憧れの赤石沢へ-二日目

 溯行二日目は、前夜の雨が嘘の様に晴れ上がる。

 良いお天気にルンルン気分で、装備を整え遡行再開。暫く進むと「赤岩の淵」と思しき場所に到達。
e0069822_19394545.jpg
 川床まで真っ赤です\(//∇//)\

 前日以上のラジオラリアに囲まれながら楽しく歩いていると、沢が突然右に曲がり、薄暗く巨大なゴルジュがお出迎え。
e0069822_1940381.jpg
 とてもじゃ無いけどコイツは無理です(´・_・`)

 って事で、そそくさと右岸を大きく高巻く。大ゴルジュを越えると、後はそれ程難しい所も無いので、大自然を満喫しながらノンビリ歩くだけ。
e0069822_19401660.jpg
 巨大ラジオラリア\(^o^)/

 水量は相変わらず多くて、透明度も抜群。魚影も変わらず濃く、尺越えの岩魚も普通に居そうでした。
e0069822_19403282.jpg
 美しい釜。

 不勉強なもので名前は良く分かりませんが、花も沢山咲いてました。
e0069822_19405145.jpg
 ミヤマシャジン?

 まぁ兎に角、全てが本当に美しい。こんな素晴らしい大自然の中に佇んで、癒される幸せ(o^^o)
e0069822_19411028.jpg
 心が洗われます。

 そんなこんなで歩き続け、奥赤石沢出合から百間洞に入ると、ラジオラリアは無くなるものの、相変わらず水量は多くて滝も出て来る。そして、最後の大物「百間洞大滝(15m)」が出現。
e0069822_1941261.jpg
 直登は無理っぽいですぅ。

 少し時間に余裕があったので、左岸から落口へのラインを探ってみるが、想像以上に悪かったので素直に諦めて巻く。
 その後は少しずつ水量も落ち、川の中をジャブジャブ歩いて行く。振り返れば聖岳の雄姿が。
e0069822_19415876.jpg
 雪渓を抱く聖岳。

 程無く、百間洞山の家に到着。宿泊の受付をしているとポツポツと来て、その後深夜まで降り続ける。
 この日はここで素泊まりだが(泊まらないとバスに乗れないので)、ハイシーズンだけに激混み。寝返りは打てないし、対面の人の足は当たるし、オマケにめっちゃ暑い(´Д` )
 が、まぁ何とか眠れた(( _ _ ))..zzzZZ


 三日目に続く・・・・・
# by kakera365 | 2017-08-17 19:56 | クライミング | Comments(0)

憧れの赤石沢へ-初日

 お盆休みは10〜13日で、南アルプス大井川支流赤石沢へ沢登りに行って来ました。白山書房「日本の渓谷'96」の巻頭カラー写真を見た時から、ずっと憧れ続けた沢でしたが、渓友はるきょんのお誘いで、念願叶って漸く行く事が出来ました。

 10日の昼過ぎに神戸を出発、20時に静岡駅ではるきょんをピックアップしてから、畑薙第一ダムまで行って臨時駐車場にて車中泊。翌11日早朝、東海フォレストのバスで椹島へ入り、牛首峠から早速入渓。
 沢中には彼方此方に、赤石の由来となっているラジオラリアが転がっている。正直、これを見る為だけに来たと言っても過言では無い。
e0069822_22254929.jpg
 美しい青と赤のコントラスト。

 大小のラジオラリアを見ながら谷を進んで行く。取水堰堤の所為で水量が減ったとは言え、流石にこの規模の沢だけあって、登攀要素は少ないものの渡渉続きでなかなか厳しい。
e0069822_2226781.jpg
 流木を使って渡渉中。

 また、思ったより少ないものの、大き目の釜は泳がざるを得ない。
e0069822_2226233.jpg
 ここでは、ヘルメットがズレて視界が塞がれ、溺れかけました(´Д`lll)

 基本的には渡渉を繰り返しながら、時に登攀、泳ぎ、へつりを交えてガンガン進んで行きます。
e0069822_222738.jpg
 へつりもやや難しくて楽しいです。

