カテゴリ:Soliloquy( 91 )

あけましておめでとうございます

 皆様、新年あけましておめでとうございます。

 新しい年、また新たな目標を掲げて邁進して行く積もりですが、何時まで経っても「三段、5.13」では、余りにも能が無さ過ぎですね。かと言って、具体的な目標はナカナカ立て辛いです。
 取り敢えず、今年の目標は「初心に帰る。」って事にして、山へハイキングに行ったり、簡単なルートクライミングしたりしようかと思います。勿論、ボルダリングも頑張ります(^^)。

 まぁ、何だかんだ言っても、一緒に登る仲間が居なければ全然楽しく無い訳で、御迷惑かも知れませんが、今年も宜しくお願いします。
by kakera365 | 2011-01-01 00:00 | Soliloquy | Comments(1)

良いお年を

 今年も、もう終わりですね。
 例年通り、あっと言う間の一年でしたが、皆さんは如何でしたでしょうか?

 我が家は特に事故等も無く、子供達も元気に成長しており、平穏な一年でした。来年も家庭円満を一番に、家族全員楽しく暮らして行こうと思います。

 趣味のクライミングでは、1月に「ダイヤモンドスラブ」、3月に「アゲハ」、5月には「阿修羅」、そして10月には「超時空」を完登し、充実の一年でした。ただ、3月に恵那で起こした事故は、未だに申し訳無い思いで一杯で、本当に反省しきりです。
 来年も安全には細心の注意を払い、更なるレベルアップ目指して、楽しく登って行きたいと思いますので、お付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

 それでは皆さん、良いお年を~(^^)/
by kakera365 | 2010-12-31 11:33 | Soliloquy | Comments(0)

御土産

e0069822_21371895.jpg
 甲府「鳥もつ煮」風味ドロップ。
 お味は・・・・・
by kakera365 | 2010-11-26 22:06 | Soliloquy | Comments(0)

ストレート

サントリーウイスキーのコマーシャルを見て思った事。
坂本龍一、浅野忠信、小栗旬、小雪と錚々たる顔触れだが、何故か小雪以外は全員ロックで飲んでる。
小雪のハイボールは置いとくとしても、ウイスキーと言えば、やっぱストレートだろ。
このコマーシャルの製作者は、何を考えてるんだろ?
by kakera365 | 2010-07-02 00:36 | Soliloquy | Comments(0)

読んでみませんか~その二

e0069822_0505446.jpg 遠藤甲太著「父と子の多摩川探検隊(河口から水源へ)」

 梅雨のジメジメした日が続いてますね。ロッククライミングも暫くシーズンオフなんで、夏になったら沢に行こうと考えてる人も多いかと思います。
 今回、御紹介する本は、沢登りと言うにはちょっと大袈裟ですが、一応川の遡行がテーマになってます。それも、ただの遡行では無く、河口から水源までを、親子で辿ると言うものです。
 今時のクライマーで著者の「遠藤甲太」氏を知ってる人も殆ど居ないでしょうが、氏は谷川岳一ルンゼ冬季初登攀、積雪期滝沢第三スラブ第二登、ラトックI峰初登頂等の輝かしい登攀歴を持つクライマーにして詩人です。「和田城志」氏ほど陶酔系では無いですが、その独特の文章は読む者を惹き付けます。
 内容は「親子の絆」と言うと大袈裟ですが、言葉を介さなくても伝わるもの、親としての思い、そして子供の成長が読み進めるに連れて見えて来ます。そして、親が子供に伝えなければならない事が、氏の言葉を通して伝わって来るのです。
 子持ちクライマーの方には、是非読んで貰いたいなぁと思います。

 因みに、この本を読んで私が一番感じた(考えた)のは、クライマーの老後ってトコですが・・・
by kakera365 | 2010-06-27 11:27 | Soliloquy | Comments(2)

「阿修羅」を登って

e0069822_13314376.jpg

 今回のボルダリングツアーで、数年来の目標であった「阿修羅」を完登した。
 4年前にこの課題に出会った瞬間、何かが全身を貫いたのを憶えている。薄被りのフェースに真っ直ぐ伸びたクラック。要所要所に見事なまでに鏤められたポケット。岩がここを登れと言わんばかりの美しい課題だった。
 最初はクラックの処理で手間取った。得意系である筈なのに、中々高度が上がらない。良い感触が掴めたと思ったら、今度はそこ迄すら行けなくなる。そんな事の繰り返しがずっと続いた。最上部のポケットを触ったのは3年間で一度切りだった。
 今度こそはと意気込んで、何時もは初日に小川山へ行く所をパスして、直接乗り込んだ。近くでアップしてから「阿修羅」に向かう。しかし、課題を目の前にすると「今回もまた登れずに帰る事になるのでは・・・」と不安で一杯になる。そんな不安を振り払う様に準備をして、スタートホールドに手を置き、ふーっと息を吐く。

 READY GO!

 下部のムーブは何の問題も無かった。3年間トライし続けた結果、身体がムーヴを覚えてしまったのだろう。続くムーヴもイメージ通りこなし、あれだけ遠かった最上部のポケットも簡単に取れた。さあ、ここからは未知の世界。
 前半はクラックがメインだが、後半はポケットばかり。アンダー気味のものや、ピンチ持ちのポケットを繋ぎ最後のマントルへ。最後のポケットを持った瞬間、予想以上の甘さにムーヴが止まった。ホンの何秒か躊躇したが、ここで反さなければ「次は無い」と心を決め、右足に「抜けるな」と祈りを込めた。左手の荷重が抜け、マントルが反ったと分かった瞬間、完登を確信した。

 登り終わった瞬間は、何とも複雑な心境だった。1トライ目で呆気無く登れたと言うのもあった。完登出来た喜び、終わってしまった悲しみ、課題への感謝等、色々な感情が湧き出て来た。降りて来て皆んなとハイタッチした後、暫くは座って「阿修羅」をぼ~っと眺めていた。何なんだろう、この気持ちは?

