カテゴリ:自然( 132 )

瑞牆 in summer - Day 3

 瑞牆登山行も3日目。
 って言うか、もう瑞牆関係ないし( ̄▽ ̄;)

 とっき~夫妻はお仕事なので、早々に失礼して、観光しながら帰る事にするが、この辺りは大した施設も無く、何処へ行こうか散々迷った挙げ句に、安曇野にある「大王わさび農場」へ行く事にする。

 ただ山葵がダーッと植えてあるだけかと思って居たが、行って見ると色々拵えてあって、時間潰しに丁度良かった。
e0069822_1940066.jpg
 取り敢えず山葵がイッパイ。

 山葵は渓流の冷たい水に生えるので、こんな平野部でどうやって育ててるのかと思って居たが、扇状地なので冷たい水が豊富に湧き出してる様です。
e0069822_1940713.jpg
 足が痺れるぅヽ(;▽;)ノ

 作り物ですが、八面大王が立て籠もったと言われる洞窟があったり。
e0069822_19401527.jpg
 洞窟内は涼しいです。

 清水寺の音羽の瀧を真似たものがあったり。
e0069822_19402260.jpg
 冷たい湧き水が飲み放題です( ^ ^ )/□

 湧き水で育てている岩魚を、素焼きにして山葵を添えて売ってたので、買って食べる。
e0069822_19403270.jpg
 山葵も意外に合うね。

 メインの山葵畑は、広過ぎて全部回り切れ無いので、適当に見て切り上げる。
e0069822_19403947.jpg
 見渡す限り何処迄も。

 良い時間になったので、お昼御飯を食べる。信州で山葵と言えば、やっぱりお蕎麦ですね。
e0069822_19404623.jpg
 ウチの子供達は蕎麦好きです。

 お腹も膨れたので、最後に記念撮影して見学終了。
e0069822_19405682.jpg
 山葵のオブジェに跨る海晴。

 山葵関連のお土産をイッパイ買って、後は神戸に向かって直走る。


 岩を全く触らない瑞牆ツアー。
 クライマーとしては如何かと思うが、私は元々山屋さんなので、久し振りの山登りをタップリ楽しめました。お天気こそ今一つでしたが、子供達も不動沢の澄んだ水や、屹立する岩峰群を見て喜んでましたし、充分に自然を満喫した様です。
by kakera365 | 2014-08-09 12:53 | 自然 | Comments(0)

瑞牆 in summer - Intermission

 閑話休題。
 登山に附随して、色々面白いものがあったので、御紹介します。

 瑞牆と言えばボルダーが有名ですが、植樹祭会場周辺以外にも、結構ボルダーが転がってます。
 不動沢の方は、方角や湿度の関係で苔ってる岩が多いですが、カンマンボロン側は、結構スッキリした岩が多く見られます。
e0069822_19331761.jpg
 巨岩を支える美雲。

 この岩は、ナイフピークの基部にあるのですが、恐らく誰も触って無いでしょう。
e0069822_19332529.jpg
 これは見た事ある様な・・・

 こっちはカンマンボロンの下にあるので、中嶋君辺りが触ってる可能性はあります。
 まぁこんな感じで、至る所に素晴らしいボルダーが転がってます。

 岩だけじゃ無くて、茸も一杯生えてました。
e0069822_1933315.jpg
 タマゴタケを撮影する海晴。

 タマゴタケは、見た目の毒々しさに反して、歴とした食用菌です。まぁ、食べるのには可也の勇気が必要ですが、茹でると凄く良い出汁が出ます。
e0069822_19333819.jpg
 こちらはハナホウキタケ。

 こっちは毒キノコです。ホウキタケと言う食用菌があって、誤食される事が多いです。

 下山後は、毎度の事ながら、室井家のお世話になりました。
 只で泊めて貰うのは気が引けるので、気持ちだけでもと、家庭菜園の水遣りをお手伝いしました。
e0069822_19334738.jpg
 トマトに水を遣る子供達。

 大人達は、アルコールを摂取しながら駄弁るが、子供達は流石に疲れたのか、即行で寝てました。
e0069822_19335430.jpg
 爆睡です。
by kakera365 | 2014-08-08 22:19 | 自然 | Comments(0)

瑞牆 in summer - Day 2

 月曜日は瑞牆山登山。
 人が多いのは嫌なので、不動沢から登って、カンマンボロン経由で下るコースを選択。

 キャンプ場からトコトコ歩いて、不動沢登山口に着いたら、とっき~パパ&ママらしきペアを見掛けたが、人違いだと失礼なので朝の挨拶だけしてスルーする(後に当人達と判明)。
 ユッタリとしたペースで登って行くと、直ぐに去年登った屏風岩に着く。
e0069822_21415221.jpg
 屏風岩を見上げる子供達。

