<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

御手洗

 日曜日は、ひつじさん、なかちゃん、ごろーさん、もときっくす、私の5人で御手洗へ。

 岩場に着くと、ひつじさんがアップもそこそこに「ターターシン」へ向かう。なかちゃんも宿題なので、直ぐにやって来る。取り敢えずやってみると、最終ムーヴまでは普通に行けたが、最後のムーヴが上手く出来ない。何度も調整してやって見るが、完登時にスタティックに出てた感じが蘇って来ない。
 ひつじさんは、最初は下部で落ちていたものの、直ぐにリップも抜けて、最終ムーヴはオリジナルヒールフックムーヴを編み出してサックリ完登。流石、強いです。
e0069822_0184941.jpg
 これがひつじオリジナルムーヴだ!

 なかちゃんは、リップ抜けは大分スムーズになって来たものの、最終ムーヴは上手く行かず、段々ヨレてくる。
 移動して「ハリガネムシ」で練習。前回と同じ所までは行くけど、どうしてもヒールフックが掛けられない。ひつじさん、ごろーさんはアッサリヒールを掛けて、次に進んでしまった。今日も置いてけぼりですね。
 暫くするとオカカマンが登場。腰痛を気にしながら岩魚を練習する。なかちゃんともときっくすは、ダラダラモードに突入。
e0069822_019263.jpg
 人の登りもチャンと見ましょう。

 指も相当疲れて来たので高難度はやめて、「ハナモゲラ」やその右抜け、後ろの2-3級等でセッションして遊ぶ。
e0069822_01991.jpg
 「ハナモゲラ」を一撃するもときっくす。

 更にウッティでマントルの練習。
e0069822_0191648.jpg
 ウッティでクールダウン?

 最後に、ウッティの岩でノーハンドスラブの練習。ここまで来ると、完全にお遊びです。
e0069822_0192365.jpg
 バランス命です。

 先週はよこちゃん、今週はひつじさんにアッサリ負けたけど、まぁもうどうでも良いです。
 相変わらず河原石は苦手な私ですが、それなりに登れる様になって来たので、もう少しボディを鍛えて、パワー系の課題も登って行きたいですね。
by kakera365 | 2009-09-28 00:33 | クライミング | Comments(0)

ボルダリングツアー最終日

 いよいよボルダリングツアーも最終日。

 前夜から木織ファミリーが加わって、これで総勢13名のボルダラー集団になりました。
 この日もまた、新しいエリアへ行きます。この辺りは岩が幾らでもあって、ホントに楽しいです。

 エリアに着いても岩が沢山あって、キョロキョロと目移りしながら歩きます。で、辿り着いたのが、ローカルクライマーのプロジェクトがある、可也良い感じの岩。
 取り敢えずは左カンテに抜ける4-5級の課題を触る。

e0069822_23142923.jpg
 アップ課題に取り付く三豆ちゃん。

 その後、同じスタートから直上してランジする課題に順番にトライ。
e0069822_23143639.jpg
 綺麗にランジを決めた中山君。

 因みにこの課題、またしても私だけが行けませんでした。ランジ嫌い・・・・・

 ツワモノ共は、更に右にあるローカルさんのプロジェクトを触る。知人の知人とは言え、勝手に登ってしまって良いのでしょうか・・・、と気にする奴は全く居ないみたいで、ガンガントライしてます。
e0069822_23144670.jpg
 このツアー絶好調のよこちゃんのトライ。

 このプロジェクトも、皆が波状攻撃を仕掛ける中、サックリとオカカマンが掻っ攫って行く。そして、皆思う「また2級とか言うんちゃうやろうな・・・」。が、どうやら杞憂に終わり、これは「About(初/二段)」となりました。この[About]は「大らか」って意味で、「いい加減」って意味では無いと、こばやん先生は力説してます(笑)。

 この辺りから、集団がバラけ始め、おうじ~ずは対岸に渡ったり、更に奥へ進んだりして、課題を求めます。
e0069822_23145380.jpg
 カチカチの痛~い課題。

e0069822_2315022.jpg
 よこちゃん初登?「ひねりあげ(2級)」。

 中井夫妻、えぐっちゃん&りくぼんが帰り、木織ファミリーと辻中ペア、こばやんは別の岩に行ってしまったので、3人でツアーの最後を満喫するべく、岩を探してトライ。
 オカカマンはプロジェクト「小軍鶏」にトライ開始。ムーヴをバラして解決し、繋げに掛かります。推定初~二段。
e0069822_23162229.jpg
 最終日に渾身のトライ!

