ローカル線

 美雲は土曜日が参観日で、月曜日が振替で休みなので、私も年休を取って2人で出掛ける事に。

 当日の朝まで何処へ行くか決められず、2人で協議したが、美雲はローカル線のディーゼル車に乗りたいと言うので、伊賀へ行って「JR関西本線」と「伊賀鉄道」に乗る事にした。

 まずは愛車D:5君で高速道路を東へ向かい、草津からは新名神で亀山方面へ向かう。流石に今年2月に開通したばかりとあって道は綺麗し、思ったより交通量も少なくて走り易い。途中、土山サービスエリアに寄るが、セルフのガソリンスタンドがあったり、セブンイレブンがあったりして、今までのSAとは一寸違った趣き。太陽光発電や屋上緑化等もあってエコな感じも印象的。
 東名阪に入り亀山ICで降りて、JR関西本線の関駅へ向かう。駅前に道の駅があったので、そこに車を止め、一寸遅い昼食「伊勢饂飩」を食べる。讃岐饂飩好きの我が家にとって伊勢饂飩なんぞゲテモノの域を出ないが、まぁこれも経験と言う事で食べて見ると、確かにコシは全く無く、ダシも甘辛いタレ見たいなのがちょびっと。が、まぁ何かこんなのもありかなって感じだった。
e0069822_23111868.jpg
 伊勢饂飩を堪能中。

 お腹も膨れたので、関から伊賀上野に向かう。「関西本線」等と大層な名前が付いているが、実はローカルの非電化単線。列車も1時間に1本。途中にはスイッチバックの信号場なんかもあったりして、正にローカル線って感じを醸し出している。
e0069822_23114323.jpg
 待望のディーゼル車到着。

e0069822_23122061.jpg
 線路は続くよ何処までも。

 伊賀上野に着くと、今度は伊賀鉄道に乗り換える。こちらも近鉄から売却された私鉄ローカル線。
e0069822_23141868.jpg
 乗り換えもノンビリです。

e0069822_23151127.jpg
 くノ一電車です。

 復路では乗り換え時間に余裕があったので、暫し市内観光。伊賀上野が松尾芭蕉の生誕の地だと知ってる人はどれ程居るだろう。。。
e0069822_2315555.jpg
 伊賀上野と言えば「俳聖殿」。

 帰りも伊賀鉄道、JR関西本線と乗り継ぎ、D:5君で新名神を走って帰宅しました。
 ローカル線の旅はノンビリしてて楽しいです。今度はもっとタップリ時間を取って、更にノンビリした旅を楽しみたいです。
by kakera365 | 2008-06-11 22:03 | 家族 | Comments(0)
<< 高い・・・ モノレールにも乗れ~る >>