<   2009年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

一年を振り返って

 今年ももう終わりです。
 この一年、色んな事がありましたが、だからと言って印象に残っているものは?と聞かれても、何も思い出せないと言う、平凡で幸せな一年だった様な気がします。
 家庭での出来事と言えば、海晴が小学校に入学した事ですかね。勉強も楽しい様で、学校生活を満喫している様です。美雲は、去年の様に問題を起こす事も減って来て、落ち着いた年だったんじゃ無いでしょうか。ま、相変わらず宿題は全然しませんが。。。瑞穂は2歳になって、やたらと喋る様になりました。プリキュアに嵌まって、ダンスをする姿は愛らしいです。
 クライミングでは、何の成果も上がらなかったですが、確実に上手く、強くなっている実感があります。これも、4年前から身体意識の向上に取り組んで来た成果だと思います。来年こそは自己グレードを更新したいと思います。あと、アクセス問題等が多発したのが気になりました。関東では、クライミングのメッカ城ヶ崎が危機的な状況になってます。その他の場所でも、登攀禁止が相次ぎました。北山公園でも、ショーギ岩がチッピングされると言う悲劇が起こりました。来年以降も、長期的な視点で考えて行かなければならない問題ですね。

 何時にも増して実感した事は、家庭生活でも、社会生活でも、クライミングでも、沢山の人に支えられて、楽しく過ごせてると言う事です。人と人との繋がりは、他の何よりも大切なものだと、当たり前の事ですが改めて思いました。来年も、今まで以上にコミュニケーションを大切にして行きたいと思います。

 今年一年お世話になった皆さんに心より感謝いたします。それでは皆さん、良いお年を。
by kakera365 | 2009-12-31 12:00 | Soliloquy | Comments(0)

奮闘の証

e0069822_955669.jpg

 悲惨ですね。まるで虐待を受けた人みたいです。
 手も足も傷だらけ。これがテーピング無しのクラッククライミングの結果。しかし、痛み以上に得るものは沢山あります。クライミング技術は勿論の事、岩との一体感、仲間との友情、等々。

 ま、本当はMなだけですが・・・
by kakera365 | 2009-12-31 09:40 | Soliloquy | Comments(0)

大堂海岸-三日目

 打ちのめされた前日の重い気分を吹き飛ばそうと、この日はボルトルートに行きました。JFAトリオが今日中に帰らないといけないので、午前中だけの登攀です。
 ターゲットは、彫刻岩の「彫刻海岸(5.12a)」。あの赤本の表紙にもなった、でっかい穴凹を繋いで登る超有名課題です。
e0069822_9592790.jpg
 不思議な形の岩です。

 現地に着いて見たものの、件の核心は・・・・・う~ん、遠いなぁ。
 ロン君がトライ開始。下部は何の問題も無く通過。
e0069822_9593518.jpg
 ロン君の安定した登り。

 核心部まで行くが、「遠いですねぇ」と言ってる。意を決して、両手アンダーガバからダブルダイノ~!!!。が取りに行った所がハズレで、痛恨のフォール。仕切り直して、2発目はサックリ。
 これを見たえのきどさんと私は、「ロンでこれじゃ~無理だなぁ」と、あっさりトライを断念。ま、身体もヨレてるしね。

 帰り支度をしていると、室井先生が斜めに走るクラックをフリーソロしてる。やっぱり、こう言うの好きなんですねぇ。
e0069822_9594321.jpg
 やっぱり、とっき~はロープ無しですね。

 この辺りは、海に洗われて削られた、変わった形の岩が多く見られます。
e0069822_9595150.jpg
 何か嬉しそう。

 結局、1本も登らずに終了。でも、とっき~やロン君の良い登りを見れたので満足。
e0069822_100712.jpg
 また来る日まで。

 あっと言う間の三日間でしたが、素晴らしい仲間と、素晴らしい課題を登り、素晴らしい時間を過ごした事で、私のクライミングにグッと厚みが加わったと思います。

 やっぱ岩登り最高!!!
by kakera365 | 2009-12-30 21:12 | クライミング | Comments(5)

大堂海岸-二日目

 この日は前日と打って変わって青空の広がる好天。
 いよいよ、今回の目標である最果てのエリアの「SECRET AGENT MAN(5.11a)」と御対面です。
e0069822_22274777.jpg
 空は快晴。最高のクライミング日和です。

