カテゴリ:自然( 129 )

ハイキング

 日曜日はクライミングをお休みして、海晴&瑞穂とハイキングに行きました。
 電車に乗って移動とかも面倒なので、自宅から歩いて行けるイヤガ谷東尾根を越え、鵯越から烏原貯水池を通って石井町へ下るコースにしました。

 君影町迄の市街地は暑かったけど、山に入ると涼しかった。子供達はキノコを見付けて早速、図鑑を出して調べ出す(^^)。
e0069822_2111739.jpg
 何てキノコかなぁ。

 木漏れ日を感じながらノンビリと歩く山道は、本当に気持ち良いです(*^^*)。
e0069822_21111393.jpg
 橋を渡るよ。

 途中で妙号岩に寄るつもりでしたが、道を間違えて通り過ぎてしまいました。
e0069822_2111198.jpg
 山道をドンドン進みます。

 お昼を過ぎたので御飯を食べる事にして、持って来たハンモックを設営する。
e0069822_21112549.jpg
 ハンモック楽し〜いo(^▽^)o

 オニギリ食べてお腹が膨れたら、ハンモックを使って遊びます。
e0069822_21113691.jpg
 胴が長~い人間(^◇^;)

e0069822_21114290.jpg
 足が変だよo(≧▽≦)o

 鵯越駅を越えて下って行くと烏原川に当たるので、少し川遊びをする。
e0069822_2111477.jpg
 冷たくて気持ち良いね(^-^)。

e0069822_21115716.jpg
 サワガニ捕まえた。

 後はダムを越えて下ると石井町に到着。アイスを買って食べながら平野へ向かい、5月に一旦廃業したけど、たった3日で奇跡の復活をした湊山温泉に入って汗を流しました。
e0069822_2112357.jpg
 サッパリしたね。

 久し振りのハイキングは、当たり前だけど楽しかった。
 長年神戸に住んで、都会の利便を享受しつつも、直ぐ近くに自然豊かな六甲山がある環境は、本当に恵まれてるなぁと何時も思います。

 We LOVE 六甲山'(*゚▽゚*)'
by kakera365 | 2015-07-14 19:48 | 自然 | Comments(0)

ホタル

 土曜日は権現でクライミングの予定でしたが、前日に結構雨が降ったのと、同行予定の一人がお疲れだったので中止しました。今月の週末は全て予定が入ってるので、これで6月のクライミングは終了( ̄◇ ̄;)

 日曜日は昼も大分過ぎてから、美雲だけ家に残置して森林植物園へ行きました。此の所かなり涼しいので、森の散策には丁度良い気温。
e0069822_21485033.jpg
 モチツツジを触る瑞穂。

 紫陽花や石楠花には未だ早いけど、緑は綺麗だし、森の香りが清々しいです。
 池も何ヶ所かあって、蛙やオタマジャクシ、水生昆虫、サンショウウオなんかが居ました。
e0069822_21485968.jpg
 オタマジャクシを探す海晴。

 造られた植物園とは言え、緑の中を歩くにはやっぱり気持ち良いです。
e0069822_2149430.jpg
 トンネルに向かう子供達。

 一旦帰宅して晩御飯を食べてから、一家揃って何時もの場所へ、蛍を見に行きました。
 到着して本流を探すが全く見付からず、支流沿いを遡って行くとチラホラ。
e0069822_21491189.jpg
 本当にキレイです(*^^*)

 辺りが暗くなるに従ってドンドン増えて、結構な数が乱舞してました。
e0069822_21491779.jpg
 光に包まれて幸せ〜( ´ ▽ ` )ノ

 蛍って本当に綺麗ですね。我が街にホタルが舞う環境を大事にして行きたいですo(^_^)o
by kakera365 | 2015-06-08 19:21 | 自然 | Comments(0)

お茶

e0069822_13544039.jpg
 先日、現場で採ったクロモジでお茶を作ったら、ナカナカ美味しかったので、再度採って来ました。
 前回は生のまま煮出したので、今回は干してみる事にしました。序でに、サルトリイバラでも出来ると聞いたので、一緒に干してます。

 美味しくなぁれ(=゚ω゚)ノ
by kakera365 | 2015-06-05 21:17 | 自然 | Comments(0)

