カテゴリ:クライミング( 705 )

のんびりボルダリング

 日曜日は、TKTN氏が開拓している某ボルダーに行きました。
 メンバーはよこちゃん、まっちゃん、うめちゃん、オカカマン&子供達、かれんちゃん&ぱぱ、私の総勢10名と賑やか。

 エリアに到着して見ると、立派な大岩がお出迎え。表面は被ってて裏面は垂壁なので、取り敢えず裏面でアップ開始。
e0069822_22271049.jpg
 「カンテ」を登るうめちゃん。

 数本登って暖まって来たので、「ベガ(2級)」にトライ。オカカマンがテクいムーヴで一抜けして、よこちゃんも続く。
e0069822_22272650.jpg
 フルパワーやで〜(>_<)

 私も何とか登りましたが、短いけどムーヴのある面白い課題でした。

 大人達が登りに夢中になっている頃、子供達も遊びに夢中になってました。
e0069822_22273630.jpg
 倒木を太鼓にして遊ぶ子供達\(^o^)/

 続いて、被りの面に移動して、先ずは「金銀花(2級)」から。
e0069822_22274630.jpg
 スタティックにカチを取るまっちゃん。

 かれんぱぱとうめちゃんは、「ヒロハタライン(3級)」でセッション。
e0069822_2228456.jpg
 気合いのトライを見せるかれんぱぱ。

 登ってばかりだと疲れるので、途中で子供達と遊んだり、川で水切りしたり、お昼寝したり。
e0069822_22281399.jpg
 グッスリお休みのうめちゃん。

 さて、いよいよ看板課題の「タイタニック(1級)」にトライする。
e0069822_2228315.jpg
 良い感じでムーヴを組み立てるオカカマン。

 暫くやってみるが、ラインがイマイチ分からず、右のアンダーガバに行くんなら、そのまま直上で良いんじゃないかとなって、オカカマンだけ直上でトップアウト。若しかして、「金銀花」ってのがシットスタートで直上なのかなぁ?

 大人達はワイワイ登り続けていたが、子供達が全然登ってないので、直ぐ横の岩を掃除して、8級位のスラブを設定して登って貰うと、かれんちゃんが一撃で登ってしまう。
e0069822_22284123.jpg
 課題名は、その名も「かれん」。

 ラストはTKTN氏一推しの「プロキオン(二段)」。これ又難解なムーヴを、オカカマンが解きほぐして行き、繋げトライ開始。
e0069822_22285270.jpg
 良い感じで手を進めるオカカマン。

 我々もオカカマンに続けとやってみるが、これがサッパリ出来ない。悪い一手が出来た人も、その次の一手が出来ない、なかなか厳しい課題です。オカカマンも微妙に修正を加えつつ、リップ下のガバ取りまで行くが、最後は力尽きて撃沈してました。
 結局、全員宿題となって終了。


 初めてのエリアでしたが、静かでのんびり出来たし、川の水も綺麗で子供達も遊べて、とても良い所でした。課題は何れも面白かったし、他にも未開拓の岩が幾つもあるので、また行ってみたいと思います。

 でもその前に、被りのトレーニングしなきゃ( ̄▽ ̄;)
by kakera365 | 2017-05-22 23:57 | クライミング | Comments(0)

Free Fan #075

e0069822_20523013.jpg
 フリーファン75号が漸く届きました。

 今回の特集は熊野ボルダリングエリア。2月に行われた「KBAfes2017」で公開となった課題がトポで発表されており、これから多くのクライマーに訪れて頂きたいと思います。カラビナ破断事故の記事は必読ですし、強強クライマー列伝も濃い内容です。序でにローカルレポートも読んで貰えたら良いかと思います。

 表紙が見苦しいのが玉に瑕ですが・・・・・(´Д`lll)
by kakera365 | 2017-05-20 21:13 | クライミング | Comments(2)