 前日のメンバーに、高知の若武者バッタ先生を加えて、総勢7名でのクライミング。
 まずは問題のアプローチである70mの懸垂下降。ロープを2本フィックスし、途中で付け替えて更にラッペルするのだが、岸壁上の草付から空中へ身を乗り出す時の恐怖と感動は、とても言葉では言い表せない。空と海の青が一体化して、平衡感覚を失いそう。
e0069822_22283856.jpg
 懸垂下降中のひらやまさんとD-sukeさん。これでも下半分です。

 海面まで降りると、目の前には憧れの「SECRET AGENT MAN」がドカーン!とおわします。日本離れした長く美しいコーナークラック。白い岩肌が眩しいです。
 まずは、えのきどさんがサクッとレッドポイント。降りて来ての一言が「ムーヴは5.10bです」。おいおい・・・
e0069822_22333043.jpg
 流石にスコーミッシュ帰りは違います。

 続いて、ロン君も余裕のオンサイト。
e0069822_2233150.jpg
 本当に素晴らしいラインです。
e0069822_22383235.jpg
 ロン君、かっこいい!

 バッタ先生はフィンガークラックのパートで痛恨のフォールを喫したが、その後は根性で抜ける。流石ですね。
 私も意を決して取り付いたものの、下部のオフウィズスで思いっ切り嵌まる。フィストジャムが微妙に効かず、アームバーとプッシングで頑張るが、左手がパンプして来る。エルボーロックで何とか凌ぐが、フットも上手く捉えられず敗退。
 ひらやまさんも頑張ってトライするも、私の同じ場所で嵌まって敗退。

 最後に、D-sukeさんがトライ。
 写真撮影をしていると、頭上から何かが落下して来る。
e0069822_22351422.jpg
 海に浮かぶ室井先生の靴(笑)。

 D-sukeさんは、オフウィズスの第一核心は抜けたものの、バッタ先生が嵌まったフィンガークラックの第二核心で嵌まる。
e0069822_2239344.jpg
 何だかビッグウォール見たいです。

 結局、時間切れになって撤収開始。しかし、これからが本当の試練でした。
 ひらやまさんと私は、ユマーリング初体験。まずは、ひらやまさんから登り始めるが、全くと言って良い程進まない。ロン君がフォローで追従し、続いて私も登り始めるが、これまた全く進まない。下半分を登り終える頃には、辺りが薄暗くなってしまう。続けて上半分の登高に入るが、腕がパンパンに張って、全然登れない。荷物も重いし、身体はダルいしで泣きを入れるが、下からD-sukeさんの厳しい叱責が。。。「登らないと帰れないぞ~!!!」。確かに仰る通りです(T_T)。最後は必死のパッチで、何とか登り切ったけど、もうヘロヘロ。
 この日は、目標の課題は半分も登れず、ユマーリングが出来なくてみんなに迷惑を掛けて、今までのクライミング人生の中で最悪に凹んだ日でした。

 お風呂に行って宿に戻ると既に21時。ひらやまさんが買い出ししてくれた豪華な晩御飯を摘んで、みんなで乾杯しました。
e0069822_223997.jpg
 新鮮な魚や唐揚げ等に舌鼓。

e0069822_22391413.jpg
 大量の御飯に御満悦のロン君。

 この日は、私の43歳の誕生日でもあり、みんなが祝ってくれたのですが、身体はボロボロだし、心はどんよりで、何とも複雑な気分でした。
by kakera365 | 2009-12-30 09:24 | クライミング | Comments(0)

大堂海岸-初日

 クリスマスイヴの夜、サンタのプレゼントを楽しみに床に着く子供達を見た後、独りD:5君に荷物を積み込み出発。行先は高知の端っこ「大堂海岸」。23日に蝙蝠谷に取材に来たJFAトリオが、取材も兼ねて大堂海岸でクラッククライミングをすると言うので、懲りもせずお邪魔させて貰おうと言う魂胆だ。

 独り寂しく夜の高速をぶっ飛ばし、途中何度か休憩を挟みながら、何とか集合時間の9時に駐車場に辿り着く。
 本日のメンバーは、JFAトリオのD-sukeさん、とっき~、ロン君に加え、「雪山大好きっ娘。」こと「えのきど」さん、愛媛の遊々自的クライマー「ひらやま」さんと超豪華なメンバーに、私。ハイレベルな皆さんに囲まれて、非常に肩身の狭い思いをしつつも、無駄に長いクライミング歴と、無駄に頭に入ってる知識だけで対抗する。

 さて、皆さん御存知の様に、大堂海岸はクラッククライミングの殿堂。がしかし、何を隠そうこの私(隠せてませんが)、何と!まともなクラッククライミングは初めて!!! 一体、何しに来たのかと言われてもしょうがないのだが、まぁメンバーの皆さんは非常に心が広いので、好き勝手に楽しませて貰いました。