鹿三昧

 今夜は、昨日うめちゃんから頂いた、鹿肉を調理して食べました。北海道から回って来たので、どうやらエゾシカの様です。
 頭の中で適当にレシピを組み立ててから調理開始。
e0069822_2050276.jpg
 結構ボリューミーです。

 家族5人で一気に食べようと思ったけど、やっぱり無理でした。余った肉は冷凍庫へ。
 取り敢えず、ランプっぽい所はタタキとローストディアに、腿肉はステーキにする事にしました。
e0069822_20502737.jpg
 香草焼きの仕込み。

 出来上がったら、写真撮影を済ませて早速頂きます(^人^)
e0069822_20503087.jpg
 右がタタキ、左がローストディア。

 タタキは山葵醤油で、ローストディアはバルサミコソースで頂きました。
 生だとE型肝炎のリスクはあるけど、美味しさには代えられないです。
e0069822_20503269.jpg
 こちらは香草ステーキ。

 ステーキは歯応え抜群だったけど、野性味溢れる肉らしい味わいで、ガッツリ頂きました。

 鹿肉は久し振りだったけど、やっぱり美味しかった。こんな美味しいモノを貰えるなんて、やはり持つべきものは友ですね。

 うめちゃん、ありがとう(^ー^)ノ
by kakera365 | 2015-02-20 22:13 | 自然 | Comments(0)

木遊び

 土曜日は、相方&瑞穂と「木遊び in 明石公園」と言うイベントに行きました。

 瑞穂のピアノ練習があったので、少し遅れて行くと、卸売市場による松茸御飯と穴子は売り切れていた(ToT)。
 明石高専による餅搗きには時間があったので、取り敢えず木工クラフトをする。
e0069822_1943344.jpg
 切株に団栗をくっ付けてます(^-^)/

 クラフトに熱中してたら、何時の間にか高専の餅搗きが終わってて、お汁粉も売り切れてた。・゜・(ノД`)・゜・。
 仕方が無いので、裏ワザを使って一杯ゲットする。
e0069822_19433315.jpg
 裏ワザの主役。何か働いてました( ゚д゚)

 薪割りに使ったり、薪ストーブ用に提供する為に、公園内の樹木を伐採して大量に置いてあり、その一部から良い匂いが。。。
 発生源は楠。樟脳の匂いでした。
e0069822_1944996.jpg
 良い匂いがするよ〜( ´ ▽ ` )

 先生に袋を貰って、チョットだけ大鋸屑を頂きました。

 イベント会場を後にして、公園内の施設で遊ぶ。
 先ずは「子供の村」の遊具で遊ぶ。
e0069822_19464942.jpg
 ボールのブランコに乗る瑞穂。

 続いて「剛の池」でボートに乗る。
 季節柄、緋鳥鴨が来ており、餌を買って与える。
e0069822_194718100.jpg
 鴨さんお出でお出で(*^◯^*)。

 最後はイズミヤに寄り、買い物してから帰りました。
by kakera365 | 2014-11-17 20:41 | 自然 | Comments(0)

収穫

 先日大野山に行った際、十二界岩下の切り株に、クリタケと思しき茸が生えていたので、一株頂いて帰りました。
e0069822_18434494.jpg
 右の茶色いのが多分クリタケ。

 家に持って帰り4冊の図鑑で調べ、更にネットでも確かめる。最後に生のまま齧って、ニガクリタケで無い事を確認してクリタケと同定。
 近所にある農家の直売所とレストラン「はっぱや神戸 野菜ごはん」で買って来た、赤大根と一緒に味噌汁に仕立てました。
e0069822_18435271.jpg
 こんな感じ。

 傘は適度な滑りがあり、軸はシャキっとして美味しかった(*^^*)
by kakera365 | 2014-11-05 20:09 | 自然 | Comments(0)

ハイキング

 日曜日は、家族揃って六甲山へハイキング。
 コースは、芦屋川からロックガーデンを抜けて最高峰、魚屋道から有馬温泉の、六甲山表銀座コース。

 阪急芦屋川駅に到着すると、既に大勢のハイカーさんでごった返してた( ̄◇ ̄;)
 ゾロゾロ歩いて高座ノ滝まで来たが、狭い登山道に入るや否や、大渋滞に。
e0069822_2043698.jpg
 はいはい並んで〜(´Д` )

 それでも快晴の空の下、久し振りのロックガーデンをノンビリ歩くのは、とても気持ち良い。
e0069822_204437.jpg
 山は楽しいなぁ。

 そうこうしてたら、あっと言う間に風吹岩に到着。
e0069822_2045022.jpg
 遠くまで見えるよ〜!

