カテゴリ:自然( 129 )

爽快

e0069822_22262118.jpg

 土曜日に美雲の授業参観があり、昨日は振替休日だったので、二人でハイキングに出掛けた。行き先は奈良の大和葛城山。ハイキングに絶好の季節、躑躅も満開で展望も抜群。オマケに美雲の好きな電車やロープウェイにも乗れる、一石二鳥の計画である。
 が、しかし、躑躅はもう終わっていて、殆ど花は落ちてしまっていた。山の雑誌とかで見る写真を期待して行ったので、ちょっとガッカリ。でも、天気が良くて展望も抜群、山頂で食べた団子も美味しかったし(鴨汁は売り切れだった(T_T))、下りの登山道も涼しくて楽しかった。
 久し振りのハイキングだったが「やっぱり山はいいな」と素直に感じた。
by kakera365 | 2006-05-30 22:35 | 自然 | Comments(0)

自然の造形

 今日は家族で、六甲山にある高山植物園に出掛けた。
 水芭蕉が見頃との事だったが、他にも猩々袴や山葵、赤八潮等が満開で綺麗だった。また、少し時期が遅かったが、片栗も沢山咲いていた。
 写真は全くの素人なので申し訳無いが、その一部をご覧頂いて、雰囲気だけでも感じ取って貰えれば幸いです。
e0069822_18575532.jpg

 ↑夏椿の幹。本当に不思議な模様ですね。
e0069822_18581013.jpg

 ↑正に自然の色と感じる黄色ですね。房になった形も綺麗です。
e0069822_18582537.jpg

 ↑新枝の勢いを感じます。
e0069822_18584187.jpg

 ↑こちらは馬酔木の花。一つ一つは鈴蘭の様に可憐ですが、集まると豪華絢爛。
e0069822_18585693.jpg

 ↑最後に水芭蕉。ガクや花の形が何とも言えず色っぽいですね。
by kakera365 | 2006-04-22 19:09 | 自然 | Comments(0)

梅里雪山

 日曜日に家族で京都へ出掛けた。目的は,左京区の法然院で開催されている写真展に行くため。
 主催者の小林尚礼さんは,京都大学生時代にOBと一緒に,中国南部の未踏峰「梅里雪山」へ遠征に行き,そこで雪崩にあって生き埋めになった17人の仲間の捜索をずっと続けている。
 詳しい事は[WebSite]を見て頂くとして,小林さんの写真はとても素晴らしく,また現地の人との交流もとても興味深い事がたくさんある。最近あまり山に行く事がなくなったので,美しい山の写真を見て,久し振りに心が洗われた一日だった。

 もし時間があれば,今週末までやっているので,是非足を運んで下さい。
 また今回,岳人で連載されていた記事をまとめた単行本が,山と渓谷社から発売されているので,こちらも是非読んで見て下さい。
e0069822_10155633.jpg
 写真は小林尚礼さんの[WebSite]から借用しました。
by kakera365 | 2006-02-21 10:17 | 自然 | Comments(0)

樹氷

e0069822_012297.jpg

 週末の土曜日、北山公園へボルダリングに行こうと思い、一番安上がりな六甲山越えをしたところ、山上は樹氷に覆われて、辺り一面真っ白に花が咲いた様な、美しい風景が広がっていた。
 偶然とは言え、こんな綺麗なものを見れたのは本当にラッキーだった。普段は六甲山なんて近過ぎて特に意識する事も無い山だが、何だかんだ言っても、やはり1000m級の山だと言う事が良く分かった。
 良い山に囲まれた環境で育って、今も生活している事に感謝。
by kakera365 | 2006-02-20 00:06 | 自然 | Comments(0)

紅葉

e0069822_22425214.jpg
 昨日、有馬温泉の瑞宝寺公園へ行って来た。瑞宝寺公園は神戸では有名な紅葉の名所で、あの豊臣秀吉も一日中飽かず眺めたと言う。
 しかし、今年は暖かい日が長く続いた所為か、或いは秋の長雨が無かった所為か、まだ時期的には早かった様で、半分位しか紅葉していなかった。しかし、緑の葉もあれば、橙の葉もあり、真っ赤に紅葉したものまで、色とりどりのグラデーションを楽しむ事が出来た。一面真っ赤に染まったのも見事だが、こう言うのもたまには良いかな。
by kakera365 | 2005-11-04 22:49 | 自然 | Comments(0)

かぶれ?

 ここんとこ仕事で山へ良く行ってるのだが、腕やら足やらに発疹が出来て矢鱈と痒い。
 腕に出来たのはプツプツしてて、如何にも漆か何かにかぶれた様だった。腕のが治り掛けたら、今度は足に発疹が出たが、今度のは蚊に刺された跡の様な感じで、少し大きめ。もしかしてダニかツツガムシかと思ったが、そういう虫は居無さそうだし、やっぱりかぶれなのか?ツツガムシだとQ熱リケッチアが心配だな~(って、オレは麻原彰晃か!)。
 しかし、小さい頃から漆になんぞかぶれた事も無かったのに、どうして今になってこんなにやられるのだろう?? 皮膚は結構強い方だと思ってたのにな~。アケビやらムカゴやらを取りに、矢鱈と藪の中へ突っ込んで行ったのが悪かったのか?
by kakera365 | 2005-10-21 22:55 | 自然 | Comments(0)

山の幸-3

e0069822_23562865.jpg

 今日も仕事で山へ行って、山の幸をゲットして来た。
 知らない人に説明して置くと、写真の左側が山芋のムカゴ、右側がアケビ。
 取り敢えず今日は食べる時間が無かったので、明日以降のオヤツ&オカズとなる。ムカゴはムカゴ飯(我が家では「ムカゴハン」と呼んでいる)になりそう。アケビは中は子供のオヤツ、皮は刻んで味噌炒めかな? アケビは中だけ食べて皮は捨てる人が多いが、本当は「皮を食べる為に採る」と言う人も居る位で、ニガウリの様に苦味の利いた大人の味がする。中にミンチ肉を詰めて、揚げたりするのも美味しいらしい。主食にはならんが、ま、酒のアテとしてどうぞ。
by kakera365 | 2005-10-14 00:05 | 自然 | Comments(0)

山の幸-2

 昨日、不動岩でクライミングした帰り、取り付きの駐車場で〇でさんが下を見てキョロキョロしているので、「何してるん?」と聞くと「胡桃探しとんねん。」と言う。良く見ると鬼胡桃の木が生えている。私も真似して4個ゲットした。
 〇でさんは掌でコリコリやって指のトレーニングをするらしい。私は当然、割って食べる。人それぞれ楽しみ方はあるもんだ。
 探して下を見ていると、アケビの皮も落ちている。見上げると立派なアケビが鈴生りでは無いか。早速、貢師匠が木登りに挑戦するが、足の怪我の所為で上手く登れない。替わって私が猿の様に登り、上からアケビをドンドン放り投げる。ついでに木にぶら下がりながら食べる。
 正に猿だ。だが楽しい。こんな楽しみを知らない子供達は可哀想だな。
by kakera365 | 2005-10-11 20:46 | 自然 | Comments(0)

山の幸

 今日は仕事で六甲山に行って来た。
 途中でアケビとムカゴをゲットし、家に持って帰って食べた。
 アケビはそのまま、ムカゴは炒ってバターと塩で味付けで食べたが、やっぱり自分で採って来たものは美味しい。キノコも探したがあんまり生えて無かったので、もう少し遅い時期の方が良いのかも知れない。
 当分、仕事で山へ行くので、収穫が楽しみだ。
by kakera365 | 2005-10-06 22:37 | 自然 | Comments(0)