<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

有馬富士公園

 今日は家族で有馬富士公園へ行きました。
 冬の気配もすっかり何処かへ行ってしまい、日中はポカポカして外で遊びたくなりますね。

 取り敢えずは「あそびの王国」へ行って、色んな遊具で遊んだり、四つ葉のクローバーを探したりしました。
e0069822_23143031.jpg
 一緒に滑り台で遊びます。

e0069822_23143732.jpg
 ハンモックに乗って御機嫌。

 遊び飽きたら、次は「キッピー山のラボ」で生き物の生態を勉強したり、自然の中での暮らし等を体験します。

e0069822_23144239.jpg
 蓑虫に変身。

e0069822_23144780.jpg
 田舎暮らしままごと。

 今日は時間が無くて、森の野鳥や、池の鴨等を見れませんでしたが、それでも十分楽しめました。
by kakera365 | 2009-02-28 23:20 | 家族 | Comments(0)

北山公園清掃登攀

 日曜日は、毎年恒例の北山公園清掃登攀です。
 何の変わり映えもしませんが、今年も懲りずに、清掃に登攀に、楽しく盛り上がりましょう!
e0069822_0405759.jpg

 皆様のお越しを心よりお待ちしています(^^)。
by kakera365 | 2009-02-27 23:59 | クライミング | Comments(0)

クライミングスクール

 今日は王子の当番でした。腰の調子もイマイチなので、腰痛対策の本でも読みながら、事務室のソファーでゴロゴロして一日過ごそうと思いながら行きました。
 しかし、登山研修所について見ると、今日は朝から小学生対象のクライミングスクールの日でした。講師は「もといくん」でしたが、ちょっとだけお手伝いしました。
e0069822_22311743.jpg
 まずはストレッチから。

e0069822_22312497.jpg
 順番に登ります。

e0069822_22313167.jpg
 ノースフェイスカップ優勝の麻亜耶ちゃん。軽やかで上手いです。

e0069822_22313644.jpg
 他の子達も真剣に頑張ってました。

 子供達の登りは、レベルに差はあるものの、みんな真剣に、そして楽しそうに登っていて、とても良かったです。それぞれに長短はあるけど、このまま続ければ、みんな上手くなりそうです。私自身もとても刺激を受けました。やっぱり、次世代の担い手を育てるってのは良いですね。

 登りの方は、昼からもダラダラと登りつつ、初心者の指導をして、何時の間にか終了。
 結局、最初から最後まで登ってました。腰痛はどうしたんでしょうかね。
by kakera365 | 2009-02-22 22:45 | クライミング | Comments(0)

おたのしみ会

 今日は海晴と瑞穂の保育園でのおたのしみ会に行きました。

 瑞穂は出て来て踊るだけ。ま、2歳じゃ~しょうがないですね。
e0069822_2281892.jpg
 みんなと楽しくお遊戯します。

 それでも、殆どの子供がボーッと立ってるだけなのに、瑞穂は頑張って踊ってました。返事の声も大きいし、終わって帰る時もササッと行動してて好印象です。
e0069822_2282792.jpg
 踊りが大好きです。

 海晴の方は年長さんなので、歌にピアニカにお芝居にと頑張ってました。
e0069822_2283360.jpg
 ヒゲ爺さんのポーズ。

 この後ピアニカを弾いたり、大きな声で歌を歌ったりしてました。
 お芝居は、皆さんご存じの「泣いた赤鬼」でした。みんなが交代で赤鬼の役をしたり、青鬼や村人の役をしたりします。
e0069822_2283923.jpg
 ヒソヒソ話をしています。

 このお話のクライマックス、赤鬼君が青鬼君の家を訪ねて行くと、家に張り紙があり、青鬼君が旅に出た事を知る場面。
e0069822_2284589.jpg
 オイシイ役どころです。

 海晴はこのシーンの赤鬼君を完璧に演じてました。後ろ向きに去って行く赤鬼の背中が泣いている。我が子ながら素晴らしい演技力でした(親馬鹿でも無いです)。私の母親が芝居をしてたので、その血を引いているのかも知れません。
by kakera365 | 2009-02-20 22:23 | 家族 | Comments(2)

止められない「岳人」

 前にも書いたが、今買っている山岳雑誌は「岳人」。
 勿論、「Rock&Snow」も買ってるが、3ヶ月に1回では情報不足だし、ロクスノはアルパイン系に弱く、アイス、スキーや沢登りは殆ど情報が無いと言っても良い位。なので「岳人」を買ってるのだが、こっちも「山と渓谷」程では無いがマンネリ化が進んで来たので、そろそろ買うのを止めようかと、何度も思ったのだが・・・
 今回止められなかった理由は、和田城志氏の「剱沢幻視行」の連載が、新年号から始まったからだ。和田城志、「剱沢幻視行」と聞いて何かを思い出す年配のクライマーも少なく無いのではないか。そう、あの「岩と雪168号」に掲載された、和田城志「剱沢幻視行」と全く同じ著者、タイトルなのだ。私もあの文章を読んで、和田氏独特の記述に酔いしれ、剱沢に憧れた。
 その「剱沢幻視行」が帰って来たのだ。これはもう読むしか無いだろう。「岳人」編集部も人を嵌めるのが上手い。これでは買わざるを得ないじゃないか。