 滝もボチボチありますが、ロープを出して登る様なものは殆んど無し。
e0069822_22271642.jpg
 何処から登るか思案中。

 特に問題も無く進んで行き、件の取水堰堤を通過。その後も順調に進んで、前半最大の山場「門の滝」に到着。ここは右岸をやや巻き気味に進んでから、岩壁を乗っ越して落ち口へ出た。
e0069822_2228562.jpg
 門の滝を前に満面の笑みのはるきょん。

 登攀途中で釜を見たら、二重の虹が見えてとても綺麗だった。
e0069822_22282287.jpg
 こんな景色を見てしまうと沢はやめられません。

 続くこの沢最大の核心と言われている「洞窟の滝」は、残置スリングが充実しており、何の問題も無くアッサリ通過。
e0069822_22273465.jpg
 滝の右にある洞窟状に入ってA0で抜ける。

 その後、少し進んで「大ガラン」を越えた辺りで、時間も無くなり、良さげなビバーク地点も見つかったので、この日の遡行を打ち切って泊まりの準備。ところが、装備を外してツェルトを張り終えた所で雨が降り出し、次第に本降りになって行く。頑張って焚火の火を熾そうとするが、落ち葉も流木もシケシケでなかなか火が点かず大苦戦。
 暫くして小降りになって来た所で、漸く炎が上がって落ち着く。また、はるきょんが持って来た釣竿で岩魚を釣り上げたので、焚火で塩焼きにして頂く。
e0069822_22284145.jpg
 至福の一時です(*^^*)

 焚火を眺め、アルコールをチビチビ飲みながら、真面目な事からどうでも良い事まで、色んな事を語り合いました。


 二日目に続く・・・
# by kakera365 | 2017-08-15 23:59 | クライミング | Comments(0)

こうもり谷草取り

 日曜日は、今年で17回目となるこうもり谷の草取りに参加して来ました。ここ数年は所用で参加出来なかったので、5年振りの草毟りです。

 開始時刻の8時に大歳神社へ行ってみると、既に大勢のクライマーが集まって、せっせと作業をしていました。そして、後から後から続々とやって来るクライマー。
e0069822_20534499.jpg
 受付も順番待ちです。

 集まった皆さんは、其々に自分の出来る事をやってました。草毟りする人、落葉掻きする人、杉の枝打ちする人等々。
e0069822_20535850.jpg
 皆さん頑張ってます。

 ナカナカ会う事も少ない知人も沢山来てました。王子関係では西村さんやイッポンさん、ボスが来てましたし、先日一緒に名張で登ったJibe夫妻やげんちゃん、りえさん、お久し振りのnejikumaファミリーやくろちゃん、ジム関係ではコジマ君やウエダ君、そしてしぃちゃん&うめちゃん。主催者の梅津さんもお元気そうでした。

 清掃後は恒例の写真撮影。梅津さんの指揮の下、何とか無事に撮影終了。
e0069822_20541580.jpg
 挨拶する梅津さん。

 今回は今迄以上に人が集まっていて、境内を移動するのも大変でした。受付簿から167名もの参加があった様です。

 清掃が終わったら、お待ち兼ねのクライミングです。こうもり谷で登るのは6年振りか? しぃちゃん、うめちゃんと岩場へ向かうが、しぃちゃんは超スローペースで途中で待ってても来ないし、うめちゃんはアプローチで滑落して首を痛めるし、何だかなぁ(´Д` )
e0069822_20553526.jpg
 上裸で寛ぐげんちゃんと、頸部損傷?でマットに沈むうめちゃん。

 私はしぃちゃんと「もういいでしょう(5.9)」でアップするが、思いの外酷い登り。それに引き換え、他の皆さんはガンガン登ってます。
e0069822_20561245.jpg
 マメオさん on レインボー(5.11c)

 暫くするとよこちゃんがやって来たので、「コーナー(5.10b/c)」を一緒に登る。
e0069822_20563235.jpg
 よこちゃん on コーナー。

 げんちゃんグループは「マーメイド(5.10b/c)」や「哲学の道(5.10c)」「パインヒル(5.10c)」等を精力的にトライしてた。
e0069822_20565199.jpg
 げんちゃん on マーメイド。

 あらみちゃんは5.11トレーニングで、この暑いのに「鷲鼻ハング(5.11d)」に果敢に挑戦。
e0069822_20571965.jpg
 あらみちゃん on 鷲鼻ハング。

