<   2008年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

王子。そして・・・

 日曜日は美雲、海晴と出掛けた。
 美雲が最近、Nゲージが欲しいと言い出したので、三宮のジョーシンやユザワヤに連れて行ったのだが、店の規模的には知れてるので、折角なのでこの日は日本橋まで見に行く事にした。
 と、その前に一寸登ろうと王子へ行って見る。取り敢えず子供達にもシューズを履かせて登らせる。流石に美雲はお兄ちゃんだし、登り慣れてるだけあって、海晴にアドバイスなんかもしてた。
e0069822_22324475.jpg
 兄弟仲良く登ってます。

 珍しく、ひつじさんが居たので、軽くセッション(って言うかバトル)を申し込むが、一方的にヤラレてしまう。相変わらずこの人には勝てんな~(帰りにはよこちゃんにも負けたし・・・)。
e0069822_22325412.jpg
 登ってない割に相変わらず強いひつじさん。

 沢屋のやぎちゃんも、流石に梅雨時期の雨では行かない様で、苦手の被りでトレーニングに励んでいた。沢も行きたいな~。
e0069822_2233870.jpg
 被りも頑張ってるやぎちゃん。

 姫路軍団も4人でやって来て、慣れない王子のホールドに苦戦しつつも楽しんでた。彼らはホントに仲良いですね。
e0069822_22331886.jpg
 高校生とUENOさん(ピンボケで済みません)。
e0069822_22332750.jpg
 ターターシンにリーチを掛けてるけんぼ~。

 軽く登って満足したので、日本橋に向かう。
 最初に「ポポンデッタ」と言う店に行く。こじんまりとした店に各種パーツやジオラマ等がある。中古の製品も置かれており、車両は6割位の値段なのでお買い得かも。次にジョーシンの「スーパーキッズランド」に行く。こっちは5F全部が鉄道模型なのだが、他のフロアもミニカーやプラモで占領されており、正にオモチャ王国。どちらも店でも、子供達は全く飽きる様子も無く、店の中を只管ウロウロしていた。ただ、お客さんは子供よりも圧倒的に大人の方が多かったが。。。
 帰り際2人に「鉄道コレクション」を1台ずつ買ってやり、再度王子に寄ってから帰路に着いた。
by kakera365 | 2008-06-30 22:31 | クライミング | Comments(0)

ふねふね大集合

 土曜日は、神戸港振興協会の設立50周年記念行事として「~KOBE 帆船フェスタ 2008~ふねふね大集合 in 神戸港」なるイベントをやってたので、美雲を連れて行って見た。

 主役は勿論、独立行政法人航海訓練所の練習船「日本丸」だが、先日「海王丸」を見たばかりなので、他の船に目が行ってしまう。
e0069822_221258100.jpg
 色んな船が勢揃いです。

 美雲が一番興味を示したのが、海上保安庁第五管区海上保安本部神戸海上保安部の巡視船「せっつ」。ヘリコプター常載するPLH型巡視船「つがる型巡視船」の1隻で、五管が保有しているもの。総トン数3,221t、全長105.4mもあり、40mm単装機関砲(乗組員の説明では35mmと言っていた)や20mm機関砲を搭載していて迫力満点だ。ヘリこそ格納されていなかったが、格納庫では潜水士が救助用具の説明をしてくれたり、美雲はヘリポートで走ったりして楽しんでいた。
e0069822_2213963.jpg
 40mm単装機関砲(前)と20mm機関砲(後)。こんなんで撃たれたらイチコロだな・・・

 続いて主役の「日本丸」。ま、「海王丸」見たばっかりだし、感動は薄かったが、流石にメインマスト高44.4mは文句無くデカい。
e0069822_22131868.jpg
 主役の日本丸。何だかんだ言ってもカッコイイです。

 他にも、大阪市と社団法人大阪港振興協会(セイル大阪)の練習帆船「あこがれ」(一般人も乗れる珍しい帆船。帆装が縦帆を基本とする「トップスルスクーナー」と呼ばれるもので、私の好きな漫画「海皇記」の主人公が乗る影八番艦と同じ帆装。)や国土交通省近畿地方整備局神戸港湾事務所の海洋環境船「Dr.海洋」、神戸市消防局の消防艇「くすのき」等、色んな船が見学出来た。
e0069822_22132525.jpg
 消防艇「くすのき」