御手洗の季節

 この日曜日は、久し振りに御手洗へ行ってボルダリング。
 メンバーは何時もと変わって、みずまっち&さわっち、かれんちゃん&ぱぱ、私の5人。

 先ずは「一人芝居」のトラバースでアップしてから、早速「無題3級」でセッション開始です
e0069822_2033737.jpg
 ムーヴを探る親子。

 既に登ってるみずまっちはサクッと再登して、「無題直上」にトライ。
e0069822_19591860.jpg
 コレを止めてからが悪い。

 セッションしてる3人も徐々に高度を上げ、さわっちが見事に完登。
e0069822_19592893.jpg
 宿題回収ナイスです(^ー^)b

 続いてみずまっちと、最近対岸に出来たらしい「初夏」って課題に行く。
 トライしてる人にラインを聞いたら、スタートを指定されたけど、コレが凄く理不尽な感じで萎えたが、取り敢えずやってみる。
e0069822_19593785.jpg
 スタートホールドが甘く、バランスも悪い(´Д` )

 私は浮く事も出来ず。みずまっちは更に下側のアンダーを使って核心手前迄は行ってた。

 一旦戻ってお昼御飯を食べながら、ウッティー左のスラブで遊ぶ。
e0069822_19594814.jpg
 クロスステップで華麗に登るかれんちゃん。

 午後からは下流へ行き、先ずは「パタゴン」にトライ。
 ここでは、みずまっちが気を吐いて見事にトップアウト。
e0069822_2001357.jpg
 みずまっちも宿題回収です(^ー^)b

 更に下って、今度は「草餅」でセッション。
e0069822_200222.jpg
 ここも良い感じで進んでます。

 かれんぱぱには「草餅」は一寸厳しいので、戻って「チョコガム」をやって貰う。
e0069822_2003260.jpg
 スベスベホールドに困惑気味のかれんぱぱ(;^◇^A

 ラストは「ターターシン」と「ゴワトリ」。
e0069822_2004246.jpg
 下部は問題なさそうです。

 私の「ゴワトリ」は相変わらず進歩が無く、3手目が取れず終了。
 帰りにどんちゃん食堂で、タルタルソースの無いチキン南蛮を食べてフィニ。


 久し振りの御手洗、河原岩だったけど、思ったよりも登れて良かった。
 メンバーもガラッと変わって面白かったし、現地でもキムキム、よっちゃん、カツメシ君と会って話して楽しかった。宿題の「ゴワトリ」も、進捗は無かったけど、少し良い感触が掴めたので、次回に期待したい。
by kakera365 | 2017-05-16 00:12 | クライミング | Comments(0)

GWボルダリングツアー3日目

 ツアー最終日は、再び瑞牆に戻って登る。

 メンバーに行きたいエリアを相談したら、よこちゃんが「言葉岩」を切望するので、余り気が進まないが仕方無く向かう。
 よこちゃんとオカカマンは、早速「物」にトライ。
e0069822_1836348.jpg
 ランジ一発!!!

 私はダイナミックムーヴが苦手で全然唆らないので、見た目が超ショボい隣の「ダブルカンテ」をやる。こちらも遠いデッドなので、頑張って打っていたら、よこちゃんが乱入して来る。「物」はどうしたんだよ!( *`ω´)
e0069822_18361347.jpg
 邪魔しないで下さい(; ̄ェ ̄)

 よこちゃんも私も2課題とも全然出来ず、「言葉」は言わずもがな。そんな中、オカカマンが一人気を吐いて「物」を完登。

 適当に見切りを付けて、花畑エリアとか言う所に移動して、その名も「花畑」って課題をするが、よこちゃん、オカカマンともにサックリ登る。
e0069822_18362132.jpg
 楽勝っすよ(=゚ω゚)ノ

 2人は続けて「ラフレシア」とか言う課題をやるが、私は2本とも被りの課題で唆らなかったので、とっき〜とスラブのノーハンドでセッションする。
e0069822_18362993.jpg
 3日目だとこんなのも楽しいです(^ー^)ノ

 私も頑張ったけど、タッチの差でとっき〜に登られる。
 続いて、「ラフレシア」が出来ないよこちゃんと、少し下の課題で遊ぶが、見た目以上にこれが意外と悪い(´Д` )
e0069822_1836375.jpg
 ここから左手デッド。

 暫く打ってよこちゃんが完登するも、私は敗退。
 そうこうしていると、オカカマンが「ラフレシア」を登ったと言うので、よこちゃんも戻って打つが、サッパリ出来てなかった。
e0069822_18364515.jpg
 ダブルギャストン+ヒールフックのスタート。

 大分良い時間になったので、少し上に戻って、締めに左右どちらからでも登れる、スイッチヒッター的な課題をやる。
e0069822_18365315.jpg
 「右打ち」を登るとっき〜。

 我々も真似してやってみるが、「右打ち」はかなり厳しかったので、何とかなりそうな「左打ち」でセッション。
e0069822_183707.jpg
 とりゃ〜!!!