 初日はまず「モンキーエリア」に行きました。
 海岸線まで出ると、見渡す限り岩、岩、岩。正にクライミング天国です。
e0069822_8481789.jpg
 壁がデカイし、岩は無尽蔵。

 皆さんは「スーパー・クラック(5.9)」でアップ。しかし、ド素人の私は(5.9)でも恐れ多いので、取り敢えず「うず潮(5.8)」にトライ。これまた無駄に沢山持ってるカムを駆使して、何とかオンサイトに成功。新品のリンクカムを使って自己満足に浸る(^^)φ
 ひらやまさんは「スーパー・クラック」をサクッとレッドポイント。
e0069822_8482698.jpg
 落ち着いた登りです。ジャミングも巧い。

 ロン君は「スーパー・クラック」でアップした後、「岡山ルート(5.10c)」にトライ。しかし、この程度のレベルはサクサクです。世界8位にして、クラックも巧いなんて、全く困った若者だなぁ。
e0069822_8483491.jpg
 ムーヴもカッコイイです。

 D-sukeさんは、この日も撮影に大忙し。仕事とは言え大変ですね。
e0069822_848417.jpg
 楽しそうに撮影しています。

 えのきどさんは、撮影用のフィックスを張りに「ぐいの実クラック(5.8)」を登るが、終了点より上のワイドクラックに嬉々として挟まってる。クラッカーはみんなMですね。
e0069822_8484886.jpg
 ワイドで悶絶中。

 その後、ロン君は「セイシ・クラック(5.10b)」、えのきどさんは「ビッグ・ウェーブ(5.10b/c)」を登る。どっちもグレード以上にかっこいいラインです。
 そして今日のハイライト、ひらやまさんの「岡山ルート」。自己最高グレードが(5.9)とは思えない落ち着いた登りと的確なムーヴで、見事にレッドポイント。自己グレードを一気に更新です。
e0069822_8485493.jpg
 素晴らしい登りでした。

 私も負けずに、「スーパー・クラック」をオンサイト、「岡山ルート」も、抜け口でテンションの誘惑に負けそうになりながらも、何とかフラッシュしました。私も自己グレード更新。めっちゃ嬉しい(^^)φ

 暫くすると雨がパラついて来たので、撤収の準備。
 D-sukeさんが1本も登って無いので、とっき~が雨でも濡れない「モンキー・ルーフ(5.10a)」を勧める。が、登攀中にドンドン雨脚が強くなって行き、罰ゲームの様な悲惨な状況に。。。
e0069822_849139.jpg
 雨の中奮闘中。



 ベルリーフ大月のお風呂に入って、一日の疲れを癒す。JFA組はテーピング禁止らしく、私も倣ってテープ無しで登ったのだが、お陰でお湯に入ると沁みる沁みる(T_T)。
 泊まりはエコロジーキャンプ場にあるバンガロー。布団もあってとても快適です。ビールで乾杯して、クライミング談議に花を咲かせる。勿論、下らない話はそれ以上に盛り上がる。
e0069822_8505981.jpg
 ロン君は何をしているのでしょう?

 翌日もあるので早めに就寝。明日も頑張ろう。。。
by kakera365 | 2009-12-29 21:41 | クライミング | Comments(0)

クリスマスパーティ

 24日の夜は、家族でクリスマスパーティ。当たり前ですね、D-sukeさん。

 クラッカーを鳴らしてパーティ開始です。
e0069822_11104465.jpg
 パンパカパーン!

 まずは、シャンメリーを開けて、コップに注ぎます。
e0069822_11105180.jpg
 毎年シャンメリー係の美雲。

 炭酸の飲めない海晴や瑞穂にはオレンジジュースを注いで、みんなで乾杯!
 乾杯が終わると、早速肉に齧り付きます。美雲も海晴も瑞穂も、子供達はみんな肉に齧り付いたまま暫し無言(笑)。
e0069822_11105623.jpg
 う~ん、肉美味い。

 暫くすると、サラダやフルーツを食べ始める。デリカテッセンで買った、胡椒の利いたハムが美味しかった。
e0069822_1111141.jpg
 苺も美味しいよ。

 満腹になって一息ついたら、いよいよメインのケーキ登場です。
e0069822_1111610.jpg
 今年は丸いチョコケーキ。

 ローソクに火を灯し、ツリーを電気を着けて、部屋の明かりを消したら、、、ロマンチックな夜です。
e0069822_11111128.jpg
 ピンボケですが雰囲気は。。。

