失意の老獅子

 土曜日はよこちゃん、オカカマンと、懲りもせず山神社へ。

 取り敢えず、何時もの様に左岩でアップ。
 先ずは「チムチムカンテ(5.10a)」にトライするが、本来一段上から取り付く所を下からやったら、カンテに入る部分がゲキ悪く嵌まりそうになる。
e0069822_1922242.jpg
 アップで全力やわ(´Д` )

 続いて、山神社お初のオカカマンには、看板課題の「紺碧の宇宙へ(5.11a)」を登らせる。
e0069822_19223694.jpg
 流石に軽くオンサイト。

 我々ロートルももう一本と「落陽(5.11a)」にトライして、オンサイト&フラッシュでクリア。
e0069822_19224492.jpg
 これ位なら何とか(;^_^A

 いよいよ本題の獅子岩へ。
 ターゲットの「TUKUSHI」の前で準備をしていたら、よこちゃんが何かを見ているので覗いたら・・・
e0069822_19225486.jpg
 アンチョコかい(; ̄◇ ̄)┘

 毎夜イメージトレーニングを欠かさなかったと言うよこちゃんが、レッドポイント狙いで取り付いたものの、3ピン目のガバ取りに失敗。そして、又してもアンチョコを取り出してホールドチェック。
e0069822_1923333.jpg
 登りながらもかい!!!

 交代して私もやるが、いきなり最初のランジに失敗。更に2ピン目のクリップホールドの持ててる感が非常に悪い。結局、3ピン目まで行って降りる。
 勿論、オカカマンにもやらせてみるが、三段ボルダラーとは思えぬ為体で、ランジの発射が全く出来ない。
e0069822_19231396.jpg
 跳ぶ振りだけ。

 気温も高いし岩の状態が悪いと判断した私は、「WARABI(5.13-)」のムーヴを探ろうとトライするが、初手から激悪で、その後のムーヴもめっちゃ厳しい(´Д` )

 二巡目のよこちゃんは、3ピン目まではノーフォールで行ったものの、そこでテンション。4ピン目まで行く事は出来なかった。オカカマンはランジだけでもと、何度も何度も躊躇した末に、何とか跳び出てた。
e0069822_19232274.jpg
 黄昏れの老獅子。

 前回、微かに見えたと思ったゴールは幻影だった様だ。淡い想いを抱いて訪れた我々老獅子を、獅子岩は千尋の谷へと突き落とした。これ程までに厳しい現実を突き付けられれば、誰もが失意を感じずには居られないだろう。
 だが、打ち拉がれている暇は無い。これは獅子岩が与えた試練であり、我々の力量を測ろうとしているのだ。試されているのなら、全力を持ってこれに対峙しなければならない。


 老獅子に残された時間は、決して多くは無い。
by kakera365 | 2016-11-13 21:44 | クライミング | Comments(0)
<< 勉強机 蔵書整理 >>