 最終課題はキッチリ締めて、私が一抜け。その後オカカマン、よこちゃんと続き、全員完登でツアーを締め括りました。


 毎年恒例のGWボルツアーですが、瑞牆でも新しい課題を登り、新しいエリアにも連れてって貰えて、とても充実したツアーになりました。また、短い時間でしたがジャンボファミリーとも、楽しい一時を過ごせて良かったです。そして、何時も何時も室井夫妻にはお世話になりっぱなしで、本当に感謝の言葉もありません。
 大した実力も無く、最近はモチベーションもさして高くない、こんな私が楽しく登り続けて居られるのも、偏に一緒に登ってくれる仲間達のお陰です。これからもダラダラと登って行こうと思いますので、皆様見捨てたりしないで、お付き合いの程宜しくお願い申し上げます(=゚ω゚)人
by kakera365 | 2017-05-10 22:53 | クライミング | Comments(0)

GWボルダリングツアー2日目

 ツアー2日目は、先ずジャンボボルダーに行きました。

 エリアに到着すると、丁度ジャンボさんが子供達にクライミングの講習中でした。
e0069822_1832171.jpg
 岩場での注意事項を説明するジャンボさん。

 暫くすると、ちひろさんと葉くん、幹くんが登場したので手土産を渡したら、速攻で開けて食べ始める( ̄▽ ̄;)
e0069822_18323047.jpg
 ボンネット上でムシャムシャ。

 講習は続いていたが、折角なので我々もお邪魔して登らせて貰う。
 軽くアップした後、下地が上がって登れる様になったスラブでセッション。
e0069822_18324128.jpg
 難しくは無いけど高さがあってとても良い課題。

 私もトライして左右2本とも一撃でしたが、ナカナカの緊張感でした。
 続いてよこちゃんとオカカマンが、どっ被りの課題に挑戦。私はビビリなので見学させて頂く。
e0069822_18324910.jpg
 結構高い上にホールドが絶妙。

 何度かのフォールの後、2人とも気合いのトップアウト。
 グッジョブです(=゚ω゚)b


 午後からは、とっき〜が開拓したエリアに案内して貰う。
 最初に案内されたのは、意味不明な四段が2本もある大きな岩。ローカルの皆さんがワイワイ登ってる所にお邪魔して、先ずは4級でアップしてから、見栄えのする凹角の1級でセッション。
e0069822_18325948.jpg
 好調のよこちゃん、一撃です。

 見た目通りにトリッキーな動きが要求されて、とても面白い課題でした。
 続いて、スッキリしたフェースの初段をやるが、核心が一本指ポッケからのハイステップって、鬼の様な課題。
e0069822_18333910.jpg
 ここから核心突入です。

 ここは気張って一抜けして、オカカマンも続く。
 更に少し上部に移動して、今度は高さもあってめっちゃカッコ良いカンテ2本。
e0069822_18334930.jpg
 ここから皆さん左手デッドでしたが、私は右手パンパンで左手でした。

 右のカンテもホールドは大き目だが、高さもあって面白い。
e0069822_18335958.jpg
 これでも未だ3分の2くらい。

 ラストはアンダーのクロスムーヴがパワフルでバランシーな課題。
e0069822_18341178.jpg
 下部の核心アンダークロス。

 ここも好調のよこちゃんが一抜けして、オカカマンが2回目のアタックチャンスをモノにして、見事に続いた。私はクロスムーヴが出来ずに敗退(ー ー;)


 この日は瑞牆には行かず、新しいエリアに連れて行って貰いましたが、やっぱり初めての課題は新鮮で楽しいですね(^ー^)ノ

 3日目に続く・・・・・
by kakera365 | 2017-05-09 23:13 | クライミング | Comments(0)

GWボルダリングツアー初日

 ゴールデンウィークは恒例のボルダリングツアー。
 メンバーはよこちゃん、オカカマンに私と、最早不動の3人。行き先は勿論、山梨県です。

 3日の朝に瑞牆に到着してエリアを検討したが、静かに登れる所と言う事で、未発表のエリアへ。
e0069822_20315241.jpg
 先ずは簡単な課題でアップです。