 屏風岩を過ぎると、直ぐに不動沢沿いの道になるので、流れを眺めながら暫し休憩。
e0069822_21415884.jpg
 不動沢の水は綺麗です。

 更に登山道を登って行くと、不動滝に到着。空梅雨の所為か、想像以上に水量が少ない。
e0069822_2142515.jpg
 不動滝で〜す\(^o^)/

 滝下の岩の上に、鹿の骨が転がってるのを発見。
e0069822_21421110.jpg
 頭蓋骨撮影中。

 ここからは沢筋を離れて、樹林帯のキツい登りになって来ます。
e0069822_21421943.jpg
 これからが本番です。

 何度も小休止を挟みながら、漸く頂上直下の分岐点に到着。
e0069822_21422726.jpg
 後少しだ!

 少し登ると、そこが頂上だった。
e0069822_21423328.jpg
 無事登頂しました(^-^)v

 お天気が今一つでガスっており、折角の眺望も殆ど得られませんでした。富士山を楽しみにしてた子供達もガックリ(´・_・`)
e0069822_21424172.jpg
 何とか大ヤスリだけ見えました。

 暫く粘るが、一向にガスが晴れないので、諦めて下山開始。
 カンマンボロンの道は、迷う人が多いと聞くので慎重に下るが、特段不明瞭な箇所も無く、普通にカンマンボロンに到着。
 そして、カンマンボロンの名前の由来である、岩に刻まれた梵字を見に行く。
e0069822_2142589.jpg
 これがカンマンボロンだ!

 カンマンボロンの梵字と、圧倒的な大洞穴ハングを拝めて、大興奮の私だったが、子供達はシラけて居た(笑)。

 最後は、キノコの写真を撮ったり、水晶を拾ったりしながら下って行くと、何時の間にか遊歩道に入り、植樹祭会場に到着。
e0069822_2143512.jpg
 無事下山しました。

 テントを撤収し、増富温泉へ行って汗を流してから、何時も通り室井邸へ向かいました。
by kakera365 | 2014-08-07 23:28 | 自然 | Comments(0)

瑞牆 in summer - Day 1

 月、火曜日と夏休みを頂いて、美雲&海晴と3人で、瑞牆へ行って来ました。

 日曜日の午前中に出発して、夕方みずがき山自然公園に到着。早速テントを設営して転がり込みます。
e0069822_21211277.jpg
 寝床が出来ました。

 続いての作業は薪集め。今回はガスバーナーを持って行かず、BioLiteで調理する事にしました。
e0069822_21212154.jpg
 岩峰群を背に、BioLiteでお湯を沸かす。

 沸かしたお湯で、アルファ米やスープを作って食べたり飲んだり。
e0069822_21212887.jpg
 山で食う飯はウマイ!

 私はビールのアテに、ソーセージや缶詰をグリルで焼いて頂きます。
e0069822_21213517.jpg
 焦げ目が堪りませんね( ^ ^ )/■

 子供達も負けじと、おつまみを木の枝に刺して焼き始める。
e0069822_2121423.jpg
 焼きチーズ作製中。

 お腹が膨れたら、後は適当に時間潰し。
e0069822_21214886.jpg
 ファイヤーダンス?

 そして、焚き火を眺めて、マッタリとした時間を過ごす。
e0069822_21215595.jpg
 何時まで見てても飽きない、至福の時。

 睡魔が襲って来たら、寝袋に入って翌日に備えます。
e0069822_2122220.jpg
 おやすみなさい・・・
by kakera365 | 2014-08-06 23:47 | 自然 | Comments(0)

ハイキング

 三連休もダラダラ過ごして3日目。
 このままでは、何処へも行かず何もせずに貴重な連休が終わって仕舞うと、慌てて六甲山へ、当ても無いハイキングに出発。同じく退屈していた美雲が、一緒に行ってくれる。

 家から10分も歩けば山の中なのが、北区在住の良い所。更に30分位歩いて、分水嶺越からトエンティクロスへ。
 ここで、川に入りながらお昼御飯。
e0069822_21375777.jpg
 冷たくて気持ち良~い。