 が、ラストトライと気合を入れて登り始めたものの、核心のデッドが決まった!と思ったら、何だか苦笑いしている。そして、「ガバが壊れました~! これで三段確定で~す。」と笑いながら言う。この馬鹿、どうしましょう!?

 最後の最後に見せてくれたのが、絶好調のよこちゃん。左がスッパリ切れ落ちた結構高い課題で、最後の悪いマントルを決めて、ツアーを締め括ってくれました。私はリップで敗退しました。
e0069822_23172211.jpg
 このマントルは恐い!

 あっと言う間の3日間。とっても楽しい仲間達と、素晴らしい岩とラインに巡り合う事が出来て、本当に幸せな毎日でした。一緒に登ってくれた皆さん、ラインを引いてくれたローカルの方々、そして我々に夢を与えてくれる大自然に、心から感謝します。
by kakera365 | 2009-09-26 23:47 | クライミング | Comments(2)

ボルダリングツアー二日目

 二日目は、辻中さんと三豆ちゃんを加えて、総勢10名の大所帯に。

 岩場に着いて早々に看板課題を見るツワモノ共を置いて、シニアーズ2人でアップ課題を探して登る。
e0069822_23384156.jpg
 適当な課題でアップします。

 看板課題の左にある3-4級のマントル課題を登ってから、メインディッシュの1級にトライ開始。次々登って行く中、辻中さんと私だけが取り残される。私は兎も角、辻中さんは何で出来ないのか不思議。
 登れた人から順番に、今度はプロジェクトのロングヴァージョンに挑戦。こっちはナカナカ厳しく、誰も登れませんでした。
e0069822_2339932.jpg
 りくぼん、カッコいい。

e0069822_23392396.jpg
 オカカマンも完登ならず。

 このエリアは、広い川の真っ只中にあり、日当たりが良過ぎて暑くて死にそうなので、涼しい渓谷に移動する事に。
 移動した先の渓谷は涼しくて、水も綺麗で最高。早速、前回辻中さんが登ったと言う2級のフェースにトライ開始。しかしこの課題、スタートから2mオーバーで、しかも行き成りヒールフックから。恐怖心に打ち勝った者だけが登れる、痺れる課題です。
e0069822_23393629.jpg
 こばやんトライ開始です。

 こばやんは、こともあろうにリップにデッドをかまして一抜け。その後、中山君、オカカマン、よこちゃんと完登。ここは負けじと、私もロートルテク全開で何とかゲット。
 続いて、その右に新しいラインを引いてトライ。これは、オカカマンがサックリ持って行き「3級位です」と言って、みんなの顰蹙を買う(本当は1級位)。その後、みんなドンドン続き、ぽんちゃんに至っては、右足シューズ無しで登る。マジ強過ぎです。
e0069822_23394351.jpg
 シューズなんて要ら~ん。

 ここでも、何故か辻中さんとえぐっちゃん、そして私が取り残される。
e0069822_23395398.jpg
 えぐっちゃん、嵌まってます。

 しかし、みんながヨレて行く中、最後の力を振り絞って辻中さんが完登。これには参りました。爪の垢を頂戴せんといかんな。
e0069822_2340099.jpg
 鬼の形相。

 結局この日はよこちゃんに、1級2本の差を付けられてしまいました。王子では負けても、外なら何とかなると思ってた私が馬鹿でした。
 まぁ、良い課題ばっかりで楽しかったし、クライミングは勝ち負けじゃないと言う事にしときましょう。
by kakera365 | 2009-09-25 00:12 | クライミング | Comments(0)

ボルダリングツアー初日

 シルバーウィークは、よこちゃん、こばやん、オカカマンとボルダリングツアーに行きました。

 初日は中井夫妻、えぐっちゃん、りくぼんと合流して登る。
 今回のメンバーを聞いて、何と無く嫌な予感はしていたのだが、予想通りツワモノばかりで、正直シニアーズの私には可也厳しい。ま、強い人と登らないと、強くなれないんだけどね・・・

 で、行き成りやってくれたのがオカカマン。エリアに着いて早々、マーシーの遺作(生きてるけど)の二段を、アッサリ4撃で登る。
e0069822_2211411.jpg
 核心が何処か分からん位スムーズな登りで二段撃破。

 私とよこちゃんは、簡単な課題でアップしてから、私の今回の目標である2級を触る。何度かやる内にホールドが分かって来て、何とかゲット! 続いて1級の課題もゲット!!

