<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

思い出の木

 それは誰にでもあるのでしょう。

 私の「思い出の木」は,ヤマモモの木です。小学生の頃、家の近くにあったこの木は,毎年初夏には実を鈴生りにして,近所の子供達のお腹を満たしてくれました。子供が10人以上も登り、それぞれ好きな枝にぶら下がっては、好き放題食べまくってました。ハッキリとは覚えてないのですが,太さは1.5m以上,高さも軽く5m以上あったのでは無いでしょうか。実の生っている間、1週間位は通って食べ続けた様に記憶してます。近所の子供達が1週間に亘って食べ続けられるだけの実を付けたヤマモモの大木。それは子供の私にとっては「マザーツリー」と言っても良かったと思います。学校が終わると家に帰ってビニール袋を貰い、あの木へ走って行きました。袋一杯の収穫を持ち帰り,家でジャムにしたり,ヤマモモジュース,ヤマモモ酒にしたりして,家族全員で存分に楽しみました。
 その木はその後、人口の増加で新しく中学校を建設する際,造成で伐られてしまいました。伐られた後を見て、とても悲しかった事を思い出します。もし,もう少し時代が遅ければ,近所で反対運動が起こったかも知れません。以来、色んな山に登ったりしてますが、未だにあれ以上の木を見た事はありません。
 今,その木のあった場所は駐車場になっています。時々前を通りますが,枝葉に覆われて薄暗かった空間も今は妙に明るく、何だか不思議な感じがします。でも,頬を撫でる風は,あの頃と全く変わってません。目を瞑れば子供達の声が聞こえて来そうです。

 あの頃は、結構身近に自然が存在していました。今でも都会の真ん中よりはマシですが、十分とは言えません。田畑や里山に行くにも、10分以上歩かなければなりませんし、何より子供達はそんな所では遊びません。日常的に自然に触れると言う事は、とても大事な事だと思います。虫取りをしたり、釣りをしたり、木登りをしたり。自分の子供達には,同じ経験をさせてあげたいと思いますが、それが出来ないのがとても悔しく、そして悲しいです。
by kakera365 | 2006-09-28 22:47 | Soliloquy | Comments(0)

灰皿

 またまたタバコの話で、スモーカーの皆さんには恐縮して貰いましょう。
 最近怒りを覚えているのが、駅やビルの入口に設置された灰皿。そもそもは歩きタバコして来たバカに「この建物は禁煙だからここでタバコを捨てなさい」って為のモノの筈なんだが、どう言う訳か「ここでタバコを吸いなさい」と勘違いしている輩がワンサと居る様で、今日も駅前や我が社の玄関でスパスパするノータリンが一杯。一般人が尤も良く通る場所で喫煙するなど以ての外、纏めて宇宙へ打ち上げてあげたい。
 オマケに、我が社は何を考えているのか(何にも考えて無いんだろうな)、玄関の直ぐ脇に喫煙ルームなるモノを設置しているのだが(設置するのはまぁ正しいが)、そこで集めた毒煙を玄関の直ぐ脇に吐き出しているのだ。お陰で玄関を出ると異常にタバコ臭い、と言うか目に沁みる位煙い。マジで死にそうだ。爽やかな空気を吸う為に屋外に出て行くのに、何の因果で他人の吐き捲くった毒煙を吸わにゃ~ならんのじゃ。
 其処の鉄道会社、銀行、役所!今直ぐ玄関の灰皿を撤去しろ!!!