 普段は鉄道や自動車に比べて、船舶にはそれ程興味を示さないが、流石にこれだけ集まってると楽しかった様です。
by kakera365 | 2008-06-29 22:49 | 家族 | Comments(0)

日本のプロ野球って

 楽しかった交流戦も終わってしまい、再びリーグ戦が始まった。
 私は日本のプロ野球にはそれ程興味は無いが、一応ロッテファンで、関西人だから阪神も応援している。しかし、基本的にはアンチ巨人なだけで、何処が勝とうがそれ程気にしない。と言うか、ここ数年は毎年応援するチームを変えている。今年はセントラルリーグが広島カープ、パシフィックリーグが東北楽天ゴールデンイーグルスだ(どっちもイマイチな成績だが)。
 ま、どのチームを応援するのかは個人の自由だから何も言う事は無いのだが、この日本のプロ野球のシステムと言うか、試合方法や順位付けなんかが、非常に不可解で不愉快なのである。
 例えば今回の交流戦の優勝チームだが、阪神タイガースと福岡ソフトバンクホークスが15勝9敗で並んだのだが、どうやって優勝が決まったかご存知だろうか。普通なら直接対決の結果や得失点差等で順番に優劣を付けて決めるのだが、何と日本では「去年の交流戦の成績」が上位だった方が優勝って、全く意味不明な決め方なのだ。誰が考えたシステムなのか知らないが、ファンをバカにするにも程がある。去年の成績が、今年頑張ってる選手達に何の関係があるのか!?
 他にも気に入らないのが、各リーグとも6チームしか無い癖に、上位3チームでプレイオフなんかをする事。レギュラーシーズン3位の(両リーグ併せたら6位かも知れない)チームが日本シリーズ優勝なんて、じゃあレギュラーシーズンの丸半年、一生懸命戦って1位になったチームは何なんだろうか?アメリカの真似をするのは結構だが、あっちは全部で30チームもあるし、各リーグが3地区に分かれていて、其々の優勝3チームに2位で最高勝率のチーム1チームを加えてやるので、誰もが納得出来るシステムだと思う。勿論、2位チームはまず、1位の最高勝率チームと試合をする事になる。
 ドラフト制度も気に入らない。希望入団枠制度なんて全く野球界の為にならない制度なんかを「ドラフト制度は職業選択の自由を阻害している」等と言って導入したが、職業は「プロ野球選手」であって、「読売の社員」では無い。さっさと完全ウェーバー制にして、各球団の勢力を拮抗させてプロ野球そのものを楽しくして頂きたい。
 チーム名に企業名が入ってるのも気に入らない。企業がスポーツに投資するのは、宣伝の為では無く、地域を活性化する事に拠って企業の活性化を図る為で無いと駄目だ。ヨーロッパやアメリカで任天堂マリナーズとか、アブラモビッチチェルシー等と言う名前が付いたら、ファンは居なくなるだろう。韓国や中国では日本式に企業名が入っている所を見ると、これはアジアンスタイルなのかも知れないが、本当の所は多分、スポーツ後進国だからだと思う。

 ま、何だかんだ書いたが、文句があるなら見なけりゃ良い訳で、だから基本的に海外スポーツしか見ないのである。
by kakera365 | 2008-06-28 11:22 | スポーツ | Comments(2)

梅干の季節

 今年も梅干の仕込みの季節がやって来た。
 まぁ、あんまり根性も無いので、去年と同じく2kg程買って来て漬けて見る。
e0069822_0485518.jpg
 さぁ、漬け込むぞ~!!!

 今年も上手く出来ます様に・・・
by kakera365 | 2008-06-27 00:56 | 生活 | Comments(0)