 その他の野獣達は、肩が壊れそうなムーヴの三段にトライ。
e0069822_2212498.jpg
 今度はちょっと梃子摺ってる様です。

 シニアーズ2人は、続けて1級課題にトライ。よこちゃんは調子良さげで、この1級も落としてしまう。私はリップまで行って落ちちゃいました。
e0069822_221358.jpg
 1級も軽く撃破です。

 そして、この日のハイライトは、中山君による三段撃破! 強くなってると知ってましたが、一日で三段登るなんて凄過ぎです。
e0069822_2214444.jpg
 ほぼ完璧なムーヴでした。


 取り敢えずは、目標としていた2級を登れてホッとしました。でも、よこちゃんに負けたのが悔しかった。しかし、この日の1級1本の差が、以降ドンドン開いて行くのであった。。。
by kakera365 | 2009-09-22 22:18 | クライミング | Comments(0)

しにあ~ず

 日曜日は御手洗に行こうと思ってたのに、一緒に行く人が見付からず、結局王子で登る事に。

 昼前に着いてアップしてると、珍しくとっし~先生が登場。2人で4級位の課題を順番にやる事にするが、私が登れると、とっし~先生は登りもせずに次の課題に進む。おいおい・・・・・
e0069822_2244185.jpg
 心做しか重そうに見えます。

 途中、当番のひつじさんが見に来たので、登れない課題を無理矢理やらせると、アッサリと登られてしまう。あんまりボルダーやって無い癖に、相変わらず強いんだから。。。
e0069822_2244928.jpg
 鋼の上半身は健在です。

 お昼御飯を挟んで、続きをやろうとすると、今度は「腕が攣りました」と言って、とっし~先生が帰ってしまった。あれれ~!
 渋々一人で登ってると、今度は節ちゃんファミリーがやって来たので、節ちゃんに無理矢理靴を履かせて登らせると、全く登って無い割には動きが軽い。私が全然出来ないムーヴもサクッとこなされ、ちょっと凹む。
e0069822_22441676.jpg
 意外に登れてます。

 みんな40歳オーバーの「しにあ~ず」ですが、登ってるから登れる人、登って無いけど登れる人、登って無いから登れない人、登ってるのに登れない人、それぞれに色々あるもんですね。。。。。
by kakera365 | 2009-09-14 23:01 | クライミング | Comments(0)

調査報告

 本日、北山公園へ行ってショーギ岩の状況を確認して来ました。

 結論から先に言うと、明らかに意図的にスタンスが削られていました。チッピングが確認出来たスタンスは全部で4箇所。ワイヤーブラシ等では無く、金ヤスリの様なもので摩耗した表面を削った様な感じでした。
e0069822_18404778.jpg
 岩が若干白くなっています。

 ノーマルとスペシャルのスタートスタンスは、全体的に削れており、明らかにフリクションが良くなっていますが、左側はまだツルツルした部分も残っていました。
e0069822_18405323.jpg
 ノーマル、スペシャルのスタートスタンス。

 中央の部分は、私はムーブで使う事は無いのですが、小さくゴリッと削られてました。

 一番影響が大きいと思われるのは、スペシャルやスーパーで右足を載せる部分で、ここはかなり広い面積が削られていました。私がスペシャルで使っていた結晶も無くなっており、正直、ここまでやると逆に登り難くなるんじゃ無いかと思った位です。
e0069822_18405920.jpg
 スペシャル、スーパーの右スタンス。

 あくまでも想像ですが、削られた部分を見た限りでは、恐らく、スペシャルを登る為に行ったのでは無いかと思われます。

 最終的な結論としては、今回のチッピングが課題に与える影響は軽微であると言えるでしょう。少なくともムーヴやグレード等が変わったりする事は無さそうです。影響が少なかった事は不幸中の幸いです。