 取り敢えず、トエンティクロスを北へ向かう。
e0069822_2138365.jpg
 何度か橋を渡ります。

 美雲は、新しく買ったカメラで色んな茸を撮影。
e0069822_213894.jpg
 キノコ撮影に夢中です。

 この季節は、イグチ科の茸が沢山生えてます。それと、ぼちぼちタマゴタケも生えて来てました。
e0069822_21381528.jpg
 可愛いキノコ達。

 ヤマドリタケ系はあんまり得意で無いので、アカヤマドリがあったら採ろう位の積りで行きましたが、小さいの一本と、巨大なグローブ大の腐り掛けのが一本があっただけ。
 タマゴタケも、まだ小さかった。

 コースは北に取り、シェール道からマムシ谷を抜け、炭ヶ谷を下ります。
e0069822_21382465.jpg
 炭ヶ谷は静かな山道です。

 生き物も色々見ました。川にはカワムツが泳いでたし、沢蟹も見ました。他にも蛇や蜥蜴、蛙等々。
e0069822_21383279.jpg
 ヤマカガシとニホンアカガエル。

 下りは早く、アッと言う間に下界へ到着し、コンビニでジュース買って飲み、谷上駅から神鉄乗って帰りました。

 久し振りの六甲山ハイキングで、そこそこ自然を満喫出来たんですが、やっぱり気になる事も色々。
 先ず、道路が多過ぎ。歩いたコースの4分の1位が道路や林道じゃ無いか? それから、砂防堰堤が多い上に、まだ何ヶ所か新しいのを作ってた。
e0069822_21384098.jpg
 もう要らないんじゃ?

 まぁそれでも、久し振りに子供と行くハイキングは楽しかった。長い事六甲山の側に住んでるけど、まだ行った事無いコースが一杯あるので、子供達と一緒に少しずつクリアして行きたいですね。

 それにしても、山が近いって事は、本当に有り難いです(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2014-07-22 22:59 | 自然 | Comments(0)

アオバズク

 日曜日は、明石公園でアオバズクが繁殖していると言う情報を得たので、海晴&瑞穂と見に行って来ました。

 先ずは腹拵えと言う事で、玉子焼きを食べに何時もの「今中」さんへ行きました。ここの玉子焼きは絶品です。
e0069822_22314925.jpg
 美味しいね\(^-^)/

 満腹になったので、本題のアオバズクを見に明石公園へ。凡その場所を聞いていたので、難なく繁殖してる木に到着。
 アオバズクは、色が樹木と一体化して見付け難いが、何人もの野鳥好きの方々が、カメラを据えて観察中なので、止まってる場所を教えて貰う。
e0069822_21552769.jpg
 お母さんかな? ガン見してますね(;^_^A

 反対側に回って、今度は巣箱の側で警戒中の親鳥を見る。
e0069822_21553769.jpg
 こっちはお父さんかな?

 雛もボチボチ巣立ちらしく、巣箱の穴から時々顔を覗かせる。
e0069822_21554725.jpg
 外の様子を伺う雛。

 巣箱にはカメラが設置されており、内部がモニターで観察出来る。
e0069822_21555711.jpg
 雛鳥動いてるね(^^)。

 たっぷりバードウォッチングした後は、周辺で遊ぶ。木登りにピッタリなヤマモモが生えてたので、みんなで登る。
e0069822_2156496.jpg
 木登り楽しいねぇ( ̄(工) ̄)

 続いて、池に行って足漕ぎボートの白鳥に乗る。
e0069822_21561297.jpg
 面舵一杯!

 鯉の餌を買ってたので、池に撒きつつ鳥にもあげる。
e0069822_21563199.jpg
 雀にあげてます。

 ボートを降りて、残った餌を鳩にあげる。
e0069822_21563956.jpg
 ドンドン来るよ〜o(*゚▽゚*)o

 帰りに、大分遠回りしてモンベル六甲店へ行き、つかもっち店長に子供のズボンのジッパーを見て貰うが、交換した方が良いとの事で、修理に出してから帰りました。
by kakera365 | 2014-07-07 23:02 | 自然 | Comments(0)

しいたけ狩り

 月曜日は子供達が代休なので、海晴と瑞穂を連れて高槻森林観光センターへ行きました。

 2人共しいたけ狩りは初めてなので、楽しそうに採ってました。
e0069822_21133566.jpg
 これが美味しそうかな。

e0069822_21134726.jpg
 採れたよv(^o^)

 採った椎茸を袋詰めして貰い、今度は遊具で遊びます。先ずは、長〜いローラーコースターから。
e0069822_21135414.jpg
 やっほ〜い!!!