 最後に我々ももう一本と「イボコロリ左足(5.10a/b)」を触るが、途中でパンプして仕舞い、しぃちゃんと揃って敗退(´Д` )


 久し振りのロープクライミングは、予想以上にムーヴは読めないわ、パンプは早いわで、かなり疲れました(つД`)ノ
# by kakera365 | 2017-08-09 23:36 | クライミング | Comments(2)

夏の家族旅行-2

 家族旅行2日目も、微妙な天気で始まりました。

 朝から温泉に浸かり、バイキングの朝食を食べてノンビリ過ごす。
e0069822_13353186.jpg
 風呂上がりのアイスは最高です(^ー^)ノ

 この日は先ず熊野三山の一つ、熊野那智大社へ向かいました。この頃から雨がドンドン酷くなり、土砂降りに(ToT)
e0069822_13354824.jpg
 霊感はありませんがピリッとした空気を感じます。

 熊野那智大社、青岸渡寺とお詣り&お参りしてから、今回のメインである那智の滝へ向かうが、この雨の影響で濁流、大瀑布と化してました。
e0069822_13362424.jpg
 こんな滝、見た事無いわ( ゚д゚)

 違う意味で凄い那智の滝を拝めて、其れなりに満足したので、次の目的地である太地町へ向かい、お昼御飯に「くじら家」さんでクジラ料理を頂く。
e0069822_13364447.jpg
 瑞穂は鯨カツカレー。

 私と海晴は御刺身定食、美雲は竜田揚げ定食、相方は鯨うどんを頂きました。定食にはハリハリ鍋風のお澄ましが付いて来て、これがアッサリしてとても美味しかった。それに、昭和生まれの私には、何れも懐かしい味でした。

 タップリ食べてお腹が満たされたので、くじらの博物館へ。
e0069822_1337126.jpg
 でっかいセミクジラの模型。

 暫く館内をブラブラしてから、イルカショーやクジラショーがあったので見に行きました。
e0069822_13374039.jpg
 イルカショーを見る瑞穂。

 イルカショーの後、イルカを触れると言うので、海晴、瑞穂と並びました。
e0069822_13381616.jpg
 イルカタッチ(=゚ω゚)ノ

 イルカは思ったより硬かったです。
 クジラショーの後、アルビノの白いバンドウイルカや、腹ビレのあるイルカの記録を見て終了。神戸への帰途に就きました。

 晩御飯に和歌山ラーメンを食べに途中下車。中華そば「丸田屋」さんに行きました。
e0069822_13383539.jpg
 ラーメン好きの美雲も満足の様です。

 そんなこんなで、あっと言う間に終わってしまった家族旅行。今回は南紀って手近な所へ行きましたが、思ったより遠かったし、色んな観光地を巡れて、個人的には満足でした。生憎のお天気でしたが、子供達も満喫出来た様です。


 それにしても、楽しい時間ってホント過ぎるのが早いですね(´・Д・)」
# by kakera365 | 2017-08-07 20:46 | 家族 | Comments(0)

夏の家族旅行-1

 木曜日からお休みを頂いて、家族で南紀へ旅行に行って来ました。

 先ずは串本海中公園から。
 水槽では熱帯を思わせるカラフルな魚達や珊瑚礁が見られ、また海亀やマグロに餌をあげたりも出来て、魚好きの海晴や瑞穂はかなり楽しそう。
e0069822_13304495.jpg
 小亀を手に乗せて貰えた(=゚ω゚)ノ

 続いて、半潜水型海中観光船のステラマリスは、台風の影響で波が高く残念ながら欠航してたので、海中展望塔へ。
e0069822_13311172.jpg
 桟橋を沖合いへ向かいます。

 ここで美雲だけが海亀を目撃。私と海晴は青いブダイを見ました。台風の影響が無く、晴れて波が穏やかなら、嘸かし綺麗だったろうと後髪を引かれつつ次の場所へ。

 少し移動して、今度は潮岬灯台へ。急な螺旋階段を登って行くと、太平洋が一望出来ますが、生憎の空模様で何だかなぁ。
e0069822_13313272.jpg
 螺旋階段が良い雰囲気を醸し出してます。

 そして本州最南端の潮岬へ。潮岬と言えば、山屋の私はラジオの気象通報を思い出す。「潮岬では、北北西の風、風力3、12ヘクトパスカル、7℃」( ̄▽ ̄;)
e0069822_1332490.jpg
 本州最南端で〜す(^ー^)ノ