 我々以外には誰も居らず、久し振りに静かな瑞牆を堪能しながら気持ち良く登る。
 アップが終わった所で、過去何度か敗退して、今は「ジュゴン」とか言われてる課題にトライ。
e0069822_2032013.jpg
 ガバを捉えたよこちゃん。

 ここはよこちゃんとオカカマンが完登して、私は敗退。
 続いて、隣の二段を冷やかしで触るが、相変わらず全くの意味不明系だった。
e0069822_2032770.jpg
 両手ポケットから遠いポケットにデッド。

 これは早々に諦めて、この日のターゲット「二刀流」に行く。
 前回やった時は、かなり良い感じでムーヴを解決して、後はランジだけって所まで行ってたので、今回はサックリ頂くつもりでやってみるが、予想外に下部から出来ず苦しむ。
e0069822_20321448.jpg
 全然出来ひんがな(´Д`lll)

 順番にトライするがなかなか進まず、オカカマンは昼寝に突入。よこちゃんも初手から出来ないので、拗ねてどっかへ消えてしまう。暫く独りで黙々と打つが一向に進展が無く、嫌になって来た所で、よこちゃんが上部に登れそうな岩を発見したと言うので、皆んなで見に行く。
 岩は風化してて脆いが、ボチボチ遊べそうなのでセッション開始。
e0069822_20322177.jpg
 剥離に注意しながらの初登争い。

 他の2人がまごまごしている間に、サクッと登らせて頂きました(=゚ω゚)b

 再び「二刀流」に戻って打ち込むが、ちっとも進まないので、諦めて移動して「瑞牆カルマ」に行く。初めて見たが、なかなか見栄えのする好課題だ。周りの景色が素晴らしいし、誰も居なくて静かなのも良い。
 3人でムーヴを探りつつトライを繰り返し、よこちゃんが見事にトップアウト。
e0069822_20364995.jpg
 素晴らしい登りでした。

 マッチスタートに拘ったオカカマンも、悪い一手目を上手く熟して完登。そして、またしても私だけ敗退です(つД`)ノ


 夜はお約束のペンション室井にお世話になる。
 ビールで乾杯して久々の再会を祝い、新しいボーンコレクションを披露して頂く。
e0069822_20325530.jpg
 嬉しそうに大小の猿を見せるとっき〜。

 その後もクライミングの話しは勿論の事、真面目な事からどうでも良い事まで、ひたすら駄弁り捲くって夜は更けて行きます。
e0069822_2033316.jpg
 終始笑いが絶えません。

 そんなこんなで、あっと言う間に一日目が終了。
 二日目に続く・・・・・
by kakera365 | 2017-05-07 23:54 | クライミング | Comments(0)

笠置

 先週末は、土曜日に笠置でボルダリングしました。
 メンバーは何時もの3人組、よこちゃん、オカカマンに私。何かもう飽きて来たな、この面子(´Д` )

 エリアに到着して岩を触ってみるが、何となくヌメる感じで、この暖かさではシーズンもボチボチ終わりかな。
e0069822_22233693.jpg
 桜が綺麗でした( ´ ▽ ` )ノ

 アップをする前に、お目当ての課題を見に行ってみるが、見事な迄に下地が皆無でした(つД`)ノ
e0069822_22234361.jpg
 完全水没の「ムーンクラック」。

 さて、何時もの様に「フィネス」や「のっぺりカンテ」でアップすると、ドツボに嵌まりそうな予感がしたので、スルーして「キケンフェース」からスタート。
e0069822_22235935.jpg
 アップするよこちゃん。。

 アップの後、「赤いキツネ」に打ち込んでる女性が居たので、セッションさせて頂くが、思った以上にカチが持てずに苦しむ。暫く頑張っていたが、次第に雨脚が強くなり、仕方無く大ハングの下で雨宿りしていると、他のクライマーは皆んな帰ってしまった。
 お昼御飯を食べたりしてたら、少し天気が良くなって来て、岩も乾き始めたので上流へ移動。が、特にやる課題も無いので、適当にバカボン岩とへっつき虫の岩の間を登ったりして遊ぶ。
e0069822_22244666.jpg
 ワイドクラックもどきを登るよこちゃん。

 そして、折角だからと「パールピンククラック」でセッション。
e0069822_22245946.jpg
 一番良い感じだったよこちゃん。

 私の掌は薄くて肉厚も無く、このサイズのジャムには全く向いていないのだが、痛みを堪えてトライしてみる。が、予想以上に全く何も出来ない。オレってホント、ジャミング下手糞だな(´Д` )