 和田城志氏を知らない若手クライマー諸君。是非読んで下さい。
by kakera365 | 2009-02-19 22:47 | クライミング | Comments(0)

ちきゅうは遠い

 遅くなりましたが、日曜日の報告を。

 独立行政法人海洋研究開発機構[JAMSTEC]の地球深部探査船「ちきゅう」が、六甲アイランドで見学会を開催しているとの事なので、家族揃って見に行った。受付終了は15時30分とチラシに書いてあったので、14時30分頃に現地へ行くが、目を疑う程の行列が出来ている。ザッと見た所、100m位の列が7往復位並んでる。
e0069822_22205287.jpg
 まさに黒山の人集り。

 折角来たのに見ずに帰るのも嫌なので、取り敢えず最後尾に並んで見るが、何時まで経ってもジリジリとしか前へ進まない。昼食を食べてないのでお腹は減るし、瑞穂は眠くなって「抱っこ!」を連発するし、日が傾いて来て船の影になって寒いしで、ヘロヘロになって来た。
 並んで絶えること4時間。遂に舷側まで漕ぎ着けた。もう既に辺りは薄暗くなっている。
e0069822_22205963.jpg
 夜景が綺麗ですね。。。

 中に入ると、スタッフの方々が笑顔で応対してくれる。この人達も大変だなぁ。船としてもナカナカ凄いけど、ボーリングしたコアを開けずに見る為のCT-SCANNERが置いてたりして、動く研究室って感じ。
e0069822_2221441.jpg
 船橋(ブリッジ)を見学中。

 見学も1時間位掛かって終了。どっと疲れが噴き出して来ました。
e0069822_2221963.jpg
 子供達は元気一杯です。

 しかし、2日続けて腰に悪いなぁ。
by kakera365 | 2009-02-18 22:32 | 家族 | Comments(0)

スキー

 土曜日は、会社の友人とファミリースキーに行きました。
 友人の方は息子さんと娘さん、ウチは美雲が参加。去年は海晴も行ったけど、今回はパスとなった。美雲は去年初めて連れて行ったのだが、スキーが気に入った様で、今年も行きたいとずっと言っていた。
 朝6時前に家を出て、6時半に友人家族をピックアップし、去年と同じ大屋スキー場へ向かう。が、ゲレンデに着いて見てビックリ。まるで3月末のスキー場の様で、至る所で地面が露出しており、雪が滅茶苦茶少ない。しかし、今更別のスキー場に行くのも面倒だし、何処へ行っても大して変わらなさそうなので、諦めて準備する。
 早速滑り出すが、私は腰の調子がイマイチなので、スロースタートを決め込み、美雲の練習に付き合う。美雲は1本目こそ恐々だったが、後は普通に滑っていた。流石に子供は対応が早い。
e0069822_2272871.jpg
 ちょっと腰が引けてますね。

 午前中は初心者用のベルトコンベアで練習して、午後からはリフトに乗って、緩斜面で斜滑降の練習から。最初はビビって降りるのに30分以上掛かってましたが、2本目は割とスンナリ降りて来ました。傾斜がキツイとターン出来ませんが、斜滑降で端まで行って、倒れて向きを変えるを繰り返しました。
e0069822_2273380.jpg
 リフトにも乗れる様になりました。

 リフトに乗るのを恐がってましたが、まぁ慣れればどうって事無いでしょう。私も最初はリフトが恐かったなぁ。
e0069822_2274065.jpg
 橇遊びも楽しんでました。

 私も腰痛を気遣いながら滑りましたが、中々良い感触が掴めました。日頃の身体意識の賜物では無いかと思います。ただ、急斜面になるとエッジングが下手なのか暴走気味になったので、この辺りが今後の課題ですかね。

 もう雪が少ないけど、もう一回位は行きたいなぁ。。。

 
by kakera365 | 2009-02-16 22:15 | 家族 | Comments(0)

ぶ~らぶら

 水曜日の建国記念の日は、スキーへ行こうかと思ってたが、どうも雲行きが怪しそうなので諦めて、近場でぶらぶらする事にした。

 まずは昼御飯を食べに、前に行った「一生懸麺」ってラーメン屋へ行く。美雲と私以外は初めて。それぞれ好きな物を注文する。私は普通のラーメンを頼んでから、麺硬めで替え玉する。
e0069822_2257743.jpg
 とんこつラーメン美味しいな。