 タバコを吸う人も、吸わない人も関係無く、「健康への影響」と「他人への迷惑」って言う当たり前の事を(要は他人の立場に立って)考えてから行動して欲しい。
by kakera365 | 2006-09-27 19:22 | 社会 | Comments(0)

金木犀

 先週位から、通勤中何処からとも無く金木犀の花の香りが漂って来る。
 金木犀の香りが好きな人も、そうで無い人も居ると思うが、花の鮮やかな橙色と相俟って、強烈且つ濃厚な、それで居て心をウットリとさせる様な甘い香りを知らない人は居ないだろう。その香りの所為か、庭木として植える人も多く、通勤途中でも数箇所でこの香りを嗅ぐ事が出来る。赤蜻蛉や蟋蟀等と同じく、秋の訪れを感じる事が出来る、自然の贈り物の一つだ。
 愛媛県の西条市にある「王至森寺」には、根周り4m、地面近くで三本に分かれ何れも1.0~1.6m、高さ16mにもなる、この種類としては珍しい巨木があり、秋になると、町中が金木犀の香りで埋め尽くされるそうだ。もし、時間とお金があるのなら、是非とも満開の季節に訪れてみたいものだ。
 勿論、これだけの木なので、国の天然記念物に指定され、またその香りは環境省の「かおり100選」にも選ばれている。
by kakera365 | 2006-09-25 16:31 | 自然 | Comments(2)

お手伝い

e0069822_2312923.jpg

 ホットプレートで焼きソバを作っています。
 最近はお手伝いする様になって来たので、少しずつ出来る事からやらせています。美雲は料理が好きな様で、用も無いのに台所に入っては、相方に怒られてますが。
 ま、実際には楽しそうな事以外はやらないけどね。。。
by kakera365 | 2006-09-18 22:42 | 家族 | Comments(0)

北山公園

 久し振りに北山公園へ行った。
 と言っても、別にボルダリングしに行った訳では無く、今後の手持ち資料として岩の写真を撮りに行ったのだ。何せ台風が通過したばかりで、何時雨が降り出すか分からんし、大体、岩が乾いてるかどうかも分からない。それ以上に気温も湿度も高くて、コンディションは最悪だし。ま、一応クライミングシューズも持って行ったが。
 で、絶叫岩を皮切りに、公園中をグルグル岩を見て周ったが、触った事も無い岩でも結構登れそうなのがあった。勿論、ここに通うマニアな人達はトライしたりしてるんだろうが、ちょっと磨けば初級者に良さそうな岩や、かなり高難度の課題を設定出来そうなものもあった。要は想像力と実行力の問題か。まぁ、課題整理も必要だし、暇を見つけてボチボチやってみようか。
 で、登りの方だが、結局触ったのがショーギノーマルだけ。しかも3便も掛かってしまったし。最近、上手くなった様な気がしてたのは、全くの気のせいだった様だ・・・
by kakera365 | 2006-09-18 22:41 | クライミング | Comments(0)

Rock&Snow033

 まず表紙を見てブッ魂消た。クライマーはルネ=ロベール。んで、良く見んでもロープ付いて無いし・・・。おいおい、これベルドンだろ。。。。。何百メーターあるねん(-_-;)。

 で、毎回批判ばっかりしてるが、今回は割りとマシだな~と思って読んでたら、やっぱりありました。「FUKUBE AGAIN」。大ちゃんの文章は良いとして、まず「濱田健介」君の名前が「濱元」になってるし、それは置いといても(濱田君ゴメン)トポが酷過ぎる。「モスラ」は2本あるのか!「バタフライ」は3本もあるし!!CCCPも3本!!!金華山も2本!!!!全くもって意味不明!!!!!
 もし、今度瓢ヶ岳に行ったら、バタフライ8級を登って「バタフライ(ホントは二段)登りました」って言ってやろう。

 ま、それ以外はナカナカ面白い記事も多かったけど(まだ全部読んでない)。
 河村二郎や千葉隆の記事はマニアックでヨロシイし、「世界の岩場から」って如何にも「世界の車窓から」をパクッた様な記事も、オールドクライマーが列挙されてたりして、懐かしく読んでしまった。ジェイソン=キールの記事は個人的にはどうでも良かったが。
 「錫杖ルネッサンス」や「残置は必要なのか?」は、今後のクライミングの方向性を量る意味でも、とても面白かった。
 OBGが終わってしまったのが残念だが、連載モノもそれなりに読める。