 諦めて更に上流へ移動して「バグダッドカフェ」。ここは得意系なので、オカカマン以外は再登だが、3人とも一撃でクリア。
e0069822_2225768.jpg
 高さもあって良い課題です。

 その後は、直上ラインを探ったり、左下からトライしたりして遊ぶ。
 帰り掛けに、オカカマンが「ミティゲーション」をしたいと言うので見学する。
e0069822_22251515.jpg
 ラインは一目瞭然。

 そして、よこちゃんが「のっぺりカンテ」を触ってしまったので、3人でセッション開始。
e0069822_22253220.jpg
 のっぺりヤラレてます(´・Д・)」

 1日の終わりで疲れていた事もあるのだが、案の定3人ともドツボに嵌まり、揃って敗退。


 私は、山口ツアー以来の岩でしたが、やっぱり外で登るのは最高に気持ち良かった。余りの楽しさに、ペース配分も忘れて打ち込んだりしたので、翌日から早速筋肉痛になってしまいましたが、「それもまた楽し」ですね(=゚ω゚)b
by kakera365 | 2017-04-17 23:26 | クライミング | Comments(0)

講演会

 国体予選の後は、ボルダリングスタジオ「ボラーレ・エスカラーダ」主催の、渓谷登攀家大西良治氏によるスライド&トークショー「称名川完全遡行とそこに至るまでの軌跡」に行きました。

 競技の進行がスムーズで早目に終わり、予定より2時間も早く園田に着いたので、取り敢えずボラーレ・エスカラーダへ行きました。初めて来ましたが、垂壁からルーフまでがコンパクトに纏まっており、缶バッジ獲得ラリーなど常連さんが楽しめる様な工夫も一杯で、初心者にもインストラクターが丁寧に教えてくれる、ナカナカ良さげなジムでした。
 コーヒーを飲みながらお客さんの登りを眺めてたら、小一時間も経った頃、漸くリョージ君登場。彼の来訪を心待ちにしていたファンの方々とお話しを始めたので、暫くは邪魔しない様に離れて見てましたが、やっぱり我慢出来ませんでした。
e0069822_20581488.jpg
 お話しの邪魔をしちゃいました(;^_^A

 そして、図々しくもツーショットをお願いして、快諾して頂きました。
e0069822_2058276.jpg
 何たってミーハーですから(^◇^;)

 暫く駄弁ってると時間になったので、会場の尼崎市園田地区会館・大会議室へ移動して設営。そして準備が整った所で、先ずは主催者の御挨拶。
e0069822_20583678.jpg
 みちよさん&せいちゃん夫妻の御挨拶。

 講演は、生い立ち、クライミングの経歴から始まり、称名川完全遡行へと移って行きました。
e0069822_20584686.jpg
 皆さん真剣に聞いてます。

 リョージ君はお堅いのが嫌いみたいで、割とゆる〜い感じで進みます。
 それにしても、次から次へと出て来る写真に視線が釘付け。余りにも非現実的な景色に圧倒されると共に、これを登り切った技術と体力、精神力にただただ感嘆。
e0069822_20592096.jpg
 凄絶な風景です。

 随分前から彼のウェブサイトやSNSを見ていて思っていたのだが、リョージ君の写真は自然の美しさや力強さを本当に上手く捉えている。小さい頃から父親に、渓流釣りに連れて行って貰ってたと聞いたが、本物の自然に触れる事によって、本質を感じ取るセンスを養って来たのだろう。

 トークの方も、極めて困難だったであろう登攀を、ユーモアを交えつつ淡々と語る所に人柄が偲ばれる。
e0069822_20593021.jpg
 穏やかな語り口のリョージ君。

 称名川に続いて、台湾一の渓谷「恰堪渓(チャーカンシー)」の紹介もあり、これからも世界の渓谷へのチャレンジは、まだまだ続くと感ぜられた。


 今回の「称名川完全遡行」は、個人的には倉上君の「千日の瑠璃」をも凌ぐ、日本登攀史上最高のクライミングだと思っている。だが、その割に専門誌の取り扱いが小さく、クライミング界からの評価が余りにも低過ぎると思う。沢登りは確かに、色んな意味で評価が難しいと思うが、今回のワンプッシュ完全遡行は、誰が何と言おうと最高のクライミングだ。ま、当の本人はさして気にもしていない様だが。

