キノコ観察会

 今日は、六甲山の再度公園で行われたキノコの観察会に、美雲、海晴と参加して来た。
 この観察会は「六甲山自然案内人の会」と言うグループが主催しており、今月のキノコ以外にも毎月一回色々な自然観察会を開いている。
 今回はたまたま昨日、駅の改札でチラシを見て面白そうだったので、参加してみた。
e0069822_223138100.jpg
 カイガラタケの観察中
 
e0069822_22314834.jpg
 参加者が集めたキノコをテーブルに並べて、一つ一つ同定して行く。

 「兵庫きのこ研究会」代表の中嶋知之先生が、それぞれのキノコについて説明してくれる。
e0069822_22315790.jpg
 勝手に先生のお手伝いをする美雲

 山の中には沢山の生き物も居た。トノサマガエル、コオロギ、赤トンボ、バッタ、チョウチョウ、カナヘビ等々・・・
e0069822_2232560.jpg
 ニホンアカガエルと遊ぶ海晴

 キノコ観察会は終了、解散となったが、大分時間が余ったので、修法ヶ原池でボートに乗って遊ぶ。
e0069822_22321342.jpg
 上手にボートを漕ぐ美雲

 ボートを降りるのを待っていたかの様に雨が降り出す。

 私自身は食べられるキノコ以外に興味は無かったが、専門の先生に話を聞くのはとても勉強になったし、面白かった。子供達も満足した様だった。
by kakera365 | 2007-09-15 22:38 | 自然 | Comments(2)
Commented by UENO at 2007-09-16 22:02 x
先日山で取ったキノコを食べてなくなった方がいましたね。
僕は草木に疎いので絶対に食べようとは思いません。
図鑑持って行って安全だと確認しても食べませんね(笑)

ちなみに牛の堆肥にはマジックマッシュルームが生えます。
6月ぐらいには結構生えてましたよ(笑)
Commented by kakera365 at 2007-09-16 22:23
 まぁ、それが正解ですね。
 特にキノコは間違うと死んじゃうのがありますからね・・・
 今回の観察会でも「ドクツルタケ」が何本か採れて、先生が「これ1本で3人は死ねます」とか「致死量を濃度で換算すると、サリンと同じくらい」とか言ってました(笑)。
 マジックマッシュルームですか! そりゃ~一儲け出来そうですね。でも、お縄になる事確実ですが・・・
<< 新規開店 虫の声 >>