 この世に生を受けた事に感謝して「メリークリスマス」。
by kakera365 | 2009-12-29 09:47 | 家族 | Comments(0)

久々のロープクライミング

 今年のクリスマスウィークは大忙しで、blogを更新する時間が全然無かったが、漸く時間が取れたので、ボチボチ書いて行きます。

 23日は、久し振りに蝙蝠谷でロープクライミング。
 この日は、マメオさんの取材でJFAからD-sukeさん、とっき~、ロン君が来るとの事で、普段はロクにロープクライミングなんかしない癖に、お邪魔させて頂きました。
 岩場に到着すると、既にロン君が「ロンググリ-ン(5.11c)」をオンサイトトライ中。流石にワールドクラスだけあって、この程度のレベルはサクッとオンサイト。私は、恐れ多くもそのロン君にビレイして貰って「もういいでしょう(5.9)」を登り、更にとっき~先生のビレイで「マーメイド(5.10)」を登る。「マーメイド」は前回(2年位前?)にはテンション掛けてたので、ちょっと嬉しかった。ルート難しいなぁ。
 D-sukeさんととっき~は写真撮影やインタビュー等の取材がメインなので殆ど登らず、ロン君は関西No.1ルートとも言われる「呪い(5.13b)」と「「旅路(5.13a)」に連続トライ。
e0069822_10201085.jpg
 ロン君の「旅路」トライ。

 残念ながら、2本とも核心のムーヴでエッジを捉えきれずオンサイトは成りませんでしたが、2便目はどちらも余裕のレッドポイント。流石に世界選手権8位の「若きベテラン(笑)」は違いますね。
e0069822_10202028.jpg
 ロン君のトライを撮影するD-sukeさん。

 とっき~も珍しくロープを付けて「マーメイド」を登る。こっちも世界トップクラスの筈なんですが、ボルダリングしてるトコしか見た事が無いので、何となく違和感があります。
e0069822_10202723.jpg
 ノーハンドレストするとっき~。

 この日の主賓であるマメオさんは、宿題になっている「タフグリップ(5.12a/b)」の第3登を狙います。
e0069822_10203438.jpg
 気合いを入れてトライ開始のマメオさん。

 が、この後無情にも雨脚が強くなって行き、リップがびしょ濡れに。。。

 夜は、マメオさん宅でJFAトリオの歓迎会。長老夫妻も加わって楽しく飲みました(ロン君は飲めませんが)。
e0069822_10204050.jpg
 笑顔のD-sukeさんに、何故か横を向く長老さん。

 前菜を摘みながら飲んでたら、何とカニが登場!「おぉ~!!!」と歓声が上がる。
 ビールを飲んで鍋をつつき合いながら、仲間とクライミング談議に花を咲かせる。何とも幸せな時間です。
e0069822_10204817.jpg
 何気に嬉しそうな、野菜係のロン君。

 その後も、マメオさんのお孫さん、はなちゃんとせなくんが乱入して、わいわい盛り上がりながら夜が更けて行きました。
 マメオさん、御家族の皆さん、とても美味しかったし、楽しかったです。本当にありがとうございました。
by kakera365 | 2009-12-28 10:53 | クライミング | Comments(2)

しんちゃんとバトル

 今日は王子の当番だったので、ボルダールームでたらたら登る。
 午前中は、高校生のクライミング教室もやってて人が多かったので、隅の方でコソコソ遊び、午後からは、もときっくすがやって来たので、課題を教えて貰いながら、しんちゃんと遊ぶ。
 もときっくすが以前に作ったと言う、2級位の課題3本でバトル開始。
 最初の課題は、トゥフックを使ってスローパーを取り、最後はランジする課題。何度かやる内に最後のランジまでは行ったけど、そのムーヴで悉く失敗。まごまごしている間に、しんちゃんにサクッと登られてしまう。
e0069822_2242742.jpg
 ランジいっぱ~つ!!!

 その後、頑張って私も何とか登るが、何となくヤラレ感ありあり。

 しかし、2つ目の課題は、何故か4回目位で私が先に登れてしまう。しかも、しんちゃんは苦手らしく、上のカチが止められず。暫くすると、「もう疲れた」と言って帰ってしまった。
 一応、勝負は私の勝ちだったけど、あれだけ登って無いしんちゃんと良い勝負とは、何だかなぁ・・・

 3課題目は、アンダーからクロスで左手を取り、右手ジブスから遠いカチに飛ぶ課題。これも取り敢えず触って、カチを止める所までは何とか行けそうだが、その後がどうも苦手系。2級って厳し~い!!!

