ちきゅうは遠い

 遅くなりましたが、日曜日の報告を。

 独立行政法人海洋研究開発機構[JAMSTEC]の地球深部探査船「ちきゅう」が、六甲アイランドで見学会を開催しているとの事なので、家族揃って見に行った。受付終了は15時30分とチラシに書いてあったので、14時30分頃に現地へ行くが、目を疑う程の行列が出来ている。ザッと見た所、100m位の列が7往復位並んでる。
e0069822_22205287.jpg
 まさに黒山の人集り。

 折角来たのに見ずに帰るのも嫌なので、取り敢えず最後尾に並んで見るが、何時まで経ってもジリジリとしか前へ進まない。昼食を食べてないのでお腹は減るし、瑞穂は眠くなって「抱っこ!」を連発するし、日が傾いて来て船の影になって寒いしで、ヘロヘロになって来た。
 並んで絶えること4時間。遂に舷側まで漕ぎ着けた。もう既に辺りは薄暗くなっている。
e0069822_22205963.jpg
 夜景が綺麗ですね。。。

 中に入ると、スタッフの方々が笑顔で応対してくれる。この人達も大変だなぁ。船としてもナカナカ凄いけど、ボーリングしたコアを開けずに見る為のCT-SCANNERが置いてたりして、動く研究室って感じ。
e0069822_2221441.jpg
 船橋(ブリッジ)を見学中。

 見学も1時間位掛かって終了。どっと疲れが噴き出して来ました。
e0069822_2221963.jpg
 子供達は元気一杯です。

 しかし、2日続けて腰に悪いなぁ。
by kakera365 | 2009-02-18 22:32 | 家族 | Comments(0)
<< 止められない「岳人」 スキー >>