ダウン

 1年に1回位は掛かってしまうのでしょうか?
 美雲が学校から貰って来たインフルエンザ(美雲のクラスは学級閉鎖)を貰ってしまった。

月曜日
 指の腱がピリピリ痛むので「あぁ~、昨日は登り過ぎたかな~?」等と思っていた。
火曜日
 背中や上腕の筋肉が痛むので「そんなに登ったかな~?」と思いつつ仕事をする。
水曜日
 朝からちょっとダルいが、現場へ行く仕事が有るので普通に出勤。が、どうも熱がありそう。 帰って熱を測ると37度8分。
木曜日
 前日同様、現場へ行く仕事が有るので出勤。普通に仕事をこなして帰宅。熱を測ると37度5分。
金曜日
 今日は現場が無いので、人に移すのも何なので仕事を休む。熱を測ると39度1分。

 何故か熱には強い身体で、39度出ていても余り何も感じない。頭がボーッとする事も、フラフラする事も無い。ただ、筋肉痛(炎症)が出てるので、それが辛いだけだ。
 所詮はインフルエンザ(感冒)なので、仕事中は薬も飲まずにやり過ごして来たが、家に居ると家族に(特に瑞穂に)移っては大変なので、風邪薬を飲み、マスクをして寝ていた。でも、熱は38~39度を行ったり来たりで改善の兆し無し。
 ま、ほっとけば治るんだけどね・・・
by kakera365 | 2007-03-03 14:16 | 生活 | Comments(6)
Commented by まり@UK at 2007-03-05 06:59 x
風邪薬のんでも、風邪もインフルエンザも治らないんだよ~。インフルエンザの場合、小児だと出しちゃいけないと言われている、アセトアミノフェン以外の解熱鎮痛剤も入ったりしているし。(大人だとそんなに大問題じゃないと思うし、自分だったらインフルエンザの高熱がつらかったら解熱鎮痛剤つかっちゃうと思うけど、人には勧められないです。)
ほっとけば治る・・・その通り!健康な体力のある人間なら寝てるのが一番です。でも、つらいね。熱がさがっても、2-3日はウイルス排出するから、ちびっこたちに移さないように気をつけて!
大きなお世話だけれど、ワクチン接種が一番効果的です。私は一時帰国時にうってきました。
では、お大事に。ちびっこがいると、病気がぐるぐるファミリー内をめぐっちゃうから、大変だね。
Commented by せつ at 2007-03-05 10:48 x
うちもそうですけど、小学生や保育園に通ってる人がいるとどうしてもインフルエンザなどもらってきやすいですね。風邪は予防が一番です。風邪をひいたときの発熱は風邪の菌と闘ってるので、薬を飲まずに厚着をして水分をたっぷりとって、汗をたっぷりかいて寝るのが良いのですよね。すぐに解熱剤を使う人がいますが、くすりの力をかりると体自身が治そうとする自然治癒力が低下して、免疫力も低下し、風邪のひきやすい体になるんですよね。といっても、簡単に仕事が休めないので、自然治癒に頼るわけにも行かないですかね・・・。
Commented by kakera365 at 2007-03-06 10:16
>まり
 インフルエンザなんて,所詮風邪の一種だからね。医者によっては「インフルエンザは風邪ではありません!」と吼える人が居るらしいが,ちゃんと流行性「感冒」って名前なんだからしょうがないだろ。
 薬は飲まないに越した事ないよね。大体,風邪やフルーで医者に行くのは日本人位だろ。タミフルは超危険な臭いがするから却下。非ステロイド系消炎鎮痛剤もヤバイので風邪薬は選んでますよ。出来ればアセトアミノフェンだけ欲しいんだけど,患者から「カロナール下さい!」とか言い難いしな・・・。
 因みに,私は予防接種もあまり信用してません。だって,ウイルスの種類なんてゴマンと有るのに,どうやってワクチンを選択するんだ? それに,ワクチン効果はどれ位続くの? 接種したら罹らないの? って疑問が泉の様に。実際,予防接種しようがしまいが,罹患率に差は無いらしいし。

>せっちゃん
 やっぱ学校から貰って来るってパターンが一番多いですね。ま,それはしょうがないでしょうね。
 ひいちゃったら「栄養剤と水分を摂って,風呂入って直ぐ寝る」ですね。
 あ,それと風邪は「菌」じゃないですよ。「ウイルス」です(笑)。
Commented by せつ at 2007-03-06 15:35 x
ウイルスでしたね(笑)。つい、子供に「からだの中でバイキンマンとたたかってるんやで!がんばれ!」って、いつも言ってるので、間違えました。
うちも予防接種はしません。尾崎さんのおっしゃる通りであてもんみたいなもので、小さい子供なら、接種を受けていても、違う種類のに罹れば、抵抗力が落ちているので危ない事になりかねないと聞いたことあります。
Commented by まり@UK at 2007-03-07 02:05 x
あらら、私は怒られているのかしら?よびすてだし(笑)。
関係ないけど、私も風邪引きました。
法律上、インフルエンザと風邪は違うものだけど、別に、その医者、吼えなくてもいいと思います。
個人的にはつらかったら、インフルエンザでもボルタレンのんじゃうけど、人には出せません。カロナール下さい、って言う人、おられますよ。風邪かインフルエンザというみたてなら、風邪薬飲みたくないから、カロナールだけ下さいって、言われたら、いいよ、いいよ、って出しちゃう。地域差かな。
タミフルは日本は使いすぎ。マスコミの報道も変。でも、きちんと調査すべきだと思う。あと、基礎疾患のある人は、治療したほうがよいと思う。
では、暇なので、私の知っているインフルエンザ情報を。

インフルエンザ予防接種は小児と高齢者、基礎疾患をもつものには有効。そして、それらの人に感染の機会を少なくするために、小児、高齢者などと接する機会の多い人は勧められる、ということになっています。
私も、あれだけ、くしゃみやら鼻水やら吹きかけられて、何シーズンもかからずにすんだor軽くてすんだのは、ワクチンのおかげだと思っています(でも、これは根拠なし)。
Commented by まり@UK at 2007-03-07 02:06 x
インフルエンザウイルスのタイプとしてはA、B、C。このなかで、流行するのは、AとB。抗原型は、現在インフルエンザワクチンのターゲットになっているHAに関して言えば、H1-15。そのうち、ヒトにみとめられるのは、H1-5。N抗原では、N1-9。
この組み合わせのなかで、A型のH3N2とH1N1および、B型の3種類のインフルエンザウイルスが、世界中での共通流行株ですので、この3種類の混合ワクチンがつくられています。

WHOが世界中から収集したインフルエンザ流行情報から、北半球、南半球に分けてターゲットの抗原を推奨します。それをうけて、日本の国立感染症研究所が日本国内のワクチンの型を最終決定。
↓興味があったら、こちらをどうぞ。今年は、WHOは昨年と同じタイプを推奨し、日本もそれに従っています。
平成17年度(2005/06シーズン)インフルエンザワクチン株の選定経過
http://idsc.nih.go.jp/iasr/26/308/kj3081.html

あ、ワクチン接種後の罹患率に差はない、という情報のソースを教えてもらえたら嬉しいです。読んでみます。
あと、ワクチン接種して、抗体が出来るのは3週間後くらいから。効果は3ヶ月くらい持続しますl。
<< 雛祭 成長中 >>