きのこ

e0069822_22255361.jpg
 土曜日に行った山で「アカヤマドリ」を見付けた。
 この「アカヤマドリ」は、茸狩りでは定番的キノコで、イグチと言う傘の裏が襞状ではなく管孔と言う細かい穴が開いている種類。サイズはかなり大きく、写真の一番右ので、傘の直径が20cm位ある。
 早速、一番大きいのを採って帰って食べた。最初はスライスして塩胡椒して焼いて食べた。あと、その日の晩御飯が餃子だったので、水餃子のスープに細切れにして入れた。キノコの香りが強く、出汁もしっかり出て美味しかった。
 自然の恵みに感謝です(^^)。
by kakera365 | 2007-07-10 21:46 | 自然 | Comments(0)
<< 新製品 赤紫蘇投入 >>