 子供と一緒に行ったので、その他は一部の岩しか見る事は出来ませんでしたが、パチンコ岩、初級スラブ、エレファントノーズ(ガンフォー、サーティー、ペロー等を含む)にはチッピングは確認出来ませんでした。
e0069822_1841533.jpg
 大した事無くて良かったねぇ。



 今回の行為は、登攀を目的としている事は明らかで、課題の破壊等を目的としたものでは無い様です。また、実行者が北山ローカルルールを知っているかどうかは分かりません。だからと言って、この行為を我々ローカルは受け入れる事は出来ません。しかし、北山ローカルルールが依然として浸透していない事は、我々ローカルの力不足であり、この様な事が起こった事をクライマーの皆様に謝罪しなければならないと思います。
 我々北山ローカルクライマーは、今後ともルールとマナーを積極的に啓発し、クライマー全体に浸透する様に努力して行きますので、皆様の御協力宜しくお願いします。
by kakera365 | 2009-09-12 22:42 | クライミング | Comments(7)

ROCK&SNOW045

e0069822_039273.jpg

 新しいロクスノが出ましたね。

 今回の注目記事は、何と言っても「追悼 ジョン・バーカー」ですね。
 ネットで墜死したのと情報は知ってましたが、記事を読んで改めて偉大なクライマーだと思いました。そして、一つの時代が終わったなと感じました。どんなにクライミングの潮流が変わろうと、一人ぼっちになろうと、自分の信念を貫いたその姿勢を、見習わないといけないなと思いました。私はまだ、自分のクライミングも見付けられてませんが・・・

 その次の注目は、Giri-Giri Boysの「スパンティーク ゴールデンピラー第3登」です。
 カランカ北壁初登でピオレドールを受賞した3人が、またやってくれました。こちらもネットで情報を知ったのですが、その速報を見た瞬間はとても興奮しました。私は初登者のミック・ファウラーのファンなのですが、彼が初登したのは20年も前だったのかと、改めてその実力に驚きました。そして、あの美しいゴールデンピラーを、日本人がアルパインスタイルで登るなんて、本当に素晴らしい。今や日本のアルパインクライミングは、世界をリードしています。

 3つ目は、Chronicleの再登情報にこそっと載ってる、中嶋徹の「Brad Pit(V10)フラッシュ」と「Simba's Pride(E8 6c)成功」です。紙面には載ってませんが、彼はあの「Gaia(E8 6c)」にも成功、E9も何本か登ったらしい。更には「Black Out(E9 6c)」って新しい課題も登ったそうです。
 彼はまだ15歳だけど、今私の一番好きなクライマーです。まぁこんな40過ぎのオッサンに好かれても迷惑だろうけどね。詳細は次号に掲載されるそうですので、楽しみに待ちましょう。

 それにしても、この表紙は恥ずかしい。電車で読んでると、男色雑誌と間違われそうで嫌だ。本人達は恥ずかしく無いんだろうか?
by kakera365 | 2009-09-11 22:44 | クライミング | Comments(0)

残念なお知らせ

 今日、私のWebsiteの掲示板に「ショーギノーマルのスタンスが削られている」との情報提供がありました。
 実際に行って確かめた訳では無いので、個人的には何とも言えない状況ですが、もし事実だとすればとても残念で悲しい出来事です。
 皆さん御存知の様に、北山公園では過去に何度も事件が起きて来ました。その度にクライマー同士で話し合いが行われ、ローカルとは言えルールやマナーも決められて、今も人気のエリアとして多くのクライマーを育てています。
 我々ローカルは、北山公園で登るクライマーには、クライミングの技術を育てると同時に、クライマーとしての心も育てて欲しいと思いながら、後進の指導をしたり、啓発活動を行って来たりしました。しかし、今回また同じ様な事件が起きた事で、自分達の力の無さを思い知らされました。正直、もうどうして良いのか分かりません。

 クライマーの皆さん。目を閉じて、北山公園の課題を思い浮かべて下さい。そして、それらが全部登れなくなった時の事を想像して見て下さい。私は意識を失いそうになります。大袈裟ではありません。関東では、あのクライミングのメッカとも言える城ヶ崎が、相当危ないと言われています。日本中の岩場が登れなくなる可能性があるのです。