 ここ最近、クライミングの調子が良く、1月の「ダイヤモンドスラブ」、3月の「アゲハ」、そして今回の「阿修羅」と、絶対登りたいと思っていた課題を、次々とクリアして行くのはとても嬉しいし、確実にレヴェルアップしてるんだと実感する事が出来る。
 しかし、こうサクサクとクリアして行くと、次なる目標を探すのも大変だ。各エリアに宿題は沢山あるが、目標とする課題はまた別モノだ。グレードに関係無く、本当に美しく、心惹かれるラインを探し続けて行きたい。

 新たな目標を探して、放浪の旅は続く・・・
by kakera365 | 2010-05-20 23:19 | Soliloquy | Comments(0)

奈良のおまけ

 奈良に行った時に、色々面白いモノを見たので御紹介。

 まずは鹿に関する注意看板。
 「かむ」「咬人」「Bite」は分かりやすいが、「たたく」に「Kick」はどうなんだ? どっちかって言うと「Punch」じゃないのか?? それに「突進」で倒れなければ「Knock down」にならないんじゃ???
e0069822_23121191.jpg
 英語と漢字は何か笑えるが、ハングルだけは100%分からん。

 続いて、道路には「鹿の飛び出し注意」の看板。
 だが、鹿煎餅貰ってのほほんと暮らしてる鹿達が、道路に飛び出したりするのか?
e0069822_23131592.jpg
 こんなに角の長い鹿は居ません。

 お次は駐車場案内の掲示板。
 これは奈良って訳では無いが、楽しそうな地名が一番上にあります。
e0069822_2313215.jpg
 「登喜」ってどんなトコだろ?

 最後に、東大寺でのガイドさんの研修風景。
 同じ制服を着た若い女性が集まって、何をしているのだろうと近付いて見たら、リーダーらしき人の指導で東大寺の説明の練習をしていた。年度末なので新人では無いのだろうが、新年度の担当が「奈良」になったのだろうか?
e0069822_23132667.jpg
 勉強して頑張って下さい。

 旅をすれば色々な発見がある訳で、楽しいし勉強にもなります。
by kakera365 | 2010-04-02 19:14 | Soliloquy | Comments(2)

鼻歌

 週が明けて仕事をしていたら、何処からとも無くメロディが湧いて来て、鼻歌を歌ってしまう。

  ♪♪♪冷たい泉に、素足をひたして、見上げるスカイスクレイパー・・・・・
   (中略)
  ♪♪♪ダイヤモンドだねぇ~、あぁ~いくつかの場面・・・・・

 何の事は無い。「ダイヤモンドスラブ」を登れたのが、単に嬉しいだけだ。
 俺って単純( ̄ω ̄;)。
by kakera365 | 2010-01-14 23:17 | Soliloquy | Comments(0)

あけましておめでとうございます

 皆様、新年あけましておめでとうございます。

 旧年中は色々お世話になりました。今年も色々と御迷惑お掛けするかと思いますが、温かい心で見守って頂きます様、宜しくお願い申し上げます。

 では、今年の目標を・・・5.13、三段・・・ってのはもう置いといて、兎に角クライミングを楽しむ事。

 クライミングに限らず、家庭でも仕事でも、楽しむ事が出来れば何も問題は無い訳で、現実にはナカナカ難しいとは思いますが要は思考の問題、楽しもうと言う気持ちでやって行きたいと思います。

 皆さんも色々楽しみましょう!!!
by kakera365 | 2010-01-01 00:00 | Soliloquy | Comments(4)

一年を振り返って

 今年ももう終わりです。
 この一年、色んな事がありましたが、だからと言って印象に残っているものは?と聞かれても、何も思い出せないと言う、平凡で幸せな一年だった様な気がします。
 家庭での出来事と言えば、海晴が小学校に入学した事ですかね。勉強も楽しい様で、学校生活を満喫している様です。美雲は、去年の様に問題を起こす事も減って来て、落ち着いた年だったんじゃ無いでしょうか。ま、相変わらず宿題は全然しませんが。。。瑞穂は2歳になって、やたらと喋る様になりました。プリキュアに嵌まって、ダンスをする姿は愛らしいです。
 クライミングでは、何の成果も上がらなかったですが、確実に上手く、強くなっている実感があります。これも、4年前から身体意識の向上に取り組んで来た成果だと思います。来年こそは自己グレードを更新したいと思います。あと、アクセス問題等が多発したのが気になりました。関東では、クライミングのメッカ城ヶ崎が危機的な状況になってます。その他の場所でも、登攀禁止が相次ぎました。北山公園でも、ショーギ岩がチッピングされると言う悲劇が起こりました。来年以降も、長期的な視点で考えて行かなければならない問題ですね。

 何時にも増して実感した事は、家庭生活でも、社会生活でも、クライミングでも、沢山の人に支えられて、楽しく過ごせてると言う事です。人と人との繋がりは、他の何よりも大切なものだと、当たり前の事ですが改めて思いました。来年も、今まで以上にコミュニケーションを大切にして行きたいと思います。

 今年一年お世話になった皆さんに心より感謝いたします。それでは皆さん、良いお年を。
by kakera365 | 2009-12-31 12:00 | Soliloquy | Comments(0)