 苦手な人工壁だけど、たまには触らないと弱くなっちゃいますね。取り敢えず、今日の3課題目頑張ろ~っと(^^)。
by kakera365 | 2009-12-20 22:58 | クライミング | Comments(0)

漸く

 今朝はちょっと冷え込みがあって、日中もやや寒かったですね。漸く冬らしくなって来たなと感じました。
 この所の異常気象も、随分慣れては来ましたが、やはり冬は冬らしくキーンと冷え込んで貰わないと、何となく生活のリズムが狂うって言うか、どうも調子が出なくて困ります。
 先週までは、東北地方でも雪が少なく、スキー場が開けなくて困ってると言ってましたから、この寒波が恵みの雪を降らせてくれれば良いですね。私も子供が冬休みの間に、スキーに連れて行こうかと思ってましたが、この辺りのスキー場は、まだまだ滑れそうに無いです。
 年末年始に冬山登山やアイスクライミングを楽しみにしている人達も、このままでは計画の立て様も無いですよね。

 私は寒いの全然大丈夫なんで、ガンガン冷え込んでゴンゴン雪降ってくれれば良いなぁ。
 そろそろスタッドレスに換えよ。
by kakera365 | 2009-12-17 22:50 | 自然 | Comments(1)

王子が岳

 日曜日は王子が岳に行って来ました。メンバーは、ひつじさん、はるきょんに加えて、ひつじさんの同僚のお~しまさん、いけだくん、そして私の計5人。

 取り敢えずは、グリコのエリアでアップ。eiss君率いるM-Wallの皆さんに混ぜて頂き、「グリコ(4級)」や「ムーンライトエプロン(6級)」等を触る。ここでは皆さん「グリコ」に嵌まる。ひつじさんはプチ嵌まるが何とかゲット。はるきょんがド嵌まりして、最後の最後にギリギリで登ってた。私は勿論サクッと一撃して、「グリコ」の2つ左にある「ノーハンド」に打ち込み。20便目位で何とか登れた。ちょっと嬉しい(^^)。

 移動して、今度は「カエルフェース(4級)」。ベテラン3人はサクッと登る。お~しまさんといけだくんが交互にトライするが、経験の差を生かしてお~しまさんが完登。素晴らしい! いけだくんは細かいスタンスに、持ち前のパワーが空回り。
 お昼御飯を食べつつ、ひつじさんと「ファイトエルブ岩崎(初段)」にトライするが、リップがヌメヌメで、何とかヒール上げまで行ったけど、結局登れず。

 今度は「にこにこ岩」へ移動。新人2人は6級の「フェイス」にトライ。
e0069822_1304844.jpg
 痛い花崗岩に耐えて頑張ってます。

 ひつじさんは「スプーンカットフェイス(初段)」に初トライだと言うので、サクッと模範登攀を見せてあげる。が、リップの左手の持ち方が分からない様で、かなり嵌まってます。
e0069822_1323258.jpg
 モゾモゾ探ってます。

 新人の2人、今度は「気がむけば(3級)」にトライ。私も触らせて貰い一撃しましたが、なかなか厳しい課題です。ここでも、お~しまさんが抜群のバランス感覚を披露。完登こそなりませんでしたが、かなり良い感じでした。
e0069822_1324062.jpg
 女性らしい良いバランスです。

 私は宿題の「ファティドカーフダイレクト(初段)」。右手のガバ取りまでは問題無く行くのだが、最後のランジがどうしても発射出来ない。何度も気合いを入れて跳ぼうとするが、全く出来ない。ランジ苦手だ。ひつじさん、はるきょんも出来ず。
e0069822_1324859.jpg
 う~ん、難しい。

 奥の方にある「みみっこハング」とか言う課題で遊んでると、何時の間にかひつじさんが「スプーンカットフェイス」を完登したらしい。誰も見てないけど。

 良い時間になったので、ぼちぼち撤収。にこにこ岩は今日も笑ってました。
e0069822_1325544.jpg
 顔がデカい!

 帰り際に、ヘッデン点けながら無理やり「エイトマン」や「安藤君カンテ」を触って終了。
 あぁ~、目標の「ギャンブルダイレクト」と「ミラースタンド」に触って無いじゃん(;_;)。ま、でも楽しかったから良いか。身体も結構ヨレたし。皆さんお疲れ様でした~(^^)。

 最後は、何時も通り「パチャマンカ」で鶏喰って〆。しかし、親鶏は顎が疲れる・・・
by kakera365 | 2009-12-14 23:59 | クライミング | Comments(0)