<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

椎茸ミニ栽培

 現在、我が家では椎茸をホダ木栽培している。
 って言っても、かなり小さいホダ木で、出来る椎茸も小さい。でも、やっぱり自分で育てて収穫して食べるのは楽しい。しかも美味しい。

e0069822_22383314.jpg
 収穫作業中の美雲


 住まいがマンションなので限界はあるが、今後は大きいサイズも試してみたい(以前一度失敗しているし)。
by kakera365 | 2007-04-28 22:43 | 生活 | Comments(0)

神戸で讃岐

 仕事の途中で行ったうどん屋が美味しかったので、土曜日に家族で行って食べた。
 味はナカナカ良い。天麩羅も美味しい。カレーもかなりイケる。が、見ての通りかなり量が多い。普通を頼んでも3玉位は入ってるんじゃ無いかと思う位。大盛りなんぞ頼んだ日にゃ~、後で気分が悪くなる事間違い無し。勿論、値段も讃岐の様には行かないのは当たり前。
 それでも神戸に居れば、食べに行く価値は十分にある。
 
e0069822_2233518.jpg
美雲はしょうゆうどん(手前のカレーうどんは私の)

e0069822_22331757.jpg
海晴はママと二人で天ザルうどん(これで普通一人前です)
by kakera365 | 2007-04-26 22:55 | 家族 | Comments(0)

定着?

 毎年この時期に開催される「インフィオラータこうべ」。
 いつの間にか今年で11回目となったこのイベントも、もう神戸の春の催しとして定着した様に感じる。ワザワザ見に行ったのは第1回だけだが、昨日たまたま通り掛かったので、携帯で写真を撮って見た。
 こうやって見ると、なかなか色採り採りでキレイだ。
 
e0069822_22265290.jpg

by kakera365 | 2007-04-24 22:37 | Soliloquy | Comments(0)

モンサント

 「モンサント」って村を知ってますか?
 ポルトガルにある小さな村なんですが、とても素晴らしい所なんです。
 何が素晴らしいかって、下の写真を見て下さいよ。

e0069822_111996.jpg
 村の遠景です。ゴロゴロしてますね。

e0069822_1111995.jpg
 んで、こんな家がイッパイらしい・・・

e0069822_1112595.jpg
 更に、家の中もこんな感じ。

 要は、自然の岩をそのまま利用して家を建ててるんですわ。岩が天井だったり壁だったりする。こんな家なら一生飽きないかも。

 写真は「週刊しゃかぽん4号(朝日新聞社発行)」から拝借しました。
by kakera365 | 2007-04-23 09:10 | 自然 | Comments(2)

メモリー

 「メモリー」って言っても「思い出」では無い。所謂「電子媒体」ってヤツ。
 んで、何の話しかって言うと、先日重要なファイルが満載されたUSBメモリーがぶっ壊れた。
 どんな重要ファイルが入ってたかって言うと、「北山公園トポ(doc)」や「北山公園課題一覧(xls)」「日本全国ボルダリングエリア一覧(xls)」「完登課題&トライ中課題一覧(xls)」等々、ありとあらゆるクライミング関係のファイルが記録されていた。
 何時もの様に、ファイルを手入れしようかとメモリーを差し込み、エクスプローラーでクリックすると「フォーマットされてません」・・・・・・・。え~!!!!!!!!

 やっちまった。。。

 ウチのパソコンは、最近頗る反応が悪く、メモリーの認識も悪いので、適当に抜き差ししてたのが仇になった。若しかしたら、パソコン自体が調子悪いか、コネクタがイカレてるって事もありうるので、大昔のノート(Windows98)を出して来てやってみるが、やっぱり同じ。
 最後の手段で、ファイル復元ソフトを職場の同僚からゲットして、ファイル抜き出しを試みるが、ある程度は救えたものの、殆ど全滅(-_-;)

 皆さんも、バックアップはコマメに取りましょう!
by kakera365 | 2007-04-19 22:36 | 生活 | Comments(0)

ひこにゃん

 皆さんは「ひこにゃん」を知っているだろうか?
 「ひこにゃん」は「国宝・彦根城築城400年祭」のイメージキャラクターで、今流行の「ゆるキャラ」なのだが、これがかなりのゆるみ具合。今や全国的な人気となりつつあり、我等が「はばタン」の強力なライバルとなっている。因みに、「ひこにゃん」人気は凄いが、肝心の「国宝・彦根城築城400年祭」の方はイマイチ浸透してなくて、彦根市は困っているらしい。。。
 で、先週末に子供達とその彦根に行って来た。桜の季節だからなのか観光客も結構来ていたし、町をブラブラするだけでも楽しかった。

e0069822_0232455.jpg
 彦根城は桜の名所。満開です!

e0069822_0234051.jpg
 これが「ひこにゃん」だ~!!!

e0069822_0235348.jpg
 お侍さんと国宝彦根城

e0069822_024366.jpg
 風情のある町並みです

e0069822_0241129.jpg
 彦根と言えば「カロム」ですね。知ってますか?