雨は嫌いじゃない

 週末毎に雨に降られると、クライミングに行けなくてガッカリするが、だからと言って雨が嫌いな訳では無い。
 雨が降っているのに山に行く事は、リスクを考えると有り得ないし、雨が降ると分かってる場合もまた然りである。しかし、山に入ってから降られる事は有るし、登攀が目的で無いなら、雨で出掛けたって構わない。
 10年以上前、相方と会社の同僚の3人で、大峯山系の釈迦ヶ岳に登りに行った。初日は朝神戸を出発したので、前鬼の宿坊まで入ってテントを張った。翌朝起きて見るとシトシトと雨が降っている。この天気で山頂に向かうのも無謀だと思ったし、そもそも誰も登ろう等と言う気配さえ漂わせていなかった。テントの中でコーヒーを沸かし、ぼ~っと霧雨に霞む景色を眺めながら、ただ時間が過ぎるのをゆっくりと味わっていた。何も考えずに感じるだけの時間もあれば、景色を見ながらあれこれ考える事も。勿論、連れと色んな事を話したりもしただろう。あの時の事は、今でも時々思い出す。
 もし天気が良かったら、山頂への道を急ぐだけで、山の良さをジックリと噛み締める時間等無かっただろう。

 雨だからこそ得られる貴重な時間。一見無駄な様で実はとても大事な時間。何もしない贅沢な時間。

 久し振りに雨の山に行って見ようか・・・
by kakera365 | 2008-06-23 21:58 | Soliloquy | Comments(5)

畏敬の念

e0069822_22184118.jpg
 昨日、信じられないニュースを聞いた。
 熊野古道のシンボルとも言える「牛馬童子」の頭部が、何者かに破壊され持ち去られたと言うのだ。
 私は以前より大峯山系の山々が好きで、良く登りに行っており、何度も訪れる内に自然と修験道に興味が湧いて、役行者や熊野信仰について本等を読んだりして勉強もした。何年か前には吉野から熊野まで大峯山脈を縦走する「奥駈」にも行った。そんな事から「熊野古道」にも非常に興味を持っており、何度も行く計画を立てたが、世界遺産となって観光客が押し寄せる様になって、一気に熱が冷めてしまい、残念ながら行かず仕舞いとなっていた。
 熊野古道について勉強する様になって、是非とも訪れて見たい場所の一つに、この「牛馬童子」があったので、今回の事件を聞いた時は、信じられない気持ちだった。何が信じられないかと言うと、一つは貴重な文化遺産が破壊された事に対するショック。もう一つが「日本人もここまで落ちたか」と言う思いだった。
 日本人は元来信仰心が篤く、八百万の神と言われる様に、自然界の様々な物に神を見出して崇め敬って来た。針一本にさえ神が宿ると考え供養までする、そんな民族だった筈だ。しかし、最近では、神社仏閣に落書きをしたり、仏像を盗んだり、仕舞いには世界遺産にある石像を破壊する者まで出て来てしまった。頭部だけを持ち去ってどうするのか分からないが、どうしようもない人間が増えてる事が悲しい。「畏敬の念」と言うものは持ち合わせて無いのだろうか?
 もうこの石像は二度と元には戻りません。頭部が発見されてくっ付けても、完璧なレプリカを作成しても、牛馬童子に刻まれた歴史を作り出す事は出来ないのです。

 まぁ、何れにしても他人の気持ちを踏み躙って悪事を働いた輩には、間違い無く天罰が下るでしょう。
by kakera365 | 2008-06-20 22:48 | Soliloquy | Comments(0)

久々のビールねた

 日曜日にコープで買物してて、ビールが切れてるのを思い出したので売り場に行くと、見た事の無いミニ瓶ビールが置いてあった。キリンのチルドビールの「ザ・プレミアム無濾過」シリーズ第1弾<リッチテイスト>と言うヤツだった。
 早速買って飲んでみたが、これが「うまい~!!!」です。そもそも濃い目のビールが好きなんですが、これは可也美味しいです。ヤッホーブルーイングの「よなよなエール」に負けない位旨い。「よなよなエール」は柑橘系の香りが素晴らしいけど、こっちはもう少し柔らかめの香り。でも、味はシッカリしているし、ホップの香りも高い。
e0069822_22151488.jpg
 なかなかイケるっす(^^)。

 今後、夏の無濾過として<ホワイトビール>、秋の無濾過で<ホップの香り>と発売予定。冬の無濾過も名前は決まってないが出るらしい。特に<ホップの香り>は、「ゴールデンホップ」無き今、発売が待ち遠しく、メッチャ楽しみです。

 キリンも真面目に作ったら、良い商品だしますね。でも、これでは儲からんのやろうな・・・
by kakera365 | 2008-06-18 22:30 | 生活 | Comments(2)