 お次はシーソー。
e0069822_21141397.jpg
 シンプルで楽しいね(^^)。

 アスレチックもあります。
e0069822_21142242.jpg
 お兄ちゃん待ってよ〜。

 そして、一番人気のターザンロープ。
e0069822_21142829.jpg
 衝撃デカ過ぎΣ(゚д゚lll)

 お昼御飯を食べてから、木工クラフトをしようと思って施設に行くが、平日は休館してた( ̄◇ ̄;)
 仕方が無いので、適当に川で遊ぶ。
e0069822_21143718.jpg
 濡れない様に気を付けて・・・

 その後、ソフトクリーム食べて暫し休憩。
e0069822_21144667.jpg
 冷たくて美味しい( ^ω^ )。

 最後は池の鯉に餌やって終了。
e0069822_21145321.jpg
 ほらほら集まれ〜!!

 採った椎茸は勿論、グリルで焼いて醤油垂らして、美味しく頂きました(=゚ω゚)b
by kakera365 | 2014-06-27 19:58 | 自然 | Comments(0)

生物クラブ

 土曜日は、神戸生物クラブの行事が的形海岸であり、海晴と2人で行って来ました。

 少し早く着いたので、砂浜を散策してたら、海晴が鯔を捕まえてた。
e0069822_19164571.jpg
 結構デカイです。

 ま、浮いてたのを拾っただけですが・・・(^◇^;)

 人が集まり採集時間になったので、今度は磯へ行って生物採集。
e0069822_19165463.jpg
 ドライバーでカメノテを採ってます。

 マツバガイやヒザラガイ等の貝類、イソガニやカメノテ等の甲殻類を採集しました。
 生き物探してブラブラしてると、魚の骨を発見。身は綺麗に食べられてました。
e0069822_1917391.jpg
 ほぼ完全な骨格標本。

 突堤を先に向かって歩いて行くと、海晴が珍しいモノを見付けました。
e0069822_1917958.jpg
 6本腕のヒトデ。

 一旦集まって、今度は先生から海藻や貝殻等の説明を受けて終了。捕まえた生き物は磯に返してあげました。


 その後、折角西の方へ来たので、岡山のロックスへ行って、シューズやらDVDやらを物色。ガッキー先生が真面目に働いてる事、オーナーやよ〜いち君が後進の指導に頑張ってるのを確認しときました。
 帰り掛けに、岡山B級グルメの「エビメシ」を食べてから帰神。
e0069822_22225629.jpg
 初めてのエビメシは美味かった(^^)。

 海風からエビメシ迄、タップリ満喫した一日でした。
by kakera365 | 2014-06-16 20:46 | 自然 | Comments(0)

魚釣り

 日曜日は、朝5時から起きて、海晴と魚釣りに行きました。
 行き先は、何時もの平磯海づり公園。仕掛けは胴付きで、底物狙いです。
e0069822_1941113.jpg
 フィッシングスタート!

 暫くはアタリが無かったが、潮が満ちると共に、喰い付いて来ました。
e0069822_19411029.jpg
 釣れたよ~o(^▽^)o

 爆釣とは行かないが、それなりにアタリもあり、ボチボチ釣れます。
 アブラメにキュウセン、コブダイの幼魚なんかも釣れます。そして、海晴が良いサイズのアブラメを釣りました。
e0069822_19411516.jpg
 ナカナカ良い形です。

 しかし、満潮を過ぎると、途端にアタリが無くなってしまう。
e0069822_19412222.jpg
 釣れないなぁ。

 その後、小さなのが数匹釣れるが、逃がしてやったりしてると、またしても海晴が釣り上げました。
e0069822_19412858.jpg
 待望のガシラをゲット。

 4時間程釣って10時を過ぎたので、家に帰りました。
e0069822_19413479.jpg
 収穫を並べて見ました。

 釣りはシンプルに楽しいですね。
 何たって釣った魚を食べられるのが最高です(o^_^)b
by kakera365 | 2014-06-04 22:04 | 自然 | Comments(2)

ウルイ

 ハードゲイ渓谷に、ウルイ(オオバギボウシ)が一杯生えてた。
e0069822_19513382.jpg
 茂ってます。

 2株ほど頂いて帰り、おひたしにして食べました。
e0069822_19515220.jpg
 こんな感じ。

 適度なヌメりと、シャキシャキした歯応えが、何とも言えない感じ。凄く美味しくは無いけど、自然の味は堪能出来た(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2014-05-20 18:54 | 自然 | Comments(0)