 詳しくはこちらをどうぞ。
by kakera365 | 2007-04-15 23:07 | 家族 | Comments(0)

無理だから・・・

 先日購入したエーデルワイス社のクライミングロープ。
 使う前に取り敢えず「取扱説明書」を読めと書いてある。普段ならゴミ箱直行だが、今回は珍しくジックリ読んで見ると・・・
e0069822_23133985.jpg

 いや、無理だから。絶対無理。。。
by kakera365 | 2007-04-11 22:22 | クライミング | Comments(2)

餘部橋梁

 先々週の事だが、春休みの小旅行と言う事で、日帰りで餘部橋梁を見に行った。
 行き先の候補は、他にも金沢や松山、松江、浜松、飛騨高山等を挙げていたが、美雲が激しく希望したのがこの「餘部橋梁」だった。理由は相変わらず不明だが、鉄橋に途轍もない魅力を感じた様だ。
 もう既に新聞等で報じられているが、この有名な餘部橋梁も建て替えが決まっており、3月から工事が始まっている。新しい橋はコンクリート製になると言う事で、あの橋梁の赤と空の青のコントラストが見られる期間も少なくなって来ている。勿論、新橋が出来るのは2010年なので、それまでは現在の鉄橋が使われるのだが、工事が始まると土台や橋脚が現れるので、今の様な風景が見られるのは、今年が最後のチャンスなのだ。

e0069822_063057.jpg
 鉄橋をバックに記念撮影

e0069822_064932.jpg
 臨時快速「想い出のあまるべ」号

e0069822_07150.jpg
 城崎温泉でひとっ風呂

e0069822_071216.jpg
 駅弁の「カニ寿司」を食べてま~す!

 私自身、鳥取への行き帰りに何度も下を通ったので、久し振りに見てとても懐かしく思った。コンクリートの橋になれば、安全にはなると思うが、風情は全く無くなってしまう。個人的な思いだが、日本は本当に「ノスタルジー」に対して冷たい。「不便な鉄橋」も「古い機関車」も「温泉情緒」も「駅弁」も。昭和の面影は少しずつ暮らしの中から消えて行く。。。
by kakera365 | 2007-04-10 23:59 | 家族 | Comments(0)

清掃とルート

 今日は、道場町岩場周辺の清掃に参加して、その後約2年振りになるルートをしてきた。
 清掃の方は「北山公園清掃登攀」のメンバーとは全く違って年配の方が多いが、参加人数の方は流石にメジャー岩場だけあって、圧倒的にこちらの方が多かった。
e0069822_2229284.jpg
 主催者のfujio@きゃし~さん

 ゴミの方も非常に多く、ゴミ袋にして30は下らないだろう。大半はクライマーとは関係の無いゴミなので、一般市民のポイ捨てが多いのが主たる原因と思われる。
 清掃の様子は「今週のFragments」をどうぞ。

 清掃の後、久し振りに烏帽子岩へ行く。「ラマーズ」登って以来だから、2年と3ヶ月振りか。最近ボルダーしかやらなかったので、壁がとても高く感じる。KINetが「ウィング」のボルト位置を変更するとの事だったので、リボルト作業を見学する。
e0069822_22291359.jpg
 リボルト位置を確認する横飛さん

 新品のロープを新品のロープバッグから取り出し、ハーネスに結ぶ。8の字結びは忘れて無かった(笑)。
 あまり時間が無かったので「寄ってらっしゃい」と「ジャスティス」の2本を登った。取り敢えずまだ、5.11aは登れる様です(苦笑)。
by kakera365 | 2007-04-09 00:25 | クライミング | Comments(1)

讃岐饂飩

 高松に帰った時は、必ず讃岐饂飩を食べに行く。
 以前は何軒も梯子して食べ歩きしていたが、昨今のブームで嫌気が差して、余り行かなくなってしまった。香川の友人も皆「もう讃岐饂飩はダメだ~!」「わざわざ出掛けて美味しい店を探すのも嫌になった」「はなまるうどんで十分」等と言っている。私は讃岐人では無いが、心は(いや「舌」が)ドップリ讃岐。饂飩好きとして、讃岐人には同情してしまう。
 が、取り敢えず一軒位は行っとかんと・・・で、近所の「かすが町市場」へ行く。この店は、何の変哲も無い、だだっ広い只の大衆セルフ。が、何の気兼ねも無く、好き勝手に寛いで食べられるのが良い。
 そこの讃岐饂飩屋の大将! 勘違いしてる様だから言っておくが、饂飩屋(食いもん屋)に一番必要なのは、味でもないし、シチュエーションでもない。誰もが寛げるって事だ!!!

e0069822_2335121.jpg

e0069822_23351095.jpg

 子供達は、二人ともザル小を注文。美味しそうに平らげていた。
 特に美雲は饂飩に五月蠅く、前日に高速のICで食べた饂飩には「普通の饂飩やな。これは讃岐饂飩やない。コシが無いわ。」等と薀蓄を垂れる始末。
 アンタ小学3年生やろ・・・
by kakera365 | 2007-04-07 21:37 | 生活 | Comments(0)