 リョージ君は凄いクライマーだが、話していると普通に良い人って感じで、とても命懸けのクライミングをしているとは思えない。でも飄々とした中にも、次なる冒険が動き始めているのだろう。一ファンとして今後も楽しみにしたい。
by kakera365 | 2017-04-12 22:54 | クライミング | Comments(0)

国体予選

 この土日は、なかなか密度の高い週末でした。

 土曜日は、グラビティリサーチ姫路で、兵庫県と京都府合同の国体予選があり、リード競技の審判をしました。こう見えても一応、クライミング競技C級審判員の資格を持たされてます(´Д` ) 競技は、参加人数が多い少年男子と、成年男子、成年女子&少年女子に分けて行い、私は後者の審判をしました。
 時間になって選手が集まりますが、成年女子が京都の3人だけと寂しい(;_;)
e0069822_204631100.jpg
 女子のオブザベーション開始です。

e0069822_20464192.jpg
 少年男子も同時にオブザベ。

 オブザベが終わったら、早速競技開始です。
e0069822_20465058.jpg
 何時も王子で遊んでくれるナナちゃん(=゚ω゚)b

 成年女子は、順当に朱里ちゃんがトップ通過。
 成年男子は、ナカナカの豪華メンバーで、見所は京都のシミックスvs兵庫の大ちゃんって感じでしょうか?
e0069822_20465959.jpg
 豪華メンバーでアップ中。

 暫くして競技か始まると、私の勝手な予想を良い意味で裏切って、一番手の本郷君が素晴らしい登りを披露してました。


 参加された選手の皆様、お疲れ様でした。
by kakera365 | 2017-04-11 21:01 | クライミング | Comments(0)

3月恒例山口ツアー3日目

 ツアー3日目は、再び亀山に戻ってルートクライミング。

 私は黒ちゃんと、アップで「スィートテン(5.10a)」をやるが、コレが予想外に難しく、限定のフットホールドを使って(使うと5.9らしい)、何とか登る。
 マメオさん&アラミちゃんは、「南峰デビュタン(5.7)」ってスラブ課題でアップ。
e0069822_15371567.jpg
 スラブの似合わないマメオさん。

 よこちゃんは、アップ後に「アルピナの門(5.11a)」にトライするが、オンサイト失敗。私もオンサイトトライをさせて貰い、結構大胆なムーヴで核心を突破し、余裕で最後のガバ取りに行ったら、ロープが指に絡まってオンサイト失敗。
e0069822_15373131.jpg
 ほぼほぼオンサイトって事で(´・Д・)」

 マメオさん&アラミちゃん、今度は「ブラビ(5.10b)」にトライして、アラミちゃんが見事にマスターオンサイト。流石です(=゚ω゚)b
e0069822_15374490.jpg
 流れる様なムーヴでした。

 よこちゃんは「アルピナの門」に2便目も失敗し、泣きの3トライ目。そりゃ〜3回もやれば、誰でも登れるわな( ´Д`)y━・~~
e0069822_15375476.jpg
 何とかレッドポイント。

 そして清ちゃんは、今度こそ5.12aをと「志功錯誤」に気合いでトライするが、細かい足捌きに苦労して、又してもワンテンに。
e0069822_1538451.jpg
 ワンテン地獄です。・°°・(>_<)・°°・。

 最後によこちゃんが、宿題の「うねハング」にアタック。核心上で迷って行きつ戻りつして、皆の期待を集めるが、サックリ裏切ってレッドポイント。
e0069822_15381288.jpg
 リベンジ成功です。

 最後に、ひつじさんのリクエストで記念撮影。
e0069822_153821100.jpg
 おうじ〜ず丙午トリオ。

 今回は体調不良でモチベーションがかなり低かったが、まぁボチボチ登れた様に思います。よこちゃんは相変わらず執拗に完登を狙うし、マメオさん&アラミちゃんにも楽しんで貰えた様で、其々に満足出来たんじゃ無いでしょうか。
 ひつじさんは相変わらず料理上手だし、山口クライマーズも皆んな優しくて楽しいです。また来年も行きますので、お相手宜しくお願いしま〜すヾ(@⌒ー⌒@)ノ
by kakera365 | 2017-03-26 20:57 | クライミング | Comments(4)