 更に少し移動して、今度は橋杭岩へ。良い感じに屹立する岩峰群に、クライマー心が疼きます。
e0069822_1332302.jpg
 綺麗に並んでます。

 ボチボチ良い時間になったので、今夜の宿がある那智勝浦へ。予約した「ホテル中の島」は、勝浦湾に浮かぶ島にあり、船で渡ります。
e0069822_13324650.jpg
 潮風が心地良いです。

 島に到着すると、玄関の船着場で釣りをしている人が。聞いてみると貸竿があり、釣れた魚は10cm以上なら晩御飯に出してくれるとの事で、早速海晴とやってみる。
e0069822_13331250.jpg
 レッツフィッシング!!!

 海晴は河豚を釣ったものの、食べられる魚は釣れず。私が20数cmの鯵を釣ったので、それを調理して貰いました。
e0069822_13332850.jpg
 タップリの晩御飯でお腹イッパイに。

 食後の腹熟しにゲームコーナーで遊んだりしてから、海に面した露天風呂「紀州潮聞の湯」でノンビリと汗を流す。硫黄の効いた温泉を満喫したら後は寝るだけ。
e0069822_13342227.jpg
 オヤスミ~(^-^)v

 2日目に続く・・・・・
# by kakera365 | 2017-08-05 22:36 | 家族 | Comments(0)

小旅行

 日曜日は、ウチの両親と一緒に和歌山へ小旅行。

 先ずは、父親が希望した「蘭島(あらぎじま)」へ。日本の棚田100選にも選ばれた名所で、舌状の台地に大小多数の田圃が扇状に広がっている。
e0069822_1940041.jpg
 美しい日本の風景(^ー^)ノ

 美しい棚田を満喫した後は、昼食を食べにわさび寿司で評判の赤玉食堂さんへ。わさび寿司はピリッと辛く、セットで頼んだ山椒ラーメンもとても美味しかった。海晴は大好きなアマゴの塩焼きを食べる。
e0069822_19403068.jpg
 カブり付いてます。

 続いて道の駅あらぎの里でお土産を物色。私は蜜柑の蜂蜜を購入。ここにはプチ蘭島が作ってあり、海晴と瑞穂は、オタマジャクシやカエル探しに夢中になる。
e0069822_19405046.jpg
 カエルは何処だ〜!!!

 少し移動して次の目的地へ。美雲の希望する有田川鉄道公園へ向かうが、途中で大きな吊り橋があったので、停まって歩いてみる。
e0069822_1941519.jpg
 蔵王橋と言う吊り橋。結構長いです。

 再び移動して、有田川鉄道公園に到着。ここには蒸気機関車のD51 1085や気動車のキハ58003、ハイモ180-101なんかが展示されています。
e0069822_19411711.jpg
 キテツ1を撮影する美雲。

 ハイモ180-101に乗って、映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」が撮影された旧金屋口駅まで往復する。

 締めは醤油醸造発祥の地、湯浅へ。ここでは特に何処へ向かうと言う事も無く、古き良き町並みを適当にブラブラしながら、気になったお店に立ち寄る。
e0069822_19413871.jpg
 懐かしさを感じさせる町並みです。

 湯浅町湯浅伝統的建造物群保存地区には、醤油屋さん以外にも色々あり、甚風呂って昔のお風呂屋さんを見学。
e0069822_19415369.jpg
 番頭さんゴッコ。

 最後はお土産に、金山寺味噌や熟成醤油を購入して神戸に帰り、そのままおはし処「源ぺい」へ行って晩御飯。
e0069822_19421182.jpg
 好きな物を好きなだけ(o^^o)

 親孝行と言うにはちょっとショボいけど、それなりに楽しんで貰えた様だし、子供達も満喫してたので、良い小旅行になりました(=゚ω゚)ノ
# by kakera365 | 2017-08-02 22:52 | 家族 | Comments(0)

近畿ブロック予選

 先週末は、グラビティリサーチなんばで国体の近畿ブロック予選。私は土曜日にリード競技のビレイヤーで参加しました。

 朝8時に会場に到着すると、スケジュールが一部変更されてて、成年女子と少年女子が同時進行になってました。
e0069822_18474713.jpg
 女子のオブザベ風景。

