャンと登って見せる。ヤレヤレ(^_^;)。
 「アゲハ」に戻って、チームGの人達や、sakaさん、高校生、ケンボー、福ちゃん達と波状攻撃。
e0069822_2525659.jpg
 コンビニ君のサポートで感触を確かめるケンボー。

 高校生が可也良い所まで行ってるので、ちょっと焦る。が、何度やっても最後の左手が届かない。17時も軽く過ぎて、皆さん帰り支度。今シーズンのラストトライと決めて、一つ一つのムーヴを丁寧に意識して登る。下部はスムースに進み、問題の左手出し。何時も以上に溜めが長いのが自分でも分かる。でも、凄く安定してる。最後はデッドの様でデッドでは無かった。フワッとリップに手を出すと、何故か止まってた。後は右手をリップに送って、慎重にマントルを返す。

 「アゲハ」撃破です!!!

 長かった。本当に長かったです。でも、その分下部の精度が上がって、この結果に繋がったんじゃないかと思います。下で念力を送ってくれた皆さん、ありがとうございました。最後の最後にこんな形で清掃登攀を締め括れて、本当に嬉しいです。


 最後になりましたが、清掃登攀に参加して頂いた皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。
 また来年も宜しくお願いします。
by kakera365 | 2010-03-15 03:20 | クライミング | Comments(12)

アウトドア・クライミング

e0069822_0124048.jpg

 巷で噂になっている、井上大助氏著の「アウトドア・クライミング」を、遅ればせながら買ってみました。
 まだ中身は全然読んで無いのですが、何遍タイトルを見ても違和感があります。「アウトドア・クライミング」って、「クライミングは屋外でやるのが当たり前じゃ~!」って思うのは年寄りなんでしょうか? まぁ、それだけクライミングジムが一般化して来て、インドアクライマーが増えて来てるって事なんでしょうね。私がクライミングを始めた頃は、ジムは愚か人工壁なんてモノも無かったですから。
 因みに、私も1枚だけ、コソッと登場させて貰ってます。どう考えても無理矢理使った感がアリアリですが。。。D-Sukeさんのこう言った心遣いが、人柄を感じさせますねぇ。
 皆さん、暇潰しに探して見て下さい。ま、見つけても何もあげませんが・・・
by kakera365 | 2010-03-12 00:25 | クライミング | Comments(0)

My Shoes History No.5

 ボリエール「スティンガー」
e0069822_12145523.jpg

 今まで私が履いたシューズの中でも、個人的には可也お気に入りだったにも関わらず、周りの評判が著しく悪かった。
 このシューズは、今思い返すとダウントゥシューズの原型だったんじゃ無いでしょうか。爪先の部分にカップの様なモノが入ってて、指の部分が段差っぽくなってました。爪先に力が集中するので、とても気に入ってて、友人に勧めまくりましたが、悉く却下された思い出があります。
 踵の作りがイマイチだったのと、ソールの踵に穴が開けてありましたが、あんまり意味は無かったです。
 紐を通す部分が矢鱈多くて、最初は面倒臭かったけど、シッカリ締まってホールド感は良かったです。
 ソールはフュージョン2だったので、フリクションがイマイチで、それだけが気に入らなかった。まだ大事に持ってるシューズの一つです。ステルスかビブラムにリソールして使おうかな。
by kakera365 | 2010-03-09 21:19 | クライミング | Comments(2)

延期

 明日予定していた北山公園清掃登攀ですが、天気が良くなさそうなので来週14日(日)に延期します。
 参加を予定されていたクライマーの皆様、誠に申し訳ありませんが、予定の変更をお願いします。
 また、仲間内でネット環境の薄い方に、延期についての情報伝達をして頂けたらと思います。

 来週こそ晴れますように・・・
by kakera365 | 2010-03-06 12:08 | クライミング | Comments(1)

買いました

 新しいケータイ買いました。
 新しいパートナーは、P-08AのMintChoco。ディスプレイに動物が一杯出て来て楽しい。
 取り敢えずこれで、普段の生活に戻れるかと思いきや、キーの配列が前のと違うので、メールを打つのに苦労したり、edyやIDのセッティングしないと行けないので、まだまだ時間が掛りそうです。

 ところで、週末の天気が悪そうですね。「清掃登攀」は延期かなぁ・・・
by kakera365 | 2010-03-04 22:34 | 生活 | Comments(0)

灘浜サイエンススクエア

 土曜日は、瑞穂が風邪で外へ出れないので、美雲と海晴を連れて「灘浜サイエンススクエア」に行きました。

 以前にも書きましたが、この施設は神戸製鋼グループが作った、「製鉄」「発電」「エネルギー」「環境」をテーマに科学・技術の面白さや不思議さを遊びながら学ぶ体感型学習施設。何て書くと、酷く堅苦しそうに聞こえるが、子供にとってはただの遊び場です。
 でも、中には「これで勉強になるんかいな?」と思う様なものも。例えば・・・
e0069822_22511843.jpg
 「ぐるぐるっパ」こちら横回転。

 これは、人力による回転運動によって発電する装置だが、公園にある回転遊具にLEDが付いただけって感じです。

e0069822_22512792.jpg
 「ゴロゴロドラム」こちら縦回転。

 こちらは、製鉄によって作られたベアリングで、ドラムがスムースに回転する事を体験する装置だが、まぁハムスター気分が味わえるって寸法です。

 ま、子供達は理屈抜きで、楽しければ良いんだろうけどね。
 
by kakera365 | 2010-03-02 23:03 | 家族 | Comments(0)