 お腹が一杯になったので、今度は灘浜サイエンススクエアに行く。
 ここは美雲のお気に入り。お金も掛からないし、勉強も出来るしで一石二鳥?。
e0069822_22571491.jpg
 ガチャガチャやってます。

e0069822_22572218.jpg
 こっちはズコズコやってます。

 庭にはビオトープがありますが、流石に冬場は何も居ません。居るのは雀と鵯だけ。
 水辺をウロウロしていると、海晴がカエルの卵を見つけました。
e0069822_22572720.jpg
 カエルの卵はプニョプニョ。

 何ガエルの卵か分かりませんが、元気に孵って欲しいですね。

 最後に、灘浜ガーデンバーデンに行って、お風呂に入ってから帰る。
 温泉効果で腰痛が良くなってくれると良いんですが・・・
by kakera365 | 2009-02-12 23:05 | 家族 | Comments(0)

鉄道と鳥

 日曜日の午前中は、神戸市立青少年科学館で開催している「鉄道模型とあそぼう」に行き、午後からは「神戸花鳥園」に行きました。

 まずは鉄道模型を見る。このイベントも3年連続で行ってるので、内容は変わり映えしないが、相変わらず車両の数は多い。HOゲージも真中にでで~んと置かれていて迫力満点だ。
e0069822_22331098.jpg
 運転手さんになり切って。

 鉄道模型に飽きたら、常設展示で遊ぶ。こちらも変わり映えはしないが、面白い展示が多くて飽きない。
e0069822_22331783.jpg
 振動を与えて模様を作ります。

e0069822_2233236.jpg
 傾いた部屋ではしゃいでます。

 お昼になったので、イズミヤへ行って回転寿司を食べる。勿論、寿司以外のものも回っている。
e0069822_22333091.jpg
 甘いもの大好き。

 食事の後は、神戸花鳥園へ。会社から入場券を2枚貰ったので行ったのだが、予想以上に広くて面白かった。ただ、1,500円払って見るかと言われたら、ちょっと微妙だが。。。
e0069822_22333468.jpg
 鴛鴦に餌をやる海晴と瑞穂。

e0069822_22334094.jpg
 ペンギン達と美雲&海晴。

e0069822_22334748.jpg
 オオハシに餌をやる海晴と瑞穂。

e0069822_22335389.jpg
 鴨に餌をやる美雲。

 花は兎も角、鳥は見応え満点だ。人にもよるだろうが、私はどの鳥でも、ずっと見てても飽きない。特にオオハシの餌やりは楽しかった。子供達もずっと楽しそうにしていました。自然な形では無いけど、生き物との触れ合いは大切ですよね。
by kakera365 | 2009-02-10 22:48 | 家族 | Comments(0)

今日も北山

 飽きもせず、今日も北山でボル。

 取り敢えず、絶叫エリアのプロジェクトへ向かう。フェイス左を集中的にトライしていると、何だか良い感じでスタートが出来るが、その後が続かない。一度だけ止まって、右手を爪カチに送るが、捕らえ切れずに落ちてしまう。右カンテも触って見るが、前回同様スタートが出来ない。地ジャンっぽく立ち上がって、左足で剥がれを止め様と試みるも敢え無く失敗。ヨレて来たので移動する。

 アドレナリンへ行って御飯を食べてから「月影」を触る。相も変わらず下部でモジモジしているが、それでもムーヴは固まって来たので良しとする。アドスラも3回やったけど、登れなかったので移動。
 下部エリアへ向かって歩いてると、前方に見た事のある顔が。あれ!?ドリさん??
 ドリさんファミリーとマーシー&キヨちゃんが、まったりとボルダリングを楽しんでいた。
e0069822_22484192.jpg
 粒ちゃんとハナちゃん。可愛くポーズ!

 キヨちゃんも来月には出産。大変だなぁ。ウチも3人の子持ちなので、暫し子育て話に花が咲く。やっぱ、子供は宝物ですからね(^^)。

 下部エリアへ行くと、横ちゃんが居たので、一緒にパチンコ岩へ行く。「ルパン3世」と「空手OH!」を触るが、どっちも登れない。何とか「空手OH!」を最終ムーヴまで持って行くが、そこまで。
e0069822_22484940.jpg
 「ルパン3世」を登る横ちゃん。

 最後にショウギ岩に行って、「カンテ」をやってる中ちゃんと一緒に登る。「アゲハ」もやってみると良い感じで右手が出るが止まらず。でも、感触は良くなって来た。
 何だか良く分からないが、ヨレヨレになって終了。これ位身体を苛めといた方が良いかな?
 北山シーズンもあと少しなので、頑張って登ろう。
by kakera365 | 2009-02-07 22:59 | クライミング | Comments(0)