 最後にもう一度だけお願いします。もう一度ルールとマナーを確認して、守って下さい。そして、守って無いクライマーが居れば、そっと注意してあげて下さい。
by kakera365 | 2009-09-10 23:44 | クライミング | Comments(4)

半歩前進

 日曜日は、なかちゃん、ゴローさんと御手洗へ。

 岩場に着いたものの、暑さは半端じゃ無い。取り敢えずは、無題3級でアップしてからケロを触るが、全然登れない。10数便出して漸く登れたので、噴き出した汗を流す為に泳ぐ。
 暫く泳いでたら、なかちゃんとゴローさんがケロをやってるので見に行くと、ゴローさんが初めてとか言いながらアッサリと完登。う~ん、流石に強いです。逆になかちゃんはド嵌まりで再登出来ず。
 そうこうしていると、下流からsaka師匠とぼ~ちゃんが。更には上流から、強々君の結婚式の為に関西に来てたBOTCHさん登場! 3人でハリガネムシのセッションを始める。
e0069822_23112456.jpg
 クソ暑い中、ハリガネムシを触るsaka師匠。

 我々3人は、ターターシンでセッション開始。ゴローさんが、ムーヴをほぼ完成させていて、最後の右手カチを取ってからが残ってるらしい。なかちゃんはリップ取りがシックリ来ないらしい。ハリガネの3人も移動して来て、皆でセッション。ぼ~ちゃんはサクッと再登して、saka師匠と水中へ。
e0069822_23113116.jpg
 水中ボルダーでセッション中の師弟。

 残った4人で、あーだこーだ言いながら登る。
 BOTCHさんは、最近ボルダーが御無沙汰らしく、動きに今一つキレが無い。
e0069822_23113811.jpg
 北九州の一匹狼。

 なかちゃんは、左足の処理が分かったら、リップ取りは安定して来ました。
e0069822_23114452.jpg
 良い感じになって来ました。

 そしてゴローさんは、最後の最後で何度も落ちて、ちょっとヨレが見え始めた頃、最後の力で見事に完登。
e0069822_23115024.jpg
 安定したムーブでターターシン撃破。

 宿題が片付いて、とても嬉しそう。上機嫌のまま川へ飛び込みました。
e0069822_2312364.jpg
 記念のダ~イブ!!!

 最後に、ハリガネムシでセッション。
 ここでは、流石の四段ボルダラーBOTCHさん。完登こそならなかったものの、ランジの体勢まではキッチリ行ってました。
e0069822_23121137.jpg
 やっぱり強いなぁ。

 私も、前回はスタート出来ただけでしたが、今回は右手を止めて、左足ヒールフックを掛けに行く所までは出来ました。ヒールは掛かりませんでしたが、まぁ半歩前進ってトコですかね。ボチボチ気長にやります。

 晩御飯は、ザ・トンネルで食べて、BOTCHさんとお別れして帰宅。疲れたけど、楽しかった~(^^)。
by kakera365 | 2009-09-07 23:16 | クライミング | Comments(2)

それぞれの楽しみ

 土曜日は、近場でブラブラ。

 まずは、美雲の希望で近所のバッティングセンターへ行く。美雲は最近、野球に興味がある様で、各球団の応援歌を歌ったり、ジェット風船を買って飛ばしたりしている。また、近所の公園で友達と野球したりもするらしい。
 バッティングセンターではスローボールに挑戦。最初はバットの持ち方やフォームが変な感じでしたが、ちょっと教えて上げると良い感じに振ってました。一番良く飛んだ時は、ピッチングマシンを軽く超えて行きました。
e0069822_22423794.jpg
 思い切ってスウィングしてます。

 続いて、海晴の希望でカエルの居そうな所と言う事で、山田町原野の田圃へ行く。 
 家から車で僅か10数分で、農村の真っ只中へ行けるのは、環境が良いのか単なる田舎なのかは置いといても、田園は海晴にとっては天国の様です。
e0069822_22424366.jpg
 ここも神戸市です。

e0069822_22424951.jpg
 カエル探しに夢中です。

 トノサマガエルを筆頭に、ツチガエル、アマガエル、飛蝗や蜻蛉を見付けては大はしゃぎ。
e0069822_22425482.jpg
 円らな瞳のトノサマガエル君。

 最後に、コープさんでお買い物してから帰りました。
by kakera365 | 2009-09-07 22:56 | 家族 | Comments(0)