 数少ない専門誌。もう少し気合入れて作って(って言うか、しっかり校正して)欲しい。
by kakera365 | 2006-09-13 23:12 | クライミング | Comments(0)

兄弟対決

 NFL第1週で,インディアナポリスコルツとニューヨークジャイアンツが対戦。それがどうしたと思われるかも知れないが,これがNFL始まって以来のペイトン=マニングとイーライ=マニングのQB兄弟対決。コルツとジャイアンツはAFCとNFCでカンファレンスが違うから,この対戦も数年に一度有るか無いかで,兄弟QBが揃って先発するのは奇跡に近い。勿論,BS-1で観戦。いや~いい試合見れたな(^^)。
 結果は,ペイトン率いるコルツがイーライのジャイアンツを26-21で下して,兄の貫禄を見せた形となった。って言うより,コルツの方が戦力が上ってだけか・・・
by kakera365 | 2006-09-12 14:49 | スポーツ | Comments(0)

欲しい・・・

 昨日、神戸駅の近くで[Ford Focus ST]を見た。
 オレンジ色に輝く車体は、戦闘的でめっちゃカッコイイ!
 エンジンは5気筒2500ccターボで225馬力、足回りも4輪225/40R18を履き、ミッションは勿論6MT。インテリアもナカナカいい感じ。子供が居なければ即買ってしまいそう。あぁ欲しい・・・
e0069822_8241826.jpg

e0069822_824298.jpg

(写真は[ford]のWebSiteから拝借しました)

 詳しくは こちらを。
by kakera365 | 2006-09-10 08:28 | Soliloquy | Comments(0)

NFL開幕

 NFLが開幕した。
 開幕戦は、昨シーズンのスーパーボウルの覇者ピッツバーグスティーラーズvsマイアミドルフィンズ。3Qにはドルフィンズがリードするものの、4Qに入ってスティーラーズディフェンスが爆発。終わって見れば28-17でディフェンディングチャンピオンの圧勝だった。
 スティーラーズはエースQBのロスリスバーガーがオフシーズン中のバイク事故で出遅れ、開幕直前には虫垂炎になって、ライオンズから移籍して来たチャーリー=バッチが先発、209yを投げ3TDをあげて勝利に貢献した。一方のドルフィンズは、バイキングスから移籍して来た、ダンテ=カルペッパーが262yを投げたものの、後半には2インターセプトを喫するなど、課題を残した内容だった。
 いよいよ今年も始まりました。これから5ヶ月間、頂点を目指して熾烈な争いが繰り広げられる。そこには感動もあれば涙もある。この一瞬を見逃すな!
by kakera365 | 2006-09-09 09:53 | スポーツ | Comments(0)

虫の声

 9月に入って、随分と涼しくなった。
 我が家は、標高300m以上の高地?に建っているので、朝晩の冷え込みは結構厳しい。最近は窓を開けてると寒くて、そろそろ毛布を出そうかと思っている位だ。
 夜に窓を開けていると、外から虫の声が聞こえて来て「あぁ~、もう秋だな~」とシミジミ感じている。残念ながら勉強不足で、何と言う虫が鳴いているのか分からない所が悲しいが、それでも十二分に楽しんでいる。
 因みに「虫の声」、外国人には唯の雑音にしか聞こえないそうで、これを楽しむのは日本人特有の感覚らしい。日本人は自然の音(虫の声、鳥の囀り、風や水の音)を左脳で聞く唯一の民族と言われており、欧米人や他のアジア民族も、自然の音は(人工音を聞くのと同じ)右脳で聞いているらしい。
 日本人は、本当に自然を楽しむ術を知っている民族だな~
by kakera365 | 2006-09-07 23:06 | 自然 | Comments(1)