あぁ~ターターシン

 日曜日は御手洗に行くつもりで、片っ端から知り合いにメールしてみたが、一緒に行こうと言ってくれたのは中ちゃんだけ。その他の人は色んな理由で丁重にお断りされたので、どうしようかと中ちゃんに相談すると、「2人だと交通費が掛かりますね~」と言われ、断念する事に。正直、一人でも行こうかと思っていたが、これだけの人数に断られると、今回は縁が無かったんだなと思った訳で、アッサリと止める事にした。

 あぁ~ターターシン。登れそうで登れない。。。てか、行けない。

 つ~事で、日曜日は王子に行った。とは言っても着いたのは5時前なんで、1時間位しか登ってないのだが。御手洗に行けなかった時点で、もうどうだって良いモードなんで、ちょっとでも登れれば文句は言わない。もときっくすに遊んで貰い、しんさん、ひつじさんと軽くセッション。
e0069822_2256530.jpg
 相変わらずツヨツヨの「もときっくす」。

 ま、取り敢えず課題作って登れたから気分良く帰れました。
 今週末は晴れるんかいな・・・
by kakera365 | 2008-06-16 21:03 | クライミング | Comments(4)

有馬富士公園

 土曜日は天気が良かったので、久し振りに有馬富士公園に行って遊んで来ました。

 6月とは言え日差しも強く、暑い位でしたが、子供達は元気に遊び回っていました。私は、久し振りに炎天下で活動したので、結構辛かったです。真夏に炎天下でアルティメットやってた事を思うと「昔は元気だったな~」と思うと同時に「昔はバカだったな~」と思いました。もし今、こんな天気でアルテしたら、3分で死ぬでしょうね。
e0069822_22404041.jpg
 遊び方を間違えてますね。

e0069822_22404874.jpg
 クライミングは得意です。

e0069822_22405587.jpg
 お椀の縁に掴まって「ハイポーズ!」。

e0069822_2241456.jpg
 土管で遊びます。

 今の子供達には色んな遊びがあるけど、やっぱり身体を動かして遊ぶのが一番ですね。
by kakera365 | 2008-06-15 22:54 | 家族 | Comments(0)

高い・・・

 ROCK&SNOWの40号が出ていたので買ったが、お値段何と!1,400円なり~。
 前回も書いたと思うが、DVDなんか要らんから、もう一寸安くして欲しい。まぁ価格に見合った内容であれば、2,000円でも安いと思うかも知れないが、今号は果たしてどうだろう。。。

 一番面白かったのは「不動沢2008」。久し振りにググッと引き込まれた記事だ。記事の内容も良いが、写真がまた素晴らしい。流石は飯山さん。「不動の拳」を登る今井考の顔が、苦痛に歪みつつも笑ってるのが最高に良い! 私はオールドクライマーの割にはクラックが下手なので、もう一寸練習してから不動沢へ行って見たい。「水平飛行」やって見たいな。
 「マルチピッチのススメ」も同じ系統だが面白かった。「ベルジュエール」は以前から憧れてるルートだし、「ウスノロマン」もやって見たいと思わせる内容で良かった。
 「世界の岩場から」のアメリカ西部編も、若い人なら「マンダラ」の写真に目が行くのだろうが、私の目を真っ先に引き付けたのは「グランドイリュージョン」だった。その次が「ミッドナイト・ライトニング」、モンキーフェイスの「ジャスト・ドゥ・イット」と来てから「マンダラ」だった。オレもオッサンやな~(^_^;)。
 残念だったのは「日本クライマーズ名鑑」。企画自体は悪くないけど、ダラダラと何人ものクライマーの記録やコメントを載せられても、読むのが面倒臭いだけだった。どうせなら3人位に絞って、10回位の連載でやって欲しかった。取り敢えずは「戸田直樹」とかクラックなら「吉田英貴」やアルパインなら「小西政継」とか「森田勝」、一寸脱線して「大工英明」とか「牛澤敬一」なんかも面白いかも。日本に限定せずに「世界のクライマーズ名鑑」でも十分面白そう。

 って事で、何だかんだ言っても結構読み応えがありました。これでDVDが無くて800円位だったら最高なのにな。
by kakera365 | 2008-06-12 23:01 | Soliloquy | Comments(0)