 丁度お腹も減って来たので、早くもお昼御飯を頂く。
 エネルギーが補充出来たので、またボチボチ歩き出す。8月の台風11号の影響により、至る所で道が傷んでたが、それも子供達の遊び道具になってしまう。
e0069822_2045820.jpg
 レッツ、リンボー!

 芦屋カントリーを越えて更に進むと、住吉川上流に着いたので小休止。
e0069822_205559.jpg
 川沿いは涼しい。

 秋は実りの季節。ムカゴを採ったりアケビを食べたりしながら歩きます。
e0069822_2051252.jpg
 自然の甘さだね。

 予定をかなりオーバーして、漸く一軒茶屋に到着。早速ジュースを買って飲む。
e0069822_2052195.jpg
 あぁ~この為に生きてる~!!!

 子供達はお昼御飯が足りなかったのか、饂飩やカレーも注文して食べてた。
 再度エネルギーをチャージしたので、最後の坂を登って行く。
e0069822_2052719.jpg
 景色が綺麗(^o^)/

 そんなこんなで、やっとこさ六甲山最高峰に到着。
e0069822_2053583.jpg
 最高峰登ったぜ!

 下りは、魚屋道を栗拾いとかしながらてちてち歩いて有馬温泉に到着。
 金の湯で汗を流し、揚げたての天ぷら食べたり、お土産買ったりしてから、神戸電鉄に乗り込みました。
by kakera365 | 2014-10-03 01:22 | 自然 | Comments(0)

瑞牆 in summer - Day 3

 瑞牆登山行も3日目。
 って言うか、もう瑞牆関係ないし( ̄▽ ̄;)

 とっき~夫妻はお仕事なので、早々に失礼して、観光しながら帰る事にするが、この辺りは大した施設も無く、何処へ行こうか散々迷った挙げ句に、安曇野にある「大王わさび農場」へ行く事にする。

 ただ山葵がダーッと植えてあるだけかと思って居たが、行って見ると色々拵えてあって、時間潰しに丁度良かった。
e0069822_1940066.jpg
 取り敢えず山葵がイッパイ。

 山葵は渓流の冷たい水に生えるので、こんな平野部でどうやって育ててるのかと思って居たが、扇状地なので冷たい水が豊富に湧き出してる様です。
e0069822_1940713.jpg
 足が痺れるぅヽ(;▽;)ノ

 作り物ですが、八面大王が立て籠もったと言われる洞窟があったり。
e0069822_19401527.jpg
 洞窟内は涼しいです。

 清水寺の音羽の瀧を真似たものがあったり。
e0069822_19402260.jpg
 冷たい湧き水が飲み放題です( ^ ^ )/□

 湧き水で育てている岩魚を、素焼きにして山葵を添えて売ってたので、買って食べる。
e0069822_19403270.jpg
 山葵も意外に合うね。

 メインの山葵畑は、広過ぎて全部回り切れ無いので、適当に見て切り上げる。
e0069822_19403947.jpg
 見渡す限り何処迄も。

 良い時間になったので、お昼御飯を食べる。信州で山葵と言えば、やっぱりお蕎麦ですね。
e0069822_19404623.jpg
 ウチの子供達は蕎麦好きです。

 お腹も膨れたので、最後に記念撮影して見学終了。
e0069822_19405682.jpg
 山葵のオブジェに跨る海晴。

 山葵関連のお土産をイッパイ買って、後は神戸に向かって直走る。


 岩を全く触らない瑞牆ツアー。
 クライマーとしては如何かと思うが、私は元々山屋さんなので、久し振りの山登りをタップリ楽しめました。お天気こそ今一つでしたが、子供達も不動沢の澄んだ水や、屹立する岩峰群を見て喜んでましたし、充分に自然を満喫した様です。
by kakera365 | 2014-08-09 12:53 | 自然 | Comments(0)

