北山公園清掃登攀

 今年も晴天に恵まれて、7回目となる「北山公園清掃登攀」が行われました。
 毎年晴れてくれるのは、ボルダラーの皆さんの日頃の行いの御蔭でしょう。

 朝、早めに家を出たつもりが、新しい相棒のD:5君に気を使ったからか、それとも子供連れだったからか、主催者でありながら、少々遅刻してしまいました。済みません。桜の園に着いて見ると、来てる来てる。何時もより多いんじゃ無いか。特に若い人が多い。ありがたい事です。
 大半は顔見知り。順番に挨拶して行くと、な、な、なんと~! 仙台の俺さんが!!! 出張ついでとか言ってたけど、マジで感動しました。徳島からはお兄ちゃん&taoさん、和歌山からはきむきむ先生、倉敷から電車で来られた方も居られたそうです。遠い所ありがとうございます。
e0069822_223834.jpg
 今年も沢山の人が来てくれました

 早速、何時もの通り適当な挨拶を済ませて、清掃に散らばって貰う。今回はボルエリアだけで無く、植物園内の川も掃除する事にしました。
e0069822_2231582.jpg
 ゴミを探してウロウロ

e0069822_223225.jpg
 分別作業中

 分別も終わり、最後に記念撮影。写真で参加者数をザ~ッと数えてみると、約90人居ました。ちょっとビックリでした。
e0069822_2232871.jpg
  記念撮影

e0069822_2233590.jpg
 事務所にゴミを運びます

 清掃は無事終了して、午後のセッションに向けて腹拵えを。暖かい日差しを受けて、暫し談笑。幸せですな~
e0069822_2234220.jpg
 寛ぎのランチタイム

 さて、いよいよメインの登攀開始。私はおうじ~ずのひつじさん、こばやん、りょうすけと4人で、まずは宿題の「スコーミッシュゾンビ」へ。が、相変わらず進まない。こばやんと、初トライのひつじさんとりょうすけも、スタートホールドをこねこねするばっかりで、全然進まない。暫くやって見るが、誰も登れないので、全員モチがダダ下がり。
e0069822_223492.jpg
 「ひつじさん」on「スコーミッシュゾンビ」

 気分を変えて、今度はあこがれエリアへ。「銅鑼の音」でセッション開始。私はサクッと再登。こばやんも、ひつじさんも。りょうすけも頑張って完登。パチンコ岩でもかなり盛り上がってました。
e0069822_2235530.jpg
 「ひげさん」on「ルパン3世」

 続いては、エレファント周辺へ。私は宿題の「ペロー」。他の人は「ガンホー」でセッション。
 「ペロー」1便目で行き成り右足が乗り、「おぉ~これは貰った!」と思った瞬間、足が切れて落ちちゃいました。その後はお決まりのパターンです。「ガンホー」は、みんな全然進まなくて、少しずつ人が減って行く。最後にチョットだけ「犬の小便」をしました。
e0069822_224128.jpg
 「りょうすけ」on「犬の小便」

 最後に弁当岩で、おうじ~ず大セッション。
 左の「お昼寝フェース(1級)」と右の「食パンマントル(初段)」を波状攻撃!
e0069822_22481.jpg
 「あらみちゃん」on「お昼寝フェース」

e0069822_2241599.jpg
 「こばやん」on「食パンマントル」

 結局「お昼寝フェース」はこばやん再登、ぼぶそん完登。「食パンマントル」は私だけゲット!!!宿題の一つだったので、めっちゃ嬉しかったです。


 今年も沢山のクライマーが集まってくれた「北山公園清掃登攀」。来てくれる皆さんあってのもので、文字では表せないくらい感謝しています。本当にありがとうございます。
 これからもクライミングルールとマナーの啓発に、そして仲良く楽しく登れる環境作りに御協力宜しくお願いします。
by kakera365 | 2008-03-03 22:51 | クライミング | Comments(2)
Commented by at 2008-03-04 19:47 x
突然お邪魔しまして…(^_^;A)
前々から参加してみたかったので、大変勉強になりました。
若い人が多かったのは将来にも繋がることだし、まだまだクライミング界も捨てたもんじゃないなと感じましたよ。

来年もまた出張が合えば参加させていただきます。
お疲れさまでした♪
Commented by kakera365 at 2008-03-05 22:53
>突然お邪魔しまして…(^_^;A)
 いやいや、何言ってるんですか!あの場に俺さんが居る事自体が恐ろしく素晴らしい事ですよ。
 でも、確かに若い人が多かったのは嬉しいですね。最近停滞気味だったクライミング界も、ちょっと明るい兆しが見えたって感じですかね。

 来年も出張が合えば、出張が合えばですよ!是非来て下さい。
<< ひなまつり ありがとう、さようなら。そして・・・ >>