 私は成年女子を担当しましたが、予想通り京都の朱里ちゃんがトップ通過で、大阪のナタリアさんが追う何時もの展開。

 午後からは少年男子。最近は競技の世界から遠ざかってるので、全く知らない選手ばかりでした。
e0069822_18475995.jpg
 男子のオブザベ風景。

 たまたま私がビレイした奈良の西田君が、唯一の完登でトップ通過。安定した登りで、ビレイが楽でした(^◇^;)


 スケジュール変更で早目に終了したので、未だ15時だったけど、おうじ〜ずで居酒屋へ行って乾杯。仕事を終えて真っ昼間から飲むビールが、旨いのなんのって( ^ ^ )/□
# by kakera365 | 2017-07-31 22:23 | クライミング | Comments(0)

うんこ

 瑞穂が夏休みの自主勉強用に買った、今話題沸騰中の漢字ドリル。
e0069822_21325498.jpg
 表紙からして、かなりシュールです( ゚д゚)

 子供にとっては永遠のアイドル的存在の「うんこ」を主題に持って来るとは、製作会社のヤル気と冒険心をヒシヒシと感じさせる。
 しかし、表紙なんぞはまだまだ序の口で、中身はもっと濃ゆい。
e0069822_21332540.jpg
 無理矢理感が半端無い。

 子供さんの居られない方には、漢字ドリルなんぞは不要かも知れませぬが、問題を読むだけでも十分に楽しめます。

 って事で、これは買いですね(´・Д・)」
# by kakera365 | 2017-07-28 23:43 | Soliloquy | Comments(0)

Ice Breaker

e0069822_21344826.jpg
 暑い日が続く今日この頃ですが、ビール一辺倒では流石に飽きてしまうので、何か良いのは無いかと物色していたら、ロックで飲む日本酒「Ice Breaker」ってのを見付けたので即購入。
 このお酒は、以前にも購入した「玉川」の木下酒造さん、英国人杜氏フィリップ・ハーパー氏が作る夏酒。因みに「Ice Breaker」とは「場や雰囲気を和らげるもの」の意味だそうで、仲間達と酌み交わすのが良さそうです。

 飲んだ印象ですが、先ず目を引くのが、涼し気なボトルの色と可愛いペンギンの描かれたラベル。そして、無濾過生原酒なのでアルコール度数が高目の割にサラッと飲み易く、氷が溶けるに従って刻々と変化する味わいが楽しい。


 とても美味しいので、飲み過ぎに気を付けないと(;^◇^)/□
# by kakera365 | 2017-07-27 19:40 | 生活 | Comments(2)

驚愕の来訪者

 日曜日は王子の当番。

 午前中はお客さんも少なく、事務室で本を読んで過ごす。午後からは、かれんちゃん、ゆかりちゃんがパパと来て一気に賑やかに。
e0069822_2129402.jpg
 何時もの王子になりました。

 リハビリ中のゆかりちゃんはシッカリ休憩を挟みつつ丁寧に、かれんちゃんは相変わらず精力的にガツガツ登ってました。
 オリンピックの影響か、最近はとにかく親子連れが増えてますね。
e0069822_2130044.jpg
 小さな子供も頑張ってます。

 そんなこんなで、何時も通り課題を作ったり、皆んなでセッションしながら時間が過ぎて行く。
 17時も過ぎて殆んどのお客さんが帰り、静かに登っていたら、新たな親子連れがやって来た。どうやら王子は初めてらしく、お父さんと事務室に行って利用登録に記入をお願いしたら、そこに書いた名前が「森秋彩」。こんな珍しい同姓同名が居るんだと思ってたら何と!!!
e0069822_21302295.jpg
 御本人でした〜!!!∑(゚Д゚)

 秋彩ちゃんの登りは、テレビで見る以上に軽やかで、ダイナミックでした。

 こんな辺鄙なジム(関係者の皆さんゴメンナサイ)に、偶然にも来て登って貰えるなんて感激です。たまたま当番だった(しかも前週と替わって貰った)幸運を感謝せずにはいられません。

 これも何かの縁。これからは秋彩ちゃん推しで行きます!!!
# by kakera365 | 2017-07-26 22:48 | クライミング | Comments(0)