瑞牆 in summer - Intermission

 閑話休題。
 登山に附随して、色々面白いものがあったので、御紹介します。

 瑞牆と言えばボルダーが有名ですが、植樹祭会場周辺以外にも、結構ボルダーが転がってます。
 不動沢の方は、方角や湿度の関係で苔ってる岩が多いですが、カンマンボロン側は、結構スッキリした岩が多く見られます。
e0069822_19331761.jpg
 巨岩を支える美雲。

 この岩は、ナイフピークの基部にあるのですが、恐らく誰も触って無いでしょう。
e0069822_19332529.jpg
 これは見た事ある様な・・・

 こっちはカンマンボロンの下にあるので、中嶋君辺りが触ってる可能性はあります。
 まぁこんな感じで、至る所に素晴らしいボルダーが転がってます。

 岩だけじゃ無くて、茸も一杯生えてました。
e0069822_1933315.jpg
 タマゴタケを撮影する海晴。

 タマゴタケは、見た目の毒々しさに反して、歴とした食用菌です。まぁ、食べるのには可也の勇気が必要ですが、茹でると凄く良い出汁が出ます。
e0069822_19333819.jpg
 こちらはハナホウキタケ。

 こっちは毒キノコです。ホウキタケと言う食用菌があって、誤食される事が多いです。

 下山後は、毎度の事ながら、室井家のお世話になりました。
 只で泊めて貰うのは気が引けるので、気持ちだけでもと、家庭菜園の水遣りをお手伝いしました。
e0069822_19334738.jpg
 トマトに水を遣る子供達。

 大人達は、アルコールを摂取しながら駄弁るが、子供達は流石に疲れたのか、即行で寝てました。
e0069822_19335430.jpg
 爆睡です。
by kakera365 | 2014-08-08 22:19 | 自然 | Comments(0)

瑞牆 in summer - Day 2

 月曜日は瑞牆山登山。
 人が多いのは嫌なので、不動沢から登って、カンマンボロン経由で下るコースを選択。

 キャンプ場からトコトコ歩いて、不動沢登山口に着いたら、とっき~パパ&ママらしきペアを見掛けたが、人違いだと失礼なので朝の挨拶だけしてスルーする(後に当人達と判明)。
 ユッタリとしたペースで登って行くと、直ぐに去年登った屏風岩に着く。
e0069822_21415221.jpg
 屏風岩を見上げる子供達。

 屏風岩を過ぎると、直ぐに不動沢沿いの道になるので、流れを眺めながら暫し休憩。
e0069822_21415884.jpg
 不動沢の水は綺麗です。

 更に登山道を登って行くと、不動滝に到着。空梅雨の所為か、想像以上に水量が少ない。
e0069822_2142515.jpg
 不動滝で〜す\(^o^)/

 滝下の岩の上に、鹿の骨が転がってるのを発見。
e0069822_21421110.jpg
 頭蓋骨撮影中。

 ここからは沢筋を離れて、樹林帯のキツい登りになって来ます。
e0069822_21421943.jpg
 これからが本番です。

 何度も小休止を挟みながら、漸く頂上直下の分岐点に到着。
e0069822_21422726.jpg
 後少しだ!

 少し登ると、そこが頂上だった。
e0069822_21423328.jpg
 無事登頂しました(^-^)v

 お天気が今一つでガスっており、折角の眺望も殆ど得られませんでした。富士山を楽しみにしてた子供達もガックリ(´・_・`)
e0069822_21424172.jpg
 何とか大ヤスリだけ見えました。

 暫く粘るが、一向にガスが晴れないので、諦めて下山開始。
 カンマンボロンの道は、迷う人が多いと聞くので慎重に下るが、特段不明瞭な箇所も無く、普通にカンマンボロンに到着。
 そして、カンマンボロンの名前の由来である、岩に刻まれた梵字を見に行く。
e0069822_2142589.jpg
 これがカンマンボロンだ!

 カンマンボロンの梵字と、圧倒的な大洞穴ハングを拝めて、大興奮の私だったが、子供達はシラけて居た(笑)。

 最後は、キノコの写真を撮ったり、水晶を拾ったりしながら下って行くと、何時の間にか遊歩道に入り、植樹祭会場に到着。
e0069822_2143512.jpg
 無事下山しました。

 テントを撤収し、増富温泉へ行って汗を流してから、何時も通り室井邸へ向かいました。
by kakera365 | 2014-08-07 23:28 | 自然 | Comments(0)