雨は嫌いじゃない

 週末毎に雨に降られると、クライミングに行けなくてガッカリするが、だからと言って雨が嫌いな訳では無い。
 雨が降っているのに山に行く事は、リスクを考えると有り得ないし、雨が降ると分かってる場合もまた然りである。しかし、山に入ってから降られる事は有るし、登攀が目的で無いなら、雨で出掛けたって構わない。
 10年以上前、相方と会社の同僚の3人で、大峯山系の釈迦ヶ岳に登りに行った。初日は朝神戸を出発したので、前鬼の宿坊まで入ってテントを張った。翌朝起きて見るとシトシトと雨が降っている。この天気で山頂に向かうのも無謀だと思ったし、そもそも誰も登ろう等と言う気配さえ漂わせていなかった。テントの中でコーヒーを沸かし、ぼ~っと霧雨に霞む景色を眺めながら、ただ時間が過ぎるのをゆっくりと味わっていた。何も考えずに感じるだけの時間もあれば、景色を見ながらあれこれ考える事も。勿論、連れと色んな事を話したりもしただろう。あの時の事は、今でも時々思い出す。
 もし天気が良かったら、山頂への道を急ぐだけで、山の良さをジックリと噛み締める時間等無かっただろう。

 雨だからこそ得られる貴重な時間。一見無駄な様で実はとても大事な時間。何もしない贅沢な時間。

 久し振りに雨の山に行って見ようか・・・
by kakera365 | 2008-06-23 21:58 | Soliloquy | Comments(5)
Commented by はるきょん at 2008-06-24 23:43 x
大学2年生、山にはまり始めて、毎週泊まりで行っていた頃は、雨の山が楽しみで、楽しくて仕方なかったです。自然に溶け込んでいくみたいで、あー楽しかったなー。
今は、そんな心の余裕が・・・いけませんねぇ。
Commented by りょうすけ at 2008-06-25 12:47 x
いやいや…大学1年の山が雨ばっかりやったんですが…
テントシートが泥だらけ、テントも水含んで重いしかさばるし…でいい思い出なしっす。敗退もしたし…。
まぁ真夏の低山バカ晴れよりはマシですが。

しかしテント内でのトランプは楽しかったなぁ~
Commented by kakera365 at 2008-06-25 21:46
 山は「楽」さを求めちゃいけないと思うんですが、お金に余裕が出て来ると、どうしても「楽」に流れちゃいますね。「楽」=「楽しい」では無いのは分かり切っているのに、ホント大人ってダメですね~。
Commented by HIGE at 2008-06-25 21:47 x
珍しく僕もカキコ。

山人ではなかった僕ですが、雨の日でも構わずツーリングに良く出かけました。
(と言うより、バイクしか移動手段がなかっただけ・・・。)
ヘルメットを被っていても関係ないくらい、つま先までずぶ濡れになりながらも、
そんな中自分を励ましながら走った自分が好きだったりして。。。
雨が降ったら雨なりに、雪が降ったら雪なりに、
自然と景色を肌で感じながら過した日々は、
今となっては良き思い出ですね。

所詮、人が過去の出来事を美化して記憶する癖なだけかも知れませんが、
それでも、その思い出が次の人生につながる気がします。

人それぞれ一言に"雨"というキーワードに、感じる思いは様々ですねぇ。
梅雨を楽しみましょう!!
Commented by kakera365 at 2008-06-27 00:48
 私もバイク乗ってたんで、良く分かります。ま、流石に雨の日にツーリングに行ったりはしなかったですが・・・
 雨の日って、シールドに雨粒が付いて、視界が滅茶苦茶悪くなりますね。ハッキリ言って、何時何にぶつかっても不思議で無い状態で走ってますよ。前に大型車なんか居ると最悪ですね。雨の夜の国道9号線は、かっとびトラックだらけで、ライダーにとっては正に地獄でしたね。
 あと、ツーリングに出て夜に雨に降られて、サイドスタンドでバイクを斜めにして、そこに頭を突っ込んで、ホームセンターで1000円位の超嵩張る寝袋で寝てましたね。結局ずぶ濡れなんで、全く意味無かったですが・・・

 そんな意味不明な行動も、懐かしい思い出ですねぇ。
<< 梅